快進撃を続けるラグビー・ニュージーランド代表、通称「All Blacks」(オールブラックス)。その勢いを後押しするクルマが三菱自動車工業から登場した。悪路走行に定評のある「デリカ D:5」と「アウトランダーPHEV」の特別仕様車「ALL BLACKS Edition」だ。どんなクルマなのだろうか。

  • 「デリカ D:5」とAll Blacksのコラボ車

    10月17日に東京・銀座にあるMI-Garden GINZA(マイガーデンギンザ)にて公開された「デリカ D:5 ALL BLACKS Edition」

All Blacksメンバーばりに重厚な1台

三菱自動車は「デリカ D:5」と「アウトランダーPHEV」にラグビー・ニュージーランド代表“ALL BLACKS”公認の特別仕様車「ALL BLACKS Edition」を設定し、10月31日から台数限定で販売する。価格はデリカ D:5が460万1,300円、アウトランダーPHEVが482万5,700円となる。

「デリカ D:5 ALL BLACKS Edition」は、「G-Power Package」というグレードをベースとし、ALL BLACKSのイメージカラーでもある黒(ブラックマイカ)をボディーカラーに採用。併せて、フロントグリルやスキッドプレート(フロント/リア)、フォグランプベゼル、ポジションランプガーニッシュの外装パーツを同色で統一した。まさに、漆黒と呼べる1台に仕上がった印象だ。

  • 「デリカ D:5」とAll Blacksのコラボ車

    「デリカ D:5」特別仕様車のフロントマスク

特別仕様車の購入者には、専用パッケージディーラーオプション「ALL BLACKS Complete Package」も用意する。こちらは、All Blacksのチームロゴ、シルバーファーン(シダの葉)のデカール、チームロゴ付きマッドフラップに加え、エンジンフードエンブレムやテールゲートスポイラーがブラックとなり、よりAll Blacks感を高める仕様となる。

  • 「デリカ D:5」とAll Blacksのコラボ車

    「デリカ D:5」特別仕様車のサイドビュー。サイドに配されたAll Blacksのロゴとシルバーファーンのデカールがブラック一色のボディーで存在感を発揮する

特別仕様車は「デリカ D:5」300台、「アウトランダーPHEV」100台をそれぞれ先着順で販売する。専用パッケージディーラーオプションは各100セットを用意。もともとBLACK Editionの設定がある「エクリプス クロス」にも100セットを用意するが、これは10月31日以降登録車に限りオプションとして選択できる。

All Blacksが実際に乗ったクルマをプレゼント!

また、三菱自動車では、現在開催中のラグビーワールドカップ日本大会でAll Blacksの選手が実際に使用している「ALL BLACKS」スペシャルサポートカー(デリカ D:5)をプレゼントするキャンペーンを実施している。

参加方法は、同社のスペシャルWEBサイトで1分13秒の動画を視聴し、専用応募ページから応募するだけ。実際に筆者が応募してみたところ、所要時間は5分もかからなかった。たったこれだけで貴重な1台をゲットできるかもしれないとあれば、参加しない手はないだろう。

  • 「デリカ D:5」とAll Blacksのコラボ車

    All Blacksが実際に使用しているサポートカー。三菱のロゴと大きなシルバーファーンが印象的

なお、同キャンペーンの期間は12月31日(火)までとなっている。スペシャルWEBサイトでは同時開催の試乗キャンペーンのほか、今後も新規コンテンツを随時更新予定とのことだ。

  • 「デリカ D:5」とAll Blacksのコラボ車
  • 「デリカ D:5」とAll Blacksのコラボ車
  • 「デリカ D:5 ALL BLACKS Edition」

  • 「デリカ D:5」とAll Blacksのコラボ車
  • 「デリカ D:5」とAll Blacksのコラボ車
  • 「デリカ D:5 ALL BLACKS Edition」

  • 「デリカ D:5」とAll Blacksのコラボ車
  • 「デリカ D:5」とAll Blacksのコラボ車
  • 「ALL BLACKS Complete Package」

  • 「デリカ D:5」とAll Blacksのコラボ車
  • 「デリカ D:5」とAll Blacksのコラボ車
  • 「ALL BLACKS Complete Package」

著者情報:安藤康之(アンドウ・ヤスユキ)

フリーライター/フォトグラファー。編集プロダクション、出版社勤務を経て2018年よりフリーでの活動を開始。クルマやバイク、競馬やグルメなどジャンルを問わず活動中。twitter:@andYSYK。