女優の上野樹里が、7月8日スタートのフジテレビ系月9ドラマ『監察医 朝顔』(毎週月曜21:00~)で主演を務めることが23日、分かった。『のだめカンタービレ』以来、13年ぶりの月9主演となる。

上野樹里

今作は、香川まさひと氏原作・木村直巳氏漫画の『監察医 朝顔』をドラマ化するもの。上野演じる新米法医学者・万木朝顔が解剖で、時任三郎演じる父であるベテラン刑事・万木平が捜査で、遺体の謎を解き明かしていく。また、遺体から見つけ出された“生きた証”が生きている人たちの心を救っていくさまをハートフルに描く。

原作で、朝顔は阪神大震災により母を亡くしたという設定だが、今回のドラマでは、東日本大震災により母が行方不明になっているという設定にアレンジ。それに伴い原作では、ほぼ1巻でしか触れられなかった震災と母の存在に向き合う父娘の日常と心の機微を前面に押し出す。

上野は「初めての主演ドラマは月9『のだめカンタービレ』でした。長期に渡って演じさせていただいたので、たくさんの思い出がありますし、いろんな経験をさせていただきました。そんな特別な思い入れのある枠に、また出演することができて大変うれしく思います」と喜びをコメント。

今作では「太陽とともに咲く朝顔の花のように、つらいことがたくさんあっても明るく前向きに生きている主人公を演じていけたらと思います」と意気込み、「新元号から始まる最初の作品ということもあり、皆さんの心に残る素敵な作品になるよう、精いっぱい頑張りたいと思います」と話している。

時任三郎

一方、『ヴォイス~命なき者の声~』以来10年ぶりの月9となる時任は「ほんとに時が経つのが早いなと(笑)。10年ぶりの月9が、くしくも同じ“法医学”をテーマにしたドラマだということに驚いています。自分自身も人生の最終コーナーにさしかかる年齢になり、“生きるということ”をもう一度、このドラマを通して考える機会になればと思っています」といい、上野に対しては「以前から勝手に親近感を抱いていた方だったので、共演がとても楽しみです」と語った。

フジテレビの金城綾香プロデューサーは、上野が出演した昨年7月期の『グッド・ドクター』も手がけており、「昨年夏、上野樹里さんとたくさんの病院取材にご一緒させていただき、色んなお話をさせていただきました。このテーマを描くにあたって、上野さんに私は全幅の信頼を寄せています。朝顔が咲くように、この作品を美しく爽やかな広がりのあるものにしてくれると信じています」と起用の狙いを説明。時任については「どんな表情も素晴らしく魅力的な時任さんには、平さんとして朝顔に翻弄(ほんろう)されつつ、大いに愛してほしいと思っています」と話している。