給料が少なくて思うように貯金できない、貯金しているつもりだけれどなかなか貯まらないというような悩みを抱えている人は多いはず。頑張って貯蓄しているつもりでも、世間と比べてどうなのかも気になりますね。そこでマイナビニュース会員様に貯蓄額や、貯蓄方法などに関するアンケートを行いました。自分の家庭と比べ、貯蓄へのモチベーションをさらに高めたり、金融商品選びの参考にしてみたりしてはいかがでしょうか。

  • みんなの貯蓄額はいくら?

    みんなの貯蓄額はいくら?

Q1:現在、一人暮らしですか。二人以上の家族で生活していますか?

  • 現在、一人暮らしですか。二人以上の家族で生活していますか?

    現在、一人暮らしですか。2人以上の家族で生活していますか?

まずは今回のアンケート回答者の世帯状況をお聞きしました(回答数503)。37.2%の人は一人暮らしで62.8%の人は二人以上の家族暮らしです。これから一人暮らしか家族暮らしで貯金額などにどのような違いがあるか、世帯状況別に確認していきましょう。

2020年平均年収は、一人暮らし世帯421万円、二人以上世帯567万円

Q2:現在の年収を教えてください

  • 現在の年収を教えてください(一人暮らし)

    現在の年収を教えてください(一人暮らし)

<一人暮らし>
平均年収 421万円
中央値 400万円

  • 現在の年収を教えてください(一人暮らし)

    現在の年収を教えてください(二人以上世帯)

<二人以上世帯>
平均年収 567万円
中央値 500万円

現在の年収額を質問したところ、一人暮らし世帯の人は0円~1,400万円と幅広く分かれていましたが、平均年収は約421万円、中央値は400万円という結果でした。一方、二人以上世帯では年5,000万円稼ぐという強者もいましたが、平均年収は約567万円、中央値は500万円という結果です。

金融商品を多くの世帯が所持

Q3:所持している金融商品はありますか?

<一人暮らし>
あり 173世帯
なし 14世帯

<二人以上世帯>
あり 275世帯
なし 41世帯

どちらの世帯も大多数の世帯では銀行の預貯金をはじめ、なんらかの金融商品を所持しているとのことでした。ちなみに所持している世帯の割合は単身世帯が約93%、二人以上世帯で約87%となっており、単身世帯のほうが多い様子です。

家族が増えれば支出が膨らみ貯金ができなくなる場合もあるものです。また家族ができることでマイホームを購入するなど、金融資産からその他の資産に形が変わったケースもあるでしょう。しかし、病気や自然災害、失業など、予期せず収入が途絶えたり、突然まとまったお金が必要になったりする可能性もあります。今、金融商品を所持していない世帯でも、最低でも手取り月収の6カ月分程度は緊急予備費用として確保できるように努めましょう。緊急予備費用はすぐに払い出しができるように預貯金で所有しておくのがおすすめです。

  • 所持している金融商品はありますか?

    所持している金融商品はありますか?

ちなみに金融商品の種類を見てみると、銀行の預貯金が最も多く、全体の40%を占めています。しかし最近の低金利の状況下から株や投資信託などの投資商品を所有している回答者も少なくありません。投資性商品の所有割合はiDeCoやNisaも合わせると35%程度ありました。

2020年平均貯蓄額は、二人以上世帯で中央値600万円

Q4:所持している金融商品の現在の残高(現貯蓄額)はいくらですか?

