今夏のワールドカップ・ロシア大会で演じた活躍をきっかけとして、9年前に生まれた枕詞「(大迫)半端ないって」が、突如としてホットワードと化した日本代表FW大迫勇也(ベルダー・ブレーメン)。9月に船出した森保一監督に率いられる新生日本代表でも代役の効かない存在感を放つ一方で、師走の風物詩でもある「ユーキャン新語・流行語大賞」に「(大迫)半端ないって」がノミネートされた。年間大賞を受賞すればサッカー界では4例目。ピッチの内外で再びスポットライトを浴びつつある、28歳の万能型ストライカーの現在地を追った。

  • 大迫勇也

    大迫勇也

■「半端ないって」に対して抱いてきた心境の変化

何かに導かれたようなタイミングのよさだった。森保ジャパンが臨む年内最後の国際親善試合、ベネズエラ及びキルギス両代表と対峙するキリンチャレンジカップ2018への招集メンバーが発表された今月7日。フォワードの絶対的な柱として、大迫勇也(ベルダー・ブレーメン)は10月に続いて招集された。

そして、時をほぼ同じくして、師走の到来を告げるイベントとしてすっかり定着した「ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート語も発表された。2018年の話題を集めた30の言葉の中に、サッカー界からは大迫本人を象徴する枕詞として市民権を得た「(大迫)半端ないって」が堂々と名前を連ねた。

ベネズエラ戦を翌日に控えた15日に、試合会場の大分スポーツ公園総合競技場内の取材エリアで初めてメディアに対応した大迫に、再び「(大迫)半端ないって」が注目されている胸中を直撃した。極度の恥ずかしがり屋で、なおかつ口下手のイメージが定着して久しい大迫の表情がちょっとだけ緩んだ。

「僕が発信している言葉ではないので、何とも言い難いんですけど」

サッカー界に限れば、実に9年も前から有名な言葉だった。大迫を擁する鹿児島城西(鹿児島県)が準優勝した、第87回全国高校サッカー選手権大会。2009年1月5日の準々決勝で2‐6のスコアで大敗を喫した滝川第二(兵庫県)のキャプテン、中西隆裕さんが号泣しながら叫んだ映像にある。

「大迫、半端ないって! あいつ、半端ないって!」

この映像が動画投稿サイトにアップされ、偶然にも閲覧した一部のファンの間でひっそりと語り継がれてきた。一気に全国区の知名度を得たきっかけは、大迫のヘディング弾で強敵コロンビア代表を撃破する金星をあげた、6月19日のワールドカップ・ロシア大会のグループリーグ初戦だった。

キックオフ前の芳しくない下馬評を覆した感動と、試合会場のモルドヴィア・アリーナのスタンドに躍った「大迫半端ないって」の横断幕が何度もテレビ画面に映った相乗効果で瞬く間に沸騰。ネット上の話題を独占し、テレビのワイドショーがいっせいに取り上げたことで老若男女の間に広まった。

こうした経緯もあり、大迫本人も「何とも言い難い」とまず断りを入れた。ただ、以前に抱いていた嫌悪感が消え去り、ポジティブな思いで向き合えるようになったからこそ、こんな言葉を紡いでいる。

「サッカーに興味のない人たちも含めて、一般の人たちがサッカーの話題に触れられると思うし、すごくうれしいことではあるんじゃないですか。ただ、僕の本業はサッカーなので、しっかりと集中して臨みたいと思います」

  • 大迫勇也

■森保監督をして「代役がいない」と言わしめる存在

もちろん、本業のサッカーでも代役の効かない存在感を、西野ジャパンに続いて森保ジャパンでも放っている。新たに船出した9月こそヨーロッパでプレーするロシア大会組を招集しなかった森保監督は、パナマ、ウルグアイ両代表に連勝した10月から、満を持して大迫らを復帰させた。

1-1で引き分け、連勝が「3」で止まったベネズエラ戦後には、大迫に関して「非常にいい選手ですし、彼に代わる選手がいないという現状はあります」と言及した。コーチとして西野ジャパンを支え、決勝トーナメントへ進出した快進撃を間近で見てきたからこそ、大迫がチームに与える影響力も熟知している。

相手を背後に背負いながら最前線でボールを収める術。プレッシャーを巧みに受け流しながらボールをキープする術。周囲の状況を的確に把握しながら、味方のために時間を作り出す術。そして、自ら課題に挙げていた、ゴール前の密集地帯に入り込んでいく回数も増え、放たれる迫力も凄味を増してきた。

特にドリブルを駆使した個の突破に長け、初めてトリオを組んだとは思えないハーモニーを奏でる若手三銃士との相性は抜群だった。左から24歳の中島翔哉(ポルティモネンセSC)、23歳の南野拓実(ザルツブルク)、20歳の堂安律(FCフローニンゲン)との関係を、28歳の大迫はこんな言葉で表現したことがある。

