リクエストの多かったアーティスト、カーペンターズ。小学生の音楽の教科書に「Sing」が載っていたり、NHKのみんなの歌で日本語バージョンが流れたりで、カーペンターズを知らない人ですら、聞いたことはあるのでは? その偉大なカーペンターズのヒットソングベスト11のランキングを調べてみました。今回は2,283名の方々に答えていただきました。

イエスタデイ・ワンス・モア~カーペンターズ・ベスト (1991ミックス)
カーペンターズ
2017年10月25日発売
ユニバーサルミュージック

おっと、カレン・カーペンターはピーター・フランプトンと同級生!!

カレン・カーペンターは1950年3月2日生まれで1983年2月4日、32歳の若さで亡くなったが、同い年のミュージシャンには誰がいるか見てみよう。

ピーター・フランプトン 1950年4月22日
エリック・カー(KISS)1950年7月12日 - 1991年11月24日
ジョー・ペリー(Aerosmith) 1950年9月10日
ジョーイ・クレイマー(Aerosmith) 1950年6月21日
カール・パーマー(ELP) 1950年3月20日
スージー・クワトロ 1950年6月3日

ピーター・フランプトンを除いてロックな同級生が多いね。

話は逸れますが、若い頃のピーター・フランプトンはルックスがよく、当時のティーンエイジャーからワーキャー言われるアイドル的売れっ子だったものです。それが一波乱あり、不遇の時代を経てルックス的にもグッと大人になり、ギターの腕を上げ、今では本格派のギタリストとして活躍しています。

40年前のお姿がコレ。
フランプトン・カムズ・アライヴ!
ピーター・フランプトン
1976年1月1日発売
A&M(ユニバーサルミュージック)

風雪に耐え抜いて復活した現在の勇姿がコレ。
Acoustic Classics
ピーター・フランプトン
Phenix Phonograph
2016年2月26日発売

元祖ガールズロックの女王、スージー・クワトロも同級生

僕がビックリしたのは、スージー・クワトロがカレン・カーペンターと同い年ということ。「本人たちは知ってたのかな~、音楽のタイプは著しく違うけれど、もしかしたら親友だったのかな~」などと妄想逞しくしてしまう。

メタル、パンクファッションの先駆けだったんじゃないかな? またはSMチック? アルバムの邦題が物語ってます。
サディスティック・ロックの女王
スージー・クアトロ
ワーナーミュージック・ジャパン

いろいろ脱線しましたが、11曲の順位を見ていただこう。

ベスト11~7位 なんとなく妥当な順位

11位 ハーティング・イーチ・アザー ~ Hurting Each Other
10位 雨の日と月曜日は ~ Rainy Days and Mondays
9位 スーパースター ~ Superstar
8位 オンリー・イエスタデイ ~ Only Yesterday
7位 プリーズ・ミスター・ポストマン ~ Please Mr.Postman

ハーティング・イーチ・アザー ~ Hurting Each Other

雨の日と月曜日は ~ Rainy Days and Mondays

スーパースター ~ Superstar

この3曲、派手ではないがとても名曲ですね。特に「ハーティング~」が大好きです。僕の中ではトップ5に入るほどです。なんといってもこのYoutubeでいうところの0:28辺りから始まる転調の流れが好き、リチャード・カーペンター、天才だなやっぱり。

ア・ソング・フォー・ユー
カーペンターズ
ユニバーサルミュージック
1972年6月13日発売
「ハーティング・イーチ・アザー」「トップ・オブ・ザ・ワールド」収録

カーペンターズ
カーペンターズ
ユニバーサルミュージック
1971年5月14日発売
「雨の日と月曜日は」「スーパースター」収録

緑の地平線
カーペンターズ
ユニバーサルミュージック
1975年6月6日発売
「オンリー・イエスタデイ」「プリーズ・ミスター・ポストマン」収録
僕はこのジャケットの発表当時、カレン・カーペンターの表情が暗くてとても気になったのを覚えている。

ベスト6~2位 トップ・オブ・ザ・ワールド堂々の2位

6位 愛のプレリュード ~ We've Only Just Begun
5位 青春の輝き ~ I Need to Be in Love
4位 遙かなる影 ~ (They Long to Be) Close to You
3位 シング ~ Singナウ・アンド・ゼン
2位 トップ・オブ・ザ・ワールド ~ Top of the World

名曲が多いカーペンターズの中でも2位に収まったのがトップ・オブ・ザ・ワールドだ。アレンジがカントリー調なのは納得がいかないが、メロディー、リズムともに素晴らしい曲だ。こちらは少年ナイフがカバーしたバージョンがしっくりくると僕は思っている。

5位の青春の輝きのサビはお手本的なメロディーで、現代の日本のポップでも参考にされた曲が多い。4位のClose to Youもとても落ち着いたメロディーで素敵だ。だがクランベリーズがカバーしたバージョンもぜひ聞いてみて欲しい。

遙かなる影
カーペンターズ
ユニバーサルミュージック
1970年8月19日発売
「愛のプレリュード」「Close to You」収録

見つめあう恋
カーペンターズ
ユニバーサルミュージック
1976年6月11日発売
「青春の輝き ~ I Need to Be in Love」収録

ナウ・アンド・ゼン
カーペンターズ
ユニバーサルミュージック
1973年5月9日発売
「シング ~ Sing」「イエスタデイ・ワンス・モア」収録

カーペンターズ、人気の1位はやっぱりイエスタデイ・ワンス・モア

それはそうですよね、ちがったらビックリします。94.1%の支持率、過去のアンケートでこれほどの支持はないのではないかな? 最大の名曲だもんね。このゆったりとした流れが聴く人を感動させますね。メジャー7でのコーラスなんかトリハダものです。この曲、この大きなリズムもいいですが、レッド・クロスのカバーがありこれはこれでアプローチのちがいが面白いのでぜひ、聴いてください。

***

僕が選んだ11曲の順位を紹介したが、概ねみなさんの予想通りだったのでは? 今回はアンケート作成者のオチくんがコメント設定をミスりまして、5文字しか書き込めなかったようでごめんなさい。オチに変わってお詫びします。それでも5文字以内で果敢にアタックしてくれた方のコメントを紹介します。

「歴史的名曲」(大阪府47歳男性)
「落ちつく。」(大阪府43歳女性)
「名曲ぞろい」(千葉県43歳男性)
「毎日聞いた」(大阪府32歳男性)
「文字数制限」(神奈川県22歳女性)
「美しい詩。」(千葉県59歳男性)
「彼女のあま」(大阪府54歳男性)
「復活して」(大阪府50歳男性)
「好きですね」(奈良県46歳男性)
「だーいすき」(福島県28歳男性)ほか22名
「感動した!」(北海道45歳男性)ほか12名
「青春だった」(東京都63歳男性)ほか9名
「摂食障害」(兵庫県41歳女性)ほか1名
「5文字無理」(新潟県53歳男性)ほか8名

もうね、面白くなっちゃって、止まらなくなりました。みなさん、上手いこと書きますね。それにしても大阪の方が多いような……。

「彼女のあま」で終ったコメント、きっと「彼女の甘い声が好きでした」的なものだったんでしょう。コレ、面白いから5文字はムリでも7文字以内とかにして見ようかな?

最後に同時にアンケートをとった「インコとハムスター飼うならどっち?」(宮崎県44歳男性からのリクエスト)の結果を載せてお別れします。

調査時期: 2017年9月8日~9月14日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 2,283名(男性1,436名 女性847名)
有効回答数:1,036
調査方法: インターネットログイン式アンケート