【2020年版】光回線のおすすめ5社はココ!お得に申込みできる窓口も紹介

光回線 おすすめ比較 光回線

自分に合う光回線はどれだろう?と探していても、種類がありすぎて、「結局どれが1番おすすめなの?」と悩んでしまいますよね。

結論からいうと、光回線は以下の3つのポイントに注目して選ぶと自分にぴったりなものが見つかります。

  • 対象エリア
  • 実質料金
  • スマホとのセット割

中でももっとも重要なポイントは、スマホとのセット割が利くかどうかですから、対象エリアと実質料金に今回は注目しつつ、スマホのキャリア別におすすめする光回線を5社ご案内します。

記事を最後まで読んでいただければ、自分がどの光回線に申し込むべきかわかりますよ!

この記事を書いた人
わたしのネット

月間100万人が閲覧するインターネットの総合情報サイトの「わたしのネット」の運営者。インターネット回線の正しい比較情報を届けるために、マイナビニュースへ出張中。日本で一番わかりやすいインターネット回線の解説記事を目指しています。

わたしのネットをフォローする

光回線ってどんなインターネット回線?

電柱から自宅のモデムに直接光ファイバーを引き込んで、インターネットを開通させる固定回線が光回線です。

ADSLのような電話線を使用しないので、安定した高速大容量通信を実現します。

光回線事業者は大きく分けて「光コラボレーション」「独自回線」の2つがあります。

まずはこの違いについてかんたんに解説していきましょう。

光コラボレーション

「光コラボレーション」とは、NTTフレッツ光のインターネット回線に、別の事業者が独自のサービスや特典を組み合わせて提供しているインターネットサービスです。

フレッツ光はネット契約に加えプロバイダも契約しなくてはなりませんが、光コラボならはじめからプロバイダがセットになっているので、契約が1本化できます。

契約が1本化されると、以下のようなメリットがあります。

メリット
  • プロバイダ料を払わなくていいので、月額料金が安くなる
  • 解約時やトラブル時の問い合わせ先が1つになる

また光コラボは、フレッツ光回線を使用しているので、日本全国で契約できる点も大きなポイントです。

独自回線

光回線事業者には独自回線といって、フレッツ光回線とは違う独自の回線を保有している事業者もあります。

通信速度には定評があって、固定回線の中でもより速い速度でインターネットが利用できますが、独自回線は契約できるエリアが限られています。

光回線のメリット・デメリット

光回線には以下のメリットとデメリットがあります。

メリット
  • スマホとセット割が適用できる
  • 通信速度が速い
  • データ容量が無制限
デメリット
  • ポケットWiFiやホームルーターより実質料金が高め
  • 開通工事が必要
  • 持ち運びができない

この点をふまえると、光回線は次のような人におすすめします。

  • スマホ料金を安くしたい人
  • 通信速度の速さを重視したい人
  • 毎日オンラインゲームやYouTubeを楽しみたい人
  • 速度制限にかかりたくない人

