【21社比較】光回線おすすめ5選!失敗せずに選ぶ5つのポイント | マイナビニュース インターネット比較

【21社比較】光回線おすすめ5選!失敗せずに選ぶ5つのポイント

光回線 おすすめ比較 光回線

光回線を選ぶときには、以下の5つのポイントに注目するのがオススメです。

中でも、お使いのスマホとセット割が適用されるか否かは、光回線の契約先を決める上でもっとも重要視すべきポイントです。

なぜなら、セット割を適用すればスマホの月額料金が永年、最大1,100円も安くなるからです

とくこ
とくこ

通信費自体の節約になるから、光回線はまずセット割で選ぶのが基本ね。

セット割ベースでおすすめの光回線を見ていくと、スマホのキャリアや条件ごとに以下の組み合わせがベストといえます。

おすすめの光回線
こうた
こうた

それぞれ最新のお得なキャンペーン窓口もあわせて紹介していくから、チェックしてね!

今回は、どのインターネットサービスを契約すべきか悩んでいる人向けに、光回線・ポケットWiFi・ホームルーターの何が向いているかも同時解説しています。

この記事を読めば、いまの自分に最適な光回線やインターネットサービスを見つけられるだけでなく、申し込みから開通手続きまでの流れもわかるので、ぜひ参考にしてくださいね!

この記事を書いた人
マイナビニュース ネット比較編集部

マイナビニュースはビジネスパーソンに役立つ幅広いジャンルの情報を提供する総合ニュースメディアです。ニュースに限らず、役立つノウハウや体験レポート、製品レビューや企業のソリューションにまつわる記事まで業界を跨いだ網羅的な記事展開をしております。

マイナビニュース ネット比較編集部をフォローする

【結論】光回線20社を比較!おすすめはこの5社

まずは、人気の光回線20社を比較した結果をご覧ください。

【光回線20社の料金・キャンペーン比較表】
2年間の実質料金
(戸建て※1
2年間の実質料金
(マンション※1
エリア 月額料金
(戸建て※1
月額料金
(マンション※1
平均速度※2 工事費無料 キャンペーン セット割引 キャッシュバック
auひかり
3,291円
2,193円
関西・東海・
沖縄県以外
5,610円
4,180円
379.4Mbps
au
最大65,000円
NURO光
4,030円
1,736円~
北海道・関東・
関西・東海・九州
5,217円
2,090円~
470.74Mbps
Softbank
45,000円
ソフトバンク光
6,008円
4,468円
全国
5,720円
4,180円
282.76Mbps
SoftBank
Y!mobile
36,000円
So-net 光プラス
4,212円
3,262円
全国
3,780円~
2,780円~
277.68Mbps
au
BIGLOBE光
4,916円
3,816円
全国
5,478円
4,378円
229.53Mbps
au
BIGLOBE SIM
30,000円
コミュファ光
4,887円
4,679円
東海
5,775円
5,775円
553.53Mbps
au
最大35,000円
OCN光
5,169円
4,282円
全国
5,610円
3,960円
243.42Mbps
OCNモバイルONE
最大35,000円
ぷらら光
5,197円
3,739円
全国
5,280円
3,960円
223.05Mbps
ひかりTV
35,000円
@nifty光
4,873円
3,587円
全国
5,720円
4,378円
190.53Mbps
au
最大30,000円
楽天ひかり
5,372円
4,180円
全国
3,080円
1,980円
188.1Mbps
ドコモ光
5,574円※3
4,254円※3
全国
5,720円~
4,400円~
237.43Mbps
docomo
20,000円
enひかり
6,105円
5,005円
全国
4,730円
3,630円
322.92Mbps
UQ mobile
eo光
4,383円
2,899円
関西
3,248円~
2,572円~
424.63Mbps
au
最大10,000円
hi-hoひかり
6,069円
4,660円
全国
4,895円
3,575円
58.46Mbps
エキサイト光
4,950円
3,864円
全国
4,796円
3,696円
184.94Mbps
DTI光
5,680円
4,403円
全国
5,280円
3,960円
249.61Mbps
au
DTI SIM
最大19,000円
AsahiNet光
5,097円
4,107円
全国
5,060円~
4,070円~
217.95Mbps
au
最大19,800円
DMM光
5,944円
4,800円
全国
5,302円
4,158円
240.49Mbps
フレッツ光
(西日本)
7,242円※4
5,674円※4
全国
5,830円
4,235円
230.7Mbps
Broad光
6,981円
5,771円
全国
5,698円
4,488円
37.6Mbps
フレッツ光
(東日本)
7,682円※4
5,509円※4
全国
6,270円
4,235円
231.92Mbps
※1:価格は税込、1Gbpsプラン(NUROは2Gbpsプラン)、マンションは16契約以上、プロバイダ一体型、光回線+光電話の料金で計算
※2:みんなのネット回線速度に投稿された、各光回線の平均速度を掲載しています
※3:タイプAの料金を記載
※4:プロバイダSo-netの料金含む

この表を見ると、今おすすめの光回線は、スマホの使用キャリアごとに以下5社となります。

おすすめの光回線

この組み合わせで光回線を契約すると、スマホ料金が永年1,100円/月割引されます。

スマホ料金が安くなれば家庭の通信費を大幅に安くできるため、光回線を契約するなら上の組み合わせで最適なものを選んでください。

上記5社については「条件別!おすすめの光回線とキャンペーン情報」で解説しているので、くわしくはそちらをご覧ください。

光回線は5つのポイントで選ぶのがおすすめ

光回線選びは以下5つのポイントに注意すれば、失敗せずに満足して契約ができます。

結論として、これらのポイントをすべて踏まえて、オススメできる光回線は以下の5社です。

実質月額料金
(2年間)
セット割 実測速度 キャッシュバック
戸建て マンション
auひかり
(NEXT)
3,291円
2,193円※1
au
下り:379.4Mbps
上り:281.31Mbps
最大65,000円
NURO光
(公式特設サイト)
4,030円
1,736円※2
ソフトバンク
下り:470.74Mbps
上り:411.23Mbps
45,000円
ソフトバンク光
(NEXT)
6,008円
4,468円
ソフトバンク
下り:282.76Mbps
上り:182.83Mbps
最大36,000円
So-net光プラス
(公式サイト)
4,212円
3,262円
au
下り:277.68Mbps
上り:200.4Mbps

※月額料金の大幅割引あり
ドコモ光
(ネットナビ)

※3
5,574円
4,254円
ドコモ
下り:237.43Mbps
上り:184.38Mbps
20,000円
※新規契約の場合
※実質月額料金={2年間の月額料金+光電話+契約事務手数料+工事費-キャンペーン}÷24ヶ月
※1:マンションv16の場合
※2:NURO光forマンションで10人以上契約の場合
※3:タイプAの場合
こうた
こうた

ここからは、上記の光回線がオススメできる理由を5つのポイントにわけて解説していくよ!

