俳優の窪田正孝が主演を務める2020年度前期NHK連続テレビ小説『エール』(3月30日スタート)の主題歌が、ボーカルグループ・GReeeeNの「星影のエール」に決定したことが17日、明らかになった。

  • NHK連続テレビ小説『エール』の主題歌にGReeeeNの「星影のエール」が決定

朝ドラ102作目となる『エール』は、全国高等学校野球大会の歌「栄冠は君に輝く」や阪神タイガースの歌「六甲おろし」など、スポーツシーンを彩る応援歌の数々を手掛けた福島県出身の作曲家・小関祐而(こせき・ゆうじ)氏と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルに、音楽とともに生きた夫婦を描く物語。小関氏をモデルにした主人公・古山裕一を窪田、妻となる関内音を二階堂ふみが演じる。

GReeeeNは「今回の主題歌のお話に、大きなご縁を感じております。僕たちGReeeeNメンバー4人は福島県で出会い、結成をしました。僕たちのゆかりの地、福島出身の偉大な作曲家・古関裕而さんをモデルとした作品に関われること、大変光栄です」と喜び、「来年、2021年は東日本大震災から10年となります。戦後、多くの方が古関さんの作られた音楽に支えられたように今作の主題歌『星影のエール』も、日々起こる人生の大事な場所で支えになれたらうれしいです」とコメント。

そして、「楽曲を書くにあたっては、ドラマの主人公・窪田正孝さん演じる裕一、二階堂ふみさん演じる音の夫婦の姿、そして、それぞれの人生の主人公である皆さんと、大切な誰かの姿を想像しました。時に支えあい、導き、ともに泣き笑い、夢を語り合い、落ち込んでは慰め、励ましあいまた前を向く。夫婦、親子、恋人、親友、それぞれ自分にとって大切な人の顔を想像しながら聴いてもらいたいです。そばにいる大事な人との人生を照らしあえる星影であれますように」と楽曲に込めた思いを明かした。

制作統括の土屋勝裕氏は「人生の応援歌ともいえる曲を数多く作曲していて、しかも今回の主人公・古山裕一が生まれ育った福島県で結成された、GReeeeNの皆様に『エール』の主題歌を依頼しました」と起用の理由を説明。「毎朝聴いてその日一日頑張ろうという元気が出てくる曲、困難な時代を互いに励ましあいながら乗り越えていくというドラマの世界観にふさわしい曲、そして、何度でも聴きたくなり、覚えやすく、歌いやすく、ノリが良く、盛り上がり、そして必ずヒットする曲、などと無理な依頼をしましたが、GReeeeNの皆さんには無理なことはない! 願った以上にすばらしい曲を届けていただきました! 互いに『エール』を送りあう仲間たちや愛する人のことを想う名曲です。ぜひ、毎朝『星影のエール』を聴いて、元気に一日を過ごしていただきたいと思います」と太鼓判を押している。