ただしインターネットを利用するには、光回線だけでなく、ホームルーターやポケットWiFiを契約する方法もあります。

そこで、インターネットの接続方法別に、さまざまな項目を比較してみました。

光回線 ホームルーター ポケットWiFi
初期費用
工事費
実質料金 ×
通信速度 ×
データ容量
セット割 × ×
キャンペーン内容

この比較表を見ると、以下の条件に当てはまる人は、光回線よりホームルーターやポケットWiFiの契約がおすすめといえます。

  • 実質料金をおさえたい人
  • 開通工事ができない物件に住んでいる人
  • 外出先でもWiFiにつなぎたい人

ここまでを読んで、自分はホームルーターやポケットWiFiのほうが向いているとわかった場合は、光回線以外の手段がおすすめの場合もある!の項目を読んでみてください。

この項目では、いまもっともお得に契約できるホームルーターとポケットWiFiを紹介しています。

失敗しない!光回線を比較する3つのポイント

光回線は、以下3つのポイントに注目して比較すると失敗しません。

  1. 契約中のスマホとセット割が適用できるか
  2. 使う場所が対象エリア内に含まれているか
  3. 月額料金ではなく、実質料金が安いか

ひとつずつ解説していきましょう。

1:スマホとのセット割が適用できるか

au・ドコモ・ソフトバンクのいずれかでスマホを契約しているなら、スマホ料金が毎月安くなるセット割を必ず適用させましょう。

セット割とは、光回線+ひかり電話×対象キャリアスマホの契約で、スマホの月額料金が毎月最大1,000円も安くなる光回線独自の割引サービスです。

現在、多くの光回線では以下のようにセット割が適用されるようになっています。

スマホキャリア スマホキャリア 割引額 適用される回線事業者
au auスマートバリュー 最大-1,000円/月 ・auひかり
・So-netひかり
ドコモ ドコモ光セット割 ドコモ光
ソフトバンク おうち割 光セット ・NURO光
・ソフトバンク光

割引額は毎月最大1,000円とそこまで高くありませんが、セット割は永年続くので、長期的にみると数万円単位の割引になるんです!

光回線を少しでもお得に契約するならセット割の適用は重要なので、光回線を選ぶ際は、現在ご契約中のスマホキャリアとセット割が組める回線の中から比較検討するようにしましょう。

2:使う場所が対象エリア内か

光回線は対象エリア内に住んでいないと契約できないので、比較前にエリア確認をしておきましょう。

基本的に光コラボなら日本全国をカバーしていますが、山間部やへき地など、地域によっては対応していないこともあるので注意してください。

また、独自回線は回線によって以下のように対象エリアが大きく異なるため、特に気をつけてください。

(例)独自回線の対象エリア

回線名 対象エリア
auひかり 戸建て:「関西・東海・沖縄以外」の日本全国 マンション:「沖縄以外」の日本全国
NURO光 戸建て:「関西・東海・沖縄以外」の日本全国 マンション:「沖縄以外」の日本全国

エリア確認は申込窓口や公式サイトからかんたんにできるので、必ずチェックしておきましょう。

3:実質料金が安いか

光回線の料金を比較する際は、サイトや広告に記載されている月額料金でなく、契約期間内に支払う実質料金で比較をしましょう。

サイトや広告に記載されている月額料金は安い期間の料金だけを載せている場合が多いうえ、その他の費用が反映されていません。

その点、実質料金は契約期間中に支払うすべての金額からキャッシュバックなどの割引を引いた額から比較するので、回線が違っても正確に比較できます。

実質料金の算出方法は、以下の加算項目から減算項目を引くことでできます。

加算項目 減算項目
・契約事務手数料
・工事費
・契約期間中の月額料金
・契約期間中のオプション料金
・キャッシュバック額
・月額料金割引額
・工事費割引額

実質料金を契約期間(24ヶ月や36ヶ月など)で算出して割って、月額料金を比較してみてください。

【2020年】スマホキャリア別のおすすめ光回線はコレ!

冒頭でもお話したとおり、光回線をお得に申し込むなら、ご利用中のスマホとのセット割を組むことが大前提です!

ただし、光回線ごとにセット割が組めるスマホキャリアは異なります。

契約中のスマホキャリアと照らし合わせながら以下の表を参考にご覧ください。

スマホキャリア セット割が組める光回線
au auひかり
※auひかりが対象エリア外の人は「So-net光プラス」
ドコモ ドコモ光
ソフトバンク NURO光
※NURO光が対象エリア外の人は「ソフトバンク光」

auユーザーなら「auひかり」

auユーザーならまず検討したいのが、独自回線で安定した高速通信を提供してくれる「auひかり」です。

エリア 戸建て 大阪・京都・兵庫
奈良・和歌山・滋賀
愛知・岐阜・静岡
三重・沖縄以外の日本全国
マンション 沖縄以外の日本全国
初期費用 契約事務手数料 3,000円
工事費 戸建て 37,500円
※60ヶ月で実質無料
マンション 30,000円
※24ヶ月で実質無料
月額料金 戸建て 1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目:4,900円
マンション 3,800円~
最大速度 1Gbps
※エリア限定で5ギガ/10ギガプランあり
セット割 名称 auスマートバリュー
割引額 最大-1,000円/月
キャンペーン内容 ・auひかり新スタートサポート
・超高速スタートプログラム
※価格はすべて税抜

