女優の名取裕子と麻生祐未が出演する、テレビ東京系金曜8時のドラマ『特命刑事カクホの女 2』(毎週金曜20時~)の第3話が1日に放送される。

  • 左から麻生祐未、名取裕子

同作は2014年の放送で人気を博した『マルホの女~保険犯罪調査員~』でタッグを組んだ名取と麻生の2人が、新たに警察を舞台に再タッグを組む。警視庁でずっと内勤だった人事畑のエリート警官・北条百合子(名取裕子)と、現場でずっと事件と戦ってきた叩き上げの神奈川県警刑事・三浦亜矢(麻生祐未)の凸凹コンビが、真犯人をカクホ(確保)していく。2018年1月クールで好評を博し、第2シーズンに突入した。

第3話では、加藤雅也、大東駿介、正名僕蔵、小野塚勇人(劇団EXILE)、生島勇輝、渡辺碧斗といったレギュラー陣に加え、北香那、相島一之、佐野祐介、武藤賢人、根矢涼香といったゲスト陣が出演する。

北条百合子(名取)と三浦亜矢(麻生)はSNS上で西野香澄(北)という若い女性への殺害予告を発見。調べると香澄は2年前に失踪していることが判明した。実家を訪ね父親の西野君雄(相島)から香澄のプリクラを見せてもらうと、一緒に写っている彼氏・岩橋洋介の肩には半グレ集団の証である入れ墨が。そのアジトに向かうと、半グレ集団のリーダーの遺体を発見。犯人は誰なのか、香澄は無事なのか、捜査が始まる。