auひかりの速度って実際どう?早い秘訣と高速化させる方法も紹介!

auひかり 速度 auひかり

これからauひかりの申込みを検討している人がまず気になるのは、「しっかり速度が出るのか?」ということではないでしょうか。

auひかりの最大速度は標準で1Gbpsですが、実際にこの速度が出るわけではないので注意が必要です。

今回はauひかりの速度について、しっかりと速度が出ているのか、実際のユーザー口コミも交えて解説します。

また、auひかりの速度を安定させる方法も解説していきますよ。

この記事を書いた人
わたしのネット

月間100万人が閲覧するインターネットの総合情報サイトの「わたしのネット」の運営者。インターネット回線の正しい比較情報を届けるために、マイナビニュースへ出張中。日本で一番わかりやすいインターネット回線の解説記事を目指しています。

わたしのネットをフォローする

結論、auひかりは速度が速い!

結論から言いますと、auひかりは独自回線なので速度が速く安心して利用できます。

なぜ独自回線だと速度が速くなる?

光回線には大きく分けて、「独自回線」と「NTTのフレッツ光回線」の2種類があります。

NTTのフレッツ光回線は多くの事業者が回線設備を共有しているため、利用者も多くなり、回線の混雑が発生しやすいとされているのです。

一方、独自回線は回線事業者(auひかり、NURO光など)が独自に回線設備を所有しています。

たとえばauひかりなら、auの利用者しか使わないことから混雑が回避され、通信速度が速くなるという仕組みです。

実際、このあとご紹介する口コミを見てもわかりますが、auひかりの速度に関してはユーザーからの評価もかなり高いです。

速度面については安心して利用できるでしょう。

auひかり各プランの最大速度

auひかりにはいくつかプランがありますが、それぞれのプランの最大速度は以下のとおりです。

【auひかりの最大速度】

プラン名 最大速度 月額料金 利用エリア
auひかり
ホーム
1ギガ 1Gbps ずっとギガ得プラン
1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目~:4,900円
5ギガ 5Gbsp ずっとギガ得プラン
1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目:4,900円
4年目~:5,400円
東京都
神奈川県
埼玉県
千葉県
※一部エリア
10ギガ 10Gbps
auひかり
マンション
タイプG 【G契約】
下り664Mbps/上り166Mbps

【V契約】
下り100Mbps/上り100Mbps
4,300円
タイプV 下り100Mbps/上り35Mbps 3,800円
都市機構 下り100Mbps/上り35Mbps 3,800円 UR都市機構の
賃貸マンション
都市機構G 【DX-G】
下り664Mbps/上り166Mbps

【DX】
下り100Mbps/上り100Mbps
4,300円
タイプE 公式サイトに記載なし 3,400円
タイプF 公式サイトに記載なし 3,900円
ギガ 1Gbps 4,050円
ミニギガ 1Gbps 5,000円 3階建て以下
総戸数8戸以上の集合住宅
※価格はすべて税抜き

auひかりには、標準タイプの1ギガのプラン以外にも、5ギガ、10ギガという超高速プランもあります。

標準プランでも十分速いのですが、さらに速い回線を使いたいという方は、超高速プランもおすすめです。

ただ、5ギガ、10ギガプランは対応エリアが東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部と、まだ狭いエリアにとどまっています。

超高速プランを使いたい方は、お住まいのエリアが対応エリアに入っているか必ず確認しましょう。

最大速度が出ることはまずない

auひかりの最大速度をご紹介しましたが、実はこの最大速度が実測値で出ることはまずありません。

インターネット回線の速度は、利用環境によって大きく変化するからです。

たとえば、回線の混雑具合や自宅で使っているLANケーブルやルーターのスペック、パソコンやスマホのスペックなど、さまざまな要因によって速度は変わります。

せっかく超高速プランを契約しても、LANケーブルが100Mbpsまでしか対応していなければ、10ギガや5ギガの速度は決して出ません。

夜間などネットを多くの利用者が使っている時間帯には、速度が落ちます。

光回線インターネットの最大速度は、実際に利用する際の速度を表すものではなく、回線のスペックを表すものだと考えるとよいでしょう。

マンションプランは速度が遅くなりやすい

マンションプランはマンション内の住民で回線設備を共有するため、速度が遅くなりやすいという問題があります。

住人間で回線をシェアしたくない場合には、マンションで戸建てプランを契約すれば速度の低下を防げます。

ただし、マンションなどの集合住宅で戸建てプランを導入するには工事が必要で、管理会社や大家さんの許可が必要です。

許可が下りないことも多いので、ご注意ください。

auひかりは本当に速い?実際に使っているユーザーの口コミを徹底検証!

auひかりは速度が速いとご説明しましたが、実際にauひかりを使っているユーザーの、Twitterの口コミやインターネット回線の口コミサイトの情報を見てみましょう。

まずは、みんなの回線速度(みん速)のランキングです。

2020年7月13日現在、auひかりは8位で、平均速度は以下のとおりでした。

  • 下り平均速度: 266.11Mbps
  • 上り平均速度: 235.36Mbps

最大速度の1Gbpsには程遠いように思えますが、実際これは速度が速いといえるのでしょうか?

