「輝く人の、STARFLYER」をブランドイメージとしているスターフライヤーは、春からの新生活がより輝くことを願い、3月23日に羽田空港発着遊覧飛行「旅立ちの日 Flight 2018~春からもっと輝きたいあなたへ~」を実施した。約1,000人の事前応募者の中から抽選で選ばれた120人は、前夜祭と遊覧飛行を通じたスターフライヤーの想いと日の出の輝きによって背中を押された。

  • 「旅立ちの日 Flight 2018~春からもっと輝きたいあなたへ~」で、客室乗務員も全力で参加者たちの新たな旅立ちを応援

    「旅立ちの日 Flight 2018~春からもっと輝きたいあなたへ~」で、客室乗務員も全力で参加者たちの新たな旅立ちを応援

稲穂になぞらえた111組をSFJ555便で

この「旅立ちの日 Flight」は、スターフライヤーが2009年から実施している初日の出チャーターフライトが元になっている。同社の初日の出フライトは2015年より無償で行い、さらに2017年にはベースの北九州空港発着に加えて羽田発着でも実施した。

2018年も羽田発着で計画していたものの、着陸枠が確保できないことが判明し、北九州発着のみでの開催となった。しかし、何とか実施できないものかと立ち上がった関空・羽田のスタッフ26人の想いで、今回の「旅立ちの日 Flight」が実現されることとなった。

  • 参加者は天然温泉平和島の湯を楽しんだ後に前夜祭へ

    参加者は天然温泉平和島の湯を楽しんだ後に前夜祭へ

日の出フライトとともなると、空港集合は3時頃となる。ならば、「温泉も楽しんでもらいつつ、『旅立ちの日 Flight』への気持ちを高められるひとときを提供できれば」という想いから、今回、初日の出フライトにはない前夜祭が羽田空港から車で15分の場所にある「天然温泉平和島」と「ボートレース平和島劇場」を会場にして開催された。

「旅立ちの日 Flight」が3月23日に開催されたのにも意味がある。この日は、 一粒のもみが稲穂となり万倍に実ることからこの日から始めたことは大成すると言われている"一粒万倍日"、そして、金運招来のほかにこの日に旅立つと無事帰ることができるという吉日の"寅の日"が重なった二重の意味で縁起のいい日であり、"旅立ち"にもってこいの日であったのが理由だ。

さらに、稲穂が並んだ姿をイメージして、応募は111組(1組1~3人まで)とした。フライト名までSFJ555便(ゴーゴーゴー便)にしているあたり、スターフライヤーの想いのほどが伝わってくる。

  • 受付時に特製フレームで写真撮影。写真はフライトの際にプレゼントされた

    受付時に特製フレームで写真撮影。写真はフライトの際にプレゼントされた

「輝きたい意気込み」の記入も含めて募った参加希望者は約1,000人にもなったという。企画したスタッフからは、「この企画させてもらって、みなさまのいろいろな想いを読ませていただけたことがうれしかった」という声があり、代表取締役社長執行役員の松石禎己氏も、「思い出すと胸が熱くなるものもありました。今日が、『自分を変えたい』『夢を実現させたい』というみなさんの背中を押してくれる日になってくれたらいい」と話してくれた。

  • 代表取締役社長執行役員の松石禎己氏も、この「旅立ちの日 Flight」を楽しみにしていたという

    代表取締役社長執行役員の松石禎己氏も、この「旅立ちの日 Flight」を楽しみにしていたという

地元・福岡を感じさせる前夜祭

抽選で選ばれた「旅立ちの日 Flight」参加者は17歳から69歳までの111組・120人となり、多くの人は首都圏在住者のようだったが、この日のために北海道や大分から訪れたという人もいた。参加者は天然温泉平和島の湯でさっぱりした後、平和島劇場に集合してカウントダウンから前夜祭スタート……の予定だったが、時計を見るとすでに0時過ぎ。「ですが、カウントダウンをすること自体に意味がありますから」という司会者の言葉で、前夜祭はちょっと遅れたカウントダウンから始まった。

