例年なら夏のボーナスが支給され、夏休みの旅行やレジャーに充てる方も、今年は新型コロナウイルスの影響でボーナスの支給額が大幅に減り、また、感染防止のため外出を控えたため、貯金する方が多いようです。

夏のボーナスなど貴重なお金を貯金するのであれば、少しでも金利のいい銀行に預けたいですよね。そこで本稿では、定期預金の金利が高いものと低いものをご紹介し、お得に預けられるおすすめの銀行をまとめてみました。

  • 貯金するならここ! 高金利なおすすめ定期預金は?

避けた方がいい定期預金は?

定期預金とは、6ヶ月、1年、3年など預け入れてからの一定期間、お金を引き出せない預金のことです。一般的に、普通預金よりも金利が高く設定されているため、すぐには使わないお金を預ける時に利用するのがおすすめです。では、定期預金に預けるなら、数ある銀行の中からどれを選べばいいのでしょうか。

定期預金はほとんどの銀行で取扱いがありますが、その金利はさまざまです。せっかくお金を預けるなら、高金利でお得な定期預金を選ぶようにしましょう。

たとえば、インターネット上で取引できる「ネット銀行」には、店舗型の銀行と比べて定期預金金利が圧倒的に高いところが多くあり、中には、メガバンクと比較して定期預金金利が100倍高いところもあります。また、夏のボーナス時期に合わせて金利を大幅に引き上げる地方銀行、信用金庫もあり、こちらのキャンペーン金利も見逃せません。

反対に、金利の面では、メガバンクの定期預金金利は不利と言えます。2020年7月現在、メガバンク3行とゆうちょ銀行の定期預金金利は0.002%で、従来の5分の1に大きく引き下げられています。ちなみに、メガバンクやゆうちょ銀行の普通預金金利は0.001%で、これと大差ありません。

金利0.002%と言うと、100万円を預けても年20円しか利息が受け取れない計算になります。金利を考えるなら、メガバンクや金利の低い店舗型銀行の定期預金は避け、高金利なネット銀行やキャンペーン金利が適用されている定期預金を選ぶのがいいでしょう。

定期預金金利が高いおすすめの銀行は

新たに口座を開設するなら、店舗に出向かなくてもインターネットから手続きできる銀行が便利です。ネット銀行のほか、インターネットで口座開設や申し込みが完了する、定期預金金利が高い銀行を選んでみました。

■auじぶん銀行
新規の方限定で、3カ月もの定期預金の金利が通常金利0.04%から0.5%になるキャンペーンを開催しています。また、期間限定で金利が通常金利より大幅に引き上げられるキャンペーンなども開催されているのでチェックしてみてください。

■豊田信用金庫 とよしんインターネット支店
「うきうき定期預金」(期間:2020年4月1日~9月30日)で50万円以上預け入れると、特別金利0.27%が適用されます。なお、募集総額400億円に達した時点で、期間内であっても募集を締め切る場合があります。

■岡崎信用金庫 おかしんインターネット支店
「オカザえもん定期預金」(取扱期間:2020年2月1日~9月30日)では、1年ものスーパー定期で1口10万円以上預入の場合、0.27%の金利が適用されます。

■愛媛銀行 四国八十八カ所支店
「100万円限定だんだん定期預金」では、1年ものに100万円の預入で金利0.27%が適用されます。「四国八十八カ所支店定期預金」では、「だんだん(ありがとう)特別金利プラン」実施中で、1年もの、2年もの、3年ものが預入金額300万円未満で金利0.20%、300万円以上1,000万円未満で金利0.22%です。

■オリックス銀行
「eダイレクト預金」(スーパー定期300)では、300万円以上1,000万円未満の預入で1年もの0.15%、3年もの0.27%、5年もの0.30%の金利が適用されます。

■島根銀行 インターネットバンキング
インターネット定期預金「ネットプラス」の1年もの、預入金額10万円以上の利用で0.24%が上乗せされ、金利0.25%が適用されます。

■香川銀行 セルフうどん支店
1年ものスーパー定期の「超金利トッピング定期預金」では、10万円以上100万円までの預入で金利0.25%となります。

■高知銀行 よさこいおきゃく支店
1年ものスーパー定期の「よさこいおきゃく定期」では、1口あたり10万円以上100万円までの預入でキャンペーン金利0.25%が適用されます(期間:2020年5月25日~10月25日)。

■しずおか焼津信用金庫 しずしんインターネット支店
「プレミアム定期預金2020」(期間:2020年4月1日~9月30日)では、預入期間1年、10万円以上の預入で金利0.23%が適用されます。なお、募集額100億円に達した場合や市場環境等によっては、期間中であっても取扱を終了することがあります。

■商工組合中央金庫 商工中金ダイレクト
「インターネットバンキングキャンペーン」では、キャンペーン期間中(2020年5月1日~9月30日15時)にインターネットバンキングで定期預金「ハーベスト」の1年もの、2年もの、3年ものに1口50万円以上預け入れると最大0.22%の金利が適用されます(0.22%は新規口座開設の場合)。

その他にも、ネット銀行には高金利の定期預金が揃っています。たとえば、「あおぞら銀行BANK支店」の「あおぞらネット定期預金(預入期間1年、預入金額50万円以上)」は金利0.20%、「SBJ銀行」の「ミリオくん(預入期間1年、預入金額100万円まで)」は金利0.20%、「ミリオくん2(預入期間2年、預入金額100万円まで)」は金利0.25%が適用されます。

高金利の定期預金に預けてみよう

今回は、金利の高い定期預金をご紹介しました。高金利の定期預金は、ネット銀行やインターネットバンキングでは珍しくないことが、おわかりいただけたのではないでしょうか。金利の高さだけでなく、家にいながら口座開設や申し込みができるのも注目ポイントです。キャンペーン期間中の銀行もあるので、この夏休日などを利用してお得な定期預金に預入をしてみてはいかがでしょうか。