とくこ
とくこ

光回線で人気の高い12回線の料金や速度と比較しながら、ポイントをチェックしていくから参考にしてね!

提供エリアに注目する

光回線には大きくわけて2つの回線事業者があり、どちらを選ぶかで提供エリアが大きく異なります。

回線事業者
  • フレッツ光を使った回線:提供エリアが全国
  • 独立回線:提供エリアが地域限定
こうた
こうた

主要光回線12社で提供エリアを比較してみよう!

【光回線のエリア比較】
独立回線 NURO光
北海道・関東・
関西・東海・九州
auひかり
関西・東海以外
(マンションは全国)
コミュファ光
東海地方
eo光
関西地方
フレッツ光回線 フレッツ光西日本
西日本
フレッツ光 東日本
東日本
BIGLOBE光
全国
So-net光プラス
全国
ソフトバンク光
全国
ドコモ光
全国
enひかり
全国
OCN光
全国

エリアに注目するなら、全国で契約できる「フレッツ光を使った光コラボ」がオススメです。

フレッツ光を使った回線とは、一般的に「光コラボ」と総称される、以下のような光回線です。

光コラボはフレッツ光と同じNTTの光回線を借り受け、さまざまな事業者が自社サービスを加えてインターネットを提供しているため、このようなメリットがあります。

メリット
  • 日本全国で契約できる
  • フレッツ光の高品質なインターネットサービスを、本家フレッツ光より低価格で利用できる
  • キャンペーン内容が充実している
  • フレッツ光または光コラボ同士なら、乗り換え時に工事費が発生しない

光コラボならどの事業者を選んでも、品質や通信速度、契約可能エリアといったサービス面は同じです。

ただし、キャンペーン内容や料金などは事業者ごとに変わってくるため、選ぶ際は実質料金の安さやキャンペーンの充実度を重視しましょう。

とくこ
とくこ

フレッツ光は全国広い範囲で契約ができるし、マンションにも導入されていることが多いわよ。

一方、独立回線は独自の設備を使ってインターネットを提供するので、契約できる人が限られています。

独自回線とは、自社回線を使ってインターネットを供給する以下のような光回線です。

独自回線は回線ごとに契約可能エリアが限られますが、回線混雑が起きにくいというメリットを受けられるため、実測値を重視するなら第一に検討したい光回線といえます。

光コラボ回線より高額のキャッシュバックなど、キャンペーンも充実している傾向があるので、お住まいの地域で契約できる独立回線があればぜひチェックしておきましょう。

自分のスマホとセット割が適用されるか注目する

キャリアスマホを契約している人は、スマホ料金が毎月安くなるセット割を適用させましょう。

セット割を組むだけで、スマホの月額料金が永年最大1,100円も割引されるので、大変お得です。

こうた
こうた

自分のスマホはどのキャリアとセット割が適用できるかチェックしてね!

スマホキャリア 最大割引額 割引適用台数 セット割が組める回線事業者
au
1,100円/月
最大10回線
・auひかり
・So-net光プラス
・コミュファ光
・eo光など
ドコモ

最大20回線

・ドコモ光
ソフトバンク
最大10回線
・NURO光
・ソフトバンク光

※価格はすべて税込

とくこ
とくこ

家族間でもセット割が適用されるから、同じスマホのユーザーが多いほどお得になるわね。

家庭の通信費を安くするために、光回線を選ぶ際はお使いのスマホキャリアとセット割が組めるものを選びましょう。

格安SIMユーザーは地域最安値の光回線を選ぶほうがお得

格安SIMユーザーに限っては、セット割を組むよりも地域最安値の光回線を選んだほうがお得です。

なぜなら、以下の表からもわかるとおり、格安SIMのセット割はキャリアスマホほど優遇されていないからです。

MVMO 最大割引額 割引適用台数 セット割が組める回線事業者
BIGLOBEモバイル
最大330円/月
最大1回線
・BIGLOBE光
・BIGLOBE光パック
Neo with フレッツ
IIJmio
660円/月
mioひかり
UQモバイル
110円/月
enひかり
OCNモバイル
220円/月
OCN光

※価格はすべて税込

こうた
こうた

しかも、格安スマホの場合は光回線1契約にスマホ1回線しか割引にならないことが多いよ!

格安SIMユーザーは、光回線の選び方がキャリアユーザーと少し異なることを、覚えておきましょう。

通信速度に注目する

インターネットの速度は、サイトに書かれている最大○Gbpsという「最大通信速度」ではなく、「みんなのネット回線速度」やTwitterの口コミに書かれている実測値で判断しましょう。

なぜなら、サイトに書かれている最大通信速度はベストエフォートという理論値であり、実際にでる速度ではないからです。

インターネットの通信速度は実測値が100Mbpsもあれば、オンラインゲームでも高画質の動画再生でも快適に利用できます。

こうた
こうた

主要光回線の実測平均速度も一覧表でまとめてみたよ!

