「悉く」という言葉、どう読むかご存知ですか?

この言葉の読み方は「ことごとく」です。読み方に加えて、意味も知らない、という方も少なくないことでしょう。

社会人たるもの、多くの言葉の読み方や意味、使い方を知っておいて損はありません。本記事では、「悉く」の意味や類似表現、使い分けや例文などをご紹介します。

  • 「悉く」の意味を徹底解説! 類似表現や使い分け、例文まで

    「悉く」の意味を徹底解説! 類似表現や使い分け、例文まで

「悉く」の意味・使用例・由来

そもそも「悉く」は「問題にしているもの全部・残らず・みんな」という意味。多くの場合で、あまり好ましくない場合に使われます。

例えば、「すべてを否定された」という意味で「悉く否定された」と使ったり「残らず無くした」という意味で「悉く無くした」と使ったりします。

次に、「悉」という漢字の由来について。「悉」とは「獣の爪」を表す釆と「心臓」を表す心の組み合わせから成る会意文字。“獣が爪で他の獣の心臓をえぐり取る様子”を表現しているといいます。

読みの「ことごとく」の由来は、すべてという意味を持つ「事」を重ねてつくった「事事(ことごと)」に接尾語の「く」がついて「ことごとく」になったと言われています。

「ことごとく」と読む言葉集

実は「ことごとく」という読みを持つ漢字は他にもあります。普段使うことは少ないかもしれませんが、豆知識として知っておくと面白いかもしれません。

「盡く」

「盡」は「尽」の旧字体です。そのため「尽く」と同じく「尽くす」「出し切る」といった意味があります。

「咸く」

「咸」は、“戉(まさかり)で人を脅して口を閉じさせる様子”を表す文字と言われています。「みんなに口を閉じさせる」ということから「悉く」と同じく「みんな」という意味を持つようになりました。

「畢く」

「畢」は「畢わる(おわる)」とも読み、「終わる」と同じ意味を持っています。「全部・みんな・ついに」という意味を持ち、「卒業」のことを「畢業(ひつぎょう)」と表現することもあり、すべてが終わることを表すときに使われます。

  • 「悉く」「盡く」「咸く」「畢く」など、さまざまな「ことごとく」という言葉が存在します

    「悉く」「盡く」「咸く」「畢く」など、さまざまな「ことごとく」という言葉が存在します

「悉く」の類義語

悉くを別の表現で言い換えるとどのようになるのでしょうか。悉くの類義語についてご紹介しましょう。

余すところなく

「悉く」の類義語としてあげられるのが「余すところなく」です。

例えば「悉く否定された」を言い換えると「余すところなく否定された」となります。「悉く」が隅から隅まで全部、という意味合いを持つように、「余すところなく否定された」という文章は、反論の余地もないほど隅々まで否定された――という印象を持たせます。

すっかり

「すっかり」は「残らずすっかり」というニュアンスで使うときに「悉く」の代わりとして使える類義語です。

「すっかり」には「すっかり見違えるようになった」というような「驚くほど変わった」という意味もありますが、「悉く」にはそのような意味はありません。

「すっかり見違えるようになった」を「悉く見違えるようになった」と置き換えてみるとわかるでしょうか。プラスのイメージに感じる「すっかり」に対し、「悉く」は「なんだかこの人変わってしまったな」と残念がるような印象が滲み出ます。

つぶさに

「つぶさに」は「すべてをもれなく、詳細に」といった意味を持ちます。「事細かに」と言い換えることもできるでしょう。「つぶさに」は細かいところまで、それこそ「重箱の隅をつつくような」という印象があるので、「つぶさに」に言い換えられると思うと、「悉く」の言葉のイメージもねちねちと細かい印象に感じられます。

  • 以上、「悉く」の類義語について紹介しました

    以上、「悉く」の類義語について紹介しました

「悉く」を使った例文

実際に「悉く」を使う場面はどんな場面なのか、どのように使うのが適切なのか、例文をご紹介します。

ネガティブな結果に対して

「与えられた仕事を悉く失敗した」
何から何まですべて失敗してしまった、というニュアンスの文章になります。
「プレゼン内容を上司に悉く否定された」
言ったことすべてを全部否定されてしまった、というニュアンスが伝わります。

残らずすべて、という意味

「所持金を悉く使い果たした」
所持金がまったく残っていないことを意味します。すっかり使い切って空っぽになった、というニュアンスを表すのに効果的です。

物事がうまくいったときにも

「今週の運勢は最悪だったが、今のところ悉く外れてほっとしている」
すべて運勢が外れることが良い方向に働くこともあります。良い結果につながるときも「悉く」は活躍します。
「上司から受けた仕事を悉く成功させた」
上司があてがった仕事を、すべて余すところなく成功させたことに対する賞賛の意味が込められている一文です。自分で使うよりも第三者に対して使う方が自然かもしれません。
  • 「悉く」という言葉を使った文章を書く際には、上記の例文を参考にしてみてください

まとめ

以上、「悉く」の意味から由来、類義語や例文までご紹介しました。

「悉く」は、「すっかり」「つぶさに」といった簡単な言葉に言い換えることもできますが、ビジネスの場や普段の会話で敢えて使ってみると表現の幅が広がることでしょう。適切な使い方を覚えて、「悉く」を会話や文章に活用してみてください。