auユーザーがauひかりとauひかり電話を契約すると、「auスマートバリュー」というセット割が適用されます。

auスマートバリューは、光回線1契約につき最大10台までのスマホから毎月最大1,000円が割引されるので、auユーザーが家族に多いとその分リーズナブルです。

ちなみに、auスマートバリューはauひかり以外の光回線にも適用されます。

auスマートバリューが適用される光回線は、ほとんどが独自回線を使う地域限定となっていますが、「So-net光プラス」「BIGLOBE光」が全国に対応しています。

auユーザーはお住いの地域と照らし合わせて回線選びをすることが重要でよ。

ちなみに、もっとも実質料金が安いのは「コミュファ光」ですが、コミュファ光は東海地方限定の光回線ですので、その地域に住んでいるauスマホの人はぜひ検討してください。

高額キャッシュバックを簡単に受け取るなら「フルコミット」

auひかり(フルコミット)のトップページ

auひかりは代理店「フルコミット」のWeb窓口から申し込むと、最大60,000円の高額キャッシュバックをかんたんに受け取れます!

ほかのWeb窓口でもキャッシュバックキャンペーンを実施していますが、以下のように受け取り時期が遅かったり、申請方法が複雑だったりといろいろと煩雑です。

【auひかり:窓口別比較表】
窓口名 キャッシュバック額 受取時期 申請方法
フルコミット 最大60,000円 最短2ヶ月後 電話で口座番号を伝える
GMOとくとくBB 最大61,000円 12ヶ月後と24ヶ月後 開通月を含む11ヶ月目と23ヶ月目に届くメールから申請
NEXT 最大52,000円 最短翌月末 電話話で口座番号を伝える
NNコミュニケーションズ 最大52,000円 最短翌月末 電話話で口座番号を伝える
BIGLOBE 最大50,000円 11ヶ月目と24ヶ月目 キャッシュバック対象月に届くメールから申請
アシタクリエイト 最大45,000円 最短翌月末 電話で口座番号を伝える
25 最大60,000円 最短10ヶ月後 25指定の方法で指定期間内に申請
グローバルキャスト 最大60,000円
※指定有料オプション契約必須
最短7ヶ月後 開通月を含む6ヶ月目の1日から末日までにグローバルキャスト指定の方法で申請

表を見ると、GMOとくとくBBから申し込んだほうがフルコミットより1,000円高いキャッシュバックをもらえます。

しかし、GMOとくとくBBは受け取れる時期も遅く、申請方法も複雑なので、もらい忘れてしまうリスクがあるので要注意です。

その点、フルコミットなら契約時にかかってくる電話から口座番号を伝えるだけで、最短2ヶ月後に最大60,000円の高額キャッシュバックがもらえます!

キャッシュバックキャンペーンは金額だけでなく、受け取れる時期や申請方法も重要なポイントなので、auユーザーは、すべてに納得のいくフルコミットから申し込みましょう!

auひかりがエリア外の場合は「So-net光プラス」もおすすめ

auひかりはauユーザーにもっともおすすめの光回線ですが、auひかりは関西・東海・沖縄地方にお住いの方は契約できません。

もしエリア外にお住いであれば、日本全国で契約できるうえ、月額料金割引で確実に初月から還元が受けられる「So-net光プラス」を検討してみましょう!