  • 所持している金融商品の現在の残高(現貯蓄額)はいくらですか?(一人暮らし)

    所持している金融商品の現在の残高(現貯蓄額)はいくらですか?(一人暮らし)

<一人暮らし>
平均貯蓄額 1億7,873万円
中央値 300万円

  • 所持している金融商品の現在の残高(現貯蓄額)はいくらですか?(二人以上世帯)

    所持している金融商品の現在の残高(現貯蓄額)はいくらですか?(二人以上世帯)

<二人以上世帯>
平均貯蓄額 1,908万円
中央値 600万円

平均貯蓄額を見て驚かれた人は多いはず。平均貯蓄額は一人暮らし世帯では1億7,873万円、二人以上世帯が1,908万円、世帯全体にすると8,073万円という結果でした。これは、現在の所有貯蓄額が1億円を超えている回答者が数人見られ、最高額はなんと3,000億円。これらの高額回答が全体の平均額を引き上げています。最近では1億円以上の資産を保有する「億り人」という言葉も使われるようになりましたが、一般的にはごく少数派です。

そこで全回答者の中央値を見てみると350万円という結果です。中央値は調査データを順番に並べたときに中央(真ん中)にくる数値のことで、より実態に近いと言われます。自分の場合と比べても近い数字になったのではないでしょうか。世帯別では、一人暮らしが300万円で、二人以上世帯が600万円という結果でした。

月の収入を貯蓄に回す割合は、一人暮らし世帯で平均7.9%

Q5:収入から月にどのくらい貯蓄に回していますか?

  • 収入から月にどのくらい貯蓄に回していますか?(一人暮らし)

    収入から月にどのくらい貯蓄に回していますか?(一人暮らし)

<一人暮らし>平均7.9%
0%(貯蓄していない) : 8.0%
5%未満 : 41.2%
5~10%未満 : 31.6%
10~20%未満 : 9.6%
20~30%未満 : 5.9%
30~40%未満 : 2.7%
50~60%未満 : 0.5%
60~70%未満 : 0.5%

  • 収入から月にどのくらい貯蓄に回していますか?(二人以上世帯)

    収入から月にどのくらい貯蓄に回していますか?(二人以上世帯)

<二人以上世帯>平均13.8%
0%(貯蓄していない) : 15.5%
5%未満 : 19.3%
5~10%未満 : 23.7%
10~20%未満 : 20.9%
20~30%未満 : 7.9%
30~40%未満 : 6.3%
40~50%未満 : 1.3%
50~60%未満 : 1.6%
60~70%未満 : 1.3%
70~80%未満 : 0.3%
80~90%未満 : 0.9%
90~100%未満 : 0.3%
100% : 0.6%

手取り月収から貯蓄に回す割合は、一人暮らしの人では平均7.9%という結果でした。最も多い回答は5%未満で41.2%、次いで5~10%未満で31.6%という結果です。各人の生活スタイルや居住地域によっては家賃をはじめ生活費が多くかかる場合もありますが、一般的には一人暮らしでも手取り月収の15%程度は貯蓄できるのが理想的です。今回の回答者のなかでは約8割の人が手取りから貯蓄に回せるのは10%に満たない状況で、そのうち8%の人はまったく貯蓄ができていないようです。今一度、無駄な支出や無理な支出がないか、携帯代や保険料など家計の見直しをしてみましょう。

二人以上世帯では平均すると手取り月収の13.8%を貯蓄に回しているという結果です。最も多い回答は5~10%未満で23.7%、次いで10~20%未満で20.9%となっています。共働き世帯が多いのか、一人暮らし世帯に比べるとより多くの貯蓄ができています。

また、二人以上世帯全体の5%程度と少数派ではありますが、収入の半分以上を貯蓄に回している家庭もあります。なかには収入のすべてを貯蓄に回している人もいることを見ると、共働き世帯でどちらか一方の収入だけで生活し、もう一方を丸々貯蓄していると推測できます。これからも夫婦の力を合わせてしっかり貯蓄していってください。

一方で、共働きは収入が多いわりには貯蓄ができない夫婦も多いと言われることもあります。回答者のすべてが共働きかどうかはこの調査ではつかみきれませんが、まったく貯蓄できていないという人が15.5%と一人暮らしの場合よりも多い状況です。相手に頼りすぎていないか、家計管理について夫婦でしっかり話し合うことが大切でしょう。

ボーナスから貯蓄に回す割合は、二人以上世帯で平均32.2%

Q6:ボーナスはありますか?

  • ボーナスはありますか?

    ボーナスはありますか?

