仕事や家事の合間の一息つきたいときに飲む「カフェオレ」や「カフェラテ」って美味しいですよね。日頃からよく飲まれている「カフェオレ」と「カフェラテ」ですが、その違いを聞かれて自信をもって答えられる方は少ないでしょう。

この記事では、「カフェオレ」と「カフェラテ」の違いについて紹介します。違いを知って、今までよりほっと一息する時間を楽しみましょう。

  • ハートのカフェラテ

    「カフェオレ」と「カフェラテ」の違いは?

カフェオレとカフェラテの意味

カフェに入ってメニュー表を見たときに「カフェオレ」と「カフェラテ」は何が違うのかと疑問を持たれた方もいるのではないでしょうか。ここでは、それぞれの言葉の意味について解説します。

カフェオレの意味

カフェオレとは「コーヒー牛乳」という意味で、フランス語が語源となっています。カフェが「コーヒー」、オレが「牛乳」を指します。

カフェなどでメニュー表を見た際にカフェオレと書いていれば「コーヒー牛乳」と解釈して良いでしょう。

カフェラテの意味

カフェラテもカフェオレと同様に「コーヒー牛乳」という意味です。もともとカフェラテはイタリア語から来ており「カフェ・コン・ラッテ」といいます。カフェが「コーヒー」、ラテが「牛乳」という意味です。

「牛乳入りのコーヒー」という意味の点では、カフェオレと変わりはありません。

  • パソコン作業をする様子

    カフェオレとカフェラテの意味を知りましょう

カフェオレとカフェラテの相違点

カフェオレとカフェラテは、発祥の国やミルクの量、ベースのコーヒーが異なります。日本語に訳すと同じような意味になりますが、別の飲み物です。どのように違うのかを知り適切に使うようにしましょう。

ベースのコーヒーの違い

カフェオレに使われるコーヒーはドリップコーヒーになります。ドリップコーヒーはペーパーフィルターにコーヒーの粉を入れてお湯を注ぐのが一般的なもので、あっさりとした味わいになります。

一方、カフェラテに使われるのはエスプレッソです。エスプレッソはエスプレッソマシンで強い圧力をかけて抽出したものになり、コクと風味が深く、比較的苦味が強い仕上がりとなっています。

ミルクの違い

カフェオレの場合ミルクは冷たいものではなく温められたミルクをコーヒーに注ぎます。一方、カフェラテは蒸気で温めたスチームミルクを使用するのが一般的です。ちなみに、ふわふわのミルクが特徴のカプチーノの場合には、フォームミルクが使用されます。

コーヒーとミルクの割合の違い

コーヒーとミルクの割合はカフェオレが「ミルク:コーヒー=5:5」、カフェラテは「ミルク:コーヒー=8:2」であることが多いです。

カフェオレの場合は苦みの少ない豆が使用されることが多いですが、カフェラテは風味の濃いエスプレッソを使用するためミルクの割合が多めになっています。

味の違い

味はカフェオレは、ベースとなるコーヒーがドリップコーヒーのためマイルドでさっぱりとしています。コーヒーの苦味よりもミルクの甘さが感じられ、まろやかでクリーミーです。

一方カフェラテは、エスプレッソがベースとなるためコクのある苦味が感じられます。ミルクの甘さは、カフェオレよりも控えめです。

カフェオレのほうが味はまろやかですが、ミルクの割合が多いためカロリーはカフェラテのほうが高い傾向にあります。

  • 振り向く女性

    カフェオレとカフェラテの相違点

カフェオレとカフェラテの語源

カフェオレとカフェラテは発祥国が違うため語源も異なります。それぞれの国の文化を知り、適切に使い分けましょう。

カフェオレはフランス語

カフェオレはフランスが発祥となっており、正しく表記すると「café au lait」となります。caféはコーヒー、auは前置詞でlaitは牛乳という意味です。

フランスではカフェオレとパンを朝食で食べることが多く、パンをカフェオレに浸しながら食べます。しかし朝の空腹時に濃いコーヒーを飲むのは胃に刺激が強いため、ミルクを入れたことが始まりだそうです。

カフェラテはイタリア語をもとにした造語

カフェラテは正式にはカフェ・コン・ラッテ(Caffè con Latte)と言われ、イタリアが発祥となっています。日本人にとって一般的なカフェラテという言い方は、アメリカのワシントン州の都市シアトルのコーヒー文化において作られた造語です。そのため、イタリアで「カフェラテ」と言っても通じません。

カフェラテに使用するエスプレッソはイタリアでは一般的な飲み物です。そのため、イタリアで誕生したマキアートやカプチーノなどはすべてエスプレッソがベースとなっています。

  • 話し合いをしている様子

    カフェオレとカフェラテの味・ミルク・ベースとなる作り方を知ろう

カフェオレとカフェラテの英語表現

カフェオレとカフェラテは、フランス語とイタリア語が語源となっていますが、それぞれ英語では何と表現されているのでしょうか。英語圏へ出張や旅行に行った際に通じるよう知っておきましょう。

カフェオレは「Café Au Lait」

カフェオレの英語表現は、フランス語と同じく「Café Au Lait」で「cafe au lait」と言います。メニュー表には「Café latte」となっていることがあるので注意しましょう。

<使用例>

  • He orders cafe au lait.(彼はカフェオレを注文します)
  • I make cafe au lait and drink.(私はカフェオレを作ります)

カフェラテは「Latte」

日本語では注文する時にカフェラテと言いますが、英語では「latte」で伝わります。カフェラテという言葉が間違っているわけではありせんが、あまり使われないので伝わりづらいでしょう。

<使用例>

  • I drink latte.(私はラテを飲みます)
  • The cafe latte in this shop is delicious.(このお店のカフェラテは美味しいです)
  • ベッドの上に置かれたパソコンと朝食

    カフェオレとカフェラテの英語表現を学ぼう

カフェオレとカフェラテの違いを理解して使い分けよう{#ID5}

カフェオレとカフェラテの違いについて紹介しました。違いがわかった上で改めて飲んでみると味や風味の違いに気づき、より楽しむことができるでしょう。

目を覚ましたいときにはカフェラテ、少しリラックスしたいときにはカフェオレというように気分によって分けて楽しむのも良いですね。