東京2020のオリンピック開催まであと1年。最近、さまざまなシーンで「インバウンド」という言葉を耳にする機会が多くなってきました。そこで今回は、カタカナビジネス用語「インバウンド」について解説します。

  • 「インバウンド」の意味って何? 「アウトバウンド」も【ビジネス用語】

    「インバウンド消費」のインバウンドってどういう意味だっけ?

「インバウンド」の意味

インバウンドとは、「本国行きの」という意味の英語【inbound】のカタカナ用語で、日本では、主に「外国人(国外居住者)の訪日旅行」あるいは「訪日旅行客」の意で用いられています。

本来は、「観光旅行」を意味する英語【tourism】と合わせて【inbound tourism】(インバウンドツーリズム)と表現されていたのですが、長い用語というものは省略される傾向にあり、いつしか「インバウンド」単体で用いられるようになったようです。

「インバウンド」がつく用語

インバウンドが付く言葉の中でも、頻繁に使われるのが「インバウンド消費」と「インバウンド需要」ですが、日本におけるインバウンド消費とは、日本を訪れる外国人客による日本国内での消費活動を指し、これをインバウンド需要とも言います。

中国人観光客が、家電量販店や百貨店などから日本製の商品を大量に購入していく現象を「爆買い」と呼び、連日話題となったことは記憶に新しいでしょう。また、京都が観光都市ランキングで世界1位になるなど、訪日旅行客が急増すると、宿泊施設不足の問題から「民泊」が登場しました。「インバウンド」という言葉が世に広まったのは、この頃ではないでしょうか。

このように、家電量販店や百貨店をはじめ、鉄道や航空会社、ドラッグストア、ホテル、飲食店など、インバウンド消費によって恩恵を受けるような企業のことを、株式市場では「インバウンド銘柄」と呼びます。

インバウンド消費と日本経済

日本政府観光局(JNTO)の調査によると、5年前の2014年時点の訪日外客数は1,341万人であったのに対し、2018年には3,119万人と約2.3倍までに伸長し、JNTOが統計を取り始めた1964年以降、過去最高を記録。それに伴い、インバウンド消費額もまた、過去最高の4兆5,189億円にのぼりました。

2019年に入ってからも訪日外客数は増加傾向にあり、2019年2月では前年同月比3.8%増の260万人を記録しているとか。日本政府が掲げた「2020年に4,000万人、2030年には6,000万人」という目標値に対し、2018年時点ですでに3,119万人に達していることから見ても、2020年を前に4,000万人に到達するものと期待されています。

また、伸び続ける訪日外客数が日本にもたらす経済効果は非常に大きく、東京2020のオリンピック・パラリンピック競技大会開催に向けて、更なるインバウンド需要が見込まれるなか、政府は、「2020年に8兆円」の消費額を目標にインバウンド誘致を加速しています。さらに、オリンピック閉幕後も、オリンピック開催国であることを利用した施策として各種スポーツイベントを開催するなどし、最終的なゴールとして、「2030年に15兆円」のインバウンド消費額を目指しています。

今後インバウンド需要が予想される業界としては、家電量販店・百貨店・鉄道・航空会社・ホテル・ドラッグストア・飲食店といったインバウンド関連の主要業界のほか、東京2020に向けて、「広告・メディア関連」「警備・セキュリティ関連」「スポーツ関連」「インフラ整備関連」といった業界が挙げられます。さらに、東京2020大会のスポンサー企業もその恩恵を受けると考えられるでしょう。

業界別「インバウンド」の使い方と例文

インバウンドは、経済や観光業界のみならず、さまざまな業界で使われる用語です。どんな意味で使われているのか、業界別に見ていきましょう。

○観光業界
先にも述べたとおり、観光業界におけるインバウンドとは、「外国人(国外居住者)の訪日旅行」あるいは「訪日旅行客」を指します。これに対し、「日本人による海外旅行」のことを「アウトバウンド」といいます。

  • 日本のインバウンドは、中国からの旅行客が最も多い。
  • オリンピック誘致によるインバウンド効果に期待しましょう。
  • 夏休み用に、アウトバウンド向けのツアーを考えました。

○IT業界
コンピューターネットワークや通信分野においては、外部から転送されるデータのことを「インバウンドデータ」、反対に、外部へ転送されるデータのことを「アウトバウンドデータ」といいます。

  • SEOに効果的なインバウンドリンクを構築しましょう。
  • このデータをアウトバンドしてください。

○テレマーケティング
コールセンターの業務などで、消費者から電話を着信(受信)することをインバウンド、反対に、消費者への発信業務をアウトバウンドと呼びます。

  • インバウンド業務には、高いコミュニケーション能力が求められます。
  • 来週からアウトバウンドに従事してもらえますか。

このように、一般的にインバウンドは「外から中へ」、その対義語として、アウトバウンドは「中から外へ」という意味合いで用いられていますので、あわせて覚えておくと良いでしょう。

