上司や取引先に「これを見てください」とお願いしたい時、皆さんはどのような言葉を使っていますか? 「ご覧ください」「ご確認ください」といった表現もありますが、本稿では、「ご高覧」「ご査収」という表現をご紹介します。

  • 「ご高覧」と「ご査収」きちんと使い分けできてる? 【ビジネス用語】

■「ご高覧」とは

「高覧」という言葉を辞書で調べてみると、「相手を敬って、その人が見ることをいう言葉」と記載されています。

「覧」という文字には「上から見渡す」「全体に目をとおす」という意味があり、「高」は相手への敬意を表す時に用いる言葉でもあります。「ご高覧」は、この「高覧」という言葉に、さらに尊敬の意を表す接頭語「御(お・ご)」が付いた形であることから、「ご覧ください」といった言葉よりもかなり丁寧な表現と言えます。

■「ご査収」とは

「査」には「調べる」、「収」には「収める」という意味があることから、「査収」は、「金銭・物品・書類などを、よく調べて受け取ること」という意味になります。「ご査収」は、これに尊敬の意を表す接頭語「御(お・ご)」が付いた形です。

「よく確認して、受け取ってください」という意味で使用するものですから、受け取るものがあることが前提です。チェックしてもらいたい資料もないのに「ご査収」という言葉を用いることはありませんので、注意しましょう。とりわけビジネスシーンでは、上司や取引先に、添付資料付きのメールを送る場合に使うことが多い表現です。

■「ご高覧」と「ご査収」の違い

どちらも目上の人やお客さまに対して使う言葉で、書類などを相手に見てもらいたい場面で用いる敬語です。では、何が違うのか。

ご高覧は、あくまでも「全体に目をとおす」ということなので、必ずしも細かい所まで確認するものではありません。これに対し、ご査収は「よく調べて受け取る」という意味ですので、しっかりと内容をチェックしてもらいたい場合には「ご査収」の方が適しています。

また、「ご高覧」は完成したものを披露する際に使われるのが一般的です。「ご査収」は、細かくチェックした結果、何か不備があれば修正することを前提としているのに対し、「ご高覧」は、「完成したものをご覧いただく」というニュアンスが強い言葉と言えます。

さらに、使う相手にも違いがあります。両者ともに尊敬語ではありますが、「ご高覧」という言葉は非常に高い敬意を示すものです。そのため、目上の人だからと言って、直属の上司に用いるのは適切ではありません。普段から身近にいる人に対して使用すると、不自然な距離感が生まれてしまいますので、気を付けましょう。

■「ご高覧」の例文

・「このたび、弊社ホームページがリニューアルしました。是非ご高覧ください」
・「履歴書と職務経歴書を送付致しますので、ご高覧いただきますようお願い申し上げます」
・「弊社展示会の案内状を送付致します。ご高覧いただければ幸いです」
・「西洋の美術品を展示しております。どうぞご高覧くださいませ」

「ご高覧」という言葉は、お知らせや宣伝をする際にも使われます。新商品の宣伝や、展覧会などの案内状に「ご高覧いただければ幸いです」といった一文を添えることもあります。

■「ご査収」の例文

・「本日請求書を発送致しましたので、ご査収ください」
・「企画書を作成しましたので、ご査収願います」
・「プレゼンの資料が完成しましたので、ご査収のほどよろしく願い致します」


今回は、「ご高覧」と「ご査収」の使い方についてお話ししました。何かを「見てもらう」という状況は、ビジネスシーンではよくあることです。相手との関係性をしっかりと見極め、正しい使い分けができるよう心がけましょう。