俳優の赤楚衛二が主演を務める、テレビ東京の木ドラ25枠『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(毎週木曜 25:00~)が現在放送されている。ガンガンpixivで連載中の豊田悠氏による同名コミックの実写化作で、「チェリまほ」の愛称で親しまれている同作は、全国書店員が選んだおすすめBLコミック第1位(2019年)に輝いた人気作。童貞のまま30歳を迎え「触れた人の心が読める魔法」を手に入れた冴えない30歳のサラリーマン・安達清(赤楚)が、社内随一のイケメンで仕事もデキる同期・黒沢優一(町田啓太)に触れ、自分への恋心を聞いてしまう。

さらに安達の親友で数々の恋愛小説を執筆する小説家・柘植将人(浅香航大)、柘植の家に配達に来る宅配業者・綿矢湊(ゆうたろう)など、「心の声が聞こえる」からこそ展開するピュアな恋心が満載となっている同作。今回は赤楚&町田にインタビューし、互いの印象や作品への想いについて話を聞いた。

  • 『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』に出演する赤楚衛二、町田啓太(提供:テレビ東京)

    『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』に出演する赤楚衛二、町田啓太(提供:テレビ東京)

■どの世界にも届くピュアな物語

――まずはぜひ、出演が決まった時の印象をぜひ教えていただければ。

赤楚:作品が決まった時は、「30歳の童貞で魔法が使えて、BLだ」という話を聞いて、どんな物語なんだろうという衝撃を受けました(笑)。その後、原作を読ませていただいて、ストーリーも面白くて、笑える部分もグッとくる部分もあり、人と人の愛を感じて、楽しみだという気持ちが強くなりました。

町田:BLと言われる作品を初めて読ませていただきましたが、登場人物たちみんなあたたかいし、優しい気持ちになれる、人間愛がつまっている優しい作品です。挑戦させていただけるということで、丁寧に、楽しく、思いっきり挑みました。役を通して、黒沢が安達の魅力をどんどん知っていけたらいいなと思って、赤楚君自身も魅力あふれる方なので、たくさん発掘していける時間になれたらいいなという思いで臨みました。

――町田さんから赤楚さんへの印象がありましたが、赤楚さんから見た町田さんの印象はいかがでしたか?

赤楚:最初、ご挨拶させていただいた時に怖い人だったらどうしようと思ってたんですけど、にこっと笑ってくれて、本当に人として向き合ってくれてるあたたかさをお持ちの方で、本当に安堵と共により楽しみになりました。

町田:怖いというのは、やんちゃなイメージがあったのかな?(笑)

赤楚:いや、誠実な役を見させていただいたので、これでもし中身が真っ黒だったら逆に怖いな、みたいな感じです(笑)。

――今、タイや中国などアジアでBLドラマが流行っていますが、『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』もその波に乗って世界に出ていったりは…?

町田:そうなんですよね。僕らも世界へいけるのであれば嬉しいです(笑)。

赤楚:初めて知りました!

町田:最近、多いんですよね。今はタイのドラマが来ているけど、このドラマも気軽に観られるので、タイのドラマにはまっている方達にも観てもらえたら。また違う良さがあると思うので。

赤楚:ピュアな恋愛なので、どの世界でも、この思いは届くと思います!

――町田さんはご存知だったということですが、普段から世界の動きをキャッチアップされてるんですか?

町田:そんな大それたものではないです(笑)。でも、気にするようにはしていますね。LGBTQ、と言われるところに分類されてしまっているだけだとは思うんですが、そういう方がいろいろな作品で注目される機会も多くなって来ているし、その分、今まで心の内に溜めていたものがある方たちも、声を上げられている。僕がこの作品に挑戦させてもらえるということでも考えさせられましたし、中途半端な気持ちでやってはいけないなと思います。ただ、そうは言っても自分も単純に楽しんで演じて、この作品の良さを存分に出していけたらいいんじゃないかなと思います。

■互いに「素敵だな」と思う存在

――この作品の放送と前後して赤楚さんは映画『思い、思われ、ふり、ふられ』『映像研には手を出すな!』で高校生役をされていて、町田さんは『きみの瞳が問いかけている』で半グレ集団の幹部役と、『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』とはけっこうギャップも感じるのかなと思いました。

赤楚:ピュアな気持ちはあんまり変わらないのかなと思いつつ、「30歳に見える」「役者さんって、すごいんだ」と思ってもらえたら、1番嬉しいです。「なんでもできるぜ!」って(笑)。

町田:作品によっては役も作風も違うので、その都度の楽しみだったり発見もたくさんあります。「全然違うね」と思っていただけるのはありがたいことで、自分もたくさんチャレンジしていきたいので、このドラマも初めてのBL作品でラブコメで、挑戦の機会をいただけて喜んでいます。「次にこの人は何をしてくれるんだろう」「どういうお芝居で楽しませてもらえるんだろう」と思っていただければ嬉しいです。

――恋愛的な意味でなくても、周りの俳優さんに「かわいいな、かっこいいな」と思うのはどんなところですか?