エリア 日本全国
初期費用 契約事務手数料 3,000円
工事費 24,000円
※60ヶ月で実質無料
月額料金 戸建て 5,580円
マンション 4,480円
最大速度 1Gbps
セット割 名称 auスマートバリュー
割引額 最大-1,000円/月
キャンペーン内容 ・月額料金大幅割引
・v6プラス対応無線ルーターレンタル代永年無料
・訪問サポート1回分無料
※価格はすべて税抜

So-net光プラスはauひかり同様、auスマートバリューが適用される光回線です。

そのため、auひかりが対象エリア外で契約できなかったauユーザーも、So-net光プラスを契約すれば、auのセット割が組めますよ!

また、So-net光プラスの使用回線はフレッツ光ですが、v6プラスに対応しているため、混雑しやすい時間帯でもauひかりの独自回線に負けないくらい安定した高速通信を提供してくれます。

「auひかりは対象エリア外だけど、セット割を組みたいし、実測値の速さもほしい!」という人は、両方を満たしているSo-net光プラスにしましょう!

実質料金をもっとも安くするなら「So-net公式」がお得

So-net光

So-net光プラスもさまざまな窓口から申し込めますが、確実に実質料金を安くするなら「So-net公式サイト」を利用しましょう。

本当にSo-net公式サイトから申し込むと実質料金が安くなるのか、各窓口のキャンペーンとともに、3年間の割引金額を表にして確認してみましょう。

【So-net光プラス:窓口別比較表】
窓口名 キャンペーン内容 3年間の割引額
So-net公式 ・5年間の月額料金割引
・v6プラス対応ルーター永年無料レンタル
・訪問サポート1回分無料
86,400円
NEXT ・20,000円キャッシュバック
・初月無料+11ヶ月間、月額料金から1,000円割引(公式特典)
最大81,000円
BIGUP ・20,000円キャッシュバック
・初月無料+11ヶ月間、月額料金から1,000円割引(公式特典)
最大81,000円
ライフサポート 70,000円キャッシュバック 70,000円
bloom 50,000円キャッシュバック 50,000円
Grand Network 60,000円キャッシュバック(指定オプション契約必須) 60,000円
ネットナビ ・10,000円キャッシュバック(指定オプション契約必須)
・60ヶ月間、月額料金から400円割引(公式特典)
最大34,000円
※戸建ての還元額のみ記載

このように、So-net公式サイトは他窓口のようにキャッシュバックキャンペーンをおこなっていませんが、月額料金割引でそれ以上の還元を受けられます。

また、月額料金割引は申請手続きをしなくても自動的に初月から適用されるので、キャッシュバックのようにもらい忘れるリスクがない点もうれしいですね!

また、So-net公式サイトから申し込めば、v6プラス対応の無線ルーターも永年無料レンタルできます。

So-net光プラスはv6プラス対応ルーターがなければv6プラスのよさを活かせないので、ここも大きな魅力といえるでしょう。

So-net光プラスを申し込む際は、還元額がもっとも多く、v6プラス対応無線ルーターも無料レンタルできるSo-net公式からぜひ申し込んでくださいね!

ドコモユーザーなら「ドコモ光」

ドコモユーザーがセット割を組める光回線は「ドコモ光」だけです。

ドコモユーザーがお得に光回線を契約するならドコモ光のみです!

エリア 日本全国
初期費用 契約事務手数料 3,000円
工事費 キャンペーンにより完全無料
月額料金 戸建て 5,200円
マンション 4,000円
最大速度 1Gbps
セット割 名称 ドコモ光セット割
割引額 最大-1,000円/月
※価格はすべて税抜

ドコモのセット割である「ドコモ光セット割」は、光回線1契約につき、最大20台までのドコモスマホを割引対象にできます。

割引額は毎月最大1,000円ですが、ドコモ光セット割は離れて暮らす家族も割引対象になるため、親戚や両親などのスマホもまとめると、かなり大きな割引に!

