元モーニング娘。でタレントの藤本美貴が5日、公式YouTubeチャンネル『ハロー!ミキティ/藤本美貴』で、“察して”問題に答えた。

“察して”は「何も生まれないから間違ってますよと伝えたい」

藤本美貴

この日の動画では、男性視聴者が抱える“女性への不満”を紹介。「女性の“察して”は難題すぎる」という声が届くと、藤本は、「私も、“察して”の女子は嫌いなの。言えよ! って思うんだけど」とバッサリ。「“どうしたの?”と聞くと、“別に……”と言われ、放っておいたら後でキレられた」というエピソードが語られると、「そうなんだよ。いるんだよ、本当に」と共感しながら、「“本当に大丈夫なの? つらいことあったら言ってね”って言って、放っておけばいいと思う。言わなかったのはあなたですよ! っていうことですよ」とアドバイスした。

また、「“察して”は、男性も女性も嫌いだと思う」と強調した藤本。体調が悪そうな人への声かけを例に挙げ、「“どうしたの? 体調悪いの?”って言っても、“全然大丈夫~”って。おかしいじゃんっていう人いるのよ。言えばいいのにね」と苦笑い。最後は、「そんなに、あなたのことだけを考えて生きてるわけじゃないから。“察して”は“察せない”。こうなんだよねって言ってくれれば、解決に向かって一緒に話し合えるし。“そうなんだ、大変だね”っていう同調の気持ちも生まれるけど。“察して”は何も生まれないから、間違ってますよと伝えたい」と熱弁していた。

視聴者からは、「察しては察せない、本当にその通り!!」「ミキティのアドバイスはすごく的確」「勉強になるし本当にスッキリする」「ミキティに共感~」など、称賛する声が寄せられている。

【編集部MEMO】
藤本美貴が「新しい自分を発掘」すべく、色々なヒト・モノ・コトと出会い、好きなことを見つけ、やりたいことをやっていく様子を届ける目的で、2019年10月に開設したYouTube公式チャンネル『ハロー!ミキティ/藤本美貴』。4年前のブログでは、「17歳から芸能生活をしてきてありがたい事に守られた環境だったからこそ本当に知らないことや、やった事が沢山あったり…これから色んなYouTubeを通して経験して34歳から新しい藤本美貴を発掘できればいいなと思っています」と意気込みをつづっていた。最近は、視聴者の悩みに答える「ミキティ人生相談」のほか、夫・庄司智春(品川庄司)とのプライベート映像も人気を集めている。