非常時の対策として、自宅やオフィスに何らかの防災グッズを準備しているという人は一体どれほどいるだろうか。災害は予期せぬタイミングで突然やってくるもの。本格的な防災グッズを持っているに越したことはないが、いざというときのために身近な日用品で簡単に手作りできる防災グッズを知っておくこともひとつの備えになるだろう。そこで今回は、災害と危機管理のノウハウや最新情報を発信する総合防災情報サイト「備える.jp」を運営している防災の専門家・高荷智也氏に話を伺った。

  • これらの日用品が防災グッズへと変身する。乞うご期待

非常食の備蓄も兼ねたツナ缶ランプ

まず紹介するのは、災害時の停電対策と非常食の備蓄を兼ねられる「ツナ缶ランプ」。ツナ缶が1時間燃え続けるランプに変身し、燃焼後はおいしく食べることもできるのだ。油漬けやオイルサーディン系の缶詰ならば、ツナ缶以外でもランプは作ることが可能。ただし、ツナ缶でも油漬けではない水煮はランプには使えないため注意しよう。

  • 用意するのは、ツナ缶1個、ティッシュ1枚、缶に穴を開けるための器具のみ

  • ランプの芯を作るため、ティッシュを半分に裂く。芯として使うのは半分だけなので、残りの半分はオイルの汚れを拭き取るなどの場面で活用しよう

  • 半分に裂いたティッシュを細くたたみ、こよりを作るように指でねじってヒモ状にしていく。必要な長さは、ツナ缶の高さの約2.5倍。ハサミがあれば、余計な部分を切ってもOK

  • ツナ缶に芯が刺さる程度の大きさの穴を開ける。穴開け器付の缶切りもしくは、釘とカナヅチ、キリなど、使用する器具は穴が開けられればなんでもかまわないとのこと。手を怪我しないように、軍手などがあるとより安全だ

  • 開けた穴に芯を刺せば、ツナ缶ランプの完成。芯は頭が1cm出るぐらいまで押し込み、数分経過して芯の先端まで油が染み込めば火がつけられる。もし穴を開けられるような道具が手元になかった場合は、プルタブを少しだけ開けて芯を差し込むという方法でも対応できる

  • 火をつけてみると、数秒でこんな具合に。コンビニでも売っている標準的なサイズのツナ缶を使用した場合、燃焼時間の目安はおおよそ1時間前後。燃焼中のニオイも特に気にならず、燃焼後のツナ缶の味もほんのりスモーキーな程度

停電時の明かりの確保としてツナ缶ランプを紹介したが、地震の直後にツナ缶ランプは絶対に使用しないこと。余震による揺れが危険であるのはもちろんのこと、地震の直後は周囲に粉塵や木くずが飛散しているケースも多く、火気は厳禁だ。

そこで、火を使わない方法として、懐中電灯にひと工夫加えるアイデアも提案しておこう。

  • 手順は至ってシンプル。懐中電灯のライト部分に半透明(乳白色)のビニール袋を被せるだけで完成。ビニール袋はそのまま口を縛ってもよし、輪ゴムやテープで留めてもよし。懐中電灯の強い明かりが、ビニール袋を被せることでやわらかい光となり、広い範囲をランタンのように照らしてくれる。LEDなどのように、熱をあまり持たないタイプの懐中電灯をオススメする

2分間で作れる新聞紙スリッパ

裸足で避難してしまい、手元には靴下すらない……そんな緊急時に足元を守り、防寒の役割も果たしてくれるのが新聞紙スリッパだ。実際に作ってみると、不器用な筆者でも折り紙感覚ですぐに作れてしまう割りに、履き心地はなかなかのもの。練習として、一度手順を見ながら自分で作成してみよう。

  • 必要なものは新聞紙オンリー。2枚で1足分が作れる。まずは開いた新聞紙を半分に折り、横向きに置く

  • 中央に向かい、右から左へ1度折る

  • 同じ方向に同じ幅でもう一度折る。ここでしっかり折り目をつけておくと、これ以降の手順もスムーズに進められる

  • 折り重なっている側を奥に、重なっていない側を手前にして裏返す

  • 3分の1程度の幅で右から左へ折る。幅はおおよそでも問題なし

  • さらに左から右へ、重なるように折っていく。この幅がそのまま完成したスリッパの幅となる

  • 折った片側を、もう一方の中に折り入れる。これは左右どちら側でもかまわない

  • 最後に残った一番上のピラピラしている部分を内側に折り込む

  • この面がスリッパの底になる。折り目をしっかりつけたら、ひっくり返して表側の仕上げへ

  • この段階でもスリッパとしては十分に機能するが、さらに丈夫にするためにもうひと手間加えよう

  • 四隅を内側に折り入れる。初めに三角形の折り目をつけておくと作業がしやすくなる

  • これで片足分の出来上がり。筆者は普段26.5cmの靴を履いているため、おおまかなサイズの参考にしていただきたい

  • 余った新聞や段ボールがあれば、中敷きとして底面の補強に使用するのもありだろう

  • 最初の工程でさらにもう1回半分に折っておけば、全く同じ手順で子ども用サイズのスリッパも作れる

キッチンペーパーで作る簡易マスク

災害時には建物の崩壊などにより粉塵が飛散しているケースも多く、呼吸器障害などを避けるためにもマスクの着用は必要不可欠。もしマスクが手元にないという場合は、キッチンペーパーを応用して簡易的なマスクを作るという方法も。密閉性に欠けるため感染症の予防には期待できないが、それでも砂埃などは十分に防げるという。