また、ドコモ光は光コラボの光回線ですが、以下4つのv6プラス対応プロバイダを選ぶことで、より安定した高速通信を利用できます。

  • GMOとくとくBB
  • @nifty
  • Tigers-net.com
  • IC-NET

ドコモ光はプロバイダを選択できる光回線ですが、どのプロバイダを選択しても月額料金は変わらないので、ぜひ上記4つのプロバイダから選んでみてください。

高額キャッシュバックを受け取るなら「代理店ネットナビ」

前項で「ドコモ光はv6プラス対応プロバイダを選びましょう」といいましたが、ネットナビから申し込むと、有料オプションなしで翌月末に20,000円のキャッシュバックを受け取れるのでおすすめです!

さらに、キャッシュバックおよび公式特典の「dポイント最大2,000ptプレゼント」ももらえます。

ネットナビは、多くのプロバイダを取り扱っていますので、前項のプロバイダから選ぶとプロバイダ特典も上乗せされるためお得ですよ。

ソフトバンクユーザーなら「NURO光」

ソフトバンクユーザーなら、標準で最大2Gbpsの高速通信が安く利用できる「NURO光」が最適です!

エリア 北海道・東京・神奈川・埼玉・千葉
群馬・栃木・茨城・愛知・静岡
岐阜・三重・大阪・京都・兵庫
滋賀・奈良・福岡・佐賀
初期費用 契約事務手数料 3,000円
工事費 40,000円
※戸建て30ヶ月、マンション36ヶ月で実質無料
月額料金 戸建て/マンションミニ 4,743円(NURO光G2V)
マンション 1,900~2,500円(NURO光 for マンション)
最大速度 2Gbps
セット割 名称 おうち割 光セット
割引額 最大-1,000円/月
キャンペーン内容 ・工事費実質無料
・リモート/訪問サポート1回分無料
※価格はすべて税抜

ソフトバンクユーザーがNURO光を契約すると、ソフトバンクのセット割である「おうち割 光セット」が適用されます。

割引額は毎月最大1,000円ですが、光回線1契約につき、最大10台までのソフトバンクスマホを割引対象にできるので、家族に同キャリアが多いほど割引額が大きくなりますよ!

また、NURO光は標準で2Gbpsという非常に速い回線速度が出せる光回線です。

しかも、月額料金が安く、工事費も契約期間満了で実質無料、ルーターを別途購入しなくても無線LANが利用できるといった点もうれしいですね。

高額キャッシュバックを受け取るなら「公式特設ページ」 

もっともお得にNURO光を申し込むなら、ネット契約のみで45,000円のキャッシュバックがもらえる「NURO光公式特設ページ」を利用しましょう。

NURO光は公式特設サイト以外にもさまざまな窓口から申し込めます。

しかし、以下の表からもわかるとおり、もっとも豪華な特典を用意しているのではNURO光公式特設サイトです。

【NURO光:窓口別比較表】
窓口名 キャッシュバック額
NURO光公式特設サイト 45,000円キャッシュバック
アウンカンパニー ネットのみ:35,000円
ネット+ひかり電話:40,000円
フルマークス ネットのみ:42,000円
ネット+ひかり電話:58,000円
スローダイニング ネットのみ:48,000円
ネット+ひかり電話:53,000円
※NURO光会員番号の末尾が3または7の人は+5,000円
ライフサポート 36,000円キャッシュバック
価格.com 41,370円キャッシュバック
Life Bank ネット:20,000円
ネット+ひかり電話:30,000円
ジェイハック ネット:19,000円
ネット+ひかり電話:25,000円

もちろん、NURO光公式特設サイトから申し込んでも以下のNURO光公式特典が適用されますよ。

  • 工事費実質無料
  • 訪問/リモートサポート1回分無料

対象エリアにお住いのソフトバンクユーザーは、ぜひお得な申込窓口「NURO光公式特設サイト」を利用してください!

NURO光がエリア外の場合は「ソフトバンク光」もおすすめ 

NURO光が対象エリア外だったソフトバンクユーザーは、日本全国で利用できる「ソフトバンク光」を契約しましょう!

