過労自殺しかけた経験を描いた書籍「『死ぬくらいなら会社辞めれば』ができない理由」の著者である汐街コナさんが、会社から身を守るための処世術などを紹介する漫画連載「会社につぶされないために」。今回のテーマは「それは『逃げ』なの?」です。

これまでのお話はこちら

  • 漫画連載「会社につぶされないために」のワンシーン
  • 漫画連載「会社につぶされないために」のワンシーン

困難直面時には「よりよい選択」を心がける

過労などの話題になると、「逃げてもいいんだよ」という言葉がよく聞かれます。それはその通りだと思うのですが、どうしても「逃げ」という言葉に違和感が出てしまいます。

道中に困難があったときに無理に困難に突っ込むのではなく、より良い道を選ぶのは、「逃げ」というより「当たり前の選択」ではないでしょうか。

もしすぐに他の道が見つからなかったとしても、一度「撤退」して戦略を練るほうが、結果的にゴールに近づけるのではないでしょうか。

「逃げる」という言葉にはどうしても、「負け」につながるようなネガティブな響きがあります。もし同じように感じる人がいたら、「より良い選択」「戦略的撤退」というふうに考えるようにするとよいかもしれません。

筆者プロフィール: 汐街コナ

イラストエッセイを手掛けるイラストレーター。ゆるいオタク。 エッセイ「『死ぬくらいなら会社辞めれば』ができない理由」を2017年4月に上梓。ツイッターは@sodium。