うしごろバンビーナ・カルボーネ中目黒店(東京都目黒区)は「肉塊“ロック”ステーキ」の300グラムを期間限定で提供する。値段は4,800円で、販売期間は4月30日まで。食べ方には従来の「ゲランド塩」「ガーリックマスタード」に加え、新たに「トリュフソース」が登場した。

  • うしごろバンビーナ・カルボーネ中目黒店の「肉塊“ロック”ステーキ」

    中目黒店限定メニューとなる「肉塊“ロック”ステーキ」。新たに加わる300グラムは過去最大のボリュームだ

ジューシーな赤身肉を存分に味わえる

「最高に美味しいものをリーズナブルに!」をコンセプトにするうしごろバンビーナ・カルボーネ中目黒店では、来店者の7割以上が看板メニュー「肉塊“ロック”ステーキ」を注文するという。

A5ランク最高級国産黒毛和牛の赤身肉(内ももやランプ)を使用し、七輪で焼き上げる「肉塊“ロック”ステーキ」。七輪で調理することにより、赤外線の輻射熱で肉の表面を均一に素早く焼き上げられる。焦げ目が付いた外側とは裏腹に、肉塊の中は肉汁であふれており、肉のうまみが凝縮したジューシーな食感だ。

  • うしごろバンビーナ・カルボーネ中目黒店

    都内で7店舗を展開する「うしごろバンビーナ」の中で唯一、七輪で焼くスタイルを採用する中目黒店

  • うしごろバンビーナ・カルボーネ中目黒店の「肉塊“ロック”ステーキ」

    焼き上がった肉はスタッフがスライスしてくれる

同店の来店者はこれまで、2~3人のグループや小規模宴会で「肉塊“ロック”ステーキ」を分け合うケースが多かったとのこと。ただ、通常の100グラムや200グラムだと、シェアするには少し物足りない印象だ。新たに登場した300グラムであればシェアしても十分なボリュームになるので、肉好きの満足度は向上するに違いない。

新たに加わった「トリュフソース」は、削りたてトリュフをスパイスに加えた赤ワインベースの薬味だ。これにより薬味は計3種類になった。

著者情報:安藤康之(アンドウ・ヤスユキ)

フリーライター/フォトグラファー。編集プロダクション、出版社勤務を経て2018年よりフリーでの活動を開始。クルマやバイク、競馬やグルメなどジャンルを問わず活動中。twitter:@andYSYK。