エリア 全国
初期費用 契約事務手数料 3,000円
工事費 24,000円 (400円×60ヶ月)
月額料金 戸建て 5,200円
マンション 3,800円
最大速度 1Gbps
セット割 名称 おうち割 光セット
割引額 最大-1,000円/月
キャンペーン内容 ・SoftBank光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引キャンペーン
・最大24,000円還元
※価格はすべて税込

ソフトバンク光もNURO光同様、ソフトバンクユーザーが契約すれば「おうち割 ひかりセット」が適用される光回線です。

ソフトバンク光は光コラボなのでフレッツ光回線、つまり日本全国どこでも契約できますよ!

ただし、ソフトバンク光は乗り換えユーザーでないと工事費が実質無料になりません。

新規契約者は必ず工事費を支払わなければならないので、その点だけ注意をしましょう。

受け取りやすく、早くキャッシュバックを受け取るなら「NEXT」 

ソフトバンク光の申込窓口はたくさんあり、中には80,000円キャッシュバックといった高額キャンペーンをおこなっている窓口もあります。

ただ注意しなければならないのは、高額な代わりにオプションの加入が必要だったり、受け取り時期が遅い、受け取りが面倒などの落とし穴です。

代理店NEXTであれば、最短2ヵ月後で、申込時に口座番号を伝えるだけで、36,000円キャッシュバックを受け取ることができるためオススメですよ!

受け取りやすく、最短2ヵ月後に36,000円キャッシュバックが貰えるNEXTからの申し込みを検討してみましょう。

光回線を契約する際の5つの注意点

光回線を契約する際は、下記5ポイントに気をつけましょう。

  1. 乗り換えるときは解約費用に注意する
  2. マンションの開通工事には大家さんの許可が必要
  3. 申込みはWeb窓口から行う
  4. 悪質なキャッシュバックに注意する
  5. ひかり電話に番号を引き継げない場合がある

ひとつずつ確認していきましょう。

乗り換えるときは解約費用に注意する

現在契約中のインターネット回線から別の光回線に乗り換える場合、今のサービスを解約するタイミングによっては以下の解約費用を請求されてしまいます。

  • 解約違約金
  • 工事費残債
  • 解約月の月額料金
  • オプション解約違約金
  • 光回線の撤去費用

ただし、ソフトバンク光やauひかりでは違約金を負担してくれるキャンペーンをおこなっているので、実費負担をかなり軽くできますよ!

マンションの開通工事には大家さんの許可が必要

インターネットが完備されていないマンションやアパートなどの賃貸物件に住んでいる人は、光回線を契約する前に、必ず大家さんへ開通工事を行う許可を取りましょう。

賃貸物件は大家さんの許可がなければ壁に穴を開けることはできません。

勝手に工事を進めてしまうと、後から訴訟問題に発展することもあるので、注意をしてください。

また、退去時に原状回復を求められるかも確認しておきましょう。

原状回復の際には別途工事費がかかりますので、そのぶんも考慮してください。

すでにフレッツ光回線が開通している物件なら、光コラボ回線のみ工事不要で乗り換え可能です。

今回ご紹介してきた回線のうち、光コラボと呼ばれるものは以下の3つです。

フレッツ光回線が開通している賃貸物件に住んでいて、乗り換えを検討しているなら、上記3つの回線から選んでみましょう。

申込みはWeb窓口から行う

光回線を申し込む際は、必ずWeb窓口を利用しましょう。

光回線は、しつこい勧誘電話や訪問販売などから申し込むと、今回ご紹介したようなWeb窓口限定の豪華なキャンペーンを受けられません。

もっとも還元率の高いキャンペーンを行っているのはWeb窓口なので、契約を検討している人であっても、販売員の勧誘に乗らないようにしましょう。

悪質なキャッシュバックに注意する

光回線を申し込む際は、以下のように悪質なキャッシュバックを実施している窓口は利用を避けましょう。

  • 適用条件が厳しすぎる
  • 受取時期が半年や1年以上先
  • 申請手続きが複雑

光回線を契約する際は、申請手続きがかんたんで、不要なオプションを契約しなくても契約から半年以内にはキャッシュバックがもらえる窓口を利用してくださいね。

ひかり電話に番号を引き継げない場合がある

光回線契約時にひかり電話を契約した人は、後に光回線を乗り換えると電話番号が変わってしまうので注意をしましょう。

固定電話の電話番号は、NTTから発番された番号でないと、光回線を変えるごとに変わっていきます。

「ひかり電話の番号しか持っていないけど、電話発番を変えずに料金やサービス内容を見直したい」という人は、回線を変更するのではなく、プロバイダのみ変更してみましょう。

