ビジネスシーンでは、お客さまや取引先、上司から何らかの依頼を受けることが多々あります。今回は、そんな時に返答する言葉、「承知いたしました」「かしこまりました」「承りました」について調べてみました。

■「わかりました」という気持ちを表す言葉

なにかを頼まれた時、みなさんはなんと返答しますか?「わかりました」という気持ちを表す言葉に「了解しました」という表現がありますが、これは「了解」に、「する(した)」の丁寧語である「します(しました)」が付け足されてできた丁寧語です。謙譲語ではないため、取引先や目上の人に使うのは失礼にあたります。

では、取引先や目上の人に対しては、どのような言い方が正しいのか。いくつかご紹介しましょう。

■「承知いたしました」

「わかる(了解する)」の謙譲語を調べてみたところ、「承知する」が該当しました。「承知」という言葉には、「事情などを知ること。わかっていること」「依頼・要求などを聞き入れること」といった意味があります。

「承知する」がすでに謙譲語であることから、「する」を「いたす」という謙譲語に変換せずとも失礼にあたることはありませんが、一般的に、「承知しました」よりも「承知いたしました」とした方がより丁寧な表現であるとされています。

「承知いたしました」の例文

  • 「打合せ場所変更の件、承知いたしました」
  • 「承知いたしました。すぐに在庫を確認して参ります」
  • 「承知いたしました。では、明後日に変更しておきます」

■「かしこまりました」

実は、「わかる(了解する)」の謙譲語はもうひとつあります。「かしこまる」という表現です。辞書には、「身分の高い人、目上の人の前などで、おそれ敬う気持ちを表して謹んだ態度をとる」「命令・依頼などを謹んで承る意を表す」と記載されています。

「承知いたしました」と同様に目上の人に対して使う謙譲語であり、「承知いたしました」=「かしこまりました」と考えることができます。しかしながら、両者の意味を比較すると、「かしこまりました」の方がより敬意を表しているニュアンスが強いことから、どちらかと言えば「かしこまりました」の方が丁寧な表現という見解もあるようです。

「かしこまりました」の例文

  • 「かしこまりました。ただ今お届け致します」
  • 「日程変更の件、かしこまりました」

■「承りました(うけたまわりました)」

もうひとつ「承りました」という表現をご紹介します。「承る」とは、「受ける」「聞く」「伝え聞く」の謙譲語です。また、「承」という漢字には、「前のものを受け継ぐ」「相手の意向を受け入れる」という意味があります。

つまり「承りました」は、単に「わかりました」という気持ちをへりくだって言うだけではなく、相手の話や意向・依頼を「確かに引き受けた」「しっかりと聞きました」という表現になります。

ビジネスシーンでは、電話対応の際に「○○が承りました」などと使われることが多いと思いますが、「承知いたしました」や「かしこまりました」よりも、「私が責任を持って担当者に伝えます」「私がしっかりと対応します」というニュアンスが、より伝わってくる印象を受けます。基本的には、取引先やお客さまなど、社外の人に対して使う言葉になります。

「承りました」の例文

  • 「ご注文承りました。明日、発送致します」
  • 「ありがとうございます。○○が承りました」
  • 「あいにく○○は外出しておりますので、私が代わりにご用件を承ります」

今回は、「承知いたしました」「かしこまりました」「承りました」の3つの表現を紹介しました。いずれも、目上の人や取引先・お客さまなどに使う謙譲語です。親しい間柄の人に使うと、よそよそしい感じを与えてしまいます。親しい人には「了解しました」を、上司や取引先には「かしこまりました」を、お客さまの電話では「承りました」を使うなど、相手や状況によって使い分けるようにしましょう。