強敵コロンビア代表をグループリーグ初戦で撃破する大金星とともに、世界に衝撃を与えた日本代表が日本時間25日0時、ロシア中部のエカテリンブルク・アリーナでセネガル代表との第2戦に臨む。異次元のスピードを搭載する左右のサイドアタッカーを封じ込める「一の矢」を担うのは、西野朗監督の下で初めて先発でそろい踏みした乾貴士(レアル・ベティス)と原口元気(ハノーファー)。タイプの異なるドリブルを駆使する、30歳と27歳の両翼が決勝トーナメント進出へのカギを握る。

  • 001のalt要素

    乾貴士(左)と原口元気

2人のドリブラーが初めて先発で競演したコロンビア戦

乾貴士と原口元気。ともにドリブルを武器とする2人が、日本代表として先発でそろい踏みを果たしたのは、コロンビア代表から記録と記憶に残る大金星をもぎ取った、19日のワールドカップ・ロシア大会のグループリーグ初戦が意外にも初めてだった。

どちらかが途中出場し、ピッチ上で共演したのも過去に3度しかない。ハリルジャパン時代の昨年10月に行われたハイチ代表戦と、あとは西野ジャパンがワールドカップ直前に戦ったスイス、パラグアイ両代表戦。合計時間も74分間と、1試合分にも満たない。

ともに右利きで、左サイドからドリブルでカットインし、右足でシュートを放つプレーを最も得意とする。中盤の左サイドを競い合ってきた2人の関係を象徴するように、原口が先発し、後半途中から乾に代わったパターンが昨年6月以降で4度を数えている。

一転して原口が右サイドに回って共演する形が生まれ、コロンビア戦ではともにフル出場を果たしている。日本代表を率いる西野朗監督の狙いはどこにあるのか。左右の「翼」として攻撃力を発揮すること以上に、実は守備面で非常に高い信頼を得ていることが分かる。

少年時代から憧れ続けたスペインで急成長した乾

左サイドの乾はラ・リーガ1部で身につけた、高度な守備戦術を駆使している。相手のセンターバックがボールを持った時に、絶妙なポジショニングで複数のパスコースを消去。あるいは意図的にサイドへのパスを誘導し、味方の左サイドバックやボランチと連動してボールを奪い取る。

「スペインでプレーしたいと、小さなころからずっと夢見てきた。本当に憧れ通りだったというか、上手い選手が大勢いるし、すごく楽しくできているし、何の不満もありません。ここで長くサッカーができたら、自分のサッカー人生で最高の宝物になると思っているくらいなので。ドイツではストレスを感じながらプレーしていたし、そういう点でも全然違いますね」

横浜F・マリノスを皮切りにセレッソ大阪、ブンデスリーガ2部のボーフム、同1部のアイントラハト・フランクフルトを経て、ラ・リーガ1部のSDエイバルへ移籍したのが2015年8月。憧憬の念を抱き続けてきた地でいかに充実した日々を送っていたかが、乾が残したコメントからも伝わってくる。

個人技を前面に押し出すことが求められただけではない。ラ・リーガ全体に共通する、自身にとっては未知の守備戦術をマスターすることで、中堅と呼ばれる年齢になって久しい自分がレベルアップできる。その先にまだ見ぬワールドカップがあると、乾は信じて疑わなかった。

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が指揮を執って2戦目となる、2015年3月31日のウズベキスタン代表との国際親善試合で先発。後半18分までプレーしてからは、日本代表で乾が刻んできた軌跡に長い空白期間が生じてしまった。それでも、不思議と焦りはなかった。

「2年とちょっとの間は代表に呼ばれなかったけど、代表に選ばれるかどうかは監督次第なので、特に気にしていなかったですね。まずはチームで結果を出す、ということだけを考えていたので」

  • 002のalt要素

苦しい時間帯にこそ歯を食いしばって頑張れる原口

雌伏して時の至るを待つ――の思いを貫きながら乾が己を磨き続けていた間に、ハリルジャパンの左サイドに絶対的な居場所を築き上げたのが原口だった。群を抜く存在感は、ロシア大会出場をかけたアジア最終予選の初戦で、UAE(アラブ首長国連邦)代表に屈した日本を蘇生させる。

タイ代表との第2戦を皮切りにイラク代表戦、オーストラリア代表戦、サウジアラビア代表戦と4試合連続ゴールをマーク。日本が戦ってきたアジア最終予選の歴史では初めての快挙だったが、原口がハリルジャパンに与えたのはゴールだけではなかった。

左タッチライン際で何度も上下動を繰り返す。日本の誰よりも走り回った。倒されてもすぐに起き上がり、歯を食いしばりながら相手を追いかける。執念をむき出しにした、鬼気迫る表情で守備に奮闘する姿が相手に威圧感を、チームメイトには安心感を与え続けた。

