深夜帰宅後につい夜食を食べてしまいがちなビジネスパーソンにお勧めの連載「ビジネスマンのためのダイエット夜食」。今回は「納豆塩昆布パスタ」です。

これまでのお話はこちら

バレンタインの季節ですね

最近では「バレンタインのチョコを渡すのを禁止している」という会社も多くなっていますよね。私の勤めている会社でも基本的には禁止という流れになっています。女性たちにも負担がかかりますし、時代にそぐわなくなっているのかなと。

ただそうはいっても、やはり職場の方やお取引先さんから、それが義理とはわかっていてもチョコをもらうのは嬉しいですよね。お返しを考えるのも楽しいですし、私は好きなイベントです!

そういえば、私の知人で「会社の皆様にどうぞ」と渡されたチョコをすべて食べた猛者がいました。いえ、私じゃなくて知人がですよ。それで罪悪感に苛まれ、結局同じものを買って何事もなかったかのように振る舞ったそうです。いえ、私じゃなくて知人がですよ!

そんなバレンタインですが、このときにいただくチョコは、ありがたく食べさせていただきます。カロリーや糖質が気になるとか、そんなこと言っている場合ではありません。いただけるものはありがたくいただくのが、ビジネスマンのたしなみなのです!

というわけで、カロリーの調整は普段のご飯でということで、今回ご紹介するのは、ヘルシーな納豆パスタです。前回ご紹介した焼きうどんと同じく、麺は半分でも野菜がたっぷりなので食べ応え十分な一品です。

味付けも塩昆布だけで決まるので超簡単ですよ!

納豆塩昆布パスタ

塩昆布が味にアクセントを加えるいい仕事をしてます!

材料(2人分)

パスタ 100g / 納豆 1パック/ 白菜 1枚 / 小松菜2株 / エノキ 1/4株/ 塩昆布 5g

つくり方

1.パスタをたっぷりの湯(分量外)で茹でて、茹で上がる2分前にざく切りにした白菜、小松菜、エノキを加える。

2.湯切りしたらしょうゆをまぜた納豆と塩昆布を加え、全体を絡ませる。

  • パスタをたっぷりの湯(分量外)で茹でて、茹で上がる2分前にざく切りにした白菜、小松菜、エノキを加える

  • 湯切りしたらしょうゆをまぜた納豆と塩昆布を加え、全体を絡ませる

ポイント

■かつお節やのりなど、和風の薬味を散らしても◎

筆者プロフィール: キムケン

東京都内の会社に勤めている30代男性。旦那より稼ぎの良い妻の健康を守るため、日々料理を作っている。料理にまつわる四コマ漫画と、そのレシピ掲載したブログ「木村食堂」をほぼ毎日更新中。2016年10月に「うちメシ - ゆかいな我が家の漫画とレシピ」を上梓。