仕事中の相棒ドリンクといえばコーヒーという人は多いですよね。最近はチビチビ飲みができるペットボトルタイプがデスクワーク中心のビジネスマンから人気を集めているようですが、手軽にサッと飲める缶コーヒーも、リフレッシュしたいときには変わらず欠かせない存在! 実は9月中、数多くの缶コーヒーが新たに発売されていたことを知った筆者。日頃缶コーヒーにお世話になっている身としては一度試さずにはいられません!

  • 新発売の缶コーヒー飲み比べ - 意識をシャキッと覚醒させたいときはコレ!

    完全新作・リニューアル発売商品など、7種類をセレクト

そこで今回は、9月に発売された缶コーヒーの中から7種類チョイスして飲み比べしちゃいます! 比較のポイントは「甘さ」「深み」「香り高さ」「後味の強さ」「リフレッシュ度」の5点。それぞれの個性を5段階で評価します。

上質さのにじみ出るコクと深みが魅力「ダイドーブレンド デミタス微糖」

  • パッケージもスタイリッシュさがアップ

まずは、ダイドードリンコ「ダイドーブレンド デミタス微糖」(希望小売価格:税抜115円/150g)を飲んでみます。「ダイドーブレンド デミタス」は今年発売27周年を迎える、プレミアム豆100%を使用した人気シリーズ。今回のリニューアルで「デミタス微糖」は、これまでよりさらに上質なコクを追求した仕上がりとなっているそう。

  • 色を見るためにコップに注いでいただきます

飲んでみると、コクと深み、そしてものすごく品のある味わいです。「微糖」と名の付く缶コーヒーの中には実際かなり甘めのものもありますが、こちらに関しては本当にちょうどいい微糖感。やわらかいミルクの風味が程ほどにありつつ、舌で転がすと苦味がしっかり感じられますし、後味でもじんわりと余韻のように残ります。上質な豆のポテンシャルを最大限に生かしたと思われる、非常にクオリティーの高いコーヒーでした。

甘さ      ★★☆☆☆
深み      ★★★★☆
香り高さ    ★★★☆☆
後味の強さ   ★★★★☆
リフレッシュ度 ★★★★☆

まろやかなミルキー感と甘々ぶりに癒される「ダイドーブレンド デミタスラテ」

  • 「ダイドーブレンド デミタス」シリーズに「ラテ」が登場

次は、ダイドードリンコ「ダイドーブレンド デミタスラテ」(希望小売価格:税抜115円/150g)を飲んでみます。先ほどの「デミタス微糖」と違い、こちらの「デミタスラテ」は完全なる新作として初登場! 牛乳と生クリームのコクが楽しめる濃厚な味わいのプレミアムカフェラテということで、新顔の味わいに期待です!

  • これはなかなかの実力派が出てきましたね……!

飲んでみると……あま~~いっ!! 「デミタス微糖」とは比較にならないほどしっかりとした甘みがあります。そしてミルクと生クリームの味わいが濃い! かといって過剰なほどではなく、繊細な調和が保たれていて、まろやかで非常に癒されるおいしさ。飲み終わった後もミルキー感が後を引きました。お上品な口当たりで、紅茶ではありませんが午後のティータイムにぴったりな商品かと。

甘さ      ★★★★★
深み      ★★★☆☆
香り高さ    ★★★★☆
後味の強さ   ★★★★☆
リフレッシュ度 ★★★★☆

確かな苦味で眠気覚ましにも◎!「『ワンダ』プレミアムゼロ」

  • 糖質制限中の人にはうれしい糖質ゼロな缶コーヒー

次は、アサヒ「『ワンダ』プレミアムゼロ」(希望小売価格:税抜115円/185g)を飲んでみます。糖類ゼロで甘さ控えめ、かつ厳選高級豆の味わいを感じられるよう香料不使用で作られているので、よりコーヒー豆本来の持ち味を感じやすい仕上がりになっているようですね。

  • 香りはミルクの気配が前面に出てきています

飲んでみると、甘さは本当にほんのりで、確かなコクと苦味がグッと舌に乗ってきます。ただ飲み心地自体は比較的あっさりしていて重すぎません。後味には若干の苦味が残りますが、それもスッと消えて口の中が非常にすっきりしました。一気にゴクリと飲むとミルクの風味も分かる絶妙な塩梅。仕事中の眠気覚ましにはこれがおすすめかも?