町田:赤楚くんは、正直だなと思います。会話させてもらったりしても、純粋ですし、自分の考えもしっかり持っている方なんだなと思って、話していて楽しいです。ふいに「手のひらから音が鳴るんですよ」とか言い出して、「いいな」と(笑)。今僕がやったら「何言ってんだ」という感じだけど、赤楚くんがいうと、周りの反応も違うんです(笑)。そういうかわいらしいところは、素敵だなと思いますね。

赤楚:町田くんは……。

町田:俺じゃなくていいんだよ?(笑)

赤楚:いや、町田くんです!(笑) 年もそうなんですけど、それ以上にいろいろな経験をされてるのか、世界にもアンテナを張って、自分の考え方を持ってる部分があるのに、4つも下の僕にすごくフラットで優しく接してくれるので、人間的に素敵だなと思います。

町田:ごめんね、言わせた感じになってたら(笑)。

赤楚:ほんとに思ってます! 今までの質問にも大人な回答を……僕は未熟者だなと思います(笑)。

――改めて作品に戻って、今回演じるキャラクターについての印象を教えてください。

赤楚:安達は自分に自信がなく、自己評価が低いみたいなところがあるからこそ、人に対して嫉妬は生まれず羨望を持つ、悪い方向にはいかないキャラクターです。ルーティンを作って、刺激から逃れようとする人間でもあるかなと思います。

町田:黒沢は、周りから見ると仕事もできて、人望もあって、容姿も良くてとか、理想的に見られるような人物なんですけど、自分自身は、それがありがたいと思いつつもネックになっていて、内面を見て評価して欲しいというところがある。そういう痛みを知っている人は周りにも優しくなれるし、同じ痛みを共有できる相手を、どこか探してたんじゃないかな。そこに安達という人物が現れて心が動いたという、愛おしい人物だなと思ったので、監督とも話し合って、心の声だったり、ふだんの佇まいだったり、丁寧に演じていきたいです。

――今回はお二人は初のBLドラマとなりましたが、テレビ東京さんのドラマや企画についての印象もぜひ教えていただければ。

町田:作りたいと思っているものへの熱量がすごいから、思い切りがいいのかな、という印象を受けていたので、今回ご一緒できてありがたい気持ちです。

赤楚:面白いとか、攻めてるなと思ったりすることが多いんですけど、本当にやりたいものを作るぞという熱量が伝わってきて、いつか出られたらいいなと思っていた中で、やらせていただいて。この作品もタイトルだけ聞くと攻めてる感じなんですけど(笑)。攻めているだけじゃなく、伝えたいテーマがしっかりしていて、エンタテインメントだなと思います。

■赤楚衛二
1994年3月1日生まれ、愛知県出身。2015年、映画『ヒロイン失格』で俳優デビュー。2017年にAmazonプライムビデオ『仮面ライダーアマゾンズ』、9月に『仮面ライダービルド』に出演し話題を呼ぶ。主な出演作にドラマ『ねぇ先生、知らないの?』(19年)、映画『思い、思われ、ふり、ふられ』(20年)など。現在、映画『映像研には手を出すな!』が公開中。

■町田啓太
1990年7月4日生まれ、群馬県出身。2010年に「第3回劇団EXILEオーディション」に合格後、NHK連続テレビ小説『花子とアン』(14年)、大河ドラマ『西郷どん』『女子的生活』『中学聖日記』(18年)、『盗まれた顔 〜ミアタリ捜査班〜』(19年)、『ギルティ~この恋は罪ですか?~』(20年)、映画『OVER DRIVE』(18年)、『前田建設ファンタジー営業部』(20年)などに出演。映画公開待機作に『きみの瞳が問いかけている』(10月23日公開)がある。またNetflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」が12月10日に配信となる。

(C)豊田悠/SQUARE ENIX・「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」製作委員会