職場の人間関係、仕事の重圧、終わらない残業……。この時代のビジネスマンにとって、仕事と「メンタルの不調」は切っても切れぬもの。自分のメンタルが守れるのは自分だけなので、厚生労働省の「メンタルチェック」「疲労度チェック」を活用してみましょう。

自分のメンタルを最も理解しているのは自分

「ストレスチェック」と聞くと真っ先に思い浮かべるのが、職場で受検する「ストレスチェック」ではないでしょうか。ストレスチェックを職場で行うのは、「働いている人の健康を守る」義務が会社にはあるためです。厚労省はマニュアルを発表して、2015年からストレスチェックを年に1回実施するよう会社の義務として定めました。

逆に言えば、それほどに「メンタルによる退職・休職」が後を絶たないということ。ストレスによる病は重症化してしまうと、暮らしや就労に大きな影響を及ぼします。

「つらいなら気がつくはず」と考えてしまうかもしれませんが、ストレスによるダメージは気分の微妙な変化や時には体調不良として現れるため、「自分で疲れていることに気がつきにくい」という点に怖さがあります。そのため、「発病するまで」に食い止めることが最も大事な予防なのです。

そんな便利なストレスチェックを年に1回会社でやるだけなんてもったいない!

厚労省は、全国のビジネスマンに向けたメンタルヘルスケアサイト「こころの耳」にて、「5分でできるストレスチェック」を掲載しています。これならネット環境があればいつでもどこでも、自分だけでストレスチェックが可能となります。

「自分の心をまっすぐ見る」のがストレスチェックのコツ。職場で受検する際は、緊張したり勘ぐったりとなかなか素直に答えるのは難しいかもしれませんが、自分で行うなら不安や心配はありません。「自分の心」が反映できる回答ができますね。

ストレスチェックを自分でやってみる

色々なストレスのチェックリストが巷に溢れていますが、せっかく行うなら「きちんとしたストレスチェック」をしてみませんか?

厚労省の運営する働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト「こころの耳」では、『5分でできる職場のストレスセルフチェック』としてオンラインで受けられる57問の簡単なチェックを公開しています。オンラインだからと侮ることなかれ。受けられる質問は、会社で行われるような「職業性ストレス簡易調査票」と同じ内容・分析のものです。

「こころの耳」では、ストレスチェックの他にも様々なコンテンツが充実。メンタルの知識が得られたり、自分で疲労度チェックができるプログラムを掲載したりしています。ストレスチェックだけではなく、自分や家族の「疲労度チェック」なども掲載。働く人やそれを支える家族のメンタルケアを応援しています。

「疲れてた……」にはまず休息

ストレスチェックは受検した後が一番大事。結果に向き合って、自分にできることから生活改善をしていきましょう。特に「ずっと疲れている」「いらいらする」という自覚がある人は、メンタルからの「黄色信号」がともっている状態だと言えます。たっぷりの睡眠で体を休めて、ゆっくり休まるひと時を週に1度でも作るよう心がけてみてはいかがでしょう。

「ゆっくり休めない!」という人は、ほんのちょっと生活に変化をつけるだけでも、心や脳にはいい刺激になるもの。例えば隙間を見てストレッチをしたり、勇気を出して人に相談したりするだけでも心が軽くなります。

また、ストレスチェックの結果はなるべく記録しておくことをお勧めします。「半年」「毎月」といった具合に期間を決めて、自分の結果を振り返ることで忙しさや疲れ具合、どんなことがあると疲れるのか……といった自分のメンタルリズムを理解することができるのです。

問診票としても有能ですので、「体調不良」「医師に相談したいことがある」といった際に「ストレスチェック」や「疲労度チェック」の結果を印刷して持っていくとスムーズな問診ができますね。

「こころの耳」にはセルフケアのヒントもたくさん掲載されています。自分で自分のメンテナンス、始めてみませんか?

筆者プロフィール: 遠藤美紗(えんどうみさ)

精神保健福祉士。建設業界などで産業保健業務に従事した後、2018年に株式会社情報基盤開発に参加。法人向けストレスチェック実施サービス「AltPaperストレスチェックキット」を手がける営業部企画室に所属し、企業の「ストレスチェック実施者代行」などのカスタマーサポートや、「ストレスチェックマガジン」の記事執筆・監修等を担当。

自営業であった家族の介護や自身の発達障害から得られた経験をもとに、ビジネスパーソンをはじめとする「今の社会で働きぬく人」のメンタルヘルスを応援する記事を発信しています。
株式会社情報基盤開発

AltPaperストレスチェックキット

■メンタルヘルスケアと明日の健康経営を考える「ストレスチェックマガジン」