○広告業界
広告業界におけるインバウンド、アウトバウンドは、「外から中へ、中から外へ」という意味とは少々異なります。

広告業界でのインバウンドは、「消費者が自ら広告を選ぶ」ことを指しており、具体的には、インターネットで、興味があることや見たいもの、知りたいことを自らの意志で検索することがあげられます。これに対しアウトバウンドとは、「消費者の意志に関係なく広告を目にすること」になります。テレビCMや訪問販売、チラシ、バナー広告などがこれに該当します。

  • ブログを開設することで、インバウンドに繋げられないだろうか。
  • アウトバウンドによる宣伝だけでは不十分です。

インバウンドマーケティングとは?

前項で、広告業界におけるインバウンドについて触れましたが、実は近年、マーケティングにおいてもインバウンドが活用されており、それを「インバウンドマーケティング」と呼んでいます。

まだインターネットが一般家庭に普及していなかった時代、われわれ消費者は、テレビCMや雑誌に掲載されている商品を自然と目に耳にし、良いと思ったものをお店で買い求めるのが一般的でした。

しかし、スマホの普及によって、個人がいつでもどこでもインターネットが使える環境が整った近年、消費者の購買プロセスは、「欲しい」「見たい」「知りたい」ものを自らインターネットで検索し、そこから有益な情報を得て比較検討し購入する、という流れになっています。そのままインターネット上で購入する人も多いですね。

このように、消費者自らが検索してウェブサイトを訪れた際に、自社の商品やサービスに興味を持ってもらい、購買意欲に結び付くよう仕掛けるマーケティング手法のことを「インバウンドマーケティング」といいます。

アウトバウンドマーケティングとは

一方、テレビCMや雑誌、電話での勧誘、DM、訪問販売や店頭でのセールストークなど、消費者の意思とは関係なく、会社自らが積極的に宣伝をする手法を「アウトバウンドマーケティング」と呼びます。

アウトバウンドマーケティングは昔からあるマーケティングの手法ですが、現代人のライフスタイルに逆行した手法ともいえます。

例えば、近年では、共働きによる不在世帯の増加、固定電話の減少が顕著なことから、電話での勧誘や訪問販売から購買に繋げることは困難になっています。また、忙しい現代人にとって、興味のない話しを長々と聞かされるのは迷惑なことであり、一方的に送られてくるDMもまた、必要のない人にとってはただのゴミでしかないでしょう。

さらに、若者を中心に、テレビや雑誌よりもスマホを見る時間が長い傾向にある今、テレビCMや広告の効果も昔ほど期待できません。ただし、たとえ一瞬目に止まっただけであっても、それが魅力的で、印象に残るようなものであれば消費者の興味を引くことは可能です。多額の資金を投入しなければならない手法なだけに、メリット・デメリットを理解した上で、効果的に活用しましょう。

インバウンドマーケティングの手法

前述のとおり、消費者の購買プロセスが大きく変化したことに伴い、今やマーケティング業界では、インバウンドマーケティングをいかに上手く活用するかが重視されています。インバウンドマーケティング成功の鍵は、いかに多くの消費者に自社サイトを見つけてもらうかにあり、そのために、企業はさまざまな施策を行っています。

その一つとして、まずはSEO対策が挙げられます。インターネットで検索すると、関連したサイトが多数表示されますが、当然のことながら、上位に表示されているページから見ていきますね。検索エンジンに上位に表示されるようなページを作ることを、「SEO(Search Engine Optimization)」(検索エンジン最適化)といいます。

また、多くの消費者が目にするSNSやブログなどに投稿したり、自社製品に関連した動画を配信するなど、さまざまなソーシャルメディアからサイトに訪問してもらうよう促すことも効果的です。ほかにも、画像やインフォグラフィックス、ホワイトペーパーといった「コンテンツ」がありますが、コンテンツを中心に行うマーケティングを「コンテンツマーケティング」といいます。

いずれにしても、テレビCMやDMといったアウトバウンドマーケティングに比べて低コストであり、アイデア次第で大きな利益を生み出すことができる魅力的な手法と言えるでしょう。


東京オリンピックの開催は、更なるインバウンド需要の拡大と、日本の製品やサービスの価値を世界に知ってもらうまたとない機会です。あらゆるマーケティング手法を駆使して、この大きなビジネスチャンスをしっかりと掴み取りましょう。