【光回線の速度比較】
最大通信速度 平均速度
NURO光
2・6・10・20Gbps
下り:470.74Mbps
上り:411.23Mbps
コミュファ光
1・5・10Gbps
下り:553.53Mbps
上り:302.4Mbps
auひかり
下り:379.4Mbps
上り:281.31Mbps
eo光
下り:424.63Mbps
上り:281.15Mbps
ソフトバンク光
1・10Gbps
下り:282.76Mbps
上り:182.83Mbps
ドコモ光
下り:237.43Mbps
上り:184.38Mbps
フレッツ光
1Gbps
下り:238.78Mbps
上り:180.15Mbps
So-net光プラス
下り:277.68Mbps
上り:200.4Mbps
enひかり
下り:322.92Mbps
上り:230.08Mbps
BIGLOBE光
下り:229.55Mbps
上り:172.77Mbps
OCN光
下り:243.42Mbps
上り:187.72Mbps

独立回線であるNURO光やauひかりは、最大通信速度も平均速度もフレッツ光回線と比べると速いです。

独立回線は独自の回線を自社のユーザーしか使いませんが、フレッツ光や光コラボはすべての契約者が同じNTTの光回線を使うので、回線が混み合い、速度が低下しやすいからです。

とくこ
とくこ

光コラボ各社では回線の混雑による速度低下を回避するための最新規格・v6プラスを提供しているわよ!

光コラボを契約する際に安定した速度で利用するためには、v6プラスが利用できる事業者やプロバイダと契約するようにしましょう。

速度重視で光回線を選びたい人はこちらの記事で、v6プラスや独立回線の速度についてくわしく解説しているので、あわせてチェックしてくださいね。

工事費無料などの特典やキャッシュバックに注目する

光回線は事業者ごとに料金割引やキャッシュバックなどを実施しています。

こうた
こうた

光回線ごとに最新のキャンペーンをまとめたよ!せっかくならお得な特典が受けられるところを選ぼう!

とくこ
とくこ

同じ光回線事業者でも申し込む窓口によって独自キャンペーンが受けられることもあるから、オススメ窓口で契約した場合で比較するわよ。

【光回線のキャンペーン比較】
開通工事費 違約金負担 キャンペーン
auひかり
(NEXT)

実質無料
最大55,000円
最大65,000円CB
コミュファ光
(NEXT)

無料
全額
最大35,000円CB
NURO光
(公式特設サイト)

実質無料
45,000円CB
eo光
(公式)

実質無料
最大50,000円
最大12か月間2,200円割引
最大10,000円分の商品券
ソフトバンク光
(NEXT)

実質無料
最大100,000円
36,000円CB
BIGLOBE光
(NEXT)

実質無料
30,000円CB
So-net光プラス
(公式サイト)

実質無料
最大5年間月額料金割引
ドコモ光
(ネットナビ)

無料
20,000円CB
enひかり
(公式)
OCN光
(公式)

実質無料
最大35,000円CB
フレッツ光

光回線は契約するとおうちにインターネット回線を引き込む開通工事が必要ですが、工事費が実質無料になったり、他社回線からの乗りかえ費用を負担してもらえたりすると、初期費用がかからずお得ですね。

ただし、「工事費実質無料」や「高額キャッシュバック」と記載されていても、適用される条件やキャッシュバックの振込時期は回線や窓口ごとに違うので、契約前に細かく確認しておきましょう。

また、他社回線からの乗り換えで光回線を契約したいなら、現在の回線を解約する際に発生する違約金などを負担するキャンペーンがあるかも注目するといいですよ。

のちほど、他社解約違約金負担キャンペーンを実施している光回線も紹介しているのであわせてチェックしましょう。

月額料金ではなく実質料金に注目する

料金重視で光回線を選びたい人は、月額料金ではなく、実質料金に注目してください。

実質料金とは、契約期間中、実際に支払う料金のことで、「加算項目の合計-減算項目の合計÷契約期間(ヶ月)」で算出できます。

サイトなどに記載されている月額料金は、ほとんどが安い期間中だけを抜粋しているため、料金を平等に比較できません。

しかし、実質料金なら割引期間や特典内容がバラバラの光回線でも、平等に料金を比較できますよ。

こうた
こうた

光回線12社の実質料金も比較したよ!どこが1番お得に契約できるかみてみよう!

とくこ
とくこ

実質料金は初期費用(工事費+事務手数料)+月額料金(23か月分、光電話含む)-キャッシュバック額・料金割引÷24か月で計算したわよ!

【光回線12社の料金比較】
実質月額料金
(2年間)
月額料金 キャンペーン
戸建て マンション
auひかり
(NEXT)
3,291円
2,193円※1
戸建て: 5,610円~
マンション:4,180円~
最大65,000円CB
コミュファ光
(NEXT)
4,887円
4,679円
戸建て:5,775円~
マンション:5,775円~
最大35,000円CB
NURO光
(公式特設サイト)
4,030円
1,736円※2
戸建て:5,217円
マンション:2,090円~
45,000円CB
So-net光プラス
(公式サイト)
4,212円
3,262円
戸建て:3,780円~
マンション:2,780円~
最大5年間月額料金割引
eo光
(公式)
4,383円
2,899円
戸建て:3,248円~
マンション:2,572円~
最大12か月間2,200円割引
最大10,000円分の商品券
ソフトバンク光
(NEXT)
6,008円
4,468円
戸建て:5,720円
マンション:4,180円
36,000円CB
BIGLOBE光
(NEXT)
4,916円
3,816円
戸建て:5,478円
マンション:4,378円
30,000円CB
ドコモ光
(ネットナビ)

※3
5,574円
4,254円
戸建て:5,720円
マンション:4,400円
20,000円CB
enひかり
(公式)
6,105円
5,005円
戸建て:4,730円
マンション:3,630円
OCN光
(公式)
5,169円
4,282円
戸建て:5,610円
マンション:3,960円
最大35,000円CB
フレッツ光
西日本

※1
7,242円
5,674円
戸建て:5,830円
マンション:4,595円
フレッツ光
東日本

※1
7,682円
5,509円
戸建て:6,270円
マンション:4,235円

※新規契約の場合
※実質月額料金={2年間の月額料金+光電話+契約事務手数料+工事費-キャンペーン}÷24ヶ月
※1:マンションv16の場合
※2:NURO光forマンションで10人以上契約の場合
※3:タイプAの場合

実質料金を比較すると、以下の独立回線が1位~3位を占めています。

  1. auひかり
  2. コミュファ光
  3. NURO光

ただし、コミュファ光は東海限定、auひかりとNURO光も全国で提供できるわけではありません。

独立回線が契約できない地域では、光コラボで月額料金からの大幅割引キャンペーンを実施しているSo-net光プラスが最安値です。

こうた
こうた

結論として、自分の住んでいるエリアでセット割が適用できる、もっとも安い光回線を選ぶのがベストだね!

