【2020年最新】おすすめのインターネット回線10社!お得に申し込める窓口も紹介

インターネットを契約するなら、おすすめの回線を知ってお得に申し込みたいですよね。

インターネット回線とひと口にいっても、大きく下記3つに分けられ、それぞれおすすめの会社は異なります。

今回は、種類別におすすめのインターネット回線10社を紹介します。

この記事を読めば、自分に合ったインターネット回線だけでなく、もっともお得に申し込める窓口がわかりますよ。

この記事を書いた人
わたしのネット

月間100万人が閲覧するインターネットの総合情報サイトの「わたしのネット」の運営者。インターネット回線の正しい比較情報を届けるために、マイナビニュースへ出張中。日本で一番わかりやすいインターネット回線の解説記事を目指しています。

わたしのネットをフォローする

インターネット回線には3つの種類がある

まずはインターネット回線のなかでどの種類の回線がご自身の用途や環境に適しているかについて、考えましょう。
個人向けのインターネット回線には「固定回線」「モバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)」「ホームルーター」の大きく3種類があり、それぞれ異なった特徴があります。

【インターネット回線特徴】

回線名 固定回線 モバイルWiFiルーター
(ポケットWiFi)
ホームルーター
速度
(最大1Gbps〜2Gbps)

(150Mbps〜800Mbps)

(500Mbps〜1Gbps)
料金
(4,000〜5,000円台)

(3,000〜4,000円台)

(3,000〜4,000円台)
工事の有無
(必要)

(不要)

(不要)

回線速度がもっとも速く安定しているのは固定回線です。

速度を求めるなら「固定回線」

3種類の回線のなかでもっとも回線速度が速いのは「固定回線」です。
設置先の住所に直接回線の引き込みを行うため、外部からの影響を受けにくく速度が減衰しにくいので、通信データ量に上限がありません。
一方、料金面では後述のモバイルWiFiルーターやホームルーターと比較すると高めになっています。

以上のことから、自宅内のみでインターネットを利用する人や、回線速度をもっとも重要視する人におすすめです。
とくにオンラインゲームや4K画質の動画を視聴するなどの用途に最適ですよ。

固定回線の中にも、複数の種類があります。

固定回線の種類
  • 光回線
  • CATV回線
  • ADSL回線

現行で提供されているものは以上の3種類が中心ですが、現在の主流は「光回線」です。

それ以外は速度や安定性の面で光回線に大きく劣るため、基本的には検討の必要はないでしょう。

具体的な光回線のおすすめは、「おすすめのインターネット回線を紹介【光回線編】」からご覧いただけます。

外出先でも使いたいなら「モバイルWiFiルーター」

「モバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)」は、充電して持ち運べる小型のルーターを使ってインターネット通信を行うため、外出先でもネット環境が必要な方におすすめです。
ただし、回線速度については光回線よりも控えめであることがほとんどです。

契約する会社やプランによってはデータ量に上限があったり、速度制限が設けられていたりするものもあります。
月額料金が3,000〜4,000円程度と、ネット回線のなかでは比較的安価であることもモバイルWiFiルーターのメリットです。

おすすめモバイルWiFiルーターは「おすすめのインターネット回線を紹介【モバイルWiFiルーター編】」をご覧ください。

工事不要で速度も欲しいなら「ホームルーター」

モバイルWiFiルーターを、より高性能な機器の据え置きで利用する形式にしたのが、「ホームルーター」です。
据え置き利用を前提とするため端末を高性能化でき、モバイルWiFiルーターよりも速度が安定します。

また、固定回線のように物理的に回線を引き込む必要がないため、工事をすることなく、電源コンセントからの給電のみで利用できます。
工事を行いたくない、または建物都合で工事ができない方にもおすすめです。

月間のデータ量については基本的に無制限です。
しかし、「3日に10GB以上の利用で一時速度制限」など、比較的ゆるい制限が設けてある会社やプランも存在します。


おすすめのホームルーターについては「おすすめのインターネット回線を紹介【ホームルーター編】」からご確認いただけます。

絶対に失敗しない!インターネット回線4つの選び方

お得かつ用途にあったインターネット回線を選ぶためには、以下の4つのポイントを確認しておきましょう。

➀使う場所が対象エリア内か

希望の回線の提供エリアが自身の使う場所に含まれているか、各回線の公式サイトなどから事前に確認しておきましょう。
光回線やホームルーターなど自宅内で使う回線の場合、エリア外の住所ではそもそも申し込みができません。
モバイルWiFiルーターの場合は自宅外でも利用するケースもあるため、職場などの行動範囲が対象エリアであることが重要です。

