ホワイトデーはバレンタインのお返しをする日本発祥のイベントです。日本に根付いている「お返し」の文化から始まったといわれています。ホワイトデーのギフトにはキャンディやマシュマロ、クッキーなどのお菓子が定番ですが、アクセサリーなど相手が喜んでくれるものを選んでもよいでしょう。

今回は、ホワイトデーの由来やバレンタインのお返しにおすすめのお菓子について解説します。ギフト選びに悩んでいる方は参考にしてください。

  • ホワイトデーはいつ?

    ホワイトデーの由来やお返しに選ぶお菓子について解説します

ホワイトデーはいつ?

バレンタインデーにプレゼントをもらった男性のなかには、いつお返しを用意すればいいか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。一般社団法人日本記念日協会によると、ホワイトデーは毎年3月14日と決まっています。

近年、国民の祝日が曜日によって移動するようになったため、ホワイトデーも曜日が異なるのではと思われた方もいるでしょう。ホワイトデーは国民の祝日には該当しないため、3月14日から移動することはありません。

  • ホワイトデーはいつ?

    バレンタインのお返しを忘れないように覚えておきましょう

ホワイトデーはいつから始まった?

3月14日のホワイトデーにお返しをするようになったのは、1980年ごろから。ホワイトデーの発案は諸説あり、最もよく聞かれるのは「全国飴菓子工業協同組合」と「石村萬盛堂説」です。どのようにして始まったのか解説します。

説1) 全国飴菓子工業協同組合の発案

全国飴菓子工業協同組合は全国の菓子業者が集まって作られた協同組合です。1978年6月にバレンタインのアンサーデーとして「ホワイトデー (3月14日) はキャンディの日」と決定。第1回ホワイトデーを実施したのは1980年です。

ホワイトは純潔のシンボルであり、若者のさわやかな愛を象徴する色であるという考えから「ホワイトデー」と名付けられました。以降、「3月14日のホワイトデーはキャンディを贈る日」として、国内の百貨店やスーパーなどでキャンディの販売を行っています。

説2) 石村萬盛堂の発案

福岡県福岡市に店舗を構える菓子店、石村萬盛堂は「バレンタインデーに君からもらったチョコレートを、僕のやさしさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ」をコンセプトに、1978年3月14日に「マシュマロデー」を始めました。日程は女性社員の意見と福岡の百貨店・岩田屋からのアドバイスをもとに決められました。

マシュマロの白色である「ホワイトデー」への名称変更を百貨店から提案されたのをきっかけに、日本中にホワイトデーの文化が定着したといわれています。マシュマロデーを開始してから約8年経ったころです。

石村萬盛堂は、記念日文化の発展に貢献したとして「記念日文化功労章」の第10号を受賞しています。

  • ホワイトデーはいつ?

    キャンディもマシュマロもホワイトデーの定番お菓子ですね

ホワイトデーのお返しはいつ渡す?

ホワイトデーのお返しはなるべく3月14日の当日中に渡しましょう。

会社の同僚に渡す場合、仕事で忙しくしている様子であったり、休んでいたりするなど、都合が合わない可能性も考えられます。相手のスケジュールが把握できないときは、ランチタイムや就業時間後などリラックスしている時間帯がおすすめです。カップルであれば、デートの日程を調整して、その日の食事の後などに渡してもよいでしょう。

渡す相手のことを考えて、負担にならないタイミングで渡すようにしましょう。

  • ホワイトデーのお返しはいつ渡す?

    ちゃんとお礼を伝えるためにも、相手の忙しい時間帯は避けましょう

ホワイトデーはいつから準備を始める?

ホワイトデーの商品が店頭に並びはじめるのは、3月3日のひな祭りが終わったころです。人気商品を狙っているなら、特設売り場が作られてすぐの3月上旬には購入しておきましょう。いつから設置されるのか、デパートなどのイベント情報をこまめにチェックしてください。

百貨店やデパートの公式オンラインストアでは、3月に入る前からホワイトデー商品の特設ページを公開しています。店頭で並ばなくても人気商品を手に入れることができます。自宅配送や近所の店舗で受け取れるため、多忙な方でも購入することが可能です。

  • ホワイトデーはいつから準備を始める?

    時間がないときはネットショッピングが便利です

ホワイトデーの予算

ホワイトデーのギフトを選ぶときは、相手の負担にならない価格帯のものがおすすめです。職場の同僚や複数人の連名でもらった義理チョコへお返しする場合、同じくらいか、少し高めの価格帯のものを選びましょう。あまり高価なものをお返しすると、好意を持たれていると勘違いされてしまいます。

本命の彼女やパートナーへお返しするときは、愛や感謝の気持ちを伝えられるように、それなりの金額のものを用意してもよいでしょう。2~3倍返しをする人もいます。金額よりも、相手が喜んでくれるかどうかを考えて選ぶことが大切です。

  • ホワイトデーの予算

    お返しはもらったギフトに見合ったものを意識して選んでください

ホワイトデーのお返しにおすすめなのは?