ジュニアユースからひと筋で育った浦和レッズ時代は、代名詞でもあるドリブルをどんどん仕掛ける一方で、いわゆる「お山の大将」的な部分も持ち合わせていた。自身のストロングポイントを出せれば満足していた原口に変化が生じ始めたのは、ロンドン五輪出場を逃した2012年だった。

今の自分に足りないのは何か――繰り返された自問自答の末に弾き出された答えは、チームのために我を捨てて献身的に戦うこと。オフ・ザ・ボールにおける泥臭いプレーは、前回ブラジル大会における落選、直後に新天地を求めたドイツでどんどんスケールを増す。今では胸を張ってこう言う。

「誰よりも多く走り、チームのために働くことが僕の大前提。次こそは絶対に自分が日本代表の中心となって、ワールドカップに出るだけではなく、ワールドカップで勝つための選手になりたいと思ってきた。この4年間はすごく長かったけど、4年前と今現在の自分を客観的に比較すれば、いろいろなことを経験してきた分、すべてにおいて成長できた。ロシアではそれを表現したい」

  • 003のalt要素

攻守両面の活躍で日本に勝利を

しかし、ワールドカップへの道のりは決して順風満帆ではなかった。シーズン終盤に右太ももを痛めた乾は、先月下旬から千葉県内で行われた代表合宿で別メニュー調整に終始した。それでも西野監督は「他の日本人にいないタイプ」と完治を待ち続けた。

ヘルタ・ベルリンとの契約延長を拒否した原口は、2017-18シーズンの前半戦で実質的な戦力外となった。出場機会の減少はさまざまな悪循環を招く。今冬にはブンデスリーガ2部のフォルトゥナ・デュッセルドルフへ期限付き移籍し、ロシアへの希望を紡いだ。

「ヘルタで試合に出られなかった時も、それほどネガティブに思っていなかった。僕自身、成長するために毎日の練習へ臨んでいたし、いい時も悪い時もいろいろなことを勉強させてもらった」

大きく揺れたシーズンをこう振り返った原口を、西野監督は初陣だった先月30日のガーナ代表戦から右サイドで起用した。ロシアで対峙する各国の強力なサイドアタッカーを封じるには、苦しい時に誰よりも頑張れる原口が必要不可欠だと判断したからだろう。

ポーランド代表との初戦通りなら、セネガル代表の左サイド、つまり原口の対面では世界最速のアタッカー、サディオ・マネ(リヴァプール)が脅威を放った。そして乾の対面には20歳の超新星、イスマイラ・サール(レンヌ)がいる。味方との連携でいかに彼らを封じ込めるかが勝敗に直結してくる。

その上で攻撃でもチャンスを切り開く。斧をほうふつとさせる、パワフルなドリブルを武器とする原口は、実は前出のサウジアラビア戦を最後に約1年7カ月も代表でゴールを決めていない。

「誰よりもたくさん走ること。その先にボールが来れば決められると思う。そう信じて走りたい」

原口が自身の存在価値に対して力を込めれば、カミソリを連想させる鋭いドリブルで相手守備網を切り裂く乾は、「一緒にやりたい」とゴールデンコンビ再結成へラブコールを送っていた、MF香川真司(ボルシア・ドルトムント)との先発共演を手繰り寄せた。

同じ学年の乾と香川がJ2を戦っていたセレッソで出会い、2人で47ゴールを量産したのが2009シーズン。「あの時のような感じでプレーできれば理想的ですね」と目を輝かせていた乾は、12日のパラグアイ代表との国際親善試合で、ともに香川のアシストから2ゴールを決めた。

来シーズンから乾はレアル・ベティス、原口はハノーファーへ移籍する。すれ違いが続いた中でもワールドカップを夢見て成長を続け、西野監督から寄せられる信頼の下で日本の両翼を担った乾と原口。攻守両面でいかに雄々しく、かつ力強く羽ばたけるかに日本の命運がかかってくる。

  • 004のalt要素
■筆者プロフィール
藤江直人(ふじえ なおと)
日本代表やJリーグなどのサッカーをメインとして、各種スポーツを鋭意取材中のフリーランスのノンフィクションライター。1964年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒。スポーツ新聞記者時代は日本リーグ時代からカバーしたサッカーをはじめ、バルセロナ、アトランタの両夏季五輪、米ニューヨーク駐在員としてMLBを中心とするアメリカスポーツを幅広く取材。スポーツ雑誌編集などを経て2007年に独立し、現在に至る。Twitterのアカウントは「@GammoGooGoo」。