➁スマホとのセット割が適用できるか

お使いのスマホのキャリアとインターネット回線の組み合わせがセット割の対象であることも、重要なポイントです。
セット割を適用できればスマホに大きな月額料金割引が入るため、通信料を大きく節約できます。

【セット割概要】

セット割名 対象スマホキャリア 月額最大割引額 最大適用回線数
ドコモ光セット割 ドコモ 1,000円 20回線
おうち割 光セット ソフトバンク 1,000円 10回線
auスマートバリュー au 1,000円 10回線
※価格はすべて税抜

契約中のスマホプランによっては最大1,000円の割引が適用されます。
また、家族のスマホもセット割引の対象です。
1人のみの適用の場合でも1年で12,000円、4人家族の場合では最大で月4,000円、1年間で48,000円もの割引が受けられます。

➂実質料金が安いか

回線同士の料金を比較する場合は、月額料金ではなく「実質料金」での比較を行いましょう。
実質料金とは、「インターネット回線契約にかかるすべての費用と割引を合計したもの」です。

実質料金は以下の項目をすべて加算・減算することで算出できます。

加算項目
  • 月額料金×契約月数
  • 事務契約手数料
  • 開通工事費・端末料金
減算項目
  • 月額料金割引
  • キャッシュバック金額

インターネット回線の契約では、月額料金以外にも契約手数料や工事費、端末料金などの費用もかかります。
また、キャッシュバックなどの特典の内容も加味しましょう。

また、この実質料金を契約月数で割ることでひと月あたりの自室料金である「実質月額」を算出できます。
実質月額同士であれば契約期間の異なる回線同士も正確に比較可能です。

➃速度がきちんと出るか

「1Gbps」「150Mbps」など、各回線のスペックとして回線速度が提示されていますが、これは理論上の数値であるため実際に利用する際に出る速度は確実に下回ります
実際の速度である「実測値」は、利用する場所や環境で大きく左右されます。

実測値を調べるためには実際に使用しているユーザーの口コミを参考にしましょう。
TwitterなどのSNSで「回線名+地域」で検索ができますし、回線速度の報告サイト「みんなのネット回線速度」などで調べることも可能です。

おすすめのインターネット回線を紹介【光回線編】

ここからは、自宅に回線を導入する固定回線のうち「光回線」のおすすめを紹介していきます。


選択の基準としては「➁スマホとのセット割が適用できるか」で解説した「スマホとのセット割が使えるかどうか」です。
スマホセット割は契約している間ずっと割引が適用され、料金割引のなかでも高額なものであるため、最優先事項といえます。

おすすめの光回線

モバイルWiFiルーター、ホームルーターに関しては以下のリンクにて詳しく紹介しています。

おすすめのインターネット回線を紹介【モバイルWiFiルーター編】
おすすめのインターネット回線を紹介【ホームルーター編】

ドコモユーザーなら「ドコモ光」一択

ドコモスマホとのセット割である「ドコモ光セット割」が使える回線は、「ドコモ光」のみです。
ドコモ光セット割により、最大20回線が最大1,000円割引されます。

また、対応プロバイダを選択すれば最新の通信規格である「IPv6」を使えるため、回線速度・安定性も問題ありません。

【ドコモ光】

提供エリア 全国
セット割 名称 ドコモ光セット割
スマホキャリア ドコモ
最大割引額 1,000円/月
最大速度 1Gbps
提供タイプ 戸建てタイプ マンションタイプ
月額料金 5,200円 4,000円
契約事務手数料 3,000円
工事費用 18,000円 15,000円
実質料金(2年) 133,900円 103,000円
実質月額 5,579円 4,292円
キャンペーン ・最大20,000円キャッシュバック
・無線LANルーター無料レンタル
・dポイントプレゼント
※価格はすべて税抜

ドコモ光の申込窓口は公式プロバイダである「GMOとくとくBB」がもっともおすすめです。
最大20,000円のキャッシュバックを受けられるほか、「v6プラス」に対応しているため、IPv6での高速通信が可能です。
さらにそのv6プラス対応の高速無線LANルーターを永年無料でレンタルできます。

ソフトバンクユーザーなら「NURO光」がベスト

nuro-sonet

ソフトバンクスマホとのセット割「おうち割 光セット」が使える光回線のなかでは、「NURO光」がベストです。
おうち割 光セットでは、最大1,000円のスマホ料金割引が10台まで適用できます。

