記録的な寒さを経験したこの冬。「寒いのはもう勘弁」と思いつつも、中には冬ならではの観光やレジャーを楽しみたいという人もいるかもしれない。今回は、マイナビニュースの男女会員1,001名に、「冬、旅をしてみたい都道府県」を聞いてみた。

  • 冬、旅をしてみたい都道府県はどこ?

    冬、旅をしてみたい都道府県はどこ?

Q.冬、旅をしてみたい都道府県はどこですか?

  • 冬、旅をしてみたい都道府県は「北海道」がトップに

    冬、旅をしてみたい都道府県は「北海道」がトップに

1位「北海道」 35.4%
2位「沖縄県」 22.5%
3位「特にない」 6.1%
4位「京都府」 4.7%
5位「石川県」 3.8%
6位「秋田県」2.1%
7位「青森県」 2.0%

Q.その都道府県を選んだ理由を教えてください

■「北海道」

・「スキーで、上質のパウダースノーが期待できるから」(45歳男性/物流・倉庫/技能工・運輸・設備関連)
・「以前から一度、札幌の雪まつりに行ってみたいと思っています。雪があまり積もらない地域に住んでいますので、雪像や雪景色などとても興味があります」(51歳女性/サービス/その他・専業主婦等)
・「寒い場所は、寒い時期に行くのが華だと思います。北海道は飯もうまい、景色もきれい、温泉もある。もはや、言うことなしの土地だと思います」(34歳男性/コンピューター機器/事務・企画・経営関連)
・「人工物の少ない広大な大地が、さらに雪に包まれて本当の『白一色』となると、自分の体が静かな世界の真ん中に漂っているように感じられる。雑念から切り離され、ほっとする」(65歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「雪が多くて寒いと思っていますが、海鮮類が新鮮で、特にカニやウニがものすごくおいしいらしいので。友だちに冬の北海道も良いものだよと言われているので、行ってみたいです」(59歳女性/医療用機器・医療関連/専門サービス関連)
・「北海道のきれいな雪景色を見てみたい。本場のラーメンやスープカレーを食べてみたい」(46歳男性/システムインテグレータ/IT関連技術職)
・「流氷が見たい! カニが食べたい! 知り合いに会いに行きたい! 北海道が大好きだから!! 」(51歳女性/その他/その他・専業主婦等)

■「沖縄県」

・「暖かいエリアで、かつ季節的に台風による交通障害がないから」(64歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「とにかく暖かいところがいい。北海道に住んでいるから、雪にはウンザリ」(57歳女性/その他/その他・専業主婦等)
・「とにかく雪は苦手です。若い頃はスキーもやったのですが、今はもう行けません。旅行するなら、とにかく雪のないところに行きたいということで、沖縄を選びました。あぁ、思い出しました、これも若い頃の話ですが、札幌雪祭りや紋別・網走の流氷見物などというのもよく出かけたものでした。しかし今年の天候を見ていると、雪の多い地方には出かけたくありませんね」(78歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「天気予報を見て、冬でも暖かいのがとてもいい。また、おいしい食べものが多いから」(50歳女性/官公庁/公共サービス関連)
・「行ったことない。死ぬまでに一度は行ってみたい。青い海、ソーキそば、ラフテー……」(45歳女性/その他/その他・専業主婦等)
・「冬は雪が降っていたり、寒かったりするところは、旅をすると観光地とかに行くのが大変そうなので。一番暖かくて、移動がスムーズにいきそうな沖縄に旅に行きたいです」(41歳女性/その他/その他・専業主婦等)

■「京都府」

・「京都大好き。雪の金閣寺を見たことがないので、チャンスがあったら見たい」(49歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「『京の冬の旅』という企画により、通常時は非公開の文化財を公開していただいているため」(45歳男性/その他電気・電子関連/IT関連技術職)
・「春夏の京都は行ったことがあるので、冬に是非行ってみたい」(45歳女性/流通・チェーンストア/販売・サービス関連)
・「やはり古都である京都は、日本の故郷。特に冬の京都は見所があるのではないかなと思い、例年何度か行きます」(53歳男性/百貨店/販売・サービス関連)
・「テレビのニュースで雪化粧した金閣寺がよく映るが、渋い銀閣寺やその他の古刹の雪化粧した姿を見てみたいから。紅葉や桜の季節に比べて修学旅行生や外国人観光客が少なくて、落ち着いて観光できそうだし」(51歳女性/その他/その他・専業主婦等)