甘さ      ★☆☆☆☆
深み      ★★★★☆
香り高さ    ★★★☆☆
後味の強さ   ★★★☆☆
リフレッシュ度 ★★★★☆

大人の微糖コーヒーの完成系!?「ジョージア グラン 微糖」

  • 丁寧な深煎り焙煎で大人な飲みごたえを実現した人気商品

次は、コカ・コーラシステム「ジョージア グラン 微糖」(希望小売価格:115円/185g)を飲んでみます。昨年9月に発売され、この1年で累計出荷本数が2億本を超えたという微糖系缶コーヒーのヒット商品。今回のリニューアルでは、ミルクの使用量を抑えてコーヒーの味わいをさらに引き立てたとのこと。

  • スッと鼻を抜けるしっとりとした香り

飲んでみると、ダイドーの「デミタス微糖」よりも若干甘いかも? こちらも「デミタス微糖」に負けず劣らず深いコクがあり、そして上品! ふわり、という感じではなく、スルリと風味が口に広がり、喉をストレートに抜けていきます。苦味はじわじわと舌に染み込んでいくようで、まさに大人の味わいといった印象。確かに以前に比べてミルクの存在感が薄くなった気がしました。仕事中というより、食後のリラックスタイムにゆっくり飲みたい商品。

甘さ      ★★★☆☆
深み      ★★★★☆
香り高さ    ★★★★☆
後味の強さ   ★★★☆☆
リフレッシュ度 ★★★☆☆

自販機専用なのが惜しい魅惑のおいしさ!「キリン ファイア 贅沢デミタス」

  • こちらは自動販売機専用商品となっています

次は、キリンビバレッジ「キリン ファイア 贅沢デミタス」(希望小売価格:税抜115円/165g)を飲んでみます。今回のリニューアルでパッケージが赤から紫になりましたね! 「キリン ファイア」は"火"にこだわったブランドですが、こちらは以前の直火仕上げ製法と比較してより高温を使う“新”直火仕上げ製法を採用することで、さらにコク深く香ばしいおいしさになっているそう。

  • いい意味で絡みつくような、濃厚な甘い香りがします

飲んでみると、表現しづらいのですが、カカオ成分多めな高級なチョコレートを食べたときの甘味の感じ方といえばいいのでしょうか? それに似ているんです。なかなか新鮮でおいしい……これはかなり推せます!! チョコレートをほうふつとさせるといっても、後味で甘味がベタベタ残らないのも◎。苦味があっさりしていてクセもなく飲みやすいです。これは「贅沢デミタス」という商品名も納得のラグジュアリー感でした。

甘さ      ★★★☆☆
深み      ★★★★☆
香り高さ    ★★★★★
後味の強さ   ★★★☆☆
リフレッシュ度 ★★★★☆

意外にあっさり系でサラッとイケちゃう「カフェ・ド・ボス ほろあまエスプレッソ」

  • 女性ウケしそうなかわいいパッケージですね

次は、サントリー「カフェ・ド・ボス ほろあまエスプレッソ」(希望小売価格:税抜115円/185g)を飲んでみます。仕事と休憩の区切りをつける、カフェに立ち寄って飲むような"一服"を提案する「カフェ・ド・ボス」シリーズの第1弾商品。すっきりした味わいとコクのある苦みが特長のミラノ農園の豆が使用されています。

  • やさしい味なので刺激の少ないコーヒーを求めているときにいいかも?

飲んでみると、苦いか甘いかと聞かれたら悩んでしまうくらい、どちらの主張もそれほど強くありません。ほのかにほろ苦く、甘味はひっそり。後味は少しミルクティーっぽい感じがあって不思議な気分に。エスプレッソというと「濃くて苦い」という印象があるのですが、こちらは全体的にあっさりとしていて、飲み心地もすっきりとした爽やか系コーヒーでした。

甘さ      ★★☆☆☆
深み      ★★★☆☆
香り高さ    ★★☆☆☆
後味の強さ   ★★★☆☆
リフレッシュ度 ★★★☆☆

クリーミーな泡がリッチ度アップ!「カフェ・ド・ボス ふんわりカプチーノ」

  • おもちゃみたいなライトブルーが爽やかです

最後は、サントリー「カフェ・ド・ボス ふんわりカプチーノ」(希望小売価格:税抜115円/180g)を飲んでみます。先ほどの「ほろあまエスプレッソ」と同時発売されたこちらの商品は"振って泡立つ"カプチーノ。飲み口の面積を広くすることで、ミルクのクリーミーな泡立ちをより楽しめる設計になっているそうで、こちらは振ってからいただいてみましょう!

  • 泡はすぐに消えてしまうので可能な限り振りまくってください

中で音がしなくなるまで振ってから飲んでみると、きめ細かい泡がとってもクリーミーでいいですね~! 一度開けてしまうともう振れなくなってしまうのが非常に惜しいところ。雑味などなく、味わいに筋の通った清涼感があるというか、ぼやけていません。濃くも重くもありませんが、不思議とズッと胃に落ちていく感覚があります。体がシャキッとするので、リフレッシュに良さそうな缶コーヒーですね。

甘さ      ★★☆☆☆
深み      ★★★★☆
香り高さ    ★★★☆☆
後味の強さ   ★★★★☆
リフレッシュ度 ★★★★☆


今回は新発売の缶コーヒー7種類を飲み比べしました。個人的に、眠気覚ましには「『ワンダ』プレミアムゼロ」、ほっと癒されたいときは「ダイドーブレンド デミタスラテ」がおすすめ! ペットボトルコーヒーのシェアが拡大してきた昨今ですが、今後もメーカー各社、変わらず缶コーヒーに力を注いでいってほしいところです。