過労自殺しかけた経験を描いた書籍「『死ぬくらいなら会社辞めれば』ができない理由」の著者である汐街コナさんが、会社から身を守るための処世術などを紹介する漫画連載「会社につぶされないために」。今回のテーマは「好きなことでもストレスになる」です。

  • 漫画連載「会社につぶされないために」のワンシーン
  • 漫画連載「会社につぶされないために」のワンシーン

好きなことはストレスとして自覚しにくい?

この件は最後まで原因不明だったため、本当に漫画が原因なのかもわからないままです。でも言われてみれば、漫画でスランプだった時期と体調不良に悩まされていた時期がピッタリ重なっているので、関係があると考えるのが自然かなと思いました。

自分では「好きなことをやっている」という意識しかなかったため、まさかそれがストレスになっているとは思いもせず、お医者様に申告することもありませんでした。

好きなことに関することは、それが悩みであっても「好きなこと」の範疇に入れて考えてしまうため、ストレスとして自覚するのが難しいかもしれませんし、自覚してもやめるというのが簡単ではないかもしれません。

でも自覚できると、お医者様に相談もできますし、普段の生活や行動で変えられることもあるかもしれませんので、頭の片隅に入れておいていただければと思います。

筆者プロフィール: 汐街コナ

イラストエッセイを手掛けるイラストレーター。ゆるいオタク。 エッセイ「『死ぬくらいなら会社辞めれば』ができない理由」を2017年4月に上梓。ツイッターは@sodium。