条件別!おすすめの光回線とキャンペーン情報

手順 チェック

光回線は契約中のスマホにセット割が適用されて、なおかつお住まいのエリアでもっとも安く契約できるところを選びましょう。

スマホのキャリアや条件ごとにオススメの光回線は、以下のとおりです。

おすすめの光回線

ドコモユーザーは、唯一セット割が適用できるドコモ光を契約しましょう。

ただし、ソフトバンクとauはそれぞれ実測値に定評のある独自回線がセット割を組めるので、まずは独自回線を検討し、エリア外なら光コラボを検討するという流れがオススメです。

また、格安スマホユーザーはセット割を重視するより、速度が速く実質料金が安い光回線を選びましょう。

集合住宅向けの光回線の選び方も、あわせて紹介しますよ。

こうた
こうた

では、オススメ光回線5社の概要や最新キャンペーンを解説していくよ!

とくこ
とくこ

公式キャンペーンとあわせて独自特典も受けられるオススメの申込窓口も紹介するから、参考にしてね!

ドコモユーザーなら「ドコモ光」

ドコモのスマホを使っている人は唯一セット割が適用されるので、迷わずドコモ光を選びましょう!

エリア 戸建て マンション
全国
セット割 キャリア
ドコモ
最大割引額
1,100円/月
最大速度
最大1Gbps
※エリア限定で、最大10Gbps
最大1Gbps
月額料金
5,720円
4,400円
初期費用 契約事務手数料
3,300円
3,300円
工事費
0円
0円
キャンペーン内容 ・最大20,000円キャッシュバック
・ドコモポイント最大2,000ptプレゼント
・v6プラス対応無線ルーターを永年無料貸し出し
・新規工事費無料
2年間実質料金
戸建て
マンション
133,780円
102,100円
2年間の実質月額
5,574円
4,254円

※価格はすべて税込

ドコモのセット割「ドコモ光セット割」は、ドコモユーザーがドコモ光を契約するだけで自動的に適用されます。

割引額は最大1,100円/月で他社の光回線と同じですが、同時適用台数が最大20回線なので、家族や親せきにドコモユーザーが多い人は、毎月のスマホ代がグッと安くなります。

ドコモ光は代理店ネットナビから申し込むと、公式特典に加え、最大20,000円のキャッシュバックがもらえます!

こうた
こうた

有料オプション契約なしで20,000円のキャッシュバックがもらえるのは嬉しいね!

また、ネットナビから申し込むとプロバイダを24社から自由に選べますが、中でもGMOとくとくBBがとくにオススメです。

GMOとくとくBBはv6プラスに対応しているため、GMOとくとくBBをプロバイダにすれば、混雑しやすい時間帯もサクサク通信できるようになりますよ。

ちなみに、v6プラスに接続するためにはv6プラス対応の無線LANルーターが必要ですが、ネットナビから申し込むと、専用ルーターを永年無料レンタルできます。

とくこ
とくこ

v6プラス対応ルーターって、1万円くらいするからお得ね!

ドコモユーザーはネットナビからプロバイダはGMOとくとくBBを選んで、お得にドコモ光を申し込みましょう。

ソフトバンクユーザーなら「NURO光」

nuro公式特設

ソフトバンクユーザーなら、ソフトバンクとセット割が組め、高速通信が期待できる「NURO光」を第一に検討しましょう。

エリア 戸建て マンション
北海道・関東・東海・関西・九州
セット割 キャリア
ソフトバンク
最大割引額
1,100円/月
最大速度
最大2Gbps
※エリア限定で、最大20Gbps
最大2Gbps
※エリア、階数限定で、最大10Gbps
月額料金
5,217円
2,090〜2,750円
初期費用契約事務手数料
3,300円
3,300円
工事費
実質無料
実質無料
キャンペーン内容
・45,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
・So-net設定サポート1回分無料
・25,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
2年間の実質金額
96,708円
41,660円
2年間の実質月額
4,030円
1,736円※2
※価格はすべて税込、マンションの実質料金はNURO光forマンション10人以上契約の場合

NURO光は、追加料金なしで最大2Gbpsの通信速度を利用できます。

エリアによっては、最大6Gps・10Gbps・20Gbpsの超高速通信も利用できるため、とにかく速度を重視するならNURO光がオススメです!

月額料金も戸建てや小規模の集合住宅では5,217円、NURO光が導入済みのマンションで契約できるNURO光forマンションなら2,090円~と安く利用できますよ。

こうた
こうた

NURO光は、戸建てもマンションも最安料金で利用できる光回線だよ!

さらにソフトバンクのセット割が適用されると、ソフトバンクスマホの月額料金から最大1,100円/月が最大10回線まで割引されます。

適用条件は、NURO光でネットとひかり電話を同時契約するだけなので、ソフトバンクユーザーなら、ぜひ適用させましょう。

また、NURO光は「公式特設キャッシュバック窓口」から申し込むと、戸建て45,000円の現金がオプションなどの適用条件なしに受け取れます。

公式キャッシュバックはほかの窓口から申し込むと受け取れないので、NURO光をお得に申し込むなら、必ず公式特設キャッシュバック窓口を利用してください。

とくこ
とくこ

45,000円キャッシュバックがもらえるのは、「NURO光 G2V」を契約した人だけよ!

こうた
こうた

「NURO光 for マンション」を契約する場合は、公式サイトを利用しよう!

すると、25,000円のキャッシュバックがもらえるよ!

ただし、NURO光は北海道・関東・関西・東海・九州の一部でのみ利用できる点に注意しましょう。

NURO光がエリア外の場合は「ソフトバンク光」

ソフトバンク光 NEXT

NURO光が契約できなかったソフトバンクユーザーには、全国で契約できる可能性が高く、ソフトバンクとセット割が組める「ソフトバンク光」をオススメします!