それを知るために、まずは通信速度について簡単にご説明しましょう。

200Mbps の「bps」とは「bits per second」の略で、1秒間あたりに何ビットのデータが流れるかという速さを表します。

つまり、200Mbpsなら、1秒間当たり200Mビットのデータが流れるということを表しています。

また、「下り速度」と「上り速度」がありますが、「ネット→利用者」の速度が下り速度、「利用者→ネット」の速度が上り速度といいます。

利用者がネット上からデータを「ダウンロード」するから下り速度、利用者がネット上にデータを「アップロード」するから上り速度ですね。

普通は動画再生などネット上からデータをダウンロードすることが多いので、下り速度に注目して判断されるといいと思います。

次に、200Mbpsとは具体的にどれくらいの速さなのかを把握できるよう、いろいろな速さでどのようなことができるのかを表にまとめました。

【通信速度ごとに何ができるのかの目安】

通信速度 できること
上り速度 1Mbps メール送信
3Mbps SNSへの写真の投稿、ビデオ通話
10Mbps SNSへの動画の投稿、データファイルの共有
下り速度 1Mbps ウェブページの閲覧、メールやLINEの受信
3Mbps YouTube動画(ハイビジョン)再生、ビデオ通話
5Mbps YouTube動画(フルハイビジョン)再生
25Mbps 4K動画再生

200Mbpsの速度が出ていれば、たいていのことがほぼストレスなくできることがわかります。

200Mbpsはかなり速いということですね。

次に、Twitterでauひかりの速度についての書き込みを調べてみましょう。

5月20日と新型コロナによる影響を受けている期間にもかかわらず、810Mbpsとかなり速い速度が出ています。

これなら、快適に通信できるでしょう。

この方は、山梨エリアで下りが215Mbps、上りが245Mbps出ているとのこと。

上記でご説明したように、200Mbps出ていれば十分な速度環境です。

実測値の書き込みではありませんが、通信速度の体感をわかりやすくつぶやいている方がいました。

auひかりに変えたら速度がかなり速くなり、「電動自転車からF1マシンに変化した」という感覚だそうです。

かなり速くなったということが伝わってきますね。

マンションプランの書き込みもありました。

auひかりマンション タイプGで、無線通信で下り270Mbps、上りが74Mbpsとのこと。

さらに、無線ではなく有線でつなぐと、300Mbpsを超えたということでした。

有線LANでつなぐという簡単な方法でも速度を上げられることもわかりますね。

光回線の工事ができないマンションなので速度はあきらめていたところ、auひかりなら速かったということでした。

マンションにお住まいの方に、とくにおすすめです!

5ギガプランを使っている方の書き込みを見つけました。

なんと、下りで4,011.15Mc、上りは1,330.72Mbpsもの高速をたたき出していました。

最大速度は5 Gbps、つまり、5,000M Mbpsですから、最大速度に近い下り速度が出ています。

高速プランはまだ利用者が少ないということもあるのかもしれませんが、かなり速いですね!

結論、auユーザーならauひかりを申込むべき!

結論として、auユーザーならauひかりを申込むべきです。

auのスマホユーザーは、auひかりをセットにすることで、スマホのセット割「auスマートバリュー」を利用できるからです。

auスマートバリューが適用されれば、auスマホの料金が最大1,000円割引に。

しかも、家族にauユーザーがいれば割引が適用されるので、さらにスマホ代が節約できますよ。

また、auひかりは通信速度が速いので、速度を求める方にもおすすめです!

auひかりを最もお得に申込む4ステップ

auひかりの良さはわかったけど、代理店やプロバイダが多すぎて、どうしたらいいのかわからないと悩んでいる方も多いと思います。

ここでは、最もお得な取次窓口と申込方法についてご説明します。

auひかりをお得に申込みたい!という方は、ぜひお読みください!

