過労自殺しかけた経験を描いた書籍「『死ぬくらいなら会社辞めれば』ができない理由」の著者である汐街コナさんが、会社から身を守るための処世術などを紹介する漫画連載「会社につぶされないために」。今回のテーマは「学習性無力感2」です。

これまでのお話はこちら

  • 漫画連載「会社につぶされないために」のワンシーン
  • 漫画連載「会社につぶされないために」のワンシーン

努力が報われる可能性は上げたいですね

前回、学習性無力感に襲われたという話をしましたが、後になってもたびたび「どうすればよかったのか」を考えました。

努力が報われない経験を積んでしまってはよくない……とはいえ、好きでそんな経験を積む人はいないわけです。努力というのはいつも報われるとは限りません。かといって、最初から努力しないわけにいきませんし、努力する前から「報われる努力だけを選ぶ」なんてこともできません。

あくまで私のケースの場合ですが、「報われる可能性が高い努力」の方法について、もっと真剣に考えるべきだったと思っています。報われる努力だけを選ぶのは無理ですが、せめて可能性を上げたいということですね。

また続きます。

筆者プロフィール: 汐街コナ

イラストエッセイを手掛けるイラストレーター。ゆるいオタク。 エッセイ「『死ぬくらいなら会社辞めれば』ができない理由」を2017年4月に上梓。ツイッターは@sodium。