エリア 戸建てマンション
全国
セット割 キャリア
ソフトバンク
最大割引額
1,100円/月
最大速度
最大1Gbps
※エリア限定で、最大10Gbps
最大1Gbps
月額料金
5,720円
4,180円
初期費用 契約事務手数料
3,300円
3,300円
工事費
26,200円
26,200円
キャンペーン内容 ・36,000円キャッシュバック
・工事費実質無料特典
・乗り換えユーザー限定、他社解約違約金を最大100,000円まで負担
2年間の実質金額
144,180円
107,220円
2年間の実質月額
6,008円
4,468円
※価格はすべて税込

ソフトバンク光でセット割を適用させるためには、ソフトバンク光とひかり電話のほか、光BBユニットとWiFiマルチパックも同時契約しなくてはなりません。

とくこ
とくこ

そんなにたくさんの有料オプションへ加入すると、月額料金高くなっちゃうんじゃない?!

安心してください。ソフトバンク光では、ひかり電話・光BBユニット・WiFiマルチパックをオプションセットにして月額550円で契約できます。

セット割の最低割引額は550円/月なので、ソフトバンクユーザーならオプションをまったく利用しなくても損をしません

こうた
こうた

オプション加入は必須だけど、ソフトバンクユーザーならオプション加入料がかからないなら安心だね!

また、ソフトバンク光はセット割の有無に関わらず、IPv6高速ハイブリット接続を使って安定した高速通信を実現させるためには「光BBユニット」が、Wi-Fi接続をするためには「WiFiマルチパック」の契約が必要です。

どちらもソフトバンク光を快適に利用するためには欠かせないオプションとなっていますので、セット割の適用条件は、まったく厳しくありませんね。

ちなみに、ソフトバンク光は公式代理店の「NEXT」から申し込むと、36,000円のキャッシュバックを受け取れます。

NURO光がエリア外で契約できなかったソフトバンクユーザーは、NEXTからお得にソフトバンク光を申し込んでみてくださいね。

auユーザーなら「auひかり」

代理店NEXT - auひかり

auユーザーは、auのセット割が組め、独自回線でネット混雑が起きにくい「auひかり」を第一に検討しましょう!

エリア 戸建て マンション
沖縄・関西・東海以外の日本全国
沖縄以外の日本全国
セット割 キャリア
au
最大割引額
1,100円/月
最大速度
最大1Gbps
※エリア限定で、最大10Gbps
最大1Gbps
月額料金
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目~:5,390円
4,180円
初期費用 契約事務手数料
3,300円
3,300円
工事費
実質無料
実質無料
キャンペーン内容 ・最大65,000円キャッシュバック
・乗り換えユーザー限定、最大55,000円分の違約金負担
2年間の実質金額
78,990円
52,640円
2年間の実質月額
3,291円
2,193円※1
※価格はすべて税込
※1:マンションv16の場合

auスマホを契約している人は、auひかりでネットとひかり電話を同時契約するとセット割が適用され、スマホ代から毎月1,100円割引されます。

割引台数は最大10台ですが、60歳以上の家族なら別居していても割引対象になるため、離れて暮らす家族がいる人も、まとめてスマホ代を安くできるのでお得です。

とくこ
とくこ

おじいちゃんやおばあちゃんのスマホ料金も安くしてあげられるのね!

auひかりの最大速度は1Gbpsですが、独自回線となっているため、光コラボよりも実測値が安定して速くなる傾向にあります。

戸建ての場合、エリア限定となっていますが、最大10Gbpsが出せるプランも契約できるので、さらに実測値を上げたい人は契約を検討してみましょう。

auひかりでは、代理店「NEXT」からネットとひかり電話を申し込むと、最大65,000円のキャッシュバックを受け取れます。

戸建てネットのみの契約でも55,000円という高額キャッシュバックがもらえるので、このキャンペーンは見逃せません。

こうた
こうた

オプション契約なしでこんなに高額なキャッシュバックを提供している窓口は、とっても珍しいよ!

auひかりは年々月額料金が安くなるお得な光回線ですが、キャッシュバックがあると月額料金をさらに安くできるため、お得ですね。

また、NEXTでは公式の違約金負担特典に、最大25,000円を上乗せするキャンペーンも実施しています。

通常なら30,000円までしか負担されませんが、特典が適用されると最大55,000円まで違約金を負担してもらえますよ!

とくこ
とくこ

55,000円も負担してもらえれば、違約金がネックになっている人も安心して乗り換えられるわね!

auスマホの料金を安くしたい人、他社からauひかりに乗り換えたいauユーザーは、キャッシュバックなどの特典が充実しているNEXTから申し込みましょう。

auひかりがエリア外の場合は「So-net光プラス」

So-net光

auひかりが契約できなかったauユーザーには、同じくauスマートバリューが組めて、全国で契約できる「So-net光プラス」をオススメします!

エリア 戸建て マンション
全国
セット割 キャリア
au
最大割引額
1,100円/月
最大速度
最大1Gbps
月額料金
1~2年目:3,780円
3年目~:6,138円
1~2年目:2,780円
3年目~:4,928円
初期費用 契約事務手数料
3,300円
3,300円
工事費
実質無料
実質無料
キャンペーン内容 ・戸建て60ヶ月、マンション48ヶ月間の月額料金割引
・v6プラス対応ルーターを永年無料貸し出し
・無料訪問サポート1回分無料
2年間の実質金額
101,082円
78,292円
2年間の実質月額
4,112円

※価格はすべて税込

So-net光プラスは光コラボ回線ですが、混雑帯を自動的に避けてくれるv6プラスに対応しているため、通信速度が遅くなりやすい時間でも、auひかりのようにサクサク通信できる点が特徴です。

v6プラスを利用するには専用のルーターが必要ですが、So-net光プラスなら契約期間中無料で貸し出してくれます。

こうた
こうた

ルーターって自分で用意すると1万円くらいはかかるから、お得だね!

ちなみに、So-net光プラス公式窓口ではキャッシュバックを実施していませんが、長期間の月額料金割引を実施しています。

月額料金割引は、キャッシュバックのように申請をしなくても初月から自動適用されるため、申請を忘れてしまいそうな人も安心ですね。

auひかりが範囲外だったauユーザーは、v6プラスを無料で利用でき、初月から月額料金が割引されるSo-net光プラスを公式サイトから申し込みましょう!

