健康志向の高まりもあって、飲みに行ってもビールを控えることが多くなったというサラリーマンは多いはず。だけど、せめて年に一度の忘年会ぐらいは健康のことは気にせずにビールをグビグビッといきたいもの。そして、肉。景気づけにはやっぱり肉だ。牛角に、そんなビール好きにおすすめの新メニュー「コク旨とろカルビ」が登場した。

  • ビールがすすむ! 牛角の「コク旨とろカルビ」で食欲開放

    頑張って働いたご褒美に。年末ぐらいは、焼肉とビール、いいですよね?

"ビールに最高に合うカルビ"とは

「コク旨とろカルビ」(税別690円)は、2019年11月13日より提供されている期間限定の冬メニュー。忘年会シーズンになると、「とりあえずビール! 」で乾杯することが多くなるという。牛角ではその需要に合わせて、"ビールに最高に合うカルビ"を作りたいという思いから生まれたそうで、濃厚でビールがすすむタレを、それに負けない脂の旨味が強いカルビと合わせたもの。肉は希少部位のブリスケを使用。

  • 旨味たっぷり、ボリュームもあり

食べてみると、ほどよい甘みに魚介の旨味が加わった濃厚なタレが、カルビの脂と合わさって、ウマい! コク旨なんだけど、しつこくないから飽きがこないのがイイ。確かにこれはビールがどんどんすすむ。普段我慢している人は特に、無限にビールを飲んでしまいそうだ。

  • カルビにはタレの味がついているので焼いたらそのままいただける

ご飯とも相性抜群の「コク旨卵黄ダレ」

そして、これまた節制している人もいると思うのだが……白飯ください! 。ビールとの相性もバッチリだけど、やっぱりごはんと一緒に食べたくなってしまう。さらに「コク旨卵黄ダレ」(税別120円)を追加して、トロ~リとカルビをくぐらせてから口に入れると、もう最高。こうして記事を書いている間も、また食べたくなっている自分がいる。絶対リピーターを生んでいるに違いない。

  • 「コク旨卵黄ダレ」トロ~リとカルビをくぐらせて……たまらない美味しさ

  • 甘くコクがあるタレとカルビの脂の旨味がごはんにバッチリ合う

ちなみに、普通のビールがちょっと苦手な人には、ブラックティーを使用しており甘くて飲みやすい「ブラックティービア」(税別490円)と、「リアルゴールド」を使用した苦みのないすっきりした味わいの「エナジービア」(税別490円)もあり、女性にもおすすめ。

  • 「ブラックティービア」と「エナジービア」はお酒があまり得意じゃない人にもおすすめ

一年のご褒美にぴったりな「コンビーフ焼飯」も

もっともっと、年末に食欲を開放したい人に食べてほしいのが「まるごと! コンビーフ焼飯」(税別790円)。アツアツの石鍋に入ったブラックペッパー、フライドガーリックをまぶした焼飯の上に、コンビーフがそのまんまドーン。さらにその上に卵黄が乗っている、絵に描いたような"男メシ"。普段は料理をしない親父が家で作りそうなほど、武骨にもほどがある料理だ。

  • 「まるごと! コンビーフ焼飯」。このガッツリ男メシが食事のシメって本気なのか牛角さんよ

石焼ビビンバのように混ぜて食べてみると、ガッツリとした味の濃さで美味しい。想像通り、期待通りの味にプラスして、おこげのパリパリした食感も楽しめる。また、痺れスパイスが入ったブラックマヨネーズを混ぜて味変するとまろやかでさらに食欲アップ。かなりカロリー高めな気もするが、年末ぐらい、いいじゃない。それに、コンビーフの缶詰ってスーパーで買うと結構な値段がするから、この価格で食べられるのはなんだかお得感もある。

  • コンビーフ焼飯、想像通りの味! だがそれが最高

また、デザートには「抹茶のどら焼き」(税別290円)も。七輪で炙って、焼き目がついたどら焼きを、ハンバーガーのようにパクッ。抹茶クリームが軽くて、なかに入ったあんこもバランスが良く、焼肉のあとなのにペロリと食べてしまった。

  • 「抹茶のどら焼き」は抹茶クリームがふわふわ軽くて別腹でいけちゃう!

尚、牛角では2019年11月29日~12月27日まで、「歳末大感謝祭」第2弾として、通常税別690円の「コク旨とろカルビ」が税別490円になる等、お得に食べられるキャンペーンも開催中。「年末だから!」を免罪符に、食欲を思いっきり開放してみては?

著者:岡本貴之

1971年新潟県生まれのフリーライター。音楽取材の他、グルメ 取材、様々なカルチャーの体験レポート等、多岐にわたり取材・ 執筆している。好きなRCサクセションのアルバムは『BLUE』。趣味はプロレス・格闘技観戦。著書は『I LIKE YOU 忌野清志郎』(岡本貴之編・河出書房新社)」