  • ちょっと遅れたカウントダウンで前夜祭開幕

    ちょっと遅れたカウントダウンで前夜祭開幕

前夜祭では、福岡県出身のアーティスト「Drunk!」と「イーシス」によるトーク&ライブを実施。実は司会者も福岡出身と、スターフライヤーの地元・福岡をまるっと感じさせる環境が整えられていた。会場のすぐそばにドリンクコーナーを設置し、スターフライヤーが機内サービスで提供している、タリーズコーヒーと共同開発したオリジナルブレンドのコーヒードリンクを用意。さらに、以前機内販売をしていた「neo プレミアムカクテル」のドリンクも振舞われていた。

  • 機内で楽しめるオリジナルのタリーズコーヒーも用意

    機内で楽しめるオリジナルのタリーズコーヒーも用意

  • 「neo プレミアムカクテル」はバーテンダーが監修したプロ仕様の炭酸飲料。フレーバーはジンジャーエール・シトラスネード・ミックスベリーの3種類

    「neo プレミアムカクテル」はバーテンダーが監修したプロ仕様の炭酸飲料。フレーバーはジンジャーエール・シトラスネード・ミックスベリーの3種類

「DrunK!」は、高校時代に一緒にバンドを結成していたギターのKAZYAとヴォーカル/ギターの藤田大吾が、互いが所属していた175Rとalutoの活動休止をきっかけにして再結成したユニットで、「一緒に音で酔っぱらってもらえたら」という想いを込めてネーミングされたユニット。トークの中では夢に向かって頑張ることについて、「僕たちは好きなことをやっているので苦ではないけれど、いつも音楽のことを考えている」とコメントした。

  • 高校時代の同級生同士の「DrunK!」はスターフライヤーの地元・北九州出身

「イーシス」はというと、作詞・作曲・編曲・デザイン・ライブの構成&演出までこなすボーカルのヒロと、そのヒロをこよなく尊敬するギターのアキームの"格差ユニット"という設定のようだが、トークではヒロがアキームの素朴な魅力を引き出すツッコミも垣間見えた。このほど球団に応援歌を提供することが決まり、野球経験者のふたりにとってひとつの夢が叶ったそうだ。

  • 「イーシス」は現在、東京と地元・福岡のW拠点で活動している

トークには松石社長も参加し、航空会社を志した理由に対して「本当はパイロットになりたかった」とコメント。しかし、目が悪かったことで夢を断念し、整備士になったという。「気が付いたら社長になっていたんですけど、でも、スターフライヤーの社長になることが夢だった。今までいろいろな役職を経験してきたけれど、社長だけはやったことがなかったから」と笑いを誘ったが、「社員がすくすくと成長してくれることだけが夢なんだ」と本当の想いを明かした。

  • 前夜祭では一人ひとりの夢をたずねるシーンも

    前夜祭では一人ひとりの夢をたずねるシーンも

参加者はこの日、それぞれの夢や意気込みをを心にイベントに参加した。「就職活動を頑張りたい」「転職先で挑戦したい」「発覚したガン治療に励む」などと様々な想いをみんなの前で発表。中には航空会社に就職することを希望する人もいたようで、2017年11月に開催された「KitaQフェスinTokyo」にて「空の王女コンテスト」に選ばれた相馬南海さん(19歳)もそのひとり。将来、航空業界で働くことを夢見て、オーストラリアに語学留学を予定しているそうだ。

  • 現在、専門学校に通っている"空の王女"の相馬南海さんは今年、語学留学を予定している

    現在、専門学校に通っている"空の王女"の相馬南海さんは今年、語学留学を予定している

トーク&ライブの後はチーム対抗のクイズ大会が行われた。スターフライヤーに関する7つ質問に3択から答えるというもので、「簡単ですから全問正解してもらいたいですね」と松石社長は話していたが、スターフライヤーの保有機材数の質問に、会場からは「分かんないよ」という声も。正解は10機であり、この後の「旅立ちの日 Flight」で用意されていた機材は、その中でも最新機である24号機であった。

  • クイズ大会は全7問。特に第4問の「手荷物はお一人様何個まで無料で受託できますか?」に対する「(3)何個でも」の答えに驚きの声があがっていた

    クイズ大会は全7問。特に第4問の「手荷物はお一人様何個まで無料で受託できますか?」に対する「(3)何個でも」の答えに驚きの声があがっていた

  • スタッフたちが各チームの答えを集計

優勝チームには全員に天然温泉平和島の温泉券が、さらにその中からひとり、じゃんけんでペア航空券がプレゼントされ、さらにその後、全員で松石社長とのじゃんけん大会でさらにもうひとりにペア航空券が贈られた。

