デートや記念日、仕事の会食など、大切な相手と食事する際には、誰にも邪魔されないプライベートな空間が欲しいもの。まして、極上の料理を食べられるとなれば、ゆっくりと落ち着いた気分で満喫したい。そんなときにピッタリなのが、東京・西麻布にオープンした「96 NIKUHOLIC(ニクホリック)」だ。

  • 「96 NIKUHOLIC」のプライベート空間で極上肉にうっとり

    外国映画の主人公になった気分でワインと極上肉をいただいた

黒毛和牛を使った料理が味わえる、隠れ家のような一軒

2019年11月20日にオープンした「96 NIKUHOLIC」は、個室2部屋のみ、1日4組限定の"完全プライベート"な空間で国産黒毛和牛を使った焼肉、逸品料理を堪能できる店。六本木通りの沿い、西麻布の交差点近くにあるビルの5階にエレベーターで上がると、そこにはちょっと怪しげな雰囲気のバーカウンターが。内装は、よくある高級焼肉店のような重厚感のあるデザインではなく、「アジト」をテーマとしており、雰囲気の異なる2つの個室が用意されている。ちょっとした洋館の一室といった感じで、何かが起こりそうなドキドキした気持ちにさせられる。

  • エレベーターで5階に上がるとそこにはウェイティングバーが

  • 店内は2部屋。写真と4人部屋と、6~8人部屋のみ

料理はコースのみで、「-橙- daidai」(税別12,000円)「-藍- ai」(税別18,000円)「-黒- kuLo」(税別24,000円)の3種類(それぞれサービス料別途10%)。「-橙-」は4名から、他コースは2名からの利用となる。2部屋のみということで、その日その日で美味しい肉の種類と部位を小ロットで仕入れて、その肉に合う塩などをチョイスしているという。そのため、提供されるコースの内容のその時々で違うのだとか。この日は、「-藍- ai」の中から4品を試食した。

震えるほど旨い……特上お肉を使った料理たち

まずは、福島県産黒毛和牛の「特上タン」を目の前で焼いていただき、「トリュフ塩」でいただいた。肉は基本的に、店舗スタッフがレアで焼いてくれる。見事な焼き加減で、とろけるようにやわらかくて美味い。

  • 「特上タン」にトリュフ塩をつけて。分厚くて特上な味すぎて震えた

続いて、名物の「シャトーブリアンの藁焼き」。藁焼きというと、やはりカツオを連想してしまうが、1キロ数万円もするシャトーブリアンを藁焼きで提供しているのは、恐らくこの店だけ。食べる前から、スモーキーな香りが鼻をついて食欲をそそる。ひと口食べると芳醇な香りと凝縮された肉の旨味がジワ~っと広がってくる。こちらは自家製の「赤ワイン塩」でいただいた。ワインと塩を混ぜて一度溶かしてから分解、再結晶化したもので、自家製故に粒のキメが粗いのだが、それがまた良い食感のアクセントになっていてイイ。

  • 「シャトーブリアンの藁焼き」はこの店ならではの極上料理

続いては本日の「逸品」として、「ハラミとホタテのミ・キュイ」。ホタテは北海道根室産、ハラミは栃木県産の黒毛和牛を使用、オマール海老から出汁をとったクリームソースでいただいた。ハラミって焼肉店でもすごく人気だけど、今まで食べたハラミの記憶の中でも一番旨味がギュッとしている感じで美味しかった。極上肉の魚介の旨味が乗った贅沢な一皿を、普段はせわしなく料理を平らげてしまう筆者もゆっくりと味わせてもらった。

  • 贅沢この上ない一皿「ハラミとホタテのミ・キュイ」

さらに、「特選希少部位」は鹿児島県産の希少部位「トモサンカク」を塩焼き、タレ焼でそれぞれ食した。塩焼きは「昆布塩」で。脂と塩のマッチングが最高でうっとり。思わず口の中で和牛のように味を反芻してしまったほどの美味さだ。塩は常時7~8種類用意しているという。塩の方が好きかな~と思いつつタレを食べてみたら、こちらもタレが肉の味を邪魔しない上品さで、脂と絶妙なバランスなのでしつこくなくて美味い。

  • 綺麗に脂が入った希少部位「トモサンカク」はとろけるよう

  • タレ焼きは上品な甘さでしつこくないから肉が引き立っていた

結論、どの肉も最高に美味しい。また、肉に合わせたワインにもこだわっており、フレンチシェフのジョエル・ロブション氏の一族がやっているワインのインポート会社から直接仕入れているそうで、あまりレストランなどでは見かけない銘柄も入っているのが特徴的。

そのときどきで最も美味しい国産黒毛和牛肉と、それに合わせた手間暇かけた塩やこだわりのワイン、そして気の利いたスタッフによる最高のサービス。ここでしか味わうことのできない極上の食事と時間を、プライベートな空間で心ゆくまで堪能してほしい。

●information
「96 NIKUHOLIC」
東京都港区西麻布3-24-23 CUBE西麻布5F
営業時間:月~日17:00~LAST
休:年末年始

著者:岡本貴之

1971年新潟県生まれのフリーライター。音楽取材の他、グルメ 取材、様々なカルチャーの体験レポート等、多岐にわたり取材・ 執筆している。好きなRCサクセションのアルバムは『BLUE』。趣味はプロレス・格闘技観戦。著書は『I LIKE YOU 忌野清志郎』(岡本貴之編・河出書房新社)」