現在、テレビ東京ドラマパラビ枠にて放送中の『来世ではちゃんとします』(毎週水曜25:35〜)。CG制作会社「スタジオデルタ」を舞台に、主人公で5人のセフレがいる性依存女子・大森桃江(内田)、彼氏いない歴=年齢のBL大好き処女・高杉梅(太田莉菜)、無責任に女性を弄ぶ魔性のイケメン・松田健(小関裕太)、過去のトラウマから処女しか愛せなくなった面食い・林勝(後藤剛範)、風俗嬢にガチ恋し収入のほとんどを貢ぐ男・檜山トヲル(飛永翼)と、5人の若者たちを描く。

内田演じる主人公の桃江が本気で恋してしまうセフレ・Aくんを演じるのが、現在注目を集める俳優・塩野瑛久だ。出演する作品が毎回SNSを中心に話題となり、今回はSM好きのハイスペイケメンサラリーマンという役どころに挑戦。桃江を縛ってオムライスを食べさせたり、汚部屋に興奮したりとインパクト大なシーンを見せながらも、絶妙な気遣いで、SNSでも「好きになっちゃうのわかる」「かっこよくてやばい」との意見が多発している。今回は塩野にインタビューし、同作への思いや撮影の裏側について話を聞いた。

  • ドラマ『来世ではちゃんとします』に出演する塩野瑛久 (写真:マイナビニュース)

    塩野瑛久 撮影:泉山美代子

■Aくんの無邪気さを見せる役作り

――『来世ではちゃんとします』で塩野さんが演じるAくんは、「一流商社勤務の高学歴、高収入のハイスペックイケメンだがSM好き」というだいぶクセのあるキャラクターです。過去に「自分の中にないものは出せないタイプなので、役にはどこかに自分と共通する部分があると思う」とおっしゃっていましたが、今回のAくんとはどこに共通点を見出しましたか?

ドライというか、はっきりしているところですね。「俺、彼女できたから」という第1話のセリフがわりとすべてだと思っています。そこに、Aくんを愛せるポイントを見つけました。そこではっきり言わない役だったらそんなに愛せなかったんですけど、ああやってはっきりものを言えるところ、「別にいなくなっても困らないよ」というスタンス、芯の強さみたいなところが、他人に依存してない感じもあって素敵だなと思いました。

――たしかにAくんはドライというか「ひどい男だ!」と思わされる部分が多々ありますね。一方で、2話の「相手が生理中だったらどうするか?」という場面のように、優しさも見せます。その複雑さはどう意識して演じられましたか?

やっぱりどこかに桃ちゃんが好きになった男だというのが伝わる部分は入れ込みたかったんです。ただただドライなだけだと、僕の独りよがりになってしまうので。たとえばタクシーで桃ちゃんとじゃんけんをする場面では、ちょっと少年ぽく笑うことでAくんのちょっとした無邪気さが見えるようにとか、そういうところは意識しながらお芝居しました。

――あれはすごくいいシーンでした。

基本はドライで突き通しているからこそ、ああいうのがいいのかなと考えてやってみました。逆に事後などは結構ドライさを徹底しています。腕枕をしているときにAくんのケータイが鳴って取りに行くシーンで、本当だったら「ごめん、ちょっと」と言って行くところを、スッと腕を抜くことによって、桃ちゃんが「私は一番じゃないんだ」と切ない感じになる。でもAくんとしてはそこに同情はしない、みたいな部分があったほうがいいかなって。監督にも「冷たっ!」って言われました(笑)。

――じゃあそこは監督の演出ではなく、自分でやったことなんですね。

そうですね。ただ冷たく腕を抜くだけなんですけど、監督にも意図を説明して「いいと思うよ」と言ってもらったので。

――『来世ちゃん』は基本的にはコメディだけどお色気シーンも入ってくるわけで、エロい雰囲気とコメディのノリを両立させているのがすごいな、と思いました。

たしかにそれは少し難しかったですね。コメディって、基本的に編集でつくるものじゃないですか。だから撮っているときはどこまでコメディになるのか想像できなかったです。でも同時に、リアルさも必要だろうなと思っていました。そこの落差は意識しましたね。お芝居の形はどちらかというとすごくナチュラルに寄せて、興奮する場面ではコメディに寄せて、とバランスをとった感じです。

――しかも、全体にはスタジオデルタを中心とした群像劇でありながら、Aくんをはじめとするセフレの方々は基本的に桃ちゃんとのシーンしかないですよね。現場で作品のトーンをつかむのは大変だったのでないでしょうか?

そこは本当にわからなくて、とっても「困った困った」でした。想像というか、自分がなんとなく感じたものを出すしかなくて。でも、内田さんが現場でも撮影後も「Aくんがすごくいい」と言ってくださって、それは「大丈夫かな」と思える要因だったかもしれないですね。内田さんはスタジオデルタにもいるし、5人のセフレ全員にも会っているので、その上でそう言っていただけたのは勇気づけられました。

――実際にできあがった作品を見て、どうでしたか?