標準で回線速度が最大2Gbpsであるため、速度も十分です。
他の光回線であると最大速度が1Gbpsであるため、2倍以上の速度が期待できます。

【NURO光】

提供エリア 北海道、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、愛知県、
静岡県、岐阜県、三重県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、福岡県、佐賀県
(一部エリアを除く)
セット割 名称 おうち割 光セット
スマホキャリア ソフトバンク
最大割引額 1,000円/月
最大速度 2Gbps
月額料金 4,743円
契約事務手数料 3,000円
工事費用 0円
実質料金(2年間) 71,832円
実質月額(2年間) 2,993円
キャンペーン ・45,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
※価格はすべて税抜

NURO光は代理店からの申し込みも可能ですが、もっともおすすめなのは公式の特設ページからの申し込みです。
有料オプション不要で、4,5000円のキャッシュバックが開通2ヶ月後という近いタイミングで受け取れます。
また、WiFiやパソコンやスマホに導入するセキュリティソフト無料、開通工事費無料など公式のキャンペーンももれなく活用できます。

ただし、NURO光は提供エリアが狭く、契約できない地域が多数存在しますので、エリア外の方はソフトバンク光がおすすめです。

NURO光がエリア外なら「ソフトバンク光」がおすすめ

NURO光の提供エリア外にお住まいのソフトバンクユーザーは、「ソフトバンク光」を検討しましょう。
ソフトバンク光はフレッツ光回線を使った光コラボレーション回線であるため、日本全国が提供エリアになっています。
NURO光と同様におうち割 光セットが適用でき、スマホ料金の割引が受けられます。

また、違約金補填キャンペーンにより最大10万円までの違約金が還元されるため、他社回線からの乗り換えの方にもおすすめです。
開通工事費も乗り換えであれば無料なので、魅力の一つといえるでしょう。

【ソフトバンク光】

提供エリア 全国
セット割 名称 おうち割 光セット
スマホキャリア ソフトバンク
最大割引額 1,000円/月
最大速度 1Gbps
提供タイプ 戸建てタイプ マンションタイプ
月額料金 5,200円 3,800円
契約事務手数料 3,000円
工事費用 0円
※乗り換えユーザーのみ
実質料金(2年) 94,800円 61,200円
実質月額 3,950円 2,550円
キャンペーン ・33,000円キャッシュバック
・乗り換え限定工事費全額無料
・違約金補填
※価格はすべて税抜

専用ルーターをオプション契約すれば「IPv6高速ハイブリッド」機能が使え、高速で安定した通信を利用できます。
一部地域限定ですが、超高速かつ最大速10Gbpsのプランも用意されています。

おすすめの申込窓口は、代理店の「NEXT」です。
代理店独自のキャッシュバック33,000円がオプション一切不要で開通の2ヶ月後に進呈されます。
キャッシュバックの手続きは申込時に振り込み用の口座情報を伝えるだけなので、もらい忘れの心配もありません。

auユーザーなら「auひかり」がベスト

auひかりフルコミット

auスマホをお持ちの方には、「auひかり」がおすすめです。
auスマートバリュー」というスマホセット割によりスマホ料金が月最大1,000円、最大10台まで適用されます。

公式キャンペーンにより開通工事費も無料で、違約金補填キャンペーンも最大30,000円まで対象であるため、乗り換えの方にもおすすめです。

また、auひかりはauの独自回線を利用しているので契約者過多による回線混雑も少なく、速度の実測値も優れています。

【auひかり】

提供エリア 長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、
兵庫県、奈良県、和歌山県、沖縄県以外

※マンションタイプは沖縄以外の全国で契約可能
セット割 名称 auスマートバリュー
スマホキャリア au
最大割引額 1,000円/月
最大速度 1Gbps
提供タイプ 戸建てタイプ マンションタイプ
月額料金 1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目:4,900円
3,800円
契約事務手数料 3,000円
工事費用 0円
実質料金(2年) 64,200円 34,200円
実質月額 2,675円 1,425円
キャンペーン ・最大60,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
・違約金補填
※価格はすべて税抜

auひかりのおすすめの申込窓口は、代理店の「フルコミット」です。
最大60,000円の高額キャッシュバックで実質料金が大きく下がりますよ。

最大のキャッシュバックのためには月額500円の光電話への加入が条件になっていますが、光電話はauスマートバリューの条件にもなっているため、大きなデメリットにはなりません。
また、光電話に加入をしなくても50,000円のキャッシュバックを受けられます。