  • クイズ大会の後には、全員参加のじゃんけん大会を開催

    クイズ大会の後には、全員参加のじゃんけん大会を開催

CAたちの力強い宣言とともにテイクオフ

フライトの時間が近づき、バスに乗って羽田空港へ移動。特別仕様になった受付窓口で渡された搭乗券も特別デザインになっており、行き先も「輝く未来」に設定されていた。搭乗口のウェルカムボードが桜仕様になっていたのは、新生活の春をイメージしたものだ。さらに搭乗前には特別に、機長からの挨拶とともに乗務員の紹介が行われた。

  • 「旅立ちの日 Flight」特製カウンターを用意
  • 特別な搭乗券の行き先は「輝く未来」

  • 搭乗口の前で記念撮影

    搭乗口の前で記念撮影

  • 搭乗案内の前に、「旅立ちの日 Flight」に対するスタッフたちの想いも語られた

  • 機長から乗務員たちを紹介

    機長から乗務員たちを紹介

  • 搭乗手続きを経て機内へ。搭乗前に特別な機内食が一人ひとりに手渡れた

  • 入り口では先任客室乗務員の大竹侑子さんがお出迎え

「旅立ちの日 Flight」では特別な機内食とドリンクを用意。これらはスタッフたちがこの日のために選んだもので、機内食には神奈川・葉山を拠点にヘルシーライフスタイルを提供する「SEE THE SUN」のボックスだった。ボックスの中には、「大豆と玄米で作ったZEN MEAT入り味噌和え~香味野菜と共に~」「春の芽吹きサラダ~OKARAと春野菜のヘルシーサラダ~」「香ばし玄米クッキー」と、アレルゲンフリーな身体においしいものが詰めあわされていた。

機内ドリンクとして、タリーズコーヒー共同開発したコーヒーの他、今回は特別にアルコールも用意。それも、慈照寺銀閣寺(京都府京都市)御用達の純米吟醸酒「白銀閣」という特別なもので、純銀箔入りなところも、黒・白・銀をコーポレートカラーとするスターフライヤーと相性がいい。その清酒は、特製デザインの升で味わえるようになっていた。

  • 特製の機内食は「SEE THE SUN」のもの。純米吟醸酒「白銀閣」も、スタッフたちがこのフライトにふさわしい一酒として選んだものだ

    特製の機内食は「SEE THE SUN」のもの。純米吟醸酒「白銀閣」も、スタッフたちがこのフライトにふさわしい一酒として選んだものだ

さらに機内では、一人ひとりに手作りの搭乗証明書を用意。松石社長とこのフライトを担当する機長・副操縦士からのコメントと共に手書きにメッセージが添えられており、前夜祭前に一人ひとり撮影した写真、予定飛行ルートのマップ、そして、フライト中に記入する「私は2018年度、以下のことを宣言します!」と記された記入欄が設けられていた。

  • 搭乗証明書には、一人ひとりへの手書きメッセージも添えられていた

4時33分にブロックアウト。機内では、先任客室乗務員の大竹侑子さんから「旅立ちの日 Flight」の案内とともに、客室乗務員たちの「宣言」が発表された。ひとり目の市川真菜美さんは、満面の笑みで「腹筋を割る」を宣言。笑いと拍手に包まれながら、続く房野紗衣さんも「腹筋を割る」と"かぶせ"技も披露した。

  • ひとり目・市川真菜美さんの想定外な宣言で、機内は拍手とともに笑いが起きた

    ひとり目・市川真菜美さんの想定外な宣言で、機内は拍手とともに笑いが起きた

  • ふたり目・房野紗衣さんの「腹筋を割る」宣言でさらに機内は温かい雰囲気に

    ふたり目・房野紗衣さんの「腹筋を割る」宣言でさらに機内は温かい雰囲気に

3人目の菅原真吾さんはというと、自信にあふれた表情で「東京マラソンを走る」を宣言。4人目の佐野純子さんは「断捨離する」、最後の大竹さんは「バリスタの資格をとります」を宣言し、それぞれが言い切ることでより強い宣言であることが伝わってきた。