「縦に行く選手が多いので、僕のところでしっかりと落ち着かせないとチームとしても苦しくなる。まだまだですけど、今は難しい局面でも勢いよく、前へガンガン行ってもらうのが一番なので。これを続けていきながら、経験のある選手たちがしっかりコントロールできればいいかなと」

2度のワールドカップ優勝を誇る古豪で、FIFAランキングで5位(当時)につけていた強敵ウルグアイを埼玉スタジアムに迎えた、10月16日のキリンチャレンジカップ2018。若手三銃士とのコンビネーションから、大迫のゴールが生まれている。1-1で迎えた前半36分だった。

右サイドで堂安が粘ってボールをキープし、ゴール前の中島へパス。森保ジャパンで「10番」を託されるドリブラーは右へスライドしながら、隙を見つけて強引にシュートを放つ。これはウルグアイのキーパーに防がれたが、展開を予測していたかのように、こぼれ球に反応した大迫が押し込んだ。

コロンビア戦以来となるA代表通算10ゴール目に、大迫は自信をみなぎらせながら前を見すえている。視線の先には、目標として掲げる万能型ストライカー像がある。

「そこ(ポストプレー)はワールドカップでできる、と自分でも大きな手応えをつかんだので、さらにそこからの展開というものを大事にしていきたい」

  • 大迫勇也

■サッカー界で4例目の年間大賞の受賞なるか

もっとも、発足して間もない森保ジャパンの中で若手三銃士ばかりがクローズアップされる傾向に、違和感を覚えていたのだろう。ベネズエラ戦の前から、大迫はこう公言してはばからなかった。

「もちろん上手くできているとは思うけど、その3人だけではなく他の選手も、ディフェンスラインもそうだし、ボランチもそうだし、まだまだいい選手はたくさんいるので。中盤の選手にしても、特にその3人とだけどうこう、という考えはいまのところまったくないですね」

脳裏にはロシア大会の反省が渦巻いているはずだ。大会直前に先発メンバーが固定された一方で、試合の流れを変えられる選手が少なかった。終了間際のカウンターで屈したベルギー代表との決勝トーナメント1回戦でも、日本は交代枠をひとつ残したまま試合終了を告げるホイッスルを聞いている。

リザーブの選手を投入するたびにパワーアップしたベルギーとの差は、まさに選手層の差にあった。だからこそ優勝するまで7試合を戦う、森保ジャパンにとって最初の公式戦となる来年1月のアジアカップUAE(アラブ首長国連邦)大会を見すえながら、大迫はこう語ってもいる。

「アジアカップは試合数も多いし、23人全員の力が必要になってくると思うので。次のワールドカップまであと4年もあるので、各々がしっかりといい競争ができれば一番いいと思っている」

2点リードで迎えたキルギス戦の後半27分に、大迫の言葉が具現化される。川崎フロンターレのルーキー、ボランチの守田英正から鋭い縦パスがFW北川航也(清水エスパルス)に入る。代表初先発を果たした2人が開通させたホットラインに、あうんの呼吸で反応したのが大迫だった。

北川がヒールで、それも後方へノールックで落としたボールに、まるで予測していたかのように走り込んできた大迫が右足を合わせる。ゴール右隅を正確に射抜く、華麗かつ技ありのゴール。誰とでもすぐにコンビネーションを構築してみせる――大迫の「半端なさ」が凝縮された一撃だった。

キルギス戦で年内の国際親善試合を終えた森保ジャパンは、来月下旬から日本国内でアジアカップへ向けた直前合宿に入る。ただ、それまでの間に注目の日を迎える。来月3日に「ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞が発表されるからだ。

平昌冬季五輪も開催された今年はスポーツ選手の活躍が目覚ましく、カーリング女子日本代表「LS北見」が相槌を打つ際の北海道弁「そだねー」や「もぐもぐタイム」、二刀流でメジャーリーグをも唸らせた大谷翔平の「翔タイム」、そして夏の甲子園を象徴する「金足農旋風」もノミネートされている。

その中でも依然として強いインパクトを放つ「(大迫)半端ないって」が選出されれば、サッカー界では1993年の「Jリーグ」、2002年の「W杯(中津江村)」、2011年の「なでしこジャパン」に続く4例目となる。

  • 大迫勇也
  • 大迫勇也
  • 大迫勇也
■筆者プロフィール
藤江直人(ふじえ なおと)
日本代表やJリーグなどのサッカーをメインとして、各種スポーツを鋭意取材中のフリーランスのノンフィクションライター。1964年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒。スポーツ新聞記者時代は日本リーグ時代からカバーしたサッカーをはじめ、バルセロナ、アトランタの両夏季五輪、米ニューヨーク駐在員としてMLBを中心とするアメリカスポーツを幅広く取材。スポーツ雑誌編集などを経て2007年に独立し、現在に至る。Twitterのアカウントは「@GammoGooGoo」。