①エリア検索をする

まずは、お住まいの住所がauひかりの対応エリアに入っているかを確認しましょう。

auひかり窓口で、必要事項を入力したうえで検索してみてください。

②代理店「フルコミット」から申込む

auひかりの最もお得な代理店は最大60,000円のキャッシュバックがもらえる、「フルコミット」です。

フルコミットの申込みフォームへアクセスして、必要事項を記入して申込みましょう。

フルコミットのキャンペーン内容を次のとおりです。

【フルコミットのキャンペーン内容】

キャッシュバック額 ひかり電話加入:60,000円
ネットのみ:50,000円
オプション 不要
申請方法 電話での申込み
振込時期 最短翌月末
他社からの乗り換え時の違約金還元 55,000円
(ほか代理店より25,000円上乗せ!)
※価格は非課税

フルコミットのキャッシュバックは最大60,000円と他代理店に比べるとかなり高額です。

申請方法は電話での申込みになり、追加でオプションを加入するなど特別な条件は課されていません。

auひかり公式キャンペーンの他社からの乗り換え時の違約金還元は30,000円ですが、フルコミットではさらに25,000円上乗せされていることがわかります。

このように公式窓口から申込むよりも、フルコミットのキャンペーンを利用したほうがお得なんです!

③工事日の調整をする

申込が完了すると、折り返し工事業者から工事日調整の連絡が入りますので、工事日を決めましょう。

なお、工事日を変更したい場合は、工事業者に連絡してください。

④開通工事・初期設定をしたら利用開始

開通工事が完了したら、ルーターなど各機器の初期設定が完了すればインターネットを利用できます。

ルーターをLANケーブルでつなぐ、もしくはWiFiの設定をしたりします。

パソコンなどの端末をネットワークへつなぎ、インターネットがつながるかを確認してみましょう。

auひかりの速度が遅いときに試したい3つの方法

auひかりをせっかくつないだのに、速度が遅いという場合はどうすればよいのでしょうか?

最初に試してほしい3つの方法についてご説明します。

①高規格のルーター・LANケーブルを使う

ルーターやLANケーブルの規格を確認してください。

高速通信に対応していない規格のルーターやLANケーブルでは、せっかくの高速通信が生かせません。

無線LANの周波数帯にもそれぞれ特徴があります。

室内の環境によって、どの周波数帯が合っているのか試してみるのもおすすめです。

  • 2.4GHz帯:障害物に強く遠くまで届くが、家電製品などと同じ周波数帯なので干渉しやすい。
  • 5GHz帯:障害物に弱いが、他の製品間との電波干渉が少ないため安定している。
  • 60GHz帯:電波の直進性が高く、狭い範囲での高速通信が可能。ただし、別室や屋外での使用には向かない。

WiFiルーターを使っている場合は、無線LANの規格が重要です。

WiFiルーターの無線LAN規格とそれぞれの最大速度は、以下のとおりです。

【無線LAN規格表】

無線LAN規格 最大速度 周波数帯
IEEE802.11b 11Mbps 2.4GHz帯
IEEE802.11g 54Mbps 2.4GHz帯
IEEE802.11a 54 Mbps 5GHz帯
IEEE802.11n 300 Mbps 2.4GHz帯/5GHz帯
IEEE802.11ac 6.9Gbps 5GHz帯
IEEE802.11ad 6.7Gbps 60GHz帯
IEEE802.11ax 9.6Gbps 2.4GHz帯/5GHz帯

光回線の速度を生かしたいなら、最大速度が速いIEEE802.11n 以上のWiFiルーターを使うようにしましょう。

auひかりでは、「BL1000HW」または「BL900HW」という無線LAN機器をレンタルできます。

BL1000HWはIEEE802.11ax(Draft)/ac/a/b/g/n、BL900HWはIEEE802.11n/a/b/gを使用できます。

レンタル料金は月額500円ですが、auスマートバリューが適用されれば無料です。

室内のLAN環境を有線で配線する場合は、ケーブルの種類でも速度が変わります。

LANケーブルは以下のようなカテゴリーにわかれており、それぞれ最大速度が異なるのです。

なお、伝送帯域とは、データを送ることのできる周波数の幅を表し、数字が大きいほど同じ時間あたりに送ることのできる情報量が多くなります。

【LANケーブルのカテゴリー表】

カテゴリー 最大速度 伝送帯域
CAT5
カテゴリー5
100Mbps 100MHz
CAT5e
カテゴリー5e
1Gbps 100MHz
CAT6
カテゴリー6e
1Gbps 250MHz
CAT6A/6e
カテゴリー6A/6e
10Gbps 500MHz
CAT7
カテゴリー7
10Gbps 600MHz
CAT7A 10Gbps 1000MHz
CAT8
カテゴリー8
40Gbps 2000MHz