ただし、auひかりは一部提供外エリアが存在します。
契約できない地域や建物にお住まいの方は、全国提供されているSo-net光プラスを検討しましょう。

auひかりがエリア外なら「So-net光プラス」がおすすめ

So-net光

So-net光プラス」は光コラボレーション回線であるため、auひかりのエリア外にお住まいの方でも契約可能です。
auスマートバリュー対象の回線であるため、auスマホの月額料金割引も問題なく適用できます。

【So-net光プラス】

提供エリア 全国
セット割 名称 auスマートバリュー
スマホキャリア au
最大割引額 1,000円/月
最大速度 1Gbps
提供タイプ 戸建てタイプ マンションタイプ
月額料金 〜24ヶ月目:3,080円
25ヶ月目以降:5,580円
〜24ヶ月目:2,080円
25ヶ月目以降:4,480円
契約事務手数料 3,000円
工事費用 0円
実質料金(2年) 47,520円 50,520円
実質月額 3,105円 2,105円
キャンペーン ・24ヶ月間月額料金割引
・無線LANルーター無料レンタル
・工事費実質無料
※価格はすべて税抜

So-net光プラスは、標準で「v6プラス」機能を搭載しています。
公式キャンペーンでv6プラス対応無線LANルーターを永年無料でレンタルできるため、少ない初期費用で高速通信の環境を整えられます。
また、開通工事費についてももれなく実質無料キャンペーンが適用されます。

auひかりの申込窓口は、「So-net公式」からがおすすめです。
他の光回線とは異なりキャッシュバックの特典はありませんが、80,000円を超える高額の月額料金割引が適用されるため、月額料金が圧倒的に安くなります。
割引は自動適用されるので、受け取り申請など面倒な手続きも必要ありませんよ。

おすすめのインターネット回線を紹介【モバイルWiFiルーター編】

持ち運びのできるモバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)は「使用するデータ量と料金のバランス」で選びましょう。
普段使うデータ量を把握しておけば、最適な回線が選択できます。

おすすめモバイルWiFiルーターと選択ポイント

光回線、ホームルーターに関しては以下のリンクにて紹介しています。

おすすめのインターネット回線を紹介【光回線編】

おすすめのインターネット回線を紹介【ホームルーター編】

コスパ重視なら「WiMAX」がおすすめ

GMOとくとくBB8月

モバイルWiFiルーターの最大手「WiMAX」はコストパフォーマンスに優れており、たくさんの通信を安価な料金で利用できます。
また、回線や端末のスペックも高く、モバイルWiFiルーターのなかでも飛び抜けた高速回線での利用が可能です。
おすすめ機種である「W06」であれば最大1.2Gbpsと光回線に匹敵する速度になっています。

【WiMAX】

提供エリア 全国
セット割 名称 auスマートバリューmine
スマホキャリア au
最大割引額 1,000円/月
最大速度 1.2Gbps(機種:W06)
データ容量 無制限
速度制限条件 直近3日間で10GB以上の利用
月額料金 〜2ヶ月:3,609円
3ヶ月目以降:4,263円
契約事務手数料 3,000円
端末代金 0円
実質料金(2年) 72,141円
実質月額 3,006円
キャンペーン ・最大30,500円キャッシュバック
・端末料金無料
※価格はすべて税抜

WiMAXの実質料金は、申込窓口独自のキャッシュバックにより大幅に安くなります。
速度制限はありますが、条件は「直近3日間で10GB以上の利用」で、制限内容も「超過日翌日の18時頃から翌2時頃までの約8時間に最大1Mbpsまで」とゆるい設定です。

プロバイダの「GMOとくとくBB」から申し込めば最高30,500円の高額キャッシュバックが利用開始の約12ヶ月後に受け取れるので、おすすめですよ。

完全無制限で使いたいなら「ZEUS WiFi」がおすすめ

「毎月たくさんのデータ量を利用する」「速度制限のない契約が欲しい」という方には、「ZEUS WiFi」がおすすめです。
月間や短期間でのデータ量制限がなく、速度制限もないので、完全無制限で利用できます。