職場向けから本命へのお返しまで、おすすめのギフトについて解説します。

クッキー|友だちや同僚におすすめ

友だちや同僚へのプレゼントには、クッキーがおすすめです。ホワイトデーに贈るお菓子には意味が込められているものがあり、「あなたとはお友だちの関係です」という意味があるともいわれます。

クッキーはスーパーで購入できるものから老舗ブランドまで幅広く商品が展開しており、贈る相手や人数に合わせて選びやすいメリットがあります。またクッキーは、ホワイトデー以外でもプチギフトとして普段から目にする機会があるお菓子です。

軽くて持ち運びもしやすいため、複数人向けのクッキー商品でも持っていきやすいでしょう。会社のランチタイム前に渡すと、食後のおやつとして喜んでもらえます。

キャンディ|好きな人におすすめ

キャンディは口に入れてからなめ終わるまで長い時間がかかります。そのため、「あなたとずっと一緒にいたい」「固い関係が壊れにくい」「付き合いはじめても長続きする」という意味が込められています。

全国飴菓子工業協同組合は、「ホワイトデーはキャンディの日」と定めており、ホワイトデーにはさまざまな商品が並びます。キャンディは価格帯も幅広いため、友だちや同僚にも選びやすいお菓子です。ただ、お菓子に込められた意味を気にしそうな相手には別のものを選んだほうがいいでしょう。

マカロン|特別な人におすすめ

マカロンはカラフルな見た目のキュートさから、ホワイトデーのギフトにおすすめのお菓子です。マカロンは「あなたは特別な人」「好き」といった意味があります。

見た目の華やかさと高級感から特別感を演出できると、ホワイトデーのお返しに選ばれています。本命の彼女やパートナーへのギフトにおすすめです。

気にせず好きなお菓子を選んでも

クッキーやキャンディ、マカロン以外にも意味が込められたお菓子があります。

  • マシュマロ:あなたの気持ちをやさしく包んでお返しします
  • マドレーヌ:あなたとより仲の良い関係を築きたい
  • 金平糖:ずっと一緒にいたい

金平糖はキャンディよりも溶けにくいことから、キャンディよりも強い意味が込められているという説もあります。相手が喜んでくれるお菓子を選びたいという方は、意味を気にせず選んでもよいでしょう。

職場や友だちには意味が込められていないお菓子を

ホワイトデーのお菓子には、あまり意味の込められていないお菓子もあります。バレンタインデーの定番お菓子でもあるチョコレートは特に意味がないといわれています。

他にも結婚式の引き出物にも選ばれるバームクーヘンなどもよいでしょう。勘違いをさせたくない職場の人や友だちへお返しにおすすめです。

  • ホワイトデーのお返しにおすすめなのは?

    相手が喜ぶ顔を想像して選んでみてください

カップルのホワイトデーのギフトは?

カップルのホワイトデーには、お菓子だけではなくちょっとしたギフトも添えて贈るのがおすすめです。本命の彼女やパートナーが喜んでくれるホワイトデーのギフトと過ごし方について解説します。

アクセサリーもおすすめ

アクセサリーは本命の彼女やパートナーへのホワイトデーギフトにぴったり。彼女やパートナーの好きなジュエリーブランドなら、喜んでくれるものを選びやすいでしょう。

誕生石の宝石を身につけていると幸運が訪れるといわれており、誕生石を使ったアクセサリーはプレゼントにおすすめです。誕生石にこだわらず選ぶなら、ファッションやシーンを問わずつけられるシンプルなダイヤのネックレスがおすすめです。リングやブレスレットも喜ばれるでしょう。

いつもより贅沢なデートを楽しむ

ホワイトデーはいつもより贅沢なデートを楽しんでみてはいかがでしょうか。行ったことのないレストランやバーなどへ予約を入れるなど、特別なデートプランを立ててみましょう。時間にゆとりがあるなら、カップル向けのエステやプチ旅行などもおすすめです。

2人で過ごせればそれでいいという女性もいるようですが、何か特別な演出をしたいという気持ちはうれしいものです。彼女やパートナーが喜んでくれるデートプランを考えてみてください。

  • カップルのホワイトデーのギフトは?

    ホワイトデーには相手のことを考えてギフトを選びましょう

ホワイトデーは相手が喜ぶお返しを用意しておこう

ホワイトデー当日はお返しを求める人で行列になっており、お目当てのお菓子が手に入らない可能性もあります。デパートや百貨店によっては2月上旬からホワイトデー向けのお菓子の予約期間を設けているため、当日並んで購入できない方は事前に予約を入れておきましょう。

ホワイトデーは毎年3月14日。曜日によっては特別な贈り物としてプチ旅行などを楽しんでもよいでしょう。お菓子やギフトだけではない相手が喜んでくれるホワイトデーを過ごしてください。