■3点要約
・「生かす」と「活かす」の意味はほぼ同じ
・「活かす」は常用漢字ではないため公的な文書では使用を避ける
・「経験をいかす」とする場合には「活かす」が一般的

「特技をいかす」「いかすも殺すも」。それぞれ「生」と「活」のどちらの漢字を使うべきか答えることはできますか? 改めて問われるとはっきり答えることができないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、「生かす」と「活かす」がそれぞれ持つ意味と、例文をあわせて解説します。

  • 「経験をいかす生かす」と「経験を活かす」はどっちが正しい?

    「経験をいかす生かす」と「経験を活かす」はどっちが正しい?

生かすと活かすの違いとは

日本語では、読みは同じでも意味合いの違う漢字や言葉が多く存在します。「取る」と「撮る」など細かいニュアンスの違いや、「話す」と「離す」など漢字が違うだけで大きく意味合いの異なる言葉もあります。

では、「いかす」はどうでしょうか。いざ、「活かす」と「生かす」の違いを説明しようとするとなかなか難しいですよね。まずはそれぞれの意味を整理してみましょう。

「生かす」の意味

「生かす」の「生」には多くの意味や読み方がありますが、この場合は生命という意味合いを強く持ちます。生かすとは「命を生きながらえさせる」「死なないようにする」など、生命に関する場合によく使います。

さらに「活用する」という意味もあるので、「経験を生かす」や「特技を生かす」というように使うことができます。

「活かす」の意味

「活かす」の「活」は活躍の活です。快活や活発など、いきいきとしている様子をあらわすときに使用します。

また、活用するなど、持っている特性や能力についてあらわすときに使うことも多い傾向にあります。生かすと同様に「生命」をあらわす場合もあります。

しかし、命そのものよりも人が持つ特徴や物事が効果的に作用している場面をさすときなどに使うことが多いでしょう。

迷ったときはどちらを使ってもOK

このように漢字そのままの意味だけではなく、「生かす」でも「活躍」や「活用」、「活かす」でも「生命」という意味合いで使うことができます。実際に「いかす」で辞典で調べてみると「生かす・活かす」と並列で記載されていることが多くあります。

つまり、どちらを使用しているから間違っているということはないのです。

どうしても迷ったら言い換えを検討しよう

どちらも意味に大きな違いはないと聞くと、正解がなく不安に思ってしまう方も多いかもしれません。迷ったときはどちらかにこだわることなく、「いかす」「いかして」と平仮名に変えて書いてもいいでしょう。

または「活かす」の代わりに「利用する」や「活用する」、「生かす」の代用として「回復する」など他に適した言葉がないか探してみましょう。

  • 生かすと活かすの違いとは

    「活かす」と「生かす」。どちらを使っても大丈夫です

「活かす」は常用漢字ではない

「生かす」と「活かす」、それぞれの持つ意味に大きな違いがないことがわかりました。そのためどちらを使用しても問題はないのですが、文字として文書に残る場合はひとつ注意しておかなければならないことがあります。

実は、「活かす」の「活」は常用漢字ではありません。そのため、公的な文書では使用を避けなればならないのです。

常用漢字とは

そもそも、常用漢字とは一体なんなのでしょうか。常用漢字とは、社会生活で国語を書きあらわす場合に使用する漢字の範囲を「目安」として示しているものです。 具体的にいうと、法令や公用文書、新聞や雑誌、放送などで使用できる漢字のことです。

あくまで「目安」であり、常用漢字から外れたものがすべて間違っているというわけではありません。

公的文書では「生かす」「いかす」を使おう

常用漢字表では「活かす」の「活」という漢字は用いられていません。そのため、公的文書では使用を避けたほうがいいでしょう。

では、公的文書の場合「いかす」をどのように表記すればいいのでしょうか。「生かす」の「生」という漢字は常用漢字のひとつです。公的文書では「生かす」を使うのがいいでしょう。もちろん、「いかす」と平仮名で書くのもおすすめです。

  • 「活かす」は常用漢字ではない

    公的文書では、「いかす」「生かす」を使おう

「生かす」と「活かす」の例文

次に、「生かす」と「活かす」を使用した文章をご紹介します。今回はそれぞれの漢字が持っている意味に合わせて例文を作成しています。先ほどもご説明したように、どちらを使っても間違いというわけではありません。

あくまで参考としてご覧ください。

「生かす」を使った例文

先述したように、「生かす」は「殺す」「死ぬ」の対義語であるため、生命の意味合いが強く含まれます。

命や生死にまつわる場面で使用するのが一般的です。

・あのときの救助で生かされた

・生かすも殺すも私たち次第だ

「活かす」を使った例文

「活かす」は自分の持っている能力や物事を活用するといった意味合いが強く含まれています。自分や周りの力を活用する場面や、アピールしたいシーンで使うのがいいでしょう。

・アルバイトの経験を活かして活躍したい

・それぞれの持ち味を活かして勝利を掴み取ろう

  • 「生かす」と「活かす」の例文

    漢字本来の意味を考えると迷いません

履歴書・ESで「生かす」「活かす」はどっちを使うべき?

就職活動では、「~をいかして」という文章をよく使うのではないでしょうか。履歴書の場合は人事の担当者に目を通してもらうので、より誤字が気になってしまうものです。

次に、就職活動や転職活動で「活かす」と「生かす」を使いたい場合、どのように使い分ければいいのかご紹介します。適切な言葉を使うことで応募先へ語彙力をアピールすることができるかもしれません。

就活生や転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

「特技をいかして」は「活かす」

就職活動では、自分の特技や強みをアピールする機会は面接、履歴書を問わず多く訪れます。履歴書などでも自分の強みをアピールしたい場合は人が持っている特性を使うという意味合いを強く持つ「活かす」を使うことが一般的です。

「特技を活かして働きたい」「前職の経験を活かして貢献したい」のように使うのがいいでしょう。

「生かす」がいい場合も?

ESや履歴書でも「いかす」を使う場面は多く訪れます。

先ほどご説明したように、自分の特技を効果的に使うという意味で「活かす」と書くのがいいでしょう。しかし、「活」は常用漢字ではないということは頭に入れておく必要があります。使用しても間違いではありませんが、よりオフィシャルな文書にしたいという場合は「生かす」と表記してもいいかもしれませんね。

気になる場合は平仮名の「いかす」を使用したり、「活用」や「活躍」など他の表現を検討したりしてもいいかもしれません。

  • この場合はどっち? 就活シーンでの「生かす」と「活かす」

    どうしても迷ったら別の言い方を探そう

***

「生かす」と「活かす」は漢字の持つ意味において少しの違いはありますが、大きく意味合いは異なりません。辞書などでも並列に扱われていることから、あまり迷いすぎずに自分がその場に適していると思う漢字を使うのがいいでしょう。

しかし、「活」は常用漢字ではないため、公的な文書で使う場合は注意が必要です。場合によっては「いかす」と平仮名で表記したり、他の言葉で言い換えられるか検討したりするのもおすすめです。

自分が使いたいシーンをよく確認した上で「生かす」と「活かす」を上手に使い分けられるようにしましょう。