【ZEUS WiFi】

提供エリア 全国
セット割 なし
最大速度 150Mbps
データ容量 無制限
速度制限条件 なし
月額料金 〜6ヶ月:2,980円
7ヶ月目以降:3,280円
契約事務手数料 3,000円
端末代金 0円
実質料金(2年間) 79,920円
実質月額(2年間) 3,330円
キャンペーン 端末料金無料
※価格はすべて税抜

au・ドコモ・ソフトバンクといった大手3社のモバイル回線に対応しているため、つながりやすさにもメリットがあり自動的に環境のいい回線につなぎ変える機能があります。
また、端末をそのまま海外での利用することも可能で、「300MB/日」「1GB/3日」「3GB/30日」の3つのプランから滞在期間に合わせた契約ができます。

とにかく料金の安さ重視なら「どこよりもWiFi」がおすすめ

どこよりもWiFi

とにかく料金を安く使いたい方には、「どこよりもWiFi」がおすすめです。
契約期間2年更新の「縛りありプラン」かつ「月間データ量20GB」で契約をすれば、どこよりも安い月額2,480円で利用できますよ。

【どこよりもWiFi】

提供エリア 全国
セット割 なし
最大速度 150Mbps
データ容量 20GB/月
速度制限条件 月に20GB以上の利用
月額料金 2,480円
契約事務手数料 3,000円
端末代金 0円
実質料金(2年間) 62,520円
実質月額(2年間) 2,605円
キャンペーン 端末料金無料
※価格はすべて税抜

ただし、月20GBの上限を超えてしまうと翌月1日まで速度制限にかかってしまうため、毎月のデータ使用量が控えめの方に適しています。
事前にご自身が毎月どのくらいの通信を行うのか、把握して検討しましょう。

ただし、数日や1週間程度の短期間の利用であるなら、ポケットWiFiのレンタルサービスのほうが費用を安く抑えられますよ。
あくまでも長期間の契約が前提での最安値であることに注意しましょう。

おすすめのインターネット回線を紹介【ホームルーター編】

自宅でのみインターネットを利用するが光回線の開通工事を行いたくない、またはできない建物に住んでいるという方にはホームルーターがおすすめです。
モバイルWiFiルーターよりも高性能な端末が利用できるため、安定した速度が期待できます。

ホームルーターでは、以下2社のサービスがおすすめですよ。

おすすめホームルーターと選択ポイント

光回線、モバイルWiFiルーターに関しては以下のリンクにて紹介しています。

おすすめのインターネット回線を紹介【光回線編】
おすすめのインターネット回線を紹介【モバイルWiFiルーター編】

料金の安さ重視なら「WiMAX」がおすすめ

GMOとくとくBB8月

料金重視の方であれば「WiMAX」のホームルーターがおすすめです。
なぜなら、申し込みプロバイダ独自のキャンペーンによりリーズナブルな実質料金で契約できるからです。


モバイルWiFiルーターの端末よりもスペックの高い端末が利用できるため、速度の安定性や同時接続可能台数に優れた環境を手に入れられるでしょう。

【WiMAX】

提供エリア 全国
セット割 名称 auスマートバリューmine
スマホキャリア au
最大割引額 1,000円/月
最大速度 1Gbps(機種:HOME L02)
データ容量 無制限
速度制限条件 直近3日間で10GB以上の利用
月額料金 〜2ヶ月:3,609円
3ヶ月目以降:4,263円
契約事務手数料 3,000円
端末代金 0円
実質料金(2年) 72,141円
実質月額 3,006円
キャンペーン ・最大30,500円キャッシュバック
・端末料金無料
※価格はすべて税抜

ただし、モバイルWiFiルーターのWiMAXと同様にホームルーターにも速度制限があります。
条件は「直近3日間で10GB以上の利用」、制限内容は「超過日翌日の18時頃から翌2時頃までの約8時間に最大1Mbpsまで」と内容も同じです。

申込窓口も、モバイルWiFiルーターと同じく「GMOとくとくBB」がおすすめです。
オプション条件なしで最大30,500円のキャッシュバックを利用開始約12ヶ月後に受け取れますよ。

完全無制限で使いたいなら「ソフトバンクエアー」がおすすめ

mobarecoair

速度制限なし、完全無制限でホームルーターを使いたい方は「ソフトバンクエアー」の契約が最適です。
ソフトバンクの高速モバイル回線を使い放題で利用できます。

【ソフトバンクエアー】

提供エリア 全国
セット割 名称 おうち割 光セット
スマホキャリア ソフトバンク
最大割引額 1,000円/月
最大速度 962Mbps
データ容量 無制限
速度制限条件 なし
月額料金 〜2ヶ月:1,970円
3ヶ月目以降:3,344円
契約事務手数料 3,000円
端末代金 0円
実質料金(2年) 52,508円
実質月額 2,187円
キャンペーン ・28,000円キャッシュバック
・端末料金無料
※価格はすべて税抜

