「頌春」とは新年をほめたたえる言葉です。賀春や賀正などと同様に年賀状でよく使われます。送られてきた年賀状に頌春の文字を見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。

頌春はお祝いの気持ちを表す賀詞ですが、使い方を誤ると失礼にあたります。ここでは正しい意味や使い方、ほかの賀詞との違いなどについて詳しくご紹介します。

頌春の読み方と意味

頌春(しょうしゅん)は、新春を褒め称えるときに使う言葉です。祝意を表す賀詞として、年賀状に使われます。賀詞には頌春のほかにもさまざまな種類があり、それぞれに意味合いが異なります。主な賀詞と意味を見ていきましょう。

  • 漢字一字の賀詞と意味

寿:めでたい
賀:祝い
福:幸せ
春:新年、年の初め

  • 漢字二字の賀詞と意味

賀正(がしょう):正月を祝う
賀春(がしゅん):新春を祝う
迎春(げいしゅん):春、新年を迎える
慶春(けいしゅん)春、新年を喜んで祝う
初春(しょしゅん):新しい年、年の初め
新春(しんしゅん):新しい春、新しい年
芳春(ほうしゅん):花の盛りの春

「賀」が含まれる言葉は相手にお祝いを伝える意味合いになり、「春」は二十四節気が立春から始まることから、新年になったことを伝える意味合いがあります。

  • 漢字四字の賀詞と意味

謹賀新年(きんがしんねん):謹んで新年をお祝い申し上げます
謹賀新春(きんがしんしゅん):謹んで新春をお祝い申し上げます
恭賀新年(きょうがしんねん):恭しく新年をお祝い申し上げます
恭賀新春(きょうがしんしゅん):恭しく新春をお祝い申し上げます
慶賀光春(けいがこうしゅん):輝かしい新春のお喜びを申し上げます

  • 文章の賀詞

新年おめでとうございます
あけましておめでとうございます
謹んで新年のご祝詞を申し上げます
謹んで新春のお喜びを申し上げます
謹んで年始のご祝詞を申し上げます

  • 「頌春」の読み方と意味

    年賀状を送る相手に合わせて賀詞を使いわけましょう

頌春の正しい使い方

頌春の他にも賀詞にはさまざまな種類がありますが、使い方によっては失礼にあたることも。意味だけでなく正しい用法も覚えておきましょう。

相手のパターンごとに適した賀詞を紹介します。

送る相手 賀詞の種類
目上 漢字4文字 謹賀新年
目下 漢字1文字、または2文字 寿、頌春、迎春
相手を問わない 文章の賀詞 あけましておめでとうございます

賀詞は漢字4文字が正式な形とされています。相手を尊ぶ「謹」や、丁寧で礼儀正しい「恭」などの漢字が含まれるため、上司や先生など目上の方に送る年賀状に使ってもマナー違反ではありません。礼儀にかなった挨拶として使用できます。

一方、頌春などの簡潔な漢字2文字の賀詞は、親しい友人や後輩への年賀状に適しています。目上の方に対して使うことは避けましょう。

頌春のほかにも使い方に注意したい漢字

賀詞には使ってはいけない漢字や語句があります。合わせて覚えておきましょう。

  • 「去」

「去」はお祝いにふさわしくない漢字とされています。年賀状に「去年」と書きたい場合は、代わりに「昨年」や「旧年」を使いましょう。

  • 「枯れる」「衰える」「倒れる」「滅びる」など

いずれも縁起がよくない言葉とされています。年賀状には使わないようにしてください。

年賀状を書くときの注意点

「頌春」や「賀春」、「賀正」には「あけましておめでとうございます」の意味合いがすでに含まれています。

例えば「頌春」と書いたあとで「あけましておめでとうございます」と続けると、意味が重複するので注意しましょう。「謹んで初春のお慶びを申し上げます」や「Happy New Year」などの文章も、頌春と合わせて使わないのが基本です。

なお、「あけまして」には「新年があけた」という意味が含まれています。「新年あけましておめでとうございます」では意味が重複してしまいます。「新年」を使いたい場合には、「新年おめでとうございます」とするのが正しい表現です。

年号の重複にも注意が必要です。「元旦」は「1月1日の朝」という意味なので、「令和〇年 1月1日元旦」や「令和〇年 1月元旦」という書き方は誤りです。正確には「令和〇年 元旦」と書きます。

  • 「頌春」の正しい使い方

    正しい年賀状の書き方を覚えて頌春を適切に使いましょう

頌春をスマートに使いこなそう

頌春には新年をほめたたえるという意味があり、年賀状の挨拶に広く用いられます。

ただし、頌春のような漢字2文字の賀詞は、上司や先生など目上の人に使うと失礼にあたります。年賀状を送る際は、相手によって使い分けなければなりません。また、「あけましておめでとうございます」などの言葉と合わせて使うと意味が重複しますので、避けましょう。

賀詞の正しい使い方とマナーを覚えて、気持ちの良い新年の挨拶ができるようにしてくださいね。