1ギガタイプの光回線を契約しても、最大速度が100Mbpsしか出るないカテゴリー5のLANケーブルを使えば、100Mbps以上の速度は出ません。

光回線の場合は、カテゴリー6以上のLANケーブルを使いましょう。

LANケーブルの形状にも影響を受ける場合がありますので、それぞれ特徴を理解しておくとよいでしょう。

【LANケーブルの代表的な形状と特徴】

スタンダード
(単線)
ケーブルの断面は丸で比較的太い導線。
無線LANルーターの付属品などに多く使われている。
丈夫で曲がりにくいが、伝送スピードや安定性に優れ、通信ノイズにも強い。長距離配線向き。
極細
(より線)
スタンダードタイプよりも細く、比較的柔らかい素材のため、曲げやすく、取り回しやすい。
ノイズには弱いため短距離配線(5m未満)向き。
フラット 平たくて薄い形状。
踏みつけに強いため、カーペットの下やドアの隙間をとおす配線に適している。
ただし強度は劣る。

基本的にはスタンダードの形状を選べば問題ありません。

価格や見た目に気を取られないよう、どのような配線をしたいのか計画してから購入してください。

②使っていない機器の接続を切る

auひかりを使っていて速度が遅くなる理由として、使っていない機器がつながりっぱなしという可能性もあります。

パソコンやスマホ、タブレット、ゲーム、TVなどインターネットを使っていないのにつながりっぱなしということはないでしょうか?

一度接続を切って再起動することで、本来の速度に戻ることもあります。

③有線接続する

無線LANの電波は、電子レンジなどの電子機器による干渉を受けたり、障害物に阻まれたりして速度が遅くなることがあります。

無線LAN(WiFi)を使っている場合は、有線LANケーブルでつないでみてください。

有線接続にすると、速度が速くなることがあります。

その場合、無線LANに問題があるということなので、無線LAN機器をスペックの良い機器に変えたり設置場所を変えたりみてください。

無線環境が改善する可能性もあります。

速度重視ならNURO光もおすすめ

nuro-sonet

さらに早い速度の光回線が良いという場合は、NURO光もおすすめです。

NURO光の標準速度は2Gbpsと他の光回線の2倍の速さで、auひかりよりも高速です。

また、20G、10G、6Gなどの超高速プランもありますので、速度を求める場合は検討してみてもよいでしょう。

NURO光のそれぞれの料金プランの最大速度は以下のとおりです。

【NURO光の料金プランと最大速度】

プラン名 最大速度 月額料金 対象住居
NURO光 G2Vプラン 2Gbps 4,743 戸建て
NURO光 10G 下り:10Gbps
上り:2.5Gbps
1年目:3.980円
2年目~:6,480円
戸建て
5階建て以下の集合住宅
NURO光 6G 6Gbps 5,243円
NURO光 10G 10Gbps 5,743円
NURO光 20G 20Gbps 7,743円
NURO光 for マンション 2Gbps 1,900~2,500円 集合住宅
NURO光 マンションミニ 2Gbps 4,743円 集合住宅
※価格はすべて税抜

集合住宅向けのプランには、NURO光 for マンションマンションミニがあります。

NURO光 for マンションは同じ集合住宅に最低6人NURO光を使う人がいれば利用できる、集合住宅向けプランです。

6人集まれば2,500円ですが、10人集まれば1,900円です。

同じマンション内でユーザーを多く集められれば、それだけ月額料金が安くなりお得です。

もし同じ集合住宅に人を集められない場合は、マンションミニを使えます。

マンションミニは、NURO 光 G2 V プランとほぼ同じ内容なので、つまり集合住宅での個人利用版のようなものですね。

まとめ

auひかりの通信速度について詳しく見てきました。

auひかりは独自回線なので回線品質が良く、高速でインターネットを使えます。

実際、Twitterなどの口コミを見ると、数百Mbpsの実測値や「速い」という書き込みが目立ちます。

auひかりには多くの代理店やプロバイダがありますが、その中で最もお得に契約できるのが代理店「フルコミット」です。

最大60,000円のキャッシュバックをオプションなし、最短翌月受け取りができるため、かなりおすすめですよ!

auひかりの契約をお考えの方は、代理店のキャンペーン情報をしっかりと確認してください。

特典が豊富な代理店を選べばお得に契約できますよ!

タイトルとURLをコピーしました