数々の期間限定イベントを実施している東京・渋谷区神宮前の「ネスカフェ 原宿」にて、期間限定カフェ「トルコ ピスタチオカフェ by ネスレ ダマック」がオープンしている。

  • 原宿「トルコ ピスタチオカフェ by ネスレ ダマック」でリフレッシュ

    このピスタチオをトルコアイスにかけ放題!

このカフェは、ネスレがトルコから輸入・販売しているチョコレート「ネスレ ダマック」に使用している希少なトルコ・ガジアンテップ産ピスタチオをテーマにしたカフェ。監修をトルコ共和国大使館が務めている。ピスタチオといえば、ビールのおつまみというサラリーマンも多いと思うが、きっとみんな大好きなはず。メディア向け発表会に行って、どんなカフェなのか体験してきた。

店内はまるで別世界! トルコ一色の豪華絢爛な空間

店内に入ると、原宿駅周辺の喧騒とは別世界が広がっていた。大きなスクリーンにはトルコの街並みや世界遺産が映し出され、中央には陶器やランプ、アクセサリーなどが物販品が置かれていて、まるでトルコの市場にやってきたような気分に。

  • 店内はトルコの市場を訪れたような雰囲気

  • トルコ雑貨の物販コーナーもあり

さらに。SNS映え必至のフォトパネルも。「オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~」と描かれたパネルの横に伝統的な衣装があり、着用して撮影してもいいらしい。でもちょっと恥ずかしいので遠慮しちゃいました。というか、「オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~」って、世界90カ国で大ヒットのトルコドラマなんだとか。めちゃめちゃ濃そうなドラマな気がするけど、一度観てみたい。

  • トルコの伝統衣装を身に付けて写真を撮れるフォトスポットもある

さらに、スクリーン下にはずらりと写真パネルが並んでいるので何かな~と目をやると、可愛い仔猫と目が合った。ちょっとちょっと、なにこれカワイイ~! トルコの街中にいる猫を写真が展示されているのだ。猫好きにはたまらない空間かも。

  • これはカワイイ~! 犬派の筆者もやられた

発表会では、ネスレ日本の臼井忠樹氏、トルコ大使館特命全権大使のハサン・ムラット・メルジャン閣下が挨拶に登壇。1万キロの距離がある日本とトルコだが、トルコでは、日本人はとても好かれているそうで、日本の寿司屋なども増えているという。閣下は「是非、日本人にもトルコの文化を知ってもらいたい、是非訪れてみてほしい」と語った。

  • 挨拶に登壇したネスレ日本の臼井忠樹氏(左)とトルコ大使館特命全権大使のハサン・ムラット・メルジャン閣下

また、トルコ共和国大使館のシェフにより監修した期間限定メニューも紹介された。トルコパンを使用したオリジナルサンドイッチ「ドネルケバブ サンド」や、「トルコアイスの3種盛り合わせ」等々。トルコアイスには、なんとピスタチオがかけ放題! なんて気前がいいんだ、トルコ大使館とネスレさん。さらに「ピスタチオ&ダマック シェイク」等、チョコレート「ネスレ ダマック」もふんだんに使われている。この「ネスレ ダマック」、チョコレートにフレッシュなピスタチオがびっくりするぐらいたくさん、ゴロゴロッと入っていて、食感もすごく良い。

  • 「ネスレ ダマック」はチョコレートにピスタチオがたっぷり入っている

エキゾチックな雰囲気の中で、本格的なトルコの味を味わえば、都会のせわしなさが忘れられて、リフレッシュできるはず。「トルコ ピスタチ オカフェ by ネスレ ダマック」を、10月10~24日の間、期間限定で開催中。是非訪れてみてほしい。

●information
トルコ ピスタチオカフェ by ネスレ ダマック
ネスカフェ 原宿内 (東京都渋谷区神宮前1-22-8)
期間:2019年10月10日~24日
営業時間:11~21時
※10月24日(木)のみ18:00で閉店

著者:岡本貴之

1971年新潟県生まれのフリーライター。音楽取材の他、グルメ 取材、様々なカルチャーの体験レポート等、多岐にわたり取材・ 執筆している。好きなRCサクセションのアルバムは『BLUE』。趣味はプロレス・格闘技観戦。著書は『I LIKE YOU 忌野清志郎』(岡本貴之編・河出書房新社)」