深夜帰宅後につい夜食を食べてしまいがちなビジネスパーソンにお勧めの連載「ビジネスマンのためのダイエット夜食」。今回は「白菜とひよこ豆のシチュー」です。

これまでのお話はこちら

深夜の夕食や間食には注意しましょう

夜遅くまで働いて帰ってくると、どうしても夕食が遅い時間になってしまうことがありますよね。しかし食べた後にすぐ寝てしまうと脂肪になりやすいので、2~3時間は空けて寝るのがよいと言われています。

ただ、夜更かしをしてしまうとよい睡眠がとれないうえ、空腹に襲われてついつい何か食べてしまうという可能性もありえます。私もうっかり、遅めの夕食を済ませた後、夜中にスナック菓子を1袋食べたことがありました。そのときの罪悪感はとてつもないものでした。

そうなるくらいなら、夕食は軽めにして、腹6分目くらいにして寝てしまうというのも手です。本日ご紹介するのは、遅い帰宅でもササっと作れるヘルシーなシチューです。白菜とひよこ豆でしっかりとボリュームを出しつつも、身体に優しいメニューです。

また、ベジタブルミックスを使うことで、野菜を切る手間と煮込み時間を削減した時短メニューです。寒い冬にぴったりの身体が温まる一品です!

白菜とひよこ豆のシチュー

野菜たっぷりのシチューを時短メニューでいただけますよ!

材料(2人分)

白菜 1枚 / ひよこ豆(水煮缶) 50g / ベジタブルミックス 50g / 鶏もも肉 100g / 水 150cc / 牛乳 150cc / コンソメキューブ 1個(5g) / 塩コショウ 少々 / 水溶き片栗粉 適量

つくり方

1.白菜はざく切りにする。鶏もも肉は食べやすい大きさに切る。ひよこ豆とベジタブルミックスは分量通り取り分けておく。

2.1の具材と水を小鍋に入れて沸騰させ、鶏もも肉に火が通るまで中弱火で煮込む。

3.コンソメを加えてさらに1分程度中弱火で煮込む。

4.牛乳を加えたら水溶き片栗粉を回し入れてとろみをつける。塩コショウで味を調える。

  • 白菜はざく切りにする。鶏もも肉は食べやすい大きさに切る。ひよこ豆とベジタブルミックスは分量通り取り分けておく

  • 具材と水を小鍋に入れて沸騰させ、鶏もも肉に火が通るまで中弱火で煮込む

  • コンソメを加えてさらに1分程度中弱火で煮込む

  • 牛乳を加えたら水溶き片栗粉を回し入れてとろみをつける

ポイント

■牛乳を加えてからは吹きこぼれやすいので、火は弱めながら調理してください

筆者プロフィール: キムケン

東京都内の会社に勤めている30代男性。旦那より稼ぎの良い妻の健康を守るため、日々料理を作っている。料理にまつわる四コマ漫画と、そのレシピ掲載したブログ「木村食堂」をほぼ毎日更新中。2016年10月に「うちメシ - ゆかいな我が家の漫画とレシピ」を上梓。