女優の仲里依紗、高橋メアリージュン、桜井ユキが、4月スタートのテレビ朝日系ドラマ『東京独身男子』(毎週土曜 23:15~)に出演することが1日、明らかになった。

  • 左から桜井ユキ、高橋メアリージュン、滝藤賢一、高橋一生、斎藤工、仲里依紗 -テレビ朝日提供

このドラマでは、俳優の高橋一生、斎藤工、滝藤賢一が“あえて結婚しない”男子(=AK男子)を演じる。仲、高橋、桜井は彼ら3人を大いに翻弄(ほんろう)する役どころだ。

バツイチの審美歯科クリニック院長・三好玲也(斎藤)の妹・三好かずなを演じる仲は、「女性関係が派手な訳でもなく、自分が明確に持っているテリトリーを守りたい“ひとり好きな男性”は今、増えているんだろうと思います。だから台本を読んで、『こんな人いる?』という違和感はなく『ああ、いるよね』と納得しました」と話す。さらには、「この仕事をしていると、周りにそういう方は多いので、なおさらですね。でも、ふと気づくと電撃入籍してたりしますけど」と笑顔を見せた。

共演する男性陣については、「高橋さんはお会いしたことがないので勝手な印象ですが…フランスとか、似合いそうな雰囲気がある。斎藤さんもお会いしたことがないんですが、ミステリアスですよね。2人ともおしゃれなイメージです。滝藤さんは何度か共演させていただきました。一度、ロケ現場までおしゃれな電動自転車に乗っていらしたことがあって! そのとき、なんだか“良いお父さん”というイメージを抱きました。でも今回の役は独身だし、今までとは全然違うタイプなので楽しみです!」と話している。

メガバンク勤務の石橋太郎(高橋)の元恋人・竹嶋舞衣を演じる高橋は、「今回はじめて、柔らかい印象のいわゆる女性らしい役を頂きました。今までは常にプンプンしている役ばっかりで(笑)、こういう女性を演じる機会がなかったから、とてもうれしいです!」と喜びを語る。

そして「この役は自分にとって、今までにない新たなチャレンジになると思っていますし、テレビ朝日の連続ドラマにメインキャストとして出演するのも初めてなので、やる気に満ちています」と意気込んだ。

大手弁護士事務所のボス弁・岩倉和彦(滝藤)の事務所に所属する弁護士・日比野透子演じる桜井は、共演する男性陣について「高橋さんの第一印象はとにかくよくお話してくださる方でした。すごく知識豊富な方で、何を聞いても必ず答えが返ってくるんです。良くこんなにも知っているなあ、と素直に驚きましたし、お話の内容も面白かったです。滝藤さんは、演じる時の切り替えがすごいんです。オンオフがお見事。ふだんは物知りでソフトなイメージもあって、魅力的ですね。斎藤さんは、3人の中ではいちばん“少年具合が高い”です、もちろん良い意味で(笑)! 見た目と中身の違いがとてもあって、そこが魅力的です」と話した。