格安SIMユーザーは速度や料金重視で光回線を選ぼう

格安SIMユーザーはセット割を組んでも割引額が数百円と安いため、セット割より速度や料金を重視し、光回線を選ぶべきです。

そこで、格安SIMユーザーには実質料金が安く、ある程度広いエリアで契約できる以下の3回線をオススメします。

おすすめの光回線
こうた
こうた

格安スマホでもセット割が利用できる回線はあるけど、100円~500円程度の割引のために、キャッシュバックなどのキャンペーンが乏しい窓口で契約すると損しちゃうよ。

とくこ
とくこ

格安スマホと併用して、セット割関係なしでも十分安い光回線を選ぶのが賢いわね。

実質月額料金
(2年間)
セット割 実測速度 キャッシュバック
戸建て マンション
auひかり
(NEXT)
3,291円
2,193円※1
au
下り:379.4Mbps
上り:281.31Mbps
最大60,000円
NURO光
(公式特設サイト)
4,030円
1,736円※2
ソフトバンク
下り:470.74Mbps
上り:411.23Mbps
45,000円
So-net光プラス
(公式サイト)
4,212円
3,262円
au
下り:277.68Mbps
上り:200.4Mbps

※月額料金の大幅割引あり
※1:マンションv16の場合

まずは通常プランでも下り最大2Gbpsの高速通信が期待でき、月額料金の安さや45,000円の公式キャッシュバックで実質料金が抑えられるNURO光を第一候補に検討しましょう。

ただし、NURO光は北海道・関東・東海・関西・九州でしか契約できません。

NURO光がエリア外だった格安SIMユーザーには、NURO光と同じく独自回線で実測値に定評のあるauひかりをオススメします!

auひかりの最大速度は1Gbpsですが、エリア限定で10Gbpsを契約することも可能です。

また、代理店NEXTから申込めば最大65,000円キャッシュバックがもらえるので、実質料金が安く抑えられますよ。

auひかりは、戸建てだと沖縄、関西、東海エリア以外、マンションなら沖縄以外で契約できます。

さらに、NUROひかりもauひかりもエリア外だった格安SIMユーザーは、全国で利用できるSo-net光プラスがオススメです。

So-net光プラスは光コラボ回線なので、NURO光やauひかりが契約できない地域でも利用できる可能性があります。

平均速度は独立回線に比べると遅いですが、v6プラス対応無線ルーターを無料でレンタルできるので、独自回線と同じように混雑しやすい時間帯でもサクサクつながりますよ。

また、大幅割引キャンペーンが受けられるので、光コラボではもっとも安く契約できます。

NURO光とauひかりがエリア外だった格安SIMユーザーは、料金が安くてv6プラスが利用できる、So-net光プラスを選びましょう。

マンションでオススメの光回線

基本的にマンションでは、お住まいの物件によって契約できる回線の種類が決まっています。

こうた
こうた

マンションに光回線が導入されているか、導入されていないなら新たに工事が可能かをチェックしよう!

とくこ
とくこ

まずは住んでいる物件の管理会社や大家さんに問い合わせて、インターネット導入状況を聞いてみてね!

もし、光回線がすでに導入されている物件なら、大きく以下の3つのパターンにわかれますよ。

マンションは戸建て住宅のように自己判断で壁に穴を開けるような工事を行えません。

さらに、開通工事は物件の共有部分で行う作業もあるので、必ず大家さんや管理会社に許可を取ってから申込んでくださいね。

したがって、マンションにお住まいの方は、基本的にマンションへ導入されているインターネット回線を使いましょう。

もし、お住まいの物件にインターネット設備が導入されておらず、新たに回線工事を行うのも無理だった場合は、のちほど紹介するモバイル回線を検討しましょう。

無料インターネット物件ならそのまま利用するのがオススメ

マンションに無料のインターネット設備が導入されている場合は、基本的にそのまま導入済みの回線を利用するのがベストです。

こうた
こうた

導入済みのインターネットは、ネット料金不要で使える点が大きなメリットだよ!

ただし、無料のインターネット回線は、ケーブルテレビなど最大速度の遅い回線であることが多いので、オンラインゲームや動画などは快適に利用できない可能性が高いでしょう。

フレッツ光回線なら光コラボを契約するのがオススメ

マンションにフレッツ光回線が入っている場合は、ご自身のスマホとセット割が組める以下の光コラボ回線への切り替えがおすすめです。

※クリックすると各回線の解説にジャンプします

月額料金
(マンション)
セット割 実測速度 キャッシュバック
ドコモ光
(ネットナビ)

※3
4,400円~
ドコモ
下り:223.81Mbps
上り:177.36Mbps
20,000円
ソフトバンク光
(NEXT)
4,180円
ソフトバンク
下り:272.92Mbps
上り:184.41Mbps
36,000円
So-net光プラス
(公式サイト)
2,728円~
au
下り:261.06Mbps
上り:203.07Mbps

※月額料金の大幅割引あり

ドコモスマホをご利用中の方は、ドコモ光セット割が適用できる「ドコモ光」を選びましょう。

ドコモ光はネットナビから申し込むと、公式特典に加え、最大20,000円のキャッシュバックとv6プラス対応無線ルーターの無料レンタル特典を受けられます。

また、ソフトバンクスマホをご利用中の方は、おうち割光セットが組める「ソフトバンク光」がオススメです。

ソフトバンク光はNEXTからの申込みで、マンションでも36,000円のキャッシュバックが受取れます。

マンションにお住まいのソフトバンクユーザーは、NEXTからお得にソフトバンク光を申し込みましょう。

auスマホをご利用中の方は、auスマートバリューが組める「So-net光プラス」がオススメです。

So-net光プラスは「So-net公式」を窓口にすると、v6プラス対応の無線ルーターを無料レンタルできます。

専用ルーターがあれば、独自回線のように夜間でもインターネットにサクサクつながるようになるので、公式サイトはオススメの申込窓口です!

