鼻づまりが治らないなどと感じながらも、「ただの風邪だから」と放置している人はいないだろうか。もしも黄色い鼻水が出るようならば、その膿(うみ)がたまって副鼻腔炎になっているかもしれない。一度たまった膿をきれいに取り出すのは大変で、重症になると手術に至るケースもあるという。

本稿では、慶應義塾大学病院の耳鼻咽喉科・神崎晶医師に副鼻腔炎の治療法について解説してもらった。

  • その鼻づまり、副鼻腔炎が原因かも?

    その鼻づまり、副鼻腔炎が原因かも?

ネバネバした黄色い鼻水は黄色信号

副鼻腔炎は風邪が長引くことでなりやすい。鼻腔の横にある空洞に膿がたまることからその名が付いたが、蓄膿症と呼ばれることもある。

「ネバネバした黄色い鼻水が出て鼻づまり感がある人、顔に重みを感じている人は、副鼻腔炎の可能性があります。その重みが原因で頭痛を訴える患者さんも多くいらっしゃいます。嗅覚が鈍くなるというのも、症状の一つです」と神崎医師は解説する。

副鼻腔炎患者の2割が手術!?

実際に副鼻腔炎になってしまっても、その多くは抗生剤によって治るという。

「3カ月間、抗生剤を飲み続けることで、8割の患者さんは治ると言われています。処方する薬には、鼻の中の炎症を抑え、繊毛細胞の働きを促進させる効果があります。副鼻腔内には、膿など汚いものを外に出す役割の繊毛細胞がありますが、副鼻腔炎になると粘膜の炎症によりその出口が小さくなり、繊毛細胞の負担は増えてしまいます。動きを活性化することで、膿を少しずつ外に出し、副鼻腔内をきれいにしてくれるのです」

8割が薬で完治する一方で、残り2割は手術が必要になる。副鼻腔炎を長期間放置していた結果、膿の通り道を大きく広げる手術によって膿を取り出さないといけないとのこと。

手術では膿を取るのと並行し、副鼻腔の出入り口の穴を広げて、今後膿がたまらないようにしていく。膿があまりに長期間たまってしまうと、空洞の周りにある骨を壊して目の方まで進み、失明につながるリスクが高まる。さらに、その先の骨を壊して脳まで膿が達することもあるため、非常に危険となる。

「数年前に実際に診察した患者さんは、『目が腫れて見えない』と言って救急車で運ばれてきたのですが、よく調べてみると副鼻腔炎が原因でした。その方は、鼻がつまっているけど体質なのだろうと思い込み、10年近くもの間、病院に行かずにいたそうです」