プロバイダを変更するだけなら、ひかり電話発番の電話番号でも引き継げます。

光回線の申し込みから開通まで

光回線は、わずか4ステップで開通できます。

  1. Web窓口から申し込む
  2. 工事日を調整する
  3. 開通工事を行い、機器の設定を行う
  4. 利用開始

どの光回線を契約しても手順は同じです。

はじめて光回線を契約する人は、手順を事前に確認しておきましょう。

➀Webから申し込み

光回線はWeb窓口から申し込まなければ、キャッシュバックや月額料金割引などのお得なキャンペーンを最大限に受け取れません。

電話勧誘や家電量販店などから申し込むと、キャッシュバックなどがもらえても還元率はかなり低くなります。

したがって、光回線を申し込む際は、今回各回線でおすすめしてきたWeb窓口を利用しましょう。

➁工事日の調整

申込みを行うと、後日、開通工事を行う日程調整の電話が入ります。

光回線の開通工事は壁に穴を開けたり、室内に設置するモデムにケーブルをつないだりするため、基本的に立ち会いが必要です。

無人だと工事はできないので、スケジュール調整を行い、当日必ず立ち会えるようにしましょう。

➂開通工事・機器の設定

開通工事当日は、工事業者が自宅に来て光ファイバーを自宅に引き込んだり、室内にモデムを設置したりしてくれます。

工事は約1~2時間で終わります。

開通工事が完了したら、手元にある説明書をもとにルーターやパソコンなどを設定し、インターネットにつないでみましょう。

➃利用開始

開通工事が無事完了し、機器の設定も問題なく終了すれば、はれて光回線が利用できます!

光回線以外の手段がおすすめの場合もある!

