授業で習ったはずの敬語表現、ビジネスシーンで正しく使えているでしょうか。知識として理解していても、とっさの場面ではなかなか言葉が出てこなかったり、うっかり間違ってしまったりすることもあるかもしれません。

特に「聞く」の謙譲語・丁寧語・尊敬語の使い分けは、間違えると相手の立場を尊重できず失礼に可能性があります。この記事では、「聞く」の謙譲語を中心とした敬語表現の基礎基本を、例文も交えてご紹介します。

「聞く」の敬語表現とは?

「聞く」の敬語表現には謙譲語、丁寧語、尊敬語の3種類があります。それぞれどのような表現になるのか確認しておきましょう。

※クリックで細かな意味や用例を確認できます

もっと詳しく : 敬語表現(尊敬語・謙譲語・丁寧語)活用表

「聞く」の謙譲語は「伺う」「拝聴する」

謙譲語は、相手より一歩下がった立場で使う敬語です。自分より目上の人の話や意見を聞くときなどに使うのが、「聞く」の謙譲語である「伺う」「拝聴する」です。自分の動作をへりくだった言い方で表現して、一歩下がった位置に立つことで目の前の人の立場を上に押し上げる方法です。口語で使えるのはもちろんのこと、文章でも使用できるのでうまく活用してみましょう。

「聞く」の丁寧語は「聞きます」「聞いています」

丁寧語は敬語の中でも最も馴染みがあると言えるかもしれません。立場を過度に意識する必要はありませんが、丁寧な会話をしたいときに重宝する敬語です。上司とのフランクな会話で使ってもいいですし、上下関係を気にするほどではない親しい関係の人との会話について、「聞きます」「聞いています」のように使います。

「聞く」の尊敬語は「お聞きになる」「聞かれる」

上司など目上の人の行動を表現する言葉が尊敬語です。目上の人の「聞く」という行動を「お聞きになる」「聞かれる」と表現することで、その人を尊敬していることを表明しています。ちなみにより敬意を表したいときには「聞かれる」より「お聞きになる」を使うのがベストです。

「聞く」の敬語表現で注意したいNG例

敬語表現は使うべき立場を間違えてしまうと、かえって失礼にあたります。ここでは敬語表現を使うときにありがちなNG例をご紹介しましょう。

  • 「聞く」の敬語表現で注意したいことは?,A@聞く 敬語 注意

    「聞く」の敬語表現で注意したいことは?

「聞く」の謙譲語は自分をへりくだっていう言葉

謙譲語は自分をへりくだっていうことで、目の前の人が立場が上だと示すことのできる敬語表現です。この場合は「聞く」という自分の動作を一歩下がった言い方の「伺う」「拝聴する」といった表現に変換。あくまでも自分の立場を下げるために使うことを覚えておきましょう。

自分と相手の立場の違いがわからないときや、敬意をしっかりと表現したいときに誤って使ってしまうと、信頼性を損ねる事態にもつながりかねません。具体例をみていきましょう。

(1)目上の人に対して「謙譲語の表現」を使う

謙譲語は自分の動作に対して使う敬語であるのに、目上の人の動作に使ってしまう例が時折見られます。例えば「拝聴されましたか」といった表現はNGです。目上の人の「聞く」という動作をへりくだった表現にしてしまっています。

社外では、場合によっては上司の動作に謙譲語を使うことはあります。「弊社の〇〇が伺います」というように、立場を自分の会社とひとくくりにしたときには、客先の企業を立てるために自分の上司の動作をへりくだった表現にするといいでしょう。

(2)接客する際に誤って使用している

謙譲語はあくまで自分の動作に対して使うのが基本ですが、まれに接客業などでお客様の動作に対して使ってしまう人がいます。「お名前を頂戴できますか」「担当者にお伺いください」というのがその一例です。

この場合「名前を頂戴する」のは自分であってお客様ではないので、「お名前をお聞きしてもよろしいですか」と言い換えるのがいいでしょう。「担当者にお伺いください」は「担当者にお聞きになってください」とお客様の動作を丁寧語にするのが正しい表現です。