端末を購入するパターンとレンタルするパターンの2とおりの契約方法がありますが、料金を抑えて利用したいのであれば購入での契約がおすすめです。
端末料金は毎月同額の割引がなされるので支払いには影響せず、36ヶ月以上の継続利用で無料になります。
また、端末購入での契約でないと、キャッシュバック28,000円の対象外となってしまいます。

申し込みは「モバレコAir」がもっともおすすめです。
キャッシュバック28,000円を受け取り、公式と同じクオリティのサービスを契約できます。
キャッシュバック受け渡しが課金開始の最短翌月末であることも、大きなメリットです。

また、ソフトバンクエアー公式の「安心乗り換えキャンペーン」も利用できるため、乗り換え前の回線の違約金が発生しても最大10万円分まで補填してもらえます。

インターネット回線を契約する際の4つの注意点

インターネット回線を契約する前、または契約するときには、以下の4つのポイントに注意しましょう。

他社から乗り換える場合は解約費用に注意する

現在契約中の回線を解約して別の回線を契約する場合には、今の回線の解約に違約金が発生するのか確認しておくことが大切です。
解約時に発生する費用には、以下のようなものが含まれます。

解約時の費用
  • 解約違約金
  • 開通工事費・端末の残債
  • オプション解約費用

これらが発生する場合は、乗換先の回線を「違約金負担キャンペーン」を行っているものにすることで負担を抑えられます。

今回おすすめした回線のなかで違約金負担キャンペーンを行っているものは以下のとおりです。

不要なオプションはつけない

申込時にさまざまな有料オプションをおすすめされる場合がありますが、不要なオプションには申し込まないようにしましょう。
使う予定のないオプションで月額料金が増えてしまっては安い回線を選択していても無駄になってしまいます。

ただし、キャンペーンの適用条件になっているものもあるため、選別には注意が必要です。

悪質なキャンペーンに注意する

窓口によっては誤解を招く表記でキャンペーンを打ち出しているところがあります。
このような窓口で申し込んでしまうとキャンペーンでの還元が想定を大きく下回ってしまったり、キャンペーンを受け取れなかったりする危険性があります。

悪質なキャンぺーン例
  • 受け取り条件が厳しい
  • 受け取り手続きの時期が遅い
  • 受け取りの手続きが複雑・手続き先が複数ある
  • 還元額に公式のキャンペーンを含めている

上記のようなものでないかよく確認し、該当する場合は申し込みを避けましょう。

マンションで光回線の開通工事をするには大家さんの許可が必要

マンションに光回線を導入する場合、開通工事をしてもよいか大家さんに許可を取らなくてはなりません。
とくに集合住宅に戸建てタイプの申し込みをする場合は建物の外壁に工事を行うため、無許可だと大きなトラブルになる可能性があります。
工事が一切できない状況の場合はホームルーターなど、工事不要で契約できる回線を検討しましょう。

また、現在契約中の回線がフレッツ光で、乗り換え先が「ソフトバンク光」や「So-net光プラス」などの光コラボレーション回線である場合は「転用」という契約切り替えの形が取れ、工事不要で乗り換えできます。

まとめ

インターネット回線を選ぶ際は、まずどのような用途・環境を想定しているかで選びましょう。

回線選びの基準

それぞれの回線でおすすめである会社は以下のとおりです。

【回線別おすすめサービス】

光回線 ・利用中のスマホがドコモ → ドコモ光
・利用中のスマホがソフトバンク → NURO光(エリア外の場合はソフトバンク光
・利用中のスマホがau → auひかり(エリア外の場合はSo-net光プラス
モバイルWiFiルーター ・コスパ重視 → WiMAX
・完全使い放題 → ZEUS WiFi
・料金重視 → どこよりもWiFi(20GB/月プラン)
ホームルーター ・料金重視 →WiMAX
・完全使い放題 → ソフトバンクエアー

とくに光回線は最大1,000円の月額料金割引がスマホの台数分受けられるスマホセット割を基準に選択しましょう。
料金比較は月額料金の金額だけでなく、初期費用やキャンペーンをすべて加味した「実質料金・実質月額」での比較が正確です。

また、キャッシュバックなどキャンペーンにはさまざまな条件が課せられている場合があります。
悪徳な窓口で申し込んでしまうと受け取り忘れやオプションによる料金の増加など、かえって損をする可能性があるため、注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました