新型コロナウイルス感染症に伴う政府の緊急事態宣言(現在は解除)をきっかけに、以前と比べて自宅で過ごす時間が長くなった人は多いだろう。鉄道ファンの中には、これまで外出中心だった鉄道趣味を見直し、自宅で楽しめる趣味にしたいと考え始めた人もいるかもしれない。

  • 自宅で楽しめる鉄道趣味といえば鉄道模型。狭いスペースで鉄道模型を走らせられる小半径の線路を活用しよう

自宅で楽しむ鉄道趣味のひとつに、Nゲージをはじめとする鉄道模型がある。Nゲージは線路を広げるのにある程度のスペースを要するが、じつは省スペースでも広げられる小半径の線路が発売されており、これを活用すれば手軽に鉄道模型を楽しめる。

筆者自身もNゲージ鉄道模型を所有しており、なおかつ省スペースで車両を走らせて遊んでいる。その経験を生かし、今回は省スペースで鉄道模型を楽しむための方法を紹介したい。

■線路は「KATO」「TOMIX」の両ブランドが展開中

Nゲージ鉄道模型を走らせる線路は、おもに「KATO」「TOMIX」の両ブランドから発売されている。まずはKATOの線路を紹介する。

小半径の線路に関して、KATOからは「ユニトラックコンパクト」として「R183」「R150」「R117」という線路が発売されている。これらの数字はカーブ半径の大きさを表し、たとえば「R150」は半径150mmであることを示す。つまり、3種類の中で最も大きい「R183」のカーブだけで線路を組んでも、直径は366mmということになり、家庭のテーブル上にも線路を組みやすい大きさとなる。

ユニトラックは、レール同士をつなぐときはまっすぐ差し込み、外すときは接続部分を折って外す。車両を走らせる場合はフィーダーレールをつなぎ、その裏面とパワーパック(コントローラー)を青いフィーダーコードで接続し、レールに電気を送ることで車両が走り出す。

単品のほか、1周分のレールがまとまったエンドレス基本セット、列車交換を行うポイントレール、十字型の交差線路が収録されたレールセットもそれぞれ発売されている。パワーパックは別売のため、持っていない場合は合わせてそろえると良いだろう。

  • ユニトラックコンパクトの「R183」。「R150」「R117」はこれよりも小さい

  • レール同士はまっすぐつなぐが、分解時は接続部分を折る

  • KATOユニトラックでは、フィーダーレールとパワーパックをフィーダーコードでつなぎ、パワーパックを操作して列車を走らせる

ユニトラックは道床の幅が広くて安定しやすく、レールへの通電や、ポイントを切り替えるときの確実性が高い。加えて、線路を組んだ状態でもある程度の柔軟性があるため、線路を組んでいてあと一歩の長さが足りない場合に、線路をなじませてつなげることができる。筆者としては、遊ぶたびに線路を組み、遊び終わったら片づけるお座敷運転(フロアレイアウト)にも使いやすい。

一方、TOMIXからは、「ファイントラック ミニカーブレール」として「C177」「C140」が、「スーパーミニカーブレール」として「C103」が発売されている。こちらも各種単品に加え、線路1周分や、列車交換を可能にするミニポイントレール、十字型の平面交差を行えるレールがそれぞれひとまとめになった「ミニレールセット」各種と、初めてNゲージに触れる人向けに、パワーユニット(コントローラー)も付属した「ミニ鉄道模型運転セット」が発売されている。

ファイントラックには、一部を除いてほとんどのレールにパワーユニットとつなぐD.C.フィーダーを差し込むスペースがあるので、そこにD.C.フィーダーを差し込み、パワーユニットからの電気をレールに流すことで車両を走らせるしくみになっている。線路同士の接続方法はユニトラックと異なり、着脱ともまっすぐつなぎ合わせる。

  • カーブ半径は外側から「C177」「C140」「C103」。ユニトラックよりひと回り小さい

  • ファイントラックでは、線路の接続・分解ともに水平にまっすぐ抜き差しする

  • レールの差込口にD.C.フィーダーを差し込み、パワーユニットからの電気を線路に送る

TOMIXファイントラックのメリットは、レイアウトの自由度が高い点にある。発売されている線路の種類が豊富なため、用途に合ったものを選びやすい。道床の幅はユニトラックより狭いが、枕木の中央に釘を刺せる穴が開いており、KATOの小釘でベニヤ板などに固定できる。筆者としては、線路を固定して情景を作り込む場合、こちらのほうが使いやすい。

なお、レールに釘を打ち込む場合は、釘と金づちの間に必ず短く切った割り箸などを噛ませること。直接釘を打つと、レールを傷める原因となる。

  • 筆者はレイアウトを作った際、線路を釘で固定している

レールに関しては、このように両ブランドで特徴が異なるものの、どちらを使用しても車両の走行にはまったく問題ないので、気に入ったほうを選択してほしい。

■走行可能車両はおもに小型の車両

これら小半径の線路はかなり急なカーブとなるため、走ることが可能な車両が限られる。基本的には、車長の短い小型車両がこの急カーブでも走れる。

KATOが発売している車両に関しては、ユニトラックコンパクトを走行できる車両の取扱説明書や公式サイトに最小通過半径が記載されている。たとえば叡山電鉄900系「きらら」がこれに対応しており、ユニトラックコンパクトでは「R150」まで走行可能となっている。他には鶴見線と南武線支線の旧型国電クモハ12形・クモハ11形も車体が短いため、「R150」のカーブまで対応できる。

「ポケットライン」シリーズとして発売中のチビロコ・チビ電や、バンダイ「Bトレインショーティー」シリーズの動力化に使用する「小型車両動力ユニット」なら、「R117」も走行することが可能だ。最小通過半径の記載がない場合は「R249」までの走行となる。

  • KATOの叡山電鉄900系「きらら」はユニトラックコンパクトにも対応

TOMIXでは、キハ100形(JR東日本)・キハ120形(JR西日本)や樽見鉄道・三陸鉄道などの気動車、また箱根登山鉄道の各車両などがミニカーブレールに対応している。2軸のレールバスなど、ごく一部の車両のみ、スーパーミニカーブレールも走行可能。ミニカーブレール・スーパーミニカーブレールを走行できる車両は公式サイトにも掲載されているので、購入前に確認してみてほしい。

TOMIXを展開するトミーテックの「鉄道コレクション」シリーズでは、別売の動力ユニットを組み込み、Nゲージとしても走行できる。そのほとんどがTOMIXのミニカーブレールに対応しており、路面電車や一部の小型車両はスーパーミニカーブレールも走行可能だ。動力ユニットのパッケージに「ミニカーブレール対応」(または「スーパーミニカーブレール対応」)と明記されているので、それらも参考にすると良いだろう。

  • TOMIXの小型車両や鉄道コレクションがミニカーブ対応だが、スーパーミニカーブはさらに走行車両が絞られる

その他にも、「MODEMO」ブランド(ハセガワ)が展開する路面電車や江ノ電も、半径140mmまでのミニカーブレールを走行できる。公式サイトに最小通過半径が明記されていない製品もあるが、路面電車ほどの大きさであれば問題ないかと思う。そして津川洋行が展開する2軸の小型車両(銚子電気鉄道デキ3など)は、筆者はまだ入手していないのだが、スーパーミニカーブにも対応可能ではないかと推測している。

  • KATO・TOMIX製以外で急カーブを走れる車両も。写真はMODEMOの江ノ電100形

いずれにおいても、編成両数が少なく、Nゲージの中でも比較的安価で手に入るものが多い。自宅の中の小さなスペースで、車体の短い模型車両を走らせる遊び方において、これらの車両が需要に応えてくれるかもしれない。

■無理のない範囲でのんびり走らせて遊ぼう

注意点が3つある。1つ目は、これらの急カーブは走行可能な車両が大きく限られる。走行できない車両を無理に走らせても曲がり切れず、脱線してしまうので、それ以上の無理強いは避けてほしい。

2つ目は、駅やホームを置く位置に注意が必要となる。今回紹介した小半径レールはあまりに急なため、カーブ通過中に車体の端部が大きくはみ出てしまう。線路と一緒に駅や建物を置く場合、線路に近すぎて車両と干渉しないように気をつけたい。

3つ目は、常軌を逸したスピードで走らせないこと。たとえ走行可能な車両でも、速度を上げすぎれば確実に脱線するし、モーターへの負荷も大きくなる。KATOユニトラックコンパクト、またはTOMIXミニカーブレールを使用した鉄道模型の走行は、ローカル線の普通列車がのんびり走る程度の速度で楽しむくらいがちょうど良い。

  • 鉄道コレクションなら大型車両もミニカーブを走ることが可能だが、車体のはみ出しに注意が必要

  • 駅やホームなどを置くときは、走らせる車両と構造物がぶつからないように位置を調整しよう

  • 省スペースでの鉄道模型は、のんびりした速度で安全に楽しく

鉄道模型は精密に作られており、価格もそれなりにかかる。しかし省スペースで広げられるユニトラックコンパクト、またはミニカーブレールと、小型で短い編成の車両を駆使すれば、比較的安価で鉄道模型の趣味を始められる。すでに鉄道模型に親しんでいる人にとっても、ひと味違った楽しみ方になるかもしれない。自宅で過ごす時間が増えたいま、家で楽しむ鉄道趣味として、鉄道模型に触れてみてはいかがだろうか。

なお、今回掲載した写真はすべて筆者の自宅で撮影し、筆者の所有する車両を使用している。そのため、掲載した車両の中にはすでに完売になったものがあることをご容赦いただきたい。