  • 使用するものは、キッチンペーパーもしくはペーパータオル1枚、輪ゴム4個、ホチキスと針2本

  • まずは紙を半分に折る。力を入れすぎるとペーパーが裂けるので、優しく折り目をつけよう。次に、プリーツを作っていく。半分に折った紙を開き、中心の折り目に向かって上下から折りたたむ

  • 続いて、折りたたんだ部分を外側に向かい上下に開いて、さらに半分に折り目をつける

  • 折り目をつけた紙を裏返し、その上下を中心に向かって折りたたむ

  • 最後にもう一度中心に向かって折り込み、棒状にすればペーパーマスクの本体は完成

  • 耳かけの部分には、輪ゴムを2個ずつ結んだものを使用する。大人の場合は輪ゴム1個だと短すぎて耳が痛くなることもあるため、ここで長さを調節しよう

  • マスクの端を折り、輪ゴムを挟み込む

  • 輪ゴムを挟んだマスクの端をホチキスで留めて固定する。針が刺さると輪ゴムが切れてしまうため、注意して留めること

  • これでマスクの完成。開くときも破れないように優しく扱おう。子ども用のマスクには、表側にイラストなどを描いてあげるのもいいかもしれない

  • 実際に装着してみると、着け心地はマスクそのもの。防寒にも使えそうだ。マスクを開いた状態で両方のゴムを引っ張るとすぐにマスクがたたまれてしまうので、まずはゴムを片耳にかけてからマスクを開き、その後もう片方の耳にゴムをかけると装着しやすい

  • 折り方を変えることで、より大きなサイズのマスクも作れる。用意するものは通常サイズと同じ。まずは紙を端から段々に折って、プリーツを作っていく。机の端などを利用すると素早く折れる

  • 紙を段々に折りきったら2個ずつ結んだ輪ゴムを用意し、紙で挟み込まずにそのままホチキスで留める。輪ゴムに針を刺さないようにするという点は、通常サイズと同じだ

  • 大きなサイズの着用イメージ。通常サイズよりも耐久性では劣るため、取り扱いには気を付けよう

急な雨や防寒に、ビニール袋カッパ

ビニール袋は、災害時にもさまざまな場面で活用できるアイテムである。今回は、そんなビニール袋でカッパを作る方法を紹介する。ハサミで切るだけのシンプルなものだが、黒いビニール袋で作れば着替えなどの際にも活用可能。非常用持ち出し袋などを用意している人は、雨具や防寒着もしっかりその中に入れておくことが望ましいが、いざというときのために、ビニール袋カッパの作り方も把握しておこう。

  • 用意するのは、ビニール袋1枚とハサミのみ。今回は45Lサイズのものを使用した

  • まずは、袋の底部分を手前側にして作業開始。線が引いてある箇所を、縦方向に20~30cm切っていく。長さは3本とも同じでOK。左から1本目と2本目の線の間隔は5cmほど、3本目の線と右端の間隔も5cmほど空けるが、それほど厳密でなくてもかまわない

  • 左から2本目と3本目の線の間は不要な部分なので、横方向に切り落とす。その後、左から1本目と2本目の線の間の輪っかになっている部分を切り開く

  • 右端の閉じている部分も同じように全て切り開けば、ビニール袋カッパの出来上がり。左側に残っている大きな部分が頭に被るフード、真ん中の細長い部分があご下をとめるヒモ、右側が身体の前をとめるヒモとなっている

  • 身長168cmの筆者が着用してみると、こんな感じに。夏場に着用するのは暑いぐらいだったので外へ出てみると、風にはめっぽう弱いことが発覚。袋のサイズを変える、切り方を調整するなど、自分なりにまだまだ改良できる余地を感じた。これも実際に作って着用してみなければわからなかったことである

停電対策にペットボトルで保冷剤

台風が翌日にも直撃しそうな状況で、冷蔵庫の停電対策をしたいときには、ペットボトルを凍らせて保冷剤代わりにするという方法もある。冷凍庫に余ったスペースがあれば、前日からペットボトルに水を入れて凍らせておこう。氷が解けたら、その水は飲料用にも使える。水は凍ると体積が増えるため、ペットボトルに入れる水は多くても9分目までにしておくこと。また、凍らせて水が膨張した際に中の空気が圧縮されて圧力が高まり、場合によってはペットボトルが破裂することもあるため、フタを少しだけ開けておくと空気が逃げるのでより安全だ。

  • 冷気は上から下に流れるため、できれば保冷剤は食材などの上に置くのがベスト。しかし停電時は冷気を逃がさないために、冷蔵庫の開閉はできるだけ控えよう

大前提として各々がしっかりとした防災グッズを備えている状態が理想的だが、常にそれらを肌身離さず持ち歩くわけにもいかない。そして、いざという時はいつ訪れるかわからない。今回使用した材料は、自宅やオフィスにあるもの、コンビニで手に入るものがほとんどである。簡易的とはいえ、これらの作り方を知っておくなどの対策を事前にしておくだけでも、緊急時の冷静さを保つ一助となり得るだろう。実際に作業してみればどれもあっという間に作れてしまうので、まずは自分で試してみてほしい。

監修者

高荷智也(たかに ともや)

ソナエルワークス代表 備え・防災アドバイザー
「自分と家族が死なないための防災対策」と「中小企業の身の丈BCP」のポイントを解説するフリーの専門家。分かりやすく実践的なアドバイスに定評があり、講演・執筆・メディア出演など実績多数。著書に『中小企業のためのBCP策定パーフェクトガイド』など。1982年静岡県生まれ。