約74%の回答者はボーナスがあるということでした。ボーナスの使い道として貯蓄は常に上位にありますが、回答者がどれだけボーナスを貯蓄に回しているのか気になりますね。

Q7:ボーナスがある方にお聞きします。ボーナスからどのくらい貯蓄に回していますか?

  • ボーナスからどのくらい貯蓄に回していますか?(一人暮らし)

    ボーナスからどのくらい貯蓄に回していますか?(一人暮らし)

<一人暮らし>平均16.6%
0%(貯蓄していない) : 5.8%
5%未満 : 53.5%
5~10%未満 : 13.5%
10~20%未満 : 5.8%
20~30%未満 : 3.2%
30~40%未満 : 1.3%
40~50%未満 : 3.9%
50~60%未満 : 3.2%
60~70%未満 : 0.6%
70~80%未満 : 1.3%
80~90%未満 : 2.6%
90~100%未満 : 1.9%
100% : 3.2%

  • ボーナスからどのくらい貯蓄に回していますか?(二人以上世帯)

    ボーナスからどのくらい貯蓄に回していますか?(二人以上世帯)

<二人以上世帯>平均32.2%
0%(貯蓄していない) : 16.2%
5%未満 : 8.3%
5~10%未満 : 9.7%
10~20%未満 : 9.3%
20~30%未満 : 12.5%
30~40%未満 : 7.4%
40~50%未満 : 11.6%
50~60%未満 : 6.9%
60~70%未満 : 3.7%
70~80%未満 : 4.2%
80~90%未満 : 3.2%
90~100%未満 : 2.3%
100% : 4.6%

ボーナスからの貯蓄は手取り月収に比べてどちらの世帯も多くなっています。一人暮らし世帯では平均16.6%、二人以上世帯は平均32.2%という結果です。

一人暮らし世帯の内訳を見ていくと、最も多い貯蓄割合は5%未満で53.5%、次いで5~10%未満で13.5%という結果です。手取り月収の場合と異なり、ボーナスの半分以上を貯蓄するという人も少なくなく、一人暮らし全体の約13%となっています。うち3.2%の人はボーナスすべてを貯蓄に回すとのことでした。逆に、ボーナスでもまったく貯蓄しない人は5.8%います。一人暮らしで普段貯蓄できにくい分、ボーナスからは少しでも貯蓄に回せるようにしたいものです。

二人以上世帯では、最も多い貯蓄割合は20~30%未満で12.5%、次いで40~50%未満で11.6%という結果でした。手取り月収の場合同様、一人暮らし世帯に比べると、貯蓄に回す割合は高めです。それでも16.2%の人は貯蓄しないとのこと。たとえば、住宅ローンのボーナス払いや繰上げ返済といった他の使い道に回っているとも考えられますが、将来に向けた資産形成として少しは貯蓄に回すのがおすすめです。

今回、多くの人の平均貯蓄額や貯蓄割合などを見てきましたが、いかがだったでしょうか。貯蓄できる・できないは、個々の家庭の事情もありますから一概に収入の何割を貯蓄するべきということは言えません。しかし、多くの場合は、結婚費用、育児・教育費用、マイホーム購入費用、老後費用と、ライフプランのなかで同じような道をたどり、同じように費用の準備が必要になります。他の人の貯蓄行動を参考にしながら、今より少しでも貯蓄を増やせるように家計の見直しをしたり、金融商品の移し替えをしたりしていってください。

調査時期: 2020年1月27日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 男女503名
調査方法: インターネットログイン式アンケート

筆者プロフィール: 續恵美子(つづきえみこ)

女性のためのお金の総合クリニック「エフピーウーマン」認定ライター。ファイナンシャルプランナー(CFP)生命保険会社で15年働いた後、FPとしての独立を夢みて退職。その矢先に縁あり南フランスに住むことに――。夢と仕事とお金の良好な関係を保つことの厳しさを自ら体験。生きるうえで大切な夢とお金のことを伝えることをミッションとして、マネー記事の執筆や家計相談などで活動中。