2008年に第一期がスタートしたTVアニメ『夏目友人帳』は、OVAやサウンドシアターなど様々な展開を見せ、2017年には第六期が放送されるなど息の長いシリーズとして人気を博している。そして現在、『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』が上映中だ。

  • 神谷浩史(かみやひろし)。1月28日生まれ。千葉県出身。青二プロダクション所属。主な出演は『夏目友人帳』夏目貴志役、『進撃の巨人』リヴァイ役、『〈物語〉シリーズ』阿良々木暦役、『おそ松さん』チョロ松役など(左)
    井上和彦(いのうえかずひこ)。3月26日生まれ。神奈川県出身。B-Box所属。主な出演は『夏目友人帳』ニャンコ先生・斑役、『NARUTO』はたけカカシ役、『サイボーグ009』島村ジョー役、『美味しんぼ』山岡士郎役など(右)

今回は『劇場版 夏目友人帳』の上映を記念し、夏目貴志役の神谷浩史、ニャンコ先生役の井上和彦にインタビューを実施。劇場版の話だけではなく、『夏目友人帳』そのものの魅力や10年間演じてきての変化などについて話を聞いた。

▼遠慮のなさが関係をあらわしている

――まず、『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』の台本を読んでの感想をお聞きしたいです。

神谷 これまでのTVアニメは原作のエピソードをつづっている中で、今回の劇場版は完全オリジナルストーリーなんですが、台本を読ませていただいたら、なんの違和感もなくすっと内容が入ってきて、オリジナルということを忘れてしまいました。

井上 とても自然だったね。スタッフが納得のいくまで作ったという感じがしました。ただ、今回はニャンコ先生が3体に分裂するじゃないですか。それを知ったときに「3体も誰が演じるんだろう。……俺か!」って(笑)。そのエピソードも含めて、優しくて楽しいお話だなと。

――今回の劇場版はニャンコ先生が1号、2号、3号と3体に分裂してしまうことも見どころのひとつですね。

井上 はい。でも、特に演じ分けはしていないんですよ。もちろん、それぞれの性格や役割は意識していました。声のトーンは一番つらいところで出しています(笑)。分裂したニャンコ先生はしゃべることができないので、そこをどう表現しようかと思ったんです。第一声でキュンとくるような、かわいいと思っていただければ嬉しいですね。

――劇場版を観ていても思ったのですが、夏目は人と妖(あやかし)に対しての対応が違うなと。

神谷 妖と対峙しているときのほうが素に近いとは思います。夏目は自分が変わり者だという自覚があるので、人と接しているときは「変わり者じゃない」と装っているんです。妖たちは自分たちの姿が見える夏目のことを「見えるんだな」と多少は驚きますけど、変わっているとは思わない。そして、ニャンコ先生を見ているとわかりますけど、妖は夏目に対して遠慮がないんです。

――たしかに、何一つ遠慮がないですね。

神谷 夏目の面白いところが、一人称が「俺」なんですよ。装っているときには「僕」ということもあるんですけど。人間や妖でも、遠慮をしない相手に対しては「俺」と言って、多少強めなことばで言い返すシーンもありますね。

――今回、『夏目友人帳』初の劇場版ということで、劇場版ならではのポイントや楽しみ方を教えて下さい。

井上 ポイントは、せせこましくないところですね(笑)。たとえば、島本須美さんが演じている津村容莉枝が木の前で膝をついて悲しむシーンがあるんですけど、立ち上がるまでが長いんです。心の間を描いているんですけど、その間が持ってしまう、これは劇場版ならではの時間の使い方ですね。

神谷 僕は気持ちを切り替えるテンポがTVアニメとは違うなと思いました。TVアニメだと本来なら前後編で描きたいエピソードでも1話完結にする場合があります。その場合は、セリフやナレーション、モノローグがめまぐるしく変化し、尺にあわせて能動的に気持ちを作り変えていかないといけないので、1話収録するとぐったりしていたんです。劇場版では気持ちに寄り添うような作り方になっていたので、自ら気持ちを作らなきゃいけないシーンがなかったんです。あと、ゲスト声優に島本須美さんや高良健吾さん、バイきんぐのおふたりが出ているんですけど、これも劇場版ならではですね。

――劇場版のアフレコはどういった感じで進行していったんですか?

神谷 3回にわけてアフレコをしていきました。前半、後半、そして取りこぼした箇所やナレーション部分。TVアニメよりたっぷり時間をかけて、気持ちをゆるやかに変化させていったので、全然疲れませんでしたね。

――島本須美さん演じる津村容莉枝、高良健吾さん演じる津村椋雄は物語にも深く関わってきます。

神谷 椋雄は「なにかあるんだろうな」というくらい不自然なんですけど、自然と受けいれてしまうようなキャラクターでした。そして、それを受け入れる容莉枝。第1話から存在していたんじゃないかっていうくらい、『夏目友人帳』に寄り添ったキャラクターでしたね。

井上 『夏目友人帳』の空気感って、ちょっと前の昭和の田舎な感じ。その中にスッと溶け込んでいて素敵だったね。

神谷 全体的な雰囲気に品がありますよね。

井上 物語の中で、容莉枝が切り絵を作っているシーンが多く出てくるんですけど、観ていると切り絵がやりたくなっちゃったよ。

▼作品に対して恩返しをしていかなければならない

――2008年にTVアニメ第一期が放送されてから、おふたりは10年間、夏目とニャンコ・斑先生を演じています。お互い「変わったな」と思う部分はありますか?