また、公式サイトを利用すると、24か月間2,780円でマンションタイプを契約できますよ。

マンションに住んでいるauユーザーは、So-net公式窓口からお得にSo-net光プラスを申し込みましょう!

独立回線ならそのまま利用するのがオススメ

マンションにauひかりやNURO光といった独立回線が導入されている場合は、変更せずにそのまま使い続けましょう。

なぜなら、独立回線は光コラボよりも実測値が速く、料金も安めに設定されているからです。

独立回線ならお使いのスマホとのセット割がないとしても、速度の速さや実質料金が安いなどの恩恵が大きいので、トータル的にメリットが得られます。

こうた
こうた

独自の設備や技術を使うNURO光やauひかりは導入されているマンションが少ないから、もし住んでいる物件が対応しているなら迷わず契約を決めよう!

とくこ
とくこ

マンションで独立回線が契約できるということは、基本的に設備がすでに導入されているから開通工事も簡単で2週間前後で利用開始できることもあるわよ。

※クリックすると各回線の解説にジャンプします

独自回線のマンション向けプランは以下のとおりです。

月額料金
(マンション)
セット割 実測速度 キャッシュバック
auひかり
(NEXT)
4,180円~
au
下り:204.43Mbps
上り:142.67Mbps
最大65,000円
NURO光
forマンション
2,090円~
ソフトバンク
下り:506.27Mbps
上り:435.15Mbps
25,000円
NURO光
NURO光 G2V
5,217円
ソフトバンク
下り:506.27Mbps
上り:435.15Mbps
45,000円

auひかりはマンション向けプランでも、代理店NEXTからの申込みで最大65,000円のキャッシュバックがもらえるのでお得ですよ。

一方、NURO光のマンション向けプランは2つあり、月額料金や契約できる条件、公式キャッシュバックの額が違います。

こうた
こうた

「NURO光 for マンション」と「NURO光 G2V」の契約条件の違いをまとめてみたよ!

【NURO光 for マンション】
  • NURO光が導入済み
  • 3階建て以上の建物で15戸以上
  • 契約者数が同じ物件内に4人以上
【NURO光 G2V】
  • NURO光が未導入
  • 契約者数が同じ物件内に1~3人
とくこ
とくこ

「NURO光 for マンション」は、同じ物件に契約者が4人以上いないと、利用できないの!

だから、比較的規模の小さいマンションは 、月額5,217円の「NURO光 G2V」になる可能性が高いことを覚えておいてね!

光回線がおすすめなのはこんな人!

光回線には、以下のメリットとデメリットがあります。

メリット
  • 通信速度の実測値が速い
  • 安定した高速通信を利用できる
  • どれだけ使っても速度制限にかからない
  • NTTの固定電話より料金の安い「ひかり電話」や、アンテナ不要でテレビを楽しめる「ひかりテレビ」を利用できる
  • スマホとのセット割が利用できる
  • キャンペーンが充実しているため、実質料金が安くなるケースが多い
デメリット
  • 開通工事が必須で、事業者によっては開通工事費がかかる場合もある
  • マンションにお住まいの場合、勝手に光回線を変更できない可能性が高い
  • 自宅でしかインターネットを利用できない
  • 開通まで時間がかかる場合もある
  • 数年間利用しないと、解約時に高額な違約金が発生するケースもある

この結果をまとめると、光回線は以下の人におすすめといえます。

光回線がオススメできる人
  • 常に安定した速度で通信したい人
  • 大容量のデータ通信を行う人
  • 自宅で回線工事が可能な人
  • インターネットを利用する場所は自宅メインの人
  • 近く引越しの予定がない人

ただし、マンションにお住まいの方や転勤が多い方、外出先でもインターネットを使いたい方には、光回線よりもホームルーターやポケットWiFiのほうが適している場合もあります。

次の項目では、光回線よりホームルーターやポケットWiFiといったモバイル回線が向いている人を解説しましょう。

光回線よりモバイル回線がおすすめな人!目的別おすすめ窓口も

ホームルーターやポケットWiFiも、光回線と同じようにインターネットを使うためのツールです。

光回線と何が違うのか、かんたんに比較してみましょう。

光回線 ホームルーター ポケットWiFi
初期費用
工事費
実質料金
セット割
キャンペーン
自宅内での通信
外出先での通信
×
×
通信速度と安定度

ホームルーターやポケットWiFiはキャンペーン内容や通信速度で光回線に劣るものの、開通工事なしでインターネットが使えたり、持ち運びできたりできる点がメリットですね。

光回線よりモバイル回線がオススメできる人
  • 光回線の工事ができない、したくない人
  • 自宅でも外でもインターネットがしたい人
  • 引越しが多い人
  • 速度より安さを重視したい人
  • 必要なデータ容量を選んで契約したい人
  • あまりインターネットを使わない

光回線を契約しない場合、インターネットを利用する方法は目的別に3つあります。

インターネットを利用する方法

ここでは開通工事ができない物件にお住まいの方や、光回線以外の方法でネット環境を作りたい人向けに、3つの手段をご紹介していきます。

持ち運びたいなら「ポケットWiFi」!Broad WiMAXがオススメ

ポケットWiFiは、端末さえ手元にあれば、室内外問わず、どこでもWiFi環境が作り出せます。

したがって、どこにいてもネットを利用したい人は、ポケットWiFiを契約しましょう。

ポケットWiFiには、「WiMAX」「クラウドSIM系ポケットWiFi」2種類があります。

こうた
こうた

WiMAXは無制限プランが契約できて、速度もポケットWiFiの中では高速だよ。

とくこ
とくこ

クラウドSIM系のポケットWiFiは速度面はWiMAXより遅いけど、1か月のデータ利用量を選んで契約できるからムダがないし、海外でもそのまま利用できるわよ。

クラウドSIM WiMAX
利用できる回線
・ドコモ
・ソフトバンク
・au
・WiMAX2+
・au
エリア
3大キャリアの
LTE提供エリア
・WiMAX回線の提供エリア
・auのLTE提供エリア
海外利用
通信速度 (下り)
最大150Mbps
最大1,237Mbps※1
速度制限
なし
3日間に10GB以上通信で
おおむね1Mbpsに低下
実質料金
(3年)
3,537円
(100GB)※2
3,876円
(無制限)※3
※1:有線接続や対応エリアなどの条件を満たした場合
※2:MUGEN WiFi
※3:Broad WiMAX