  • 3度目の腹筋宣言に期待がかかったが、菅原真吾さんの切り替えしな宣言もまたツボ

    3度目の腹筋宣言に期待がかかったが、菅原真吾さんの切り替えしな宣言もまたツボ

  • 4人目・佐野純子さんの断捨離宣言に、自分のことを思ってか納得する人も

    4人目・佐野純子さんの断捨離宣言に、自分のことを思ってか納得する人も

  • 5人目・大竹侑子さんのバリスタ宣言で、一層、機内で味わうコーヒーが楽しみになった

    5人目・大竹侑子さんのバリスタ宣言で、一層、機内で味わうコーヒーが楽しみになった

滑走路へ向かう道中、機内から右側の窓を見ると「あなたの一歩が輝きますように!!」と記された電子ボードの横で、地上スタッフが見送りをしてくれていた。その様子が見えなかった左側の参加者がソワソワしていると、「安心してください。間もなく方向を変えまして左側に現れます」とアナウンスが流れるなど、客室乗務員の温かいおもてなしが続く。

  • 外はまだ真っ暗。スタッフの温かいメッセージが輝く

    外はまだ真っ暗。スタッフの温かいメッセージが輝く

「輝く未来」の門出を祝う日の出

4時49分に離陸した飛行機はそのまま北上。予定では猪苗代湖から山形市、仙台市、大子町をめぐり、銚子市(犬吠埼)で日本一早い日の出を拝んだ後に羽田に戻るというルートを予定していたが、予定より出発が遅れたこともあり、栃木県あたりで折り返して銚子市を目指すルートに変更となった。

  • 銚子市(犬吠埼)で日の出を楽しむ約1時間の特別フライト

    銚子市(犬吠埼)で日の出を楽しむ約1時間の特別フライト

機内では特別機内食と清酒に加えて、「コカ・コーラ ピーチ」もこのフライト限定で用意。さらに、北九州の世界遺産『官営八幡製鉄所関連施設』からアイデアを得て開発された北九州土産「ネジチョコ」も機内で振舞われた。

  • 機内サービスをしてくれる客室乗務員にも笑顔が

    機内サービスをしてくれる客室乗務員にも笑顔が

  • 「ネジチョコ」は純米吟醸酒「白銀閣」とも相性ぴったり

窓の外に広がる雲の平原は次第に明るさを増していき、この旅立ちは5時27分に朝日を迎えた。朝日も同様、向きを変えて左右でシャッターチャンスの時間を用意。特別な日の特別なフライトと特別な仲間たちと迎えた日の出は、きっとそれぞれの記憶に残るものになっただろう。

  • 日の出までもう少し

    日の出までもう少し

  • 日の先端が見えたと思ったら、どんどん日が昇ってきた

    日の先端が見えたと思ったら、どんどん日が昇ってきた

日の出の後には、松石社長が機内アナウンスを披露。「『新しいことをやろう』『新しい自分になろう』というきっかけになってくれたらうれしい。今後ともスターフライヤーをよろしくお願いします」とコメントした。

  • 「聞きづらいかもしれないけれど」と言いながら、松石社長が感謝のアナウンス

    「聞きづらいかもしれないけれど」と言いながら、松石社長が感謝のアナウンス

飛行機は5時52分に羽田に着陸し、5時58分に到着した。最後に機長からは、「みなさんが(応募の際の)葉書に込めたこと、その想いが私たちの燃料となりました。その願いがうまくいったら、またご報告で乗っていただきたいです。もしうまくいかなくてもお待ちしております」とアナウンス。最後に、「キャビンから楽しそうな声が聞こえてきてうれしかった。今日はありがとう」と親しみを感じさせる言葉遣いに変わっていたのが印象的だった。

  • この日のフライトはスターフライヤーの最新機である24号機が担当

  • 客室乗務員や地上スタッフが最後の挨拶。スタッフの胸元の桜のコサージュは、「旅立ちの日」にあわせた特別なもの

  • 松石社長が先回りして、一人ひとりに挨拶

    松石社長が先回りして、一人ひとりに挨拶

  • 荷物受取場のベルトコンベアの上にはお土産が。中にはカレンダーやブックカバー、ペンシルケースなどが入っていた