光回線は、速度制限を気にせず安定した高速通信が利用できるので、自宅にインターネットを引く手段としては最適です。

しかし、状況によっては以下のように光回線でなく、別の手段でネット環境を整えたほうがいい場合もあります。

  • 自宅だけでなく外出先でもネットをたくさん使いたい人:ポケットWiFi
  • 開通工事をせず光回線に近いスピードが出せる設備がほしい人:ホームルーター

ここでは番外編として、ポケットWiFiとホームルーターについても少し解説をしていきましょう。

外出先でも使いたいなら「ポケットWiFi」がおすすめ

ポケットWiFiは持ち運び自由なので、場所を問わずスマホやパソコンなどをWiFiに接続できます。

自宅だけでなく外出先でもネットを使う頻度が高い人は、光回線ではなく、ポケットWiFiを契約したほうが良いでしょう。

ポケットWiFiはさまざまな事業者が提供していますが、いまから申し込むならWiMAXがおすすめです。

たとえばBroad WiMAXでは、ポケットWiFiの需要が増加している今でも、最新機種を最短即日発送してくれますよ。

WiMAXを申し込むなら「Broad WiMAX」

WiMAXにもさまざまな窓口があり、特典や月額料金など独自キャンペーンを打ち出していますが、中でもオススメはBroad WiMAXです。

各プロバイダでWiMAXのギガ放題プランを契約した場合の月額料金は以下の通りです。

プロバイダ名 月額料金 端末代 事務手数料 キャンペーン内容 3年間の実質合計 実質月額料金
GMOとくとくBB
【キャッシュバック型】
1~2ヶ月:3,609円
3~36ヶ月:4,263円
0円 3,000円 最大31,000円キャッシュバック 122,897円 3,414円
DTI WiMAX 1~2ヶ月:0円
3ヶ月目:2,590円
4~36ヶ月:3,760円
0円 3,000円 125,910円 3,498円
Broad WiMAX 1~2ヶ月:2,726円
3~24ヶ月:3,411円
25~36ヶ月:4,011円
0円 3,000円 ・他社解約違約金負担
・いつでも解約サポート
127,615円 3,545円
カシモWiMAX 1ヶ月目:1,380円
2~24ヶ月:3,580円
25~36ヶ月:4,079円
0円 3,000円 131,589円 3,655円
So-net WiMAX 1~12ヶ月:3,380円
13~36ヶ月:4,379円
0円 3,000円 145,276円 4,035円
BIGLOBE WiMAX 3,980円 19,200円 3,000円 15,000円キャッシュバック 146,500円 4,069円
UQ WiMAX 3,880円 15,000円 3,000円 153,800円 4,272円
※価格は税抜

表から分かる通り、3年間の実質料金がもっとも安くできるのはGMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取った場合です。

しかしGMOとくとくBBのキャッシュバックは、開通後11か月後に届くメールから申請しなければならないので、もらい忘れの可能性も高いです。

そのため月額料金が最初から安く設定されている、DTI WiMAXBroad WiMAXを選んだほうが、安心といえますよ。

とくにBroad WiMAXでは、月額料金割引や最新端末無料キャンペーンといった、各種特典が充実しており、お得にWiMAXを契約できますよ。

【Broad WiMAX サービス内容】
プラン名 ギガ放題プラン
月額料金 1~2ヶ月目:2,726円
3~24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目~:4,011円
端末代 無料
契約事務手数料 3,000円
キャンペーン内容 ・月額料金割引
・他社解約違約金負担
・いつでも解約サポート
3年間の実質料金 127,615円
実質月額料金 3,545円
※価格はすべて税抜

またBroad WiMAXでは最新端末のWX02についても、最短即日発送してくれるので、すぐに使いたい方にもおすすめです。

工事不要で速度も欲しいなら「ホームルーター」がおすすめ

ホームルーターはポケットWiFiのように外へ持ち出すことはできませんが、端末が届いてすぐに自宅コンセントに挿すだけでWiFi環境が整う点が光回線との大きな違いです。

回線速度は「HOME L02」という端末なら一般的な光回線と同じ最大1Gbsまで対応しているので、工事ができない物件に住みつつも速度重視で回線選びをしたい人はうれしいですね!

このホームルーターもポケットWiFi同様、Broad WiMAXでの申し込みがおすすめですよ。

ホームルーターについてくわしく知りたい方は、ホームルーターの特徴について詳しく解説している記事もあわせてご覧くださいね。

まとめ

光回線は、以下のポイントに注目をして選ぶと失敗がありません。

  • 対象エリア
  • 実質料金
  • スマホとのセット割

ただし、もっとも重要なポイントは、現在契約中のスマホとセット割が組める光回線を探すことです。

各回線とも以下の組み合わせで光回線を契約すれば、高額なキャッシュバックがもらえたり、実質料金が安くなったりしますよ!

スマホキャリア おすすめの光回線と窓口
au auひかり:フルコミット
So-net光プラス:So-net公式サイト
ドコモ ドコモ光:ネットナビ
ソフトバンク NURO光:NURO光公式特設サイト
ソフトバンク光:NEXT

ちなみに、光回線は開通工事を行い自宅のみで使用するインターネットサービスなので、外出先でもWiFiに接続したいのであれば、光回線よりポケットWiFiを契約すべきです。

また、開通工事ができない物件では光回線を契約できないので、その場合も光回線でなく、ホームルーターの契約がおすすめですよ。

ポケットWiFiもホームルーターも「Broad WiMAX」から申し込めば、月額料金割引があるうえ、端末も最短即日発送されるのでおすすめです。

関連リンク

タイトルとURLをコピーしました