ビジネスメールでよく見かける「幸いです」という言葉。便利な言葉ですが、その意味と正しい使い方を、あなたはご存じでしょうか。目上の人に対して使ってもいい表現なのか、ほかにどんな言い方があるのか。今回は、「幸いです」の正しい使い方や言い換えについて解説します。

  • 「幸いです」は実は目上の人に使っちゃダメ? 【ビジネス用語】

    ビジネスメールで多用される「幸いです」でも実は目上の人には失礼?

■ビジネスシーンにおける「幸いです」の意味

ビジネスシーンにおける「幸いです」は、「~であれば私はうれしいです、~なら助かります」という意味で、おもにメールや文書で何かを依頼するときに使われる表現です。

■「幸いです」は曖昧な敬語表現

相手に頼みごとをする場合に用いられる「幸いです」ですが、「頼みごとを実行してもらいたい」という気持ちを伝えるには、非常に弱い表現であると言えます。

たとえば、「○日までに納品していただけると幸いです」と依頼した場合、「○日までに納品してもらえたらうれしいけれど、○日を過ぎても構わない」という少々曖昧な意味に受け取られてしまう可能性があります。

つまり、「幸いです」という言葉には「出来ればで構いませんので」というニュアンスが含まれているのです。そのため、「必ず実行してもらいたい」場合に使うべき言葉ではありませんので、注意しましょう。

納期を厳守してもらいたい場合には、「○日までに納品していただくよう、何卒お願い申し上げます」ときちんとお願いをするか、納期を別途明記することをおすすめします。

■目上の人に「幸いです」はアリ?

「幸いです」という言葉は、とても丁寧な表現のように思えますが、実は、目上の人に対して使うには、相応しくない表現とされています。

「幸いです」という言葉は、丁寧で柔かい表現ではあるものの、その言葉でもって締めくくられると、どこか一方的に要望を述べられて終わっている感があり、相手に失礼な印象を与えかねないからです。また、目上の人に対して何かを依頼するならば、謙譲語を用いるべきです。では、どんな表現が相応しいのでしょうか。

■「幸いです」の言い換えと例文

「幸甚です」

「幸いです」に代わる敬語として、「幸甚(こうじん)です」という表現があります。「幸甚」は、「この上なく幸せ」「非常にありがたく思う」という意味ですから、「幸いです」よりもさらにうれしいということを示す丁寧な表現と言えます。同僚や対等な立場にある相手に対しては「幸いです」を、相手が目上の人の場合には「幸甚です」を用いると良いでしょう。

同僚や対等な立場にある相手に……
・「本日中に提出していただけると幸いです」

目上の人に……
・「明日までにお返事いただけると幸甚です」

「幸いに存じます」「幸甚に存じます」

「幸いです」よりも「幸甚です」の方がより丁寧な表現ですが、文章がとても硬い印象になってしまいます。丁寧かつ柔らかい表現にしたいのであれば、「幸いに存じます」がおすすめです。また、より強い敬意を表したいのであれば、「幸甚に存じます」とするのも良いでしょう。ちなみに、「存じます」は「思います」の謙譲語ですから、どちらも目上の人に対して使うのに相応しい謙譲表現になります。

・「プレゼンの資料を今一度ご確認していただけると幸いに存じます」
・「なお、懇親会の席にもご出席いただけると幸いに存じます」

より強い敬意を表す場合……
・「お時間の許す限り、ご高覧賜りましたら幸甚に存じます」
・「新しいプランを作成して参りましたので、再度検討していただけると幸甚に存じます」

「助かります」「ありがたいです」

「幸いです」のよりくだけた表現に、「助かります」「ありがたいです」があります。同僚や対等な関係にある相手に、メールや文書で依頼するのであれば「幸いです」を使うのが一般的ですが、電話や会話では「助かります」「ありがたいです」を用いても良いでしょう。ただし、かなりくだけた表現になりますので、距離感の近い相手に限定して使うようにしましょう。

距離感の近い同僚や対等な立場にある相手に(おもに口語)……
・「この資料、明日までにまとめてもらえると助かります」
・「明日の仕事、代わってもらえるとありがたいです」


今回は、「幸いです」の使い方と類語をご紹介しました。「~してください」という断定的な言い方を避けた柔かい表現ではある反面、「してもしなくてもいい」という非常に曖昧な言葉でもあります。また、目上の人に使う場合には注意が必要です。そのことを理解した上で、正しく賢く使い分けするようにしましょう。