■「石川県」

・「やっぱり冬の能登半島」(46歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「交通の便も良くなり、見どころが多い。海の幸を味わいたい。兼六園を見学したい」(47歳男性/日用品・雑貨/営業関連)
・「情緒がありそうな冬の金沢に行ってみたいです。行ってみたい美術館もありますし」(43歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「雪の兼六園と金箔工芸を見学・体験したい。近江市場の味覚も楽しみたいです。北陸新幹線に乗りたい」(47歳女性/建設・土木/建築・土木関連技術職)
・「北陸の温泉に行って、カニ料理を食べたい」(65歳女性/その他/その他・専業主婦等)

■「秋田県」

・「豪雪地帯の厳冬を感じてみたいから」(58歳男性/官公庁/公共サービス関連)
・「何となく、冬の日本海を味わってみたい」(56歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「かまくらやきりたんぽなど、雪深いところで温かい鍋や料理を食べたい」(37歳男性/サービス/技能工・運輸・設備関連)

■「青森県」

・「冬の十和田湖は神秘的なので」(58歳男性/フードビジネス/販売・サービス関連)
・「仕事で5年ほど住んでいた。半端じゃない雪の降り方。克雪耐寒の日々を思い出す。今は酸ヶ湯まで厳冬期でも入れるようなので、訪ねてみたい」(71歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「昔、冬の十和田に行ったらとても良かったので、また行ってみたい」(36歳女性/その他/その他・専業主婦等)

■「その他」

・「山形県: 雪の銀山に行ってみたい」(56歳女性/その他/事務・企画・経営関連)
・「新潟県: 豪雪地帯を体験できるし、おいしいお酒も飲める」(41歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「富山県: 冬の雪化粧の古都を満喫してみたいから」(45歳男性/教育/専門サービス関連)
・「長野県: 雪をかぶった南アルプスの景色が好きなの」(37歳女性/その他/その他・専業主婦等)
・「千葉県: ディズニーランドがあるから」(40歳男性/教育/公共サービス関連)
・「東京都: どの街にも見所やおいしいお店があるから」(34歳女性/食品/事務・企画・経営関連)
・「神奈川県: マリンタワーと山下公園のイルミネーションがきれいだから」(20歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「福井県: 温泉とカニを楽しみたい」(58歳男性/その他電気・電子関連/技能工・運輸・設備関連)
・「大阪府: 住んでいる我が町ですが、正直まだまだ知らないところ、面白さがあると思いますから」(41歳男性/コンピューター機器/販売・サービス関連)
・「岐阜県: 真っ白な雪が積もった白川郷の合掌造りを見に行きたい」(29歳女性/その他/その他・専業主婦等)
・「大分県: 雪で困ることなく、温泉につかってゆっくりと芯まで温まりたい」(50歳男性/その他/技能工・運輸・設備関連)

■総評

調査の結果、「冬、旅をしてみたい都道府県」は35.4%を集めた「北海道」となった。以下、2位「沖縄県」(22.5%)、「特にない」(6.1%)、「京都府」(4.7%)、「石川県」(3.8%)、「秋田県」(2.1%)、「青森県」(2.0%)と続いた。以降は全て2%に満たない数字となっており、上位、特に1位、2位に票が集中する結果となった。

冬、旅をしてみたい都道府県の1位は、堂々の3分の1の票を獲得した「北海道」だった。やはり寒いときには寒さを突き詰めたいという心理が働くのか、日本の最北に位置する北海道を旅してみたいという意見が多かった。雪まつりに代表されるイベントや、冬ならではのグルメも北海道の魅力として認識されている。

2位の「沖縄」は打って変わって、「寒いのは嫌い」という人たちが支持している。日本の最南端に位置する沖縄は、南国とは言わないまでも、しばし冬の寒さを忘れられる環境だ。コメントにも、「寒いのは苦手」「雪は見たくない」「暖かいところがいい」などの意見が寄せられている。

「京都府」は季節に限らず、世界的な人気の観光地。「雪化粧した金閣寺を見てみたい」など、雪に覆われた古都に対する興味が強い。冬は観光客の数が少なくなることで、ゆったりと過ごせるという声も寄せられている。

全体に、北に位置する都道府県が上位にランキングし、中でも"雪と温泉"のマッチングが印象的な結果となった。いささか陳腐だが、雪景色を眺めながら温泉で一杯というのは日本人のDNAにな刻み込まれた情景なのかもしれない。

ただ、「特にない」という意見も多く、そこで見られるのは「寒い時にわざわざ旅行に行きたいとは思えない」という意見。やはり、冬はこたつでまったりとしていたいという人も一定数いるようだ。

今回は、北海道と沖縄という、日本を代表する観光地の強さが印象的な調査結果となった。南北に長い、豊かな自然に恵まれた日本ならでは結果と言えそうだ。

調査時期: 2018年2月15日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 1,001人
調査方法: インターネットログイン式アンケート

※写真と本文は関係ありません