「教えてください」を敬語で表現する必要があるかどうかと迷っていませんか? ビジネスシーンにおいてはもちろん、メール上の表現はどうすればいいのか、上司や先輩といった相手によっても、表現を変えた方がいいケースがあります。

今回は、バリエーションの多い「教えてください」の敬語表現について解説します。例文も交えつつ、相手に与える印象がどう変わるかについて知っておきましょう。最後に、英語での表現方法も紹介していますのでぜひご活用ください。

「教えてください」の意味と基本的な使い方

  • 「教えてください」の意味と基本的な使い方

    「教えてください」の敬語表現をきちんと把握しておきましょう

新入社員として職場に配属された後は、仕事の内容について教えてもらう毎日でしょう。ある程度経験を積んだ後でも、クライアントや他社の人、転属先の上司に対して、教えを請わなければならない場面は少なくありません。

そのようなとき、スムーズなコミュニケーションに欠かせないのは敬語表現です。適切な敬語表現で「教えてください」を表現し、教えてもらう人との関係をよりいいものにしましょう。

「教えてください」は敬語だが口語的なので使用しない

「教えてください」は、「教えてくれ」の敬語表現であり、実はそれだけで敬語表現になっている言葉です。

しかし、「教えてください」は口語的な表現で、あまり相手にいい印象を与えません。ストレートに要求を表現している点に強い印象を感じる相手もいるでしょう。ビジネス上では、「教えてください」を避け、もう少し丁寧な表現を選んだ方がよりベターです。

ビジネスシーンに適した敬語表現

ビジネスシーンに適した敬語表現として、まずは基本的な2つの表現を覚えましょう。

1.「教える」の前に「お」を付けて、「お教えください」

2.「ください」の代わりに「願います」を使って「お教え願います」

「教えてください」よりも「お教えください」「お教え願います」の方が、より丁寧に相手への敬意を表現できます。

単語の頭に「お」を付けると、単語そのものの意味に加えて、尊敬や謙譲を表現できます。さらに「ください」の代わりに教えてもらうことをお願いする形で、「お教え願います」とすることで、教えを乞う相手に教えるかどうかの判断を委ねる形にすると、より丁寧です。

「教えていただけますか」で謙虚な印象に

「教えてもらう」の「もらう」の部分を謙譲語の「いただく」にして「教えていただく」という表現ににするのもいいでしょう。

この場合は、さらに疑問形をプラスして「教えていただけますか」とすることで、相手に判断を委ねる形にします。「お教え願います」と同様、相手の都合を慮る表現として、より謙虚な印象となります。

「教えていただけませんでしょうか」は社内でなら可

「教えていただけますか」の最後を「教えていただけませんでしょうか」と否定形にすると、さらに敬意を強めた表現となります。否定形ですが、否定の意味にはならず、相手に判断を委ねる形です。

しかし、なかには否定形が入らない「教えていただけますか」の方が、より敬意が高いと感じる人もいます。そのため「教えていただけませんでしょうか」は、社内での使用に留めておき、社外では「教えていただけますか」を使う方が無難です。

「教えてください」の敬語表現の類語

  • 「教えてください」の敬語表現の例文集

    「教えてください」の敬語表現の類語を知っておきましょう

ビジネスシーンで使える「教えてください」の敬語表現はほかにもあります。その他の敬語表現についても覚えておきましょう。

ビジネスシーンにおいてはさらに丁寧な表現がある

「教えてください」を「お教え願います」「教えていただけますでしょうか」とするだけでも、十分失礼のない敬語表現になります。ただ、さらに丁寧な表現として、以下も多く使われる表現です。

1.ご教示ください

2.ご教授ください

3.ご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます

これらの意味について、もう少しくわしく掘り下げます。

ご教示ください

「教示」(きょうじ)とは、文字の示す通り「教え示すこと」という意味で「ご」を付けることで敬語表現となります。「ご教示ください」「ご教示願います」といった形で、手法や知識のように比較的シンプルな内容について教えを乞うときに使用する表現です。

ビジネスシーンでは、こちらの意味合いで教えを乞う場合がほとんどで、「教えてください」の敬語表現としては、かなり汎用性の高い表現と言えます。

ご教授ください

「教授」(きょうじゅ)と言えば、大学時代の先生のことを思い浮かべる人もいるでしょう。そのイメージと同じく、「教授」とは、「教示」よりも専門的な知識や学問について教えてもらう場合に使う言葉です。

専門分野についての知識を乞う場合は、「ご教授ください」「ご教授願います」のような形で使用しましょう。利用シーンは、「ご教示」に比べると少なくなります。似たような表現で混同しやすいですが、うまく使い分けてください。

ご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます

「ご指導ご鞭撻」(ごしどうごべんたつ)とは、「指導」(教え導くこと)と「ご鞭撻」(相手が怠らないよう強く励ますこと)セットで用いられる敬語表現です。

なにか特定の知識について教えを乞うという意味よりも、今後継続してずっと指導いただきたいという意味合いで使うケースが多く見受けられます。

【例文】

・今後ともご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

・これからも何卒ご指導ご鞭撻賜りますようよろしくお願いいたします。

ビジネスシーンでは、主に先輩や上司に対して使う表現です。また、挨拶メールの締めくくりや、結婚式の挨拶のように、改まった席で使用されるケースもあります。

ただし、取引先の顧客に対しては「強い励まし」までをお願いすることはあまり考えられないため、社外ではあまり使用しません。

常駐先で密接に関わるクライアントの場合は、実際に業務についてくわしくヒアリングすることもあるため、「ご指導ご鞭撻(べんたつ)のほどお願い申し上げます」を用いても違和感はないでしょう。