「申し訳ありません」「申し訳ございません」の意味と使い方 - 2つの違いは?

ビジネスシーンで頻繁に登場する「申し訳ありません」「申し訳ございません」という謝罪の言葉。仕事柄、謝ってばかり……という人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、「申し訳ありません」と「申し訳ございません」の違いについて調査してみました。

■「申し訳ありません」と「申し訳ございません」の意味

「申し訳」とは、「弁解」や「言い訳」のことです。故に、「申し訳ない」=「弁解のしようがない」「言い訳できない」という意味になり、相手に詫びる時に用いる謝罪の言葉となります。

ちなみに、「申し訳ありません」「申し訳ございません」が誤用だという考え方もありますが、それは「申し訳ない」を一つの形容詞として捉えた場合の考え方です。「申し訳」を名詞と捉えれば、誤用とは言い切れないでしょう。

■謝罪の言葉と言えば

謝罪の言葉と言えば、「ごめんなさい」や「すみません」が一般的ですが、いずれも友人や家族といった親しい人や、立場が同等な同僚などに対して使う言葉です。目上の人や、お客さまに対する謝罪の言葉としてはふさわしくありません。ビジネスシーンで謝罪をする場合には、より丁寧な印象を与える「申し訳ありません」や「申し訳ございません」を用いるのが適切でしょう。

■「申し訳ありません」「申し訳ございません」の違いは? 例文、正しい使い方は?

「申し訳ありません」と「申し訳ございません」の違いは、丁寧さの度合いにあります。「ござる」は「ある」の丁寧語であることから、「申し訳ございません」の方がより丁寧な表現であると言えます。

しかしながら、少しでも丁寧な方がいいだろうと、どんなシーンでも「申し訳ございません」を多用すればいいというわけではありません。例えば、レストランでお客さまに水をこぼしてしまった時に、「申し訳ございません」と丁寧に謝られると、「そんなことより早く拭いてもらいたい」と感じる人もいます。急いでいるような場面では、よりスムーズで簡潔な「申し訳ありません」を使った方が良いかもしれません。

また、お客さまからのクレームに対して、何度も「申し訳ございません」と連呼するのもお薦めしません。段々と事務的で軽い言葉に聞こえるようになってしまったり、「謝ってさえいればいいと思っているのでは!?」と思われてしまいます。クレームの場面では、ここぞという時にだけ「申し訳ございません」を用いるようにすると良いでしょう。

「申し訳ありません」の例文
・「申し訳ありません。すぐにお持ちします」
・「お役に立てず申し訳ありません」
・「お待たせして申し訳ありません」

「申し訳ございません」の例文
・「納期が遅れてしまい、大変申し訳ございません」
・「この度はご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません」

両者に意味の違いはありませんし、使い分けに明確なルールがあるわけでもありません。相手との関係や謝罪するに至った原因など、その時の状況に合わせて使い分けるのがベストだと思います。重要なのは、謝罪の気持ちです。同じ謝罪の言葉を述べても、態度や言い方一つで印象は変わるものです。決して事務的な謝罪とならぬよう、心がけましょう。