井上 話の流れで自然と変化していくことはあっても、おおもとは変わっていないですね。ただ、神谷くんは僕に遠慮がなくなってきた(笑)。最初は「どう演じていこうか」とかたくなっている部分はあったんですけど、それが自然ととけてきて、いまはお互いを感じながら演技をしているので、お芝居がしやすいです。

神谷 ニャンコ先生も変わっていないですよね。人と出会うのも夏目が初めてではないんだろうなと思っています。最初に会ったときに「人のくせに私を見て驚かないとは生意気な」と言っているので、過去に驚いた人もいたと思うんです。でも、夏目は妖を見慣れているので驚かない。よっぽど変わった人間に見えたとは思います。

井上 ニャンコ先生は変なものとか変なやつが好きなんだよね。人が「ん?」と思うようなものとか。そういうのを気に入っちゃうんですよ。

――10周年を改めて振り返ってみて、いかがでしょうか。

井上 始まったときはここまで長く続くとは思っていなかったです。TVアニメの第二期が終わって「次はないかな」と諦めかけていたんですけど、2年半経って第三期が放送されましたし。第四期から第五期も4年半の月日が経っているんですよ。楽しい作品なのでずっと携わっていたいと思います。

神谷 第三期、第四期の打ち上げの席で挨拶させていただいたときに、「こんな素敵な作品に出演させていただいてありがとうございます。でも自分の代表作がずっと『夏目友人帳』なのは失礼じゃないか、代表作がどんどん変わっていくような役者にならないと、この作品に対して失礼なんじゃないか」と言ったんですよ。でも、そこから第五期、第六期、そして10周年を迎えて劇場版が公開して、もう僕の代表作は『夏目友人帳』なんだろうなと思うようになりました。僕のプロフィールからは消えることはない作品なんだ、とこの10年で考え方が変わったんです。だからこそ、作品に対して恩返しをしていかなければいけないと思ったんです。その方法はまだわからないんですけど、もしかしたら緑川先生が作品のエンディングにたどり着いたときに、そのエピソードを僕が演じる。それが恩返しになるかもしれないですね。

――ありがとうございます。最後に劇場版を観に行く方へのメッセージをお願いします。

井上 今回の劇場版では『夏目友人帳』の持っている優しさを感じてもらえると思います。僕は映画を観ても「面白かったー」で終わっちゃうタイプなんですけど、今回の劇場版を観て「生きる」とはどういうことかを考えました。自分が居なくなったときにどうなるのか、人の記憶に残りたいなと思うようになったんですよ。いろいろなことを感じながら観ていただければと思います。

神谷 絶対的に自信がある劇場版ができたと思っています! 今回の劇場版には『夏目友人帳』の要素が詰まっているので、作品を知らない方が観ても、なぜ10年間TVアニメが続いているのかがわかると思います。ぜひ劇場に足を運んでいただければうれしいです!

●神谷浩史、井上和彦サイン入りチェキプレゼント


応募要項
■応募期間:2018年10月9日から2018年10月16日まで
■内容:神谷浩史、井上和彦サイン入りチェキ
■当選人数:1名様

■応募方法
1.マイナビニュースホビー公式Twitterをフォロー
2.応募ツイートをリツイート

当選者には応募締め切り後、マイナビニュースホビー公式Twitterからダイレクトメッセージにて、送付先情報(送付先住所、受取人氏名、電話番号)を伺います。 ※ダイレクトメッセージ送信後48時間以内にご連絡のない場合や、フォローを外された場合(その場合ダイレクトメッセージを送付できません)は当選を無効とさせていただきます。

■当選条件
日本国内にお住まいの方 <個人情報取り扱いについてのご注意> 応募にあたって以下を必ずお読みください。応募には以下の「個人情報取り扱いについて」に同意いただく必要があります。「個人情報取り扱いについて」に同意いただけない場合はプレゼント抽選の対象となりません。 (1)個人情報取り扱いについて:マイナビでは個人情報保護マネジメントシステムを構築し、正しい個人情報の取り扱いおよび安全管理につきましてできるだけの体制を整え、日々改善に努めています。当社が運営するマイナビニュースにおいて、読者の皆様からお預かりする個人情報は、プレゼントの発送などに利用いたします。 (2)開示等、個人情報の取り扱いについてのお問い合わせ:株式会社 マイナビ ニュースメディア事業部 編集部 〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1パレスサイドビル news-reader@mynavi.jp (3)個人情報保護管理者:株式会社 マイナビ 管理本部長 personal_data@mynavi.jp