稲垣吾郎が主演を務める映画『半世界』(2019年2月公開)の最新予告編映像が25日、公開された。

『半世界』

稲垣吾郎主演『半世界』予告公開

本日開幕を迎えた第31回東京国際映画祭のコンペティション部門に選出された同作は、阪本順治監督の完全オリジナル作品。美しい地方都市を舞台に、40歳目前という年齢の男3人の視点を通じて、誰もが通るある地点の葛藤、家族や友人との絆、希望を描く。

主人公の炭焼き職人・紘を演じるのは稲垣。故郷に帰還する紘のかつての同級生の瑛介を長谷川博己、紘と瑛介の同級生の光彦を渋川清彦、そして、紘の妻・初乃を池脇千鶴が演じる。

このたび公開された60秒の予告編は、稲垣、長谷川、渋川が演じる同級生3人が再会し、人生半ばに差し掛かった男たちの視点を通じ、残りの人生をどう生きるかを愛とユーモアたっぷりに描きながらも、「描いた人生になっているか」を問う魂に語り掛ける内容に。かつての同級生という設定の俳優陣3人のまるで学生に戻ったかのような友情が見どころとなっている。

「こんなこと、ひとりでやってきたのか」。山中の炭焼き窯で備長炭を製炭し生計を立てている紘は、突然帰ってきた中学からの旧友で元自衛官の瑛介から、そう驚かれる。深慮もなく父から継いだ絋にとって、ただやり過ごすだけだったこの仕事。けれど仕事を理由に家のことは妻・初乃に任せっぱなし。それが仲間の帰還と、もう1人の同級生・光彦の「おまえ、明に関心もってないだろ。それがあいつにもバレてんだよ」という鋭い言葉で、仕事だけでなく、反抗期の息子・明に無関心だったことにも気づかされる。やがて、瑛介の抱える過去を知った紘は、仕事や家族と真剣に向き合う決意をするが・・・。

なお、同作は2月14日に三重県でクランクインし、3月15日にクランクアップした。

  • 『半世界』
  • 『半世界』