めちゃめちゃおもしろかったので、「おもしろいでしょ?」と人に言いたい気持ち半分と、どういう反応がくるんだろう、という心配半分でした。でも絶対、なんだかんだみんな好きだと思うんですよ。「桃ちゃんは自分だ」という人もいるかもしれないし、「こういう友達いる」という人もいるだろうし、自分が梅ちゃんタイプの人もいるだろうし。キャラクターの誰かしらに興味を持てるポイントがあると思うんです。僕も、みんな最終的にどうなるのか行く末が気になってます。

内田さん演じる桃ちゃんが、またすごいかわいらしいんですよね。僕は1話の最後の梅ちゃんとのシーンが、特に大好きです。「穴があったら入りたい〜」「でも桃ちゃんは入れてばかりだよね」「えへへへへ」という。あんな癒やされる「えへへへへ」ってないですよね(笑)。抜けてるな〜って愛おしさがあって、すごく好きです。

■外見のかっこよさを捨てたかった

――放送後の感想を見ると、桃ちゃんがAくんに「顔がいい!」と内心で叫んでいるのに共感している人も多かったです(笑)。この「顔がいい」って最近よく使われる言葉ですよね。

流行ってますよね。それこそ『HiGH&LOW THE WORST』の応援上映でも言われていて、(小柳)心くんが「か〜お〜が〜い〜い〜!」って真似してました。

――私もたまに言うんですけど、結構危なっかしい言葉だな……とも思うんです。もちろん「顔だけがいい」と言っているわけじゃなくて、いろんなことをひっくるめて感情が湧き上がった結果その言葉しか出なくなった、というニュアンスを込めてるんですけど、言葉だけ取り上げると乱暴だよな、と。だから言われる側はどう思ってるんだろう? というのが気になってまして。

そう思いますよ、やっぱり(笑)。「顔だけ」みたいな感じも、受け取り方によってはありますよね。SNSとかで「◯◯さんはこういうところがいい、▲▲さんはこういうところがいい、塩野は顔がいい」みたいなことを書かれているのを見ると「おぉ……」って複雑にはなります。でもまぁ、言わんとしていることはわかります。僕も俳優界だと町田啓太くんの顔がめちゃくちゃ好きで「顔がいい……」と思いますから(笑)。あの顔になりたいなって。

――一方で塩野さんは過去に、外見のかっこよさを捨てたかった時期があると言っていましたよね。なぜ当時そう考えたんですか?

たぶん、当時勢いがあって活躍していた俳優さんで、そういう方が多かったんですよね。抗うかのように自分を表現する姿がすごく魅力的に映って、かっこいいなと思ったんです。だから、外見に対して評価されることを捨てたかった時期があった。それで捨ててみた結果、僕の経験としては大いに活かさせていただいたんですけど、結構苦しい時期ではありました。やっぱり自分の魅力みたいなものがあるのであれば、そこを活かすのは必要なんだなと思いました。

――時期的には『獣電戦隊キョウリュウジャー』が終わった後くらいですか?

終わったあとですね。正直言うと、『キョウリュウジャー』をやっている頃も悩んでいる部分はずっとありました。昔のブログを読み返しても、多分いま戦隊とかライダーをやっている子たちのSNSのほうがよほど柔軟に対応しているなと思えるところはあります。そこで柔軟にしていれば、もっとトントン拍子でいけたかな、とか。

――『来世ちゃん』のAくんもそうですが、特に『THE WORST』の小田島有剣は、自分の容姿の良さを把握しきっている人だからやれる役だな……と思っていたのですが、そこに至るまでにはいろいろな葛藤があったんですね。

僕自身はどちらかといえばシダケン(荒井敦史)のような、ドンと構えた堂々たるヤンキーキャラのほうが好きだし、男らしいなと思いますけどね。ハイローの役作りに関しては本当に特殊で、あれだけたくさんの若手がたくさんいる中に放り込まれたときに何かを残そうと思ったら、ああせざるを得なくて武装していった、くらいの感じなんですよ。先日のイベントで『THE WORST』を2回目に観たとき、僕をメディアで取り上げていただく理由が本気でわからない、と思いました。最初に試写で観た後も、マネージャーに「頑張ったけど、あんまり印象残せなかったね」って言ったんです。その意見はいまだに変わらないですよ。

――でも、今回のAくんのキャスティングもプロデューサーが『THE WORST』を観て決めたということですし(後日インタビュー掲載)、今後につながる作品になったことは確かなんじゃないでしょうか。

だとしたら、嬉しいです。もしかしたら「若手が集まった作品で人気出た俳優だろ」と思う映画界の人もきっといるのかもしれない。でもそういう方には、逆にぜひ使ってほしいです。受けて立ちたい。どんな環境でもやっていく自信はあるので。いろいろへし折られる部分もいっぱいあると思いますけど、たくさんいろいろな方に出会っていきたいですね。

■塩野瑛久
1995年1月3日生まれ、東京都出身。男劇団 青山表参道Xのメンバー。2011年に開催された第24回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストに応募し、審査員特別賞およびAOKI賞を受賞、2013年『獣電戦隊キョウリュウジャー』出演で話題を呼ぶ。近年の主な出演作に『星屑リベンジャーズ』(18)、『PRINCE OF LEGEND』『HiGH&LOW THE WORST』『いのちスケッチ』(19)、W主演ドラマ『Re:フォロワー』(19)、舞台『里見八犬伝』、『ENDLESS REPEATERS –エンドレスリピーターズ-』(19)など。公開待機作に映画『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』(3月13日公開)がある。