過労自殺しかけた経験を描いた書籍「『死ぬくらいなら会社辞めれば』ができない理由」の著者である汐街コナさんが、会社から身を守るための処世術などを紹介する漫画連載「会社につぶされないために」。今回のテーマは「会社は損得で動く」です。

これまでのお話はこちら

  • 漫画連載「会社につぶされないために」のワンシーン
  • 漫画連載「会社につぶされないために」のワンシーン

会社目線で物事を提案してみましょう

身も蓋もないタイトルですみません。

たとえ些細なことであっても、会社で何かを変えたいときには、あくまで「会社目線」で考え、提案することが大切だと思います。

当たり前ですが、「個人の問題」ととられると、社内で処理すべき問題ではないと思われてしまいます。 仕事ですので、あくまで会社の利益にどう影響するか、という軸で物事を話さないと、取り合ってもらいにくくなります。

実際、会社で発生する問題のほとんどは、人間関係であれ、ハラスメント問題であれ、何らかの形で会社の利益に関わっていると思います。

自分が抱えている問題を「会社の損得」に当てはめ、「翻訳」して提案すると、受け入れられやすくなると思います。

筆者プロフィール: 汐街コナ

イラストエッセイを手掛けるイラストレーター。ゆるいオタク。 エッセイ「『死ぬくらいなら会社辞めれば』ができない理由」を2017年4月に上梓。ツイッターは@sodium。