ポケットWiFi選びに迷ったら、速度や料金などのバランスがよく、1か月たっぷりインターネットを使っても定額の無制限プランで安心のWiMAXがオススメですよ。

ポケットWiFiはBroad WiMAXがオススメ

Broad WiMAXでは1か月に7GBまでの「ライトプラン」と、月間データ容量無制限で利用できる「ギガ放題プラン」があります。

どちらを選んでも月額料金からの大幅割引キャンペーンが適用され、2か月間は2,998円(税込)と安く利用できますよ。

さらにBroad WiMAXを申込んでから半年後には、5,000円の現金キャッシュバックも受けられますよ。

クレジットカード払いを選択すれば初期費用は事務手数料の3,300円のみで端末代金も無料なので、気軽にインターネットを始められます。

こうた
こうた

光回線だと開通工事までに2週間~1か月以上かかることもあるから、すぐにインターネットが使えるのはうれしいね!

とくこ
とくこ

もちろん、工事費もかからないし、月額料金も光回線の相場4,000円~5,000円より安いからコストを抑えられるわね。

工事不要で自宅メインなら「ホームルーター」!モバレコエアーがオススメ

インターネットは自宅でしか使わないけれど、開通工事ができないという方は、工事不要で光回線並の速度が出る「ホームルーター」をオススメします。

光回線もホームルーターも自宅でしか使えないインターネットサービスですが、以下の点が違います。

光回線 ホームルーター
最大速度
1~10Gbps
440Mbps~1Gbps
速度の安定度
シェア台数
制限なし
40~64台
工事が必要か
必要
不要
セット割の有無

※一部あり

オンラインゲームや動画配信といった100Mbps前後の下り・上り速度を必要としないのであれば、ホームルーターでも十分快適にネットが使えます。

光回線と同じようなセット割を適用できるホームルーターのなかでは、シェア台数も多く、962Mbpsで高速通信できる「モバレコエアー」がイチ押しです。

まずはモバレコエアーの概要をチェックしてみましょう。

【モバレコエアーの概要表】
エリア 日本全国
セット割 キャリア ソフトバンク
最大割引額 1,100円
最大速度 962Mbps
データ容量 無制限
月額料金 1~2ヶ月目:2,167円
3~23ヶ月目:3,679円
24ヶ月目以降:5,368円
契約事務手数料 3,300円
端末代 59,400円 ※キャンペーンで実質無料
キャンペーン内容 ・17,000円キャッシュバック
・おうち割 光セット
・端末代59,400円が実質無料
・他社違約金最大10万円負担(あんしん乗り換えキャンペーン)
・モバレコエアー限定月額キャンペーン
  →1~2ヶ月目-3,201円割引
  →3~24ヶ月目-1,689円割引
2年間の実質金額 76,918円
2年間の実質月額 3,077円
※価格はすべて税込

モバレコエアーはソフトバンクエアーの回線と端末を利用するホームルーターで、ソフトバンクのセット割「おうち割 光セット」を適用できます

ただし、ソフトバンクエアーはひかり電話を契約しなくてもセット割が適用されるので、NURO光やソフトバンク光より適用条件がやさしくなっていますね。

セット割が適用されると、月額最大1,100円がスマホ料金から差し引かれますよ

WiMAX以外のポケットWiFiには3大キャリアのセット割が用意されていないため、光回線を利用できないソフトバンクユーザーは、モバレコエアーに注目しましょう。

こうた
こうた

離れて暮らす家族にも10回線までセット割を適用できるから、ソフトバンクユーザーには特におすすめだよ。

とくこ
とくこ

光回線以外でソフトバンクのセット割が使える回線は少ないから、工事できない人にはとてもメリットが大きそうね。

モバレコエアーではキャンペーンで端末料金59,400円が無料になり、最新機種の「Airターミナル4」を利用できます。

Airターミナル4の仕様は以下のとおりです。

【Airターミナル4の仕様一覧表】
通信方式 4G方式 AXGP(2.5GHz)
TDD-LTE(3.5GHz)
4G LTE方式 FDD-LTE(2.1GHz)
通信速度 下り最大962Mbps
(8×8対応エリア以外は481Mbps)
周波数帯 2.4GHz帯/5GHz帯
最大接続数 64
サイズ 255×103×103mm
重量 約635g

一部の地域に限定されますが下り最大速度は962Mbpsを計測でき、その他の地域でも481MbpsというポケットWiFiを上回る速度で通信が可能です。

ポケットWiFi以上の回線速度を持ち、光回線と同じように無制限で通信できるインターネット回線をご希望なら、モバレコエアーをおすすめします。

スマホから手軽にネット接続ができる「テザリング」もオススメ

パソコンやゲーム機などをめったにインターネットへつなが人は、必要なときだけスマホのテザリング機能を使い、ネットを利用する方法もあります。

テザリングとは、スマホの電波をシェアするサービスです。

スマホのデータ容量が残っていれば、スマホをポケットWiFiとして使えるため、めったにネットを利用しない人には経済的な方法といえるでしょう。

キャリア名 基本料金 + テザリング利用料 月額料金合計
ドコモ
7,205円 + 0円
7,205円
au
7,238円 + 0円
※テザリングは30GB/月まで
7,238円
ソフトバンク
7,238円 + 550円
7,788円
楽天モバイル
3,278円+0円
3,278円
※価格はすべて税込

テザリングを使う場合、速度制限にかかるリスクを減らすため、スマホの料金プランは大容量プラン、もしくは使い放題プランを契約する必要があります。

スマホ料金は高くなりますが、インターネット料金はこれ以上発生しないので、利用頻度が少ない方にはオススメです。

光回線にまつわるよくある質問

あなたにオススメできる光回線がわかったところで、契約の前によくある質問とその答えもチェックしていきましょう。

こうた
こうた

わからないことや心配なことは、ここでズバッと解決しておこう!

とくこ
とくこ

光回線の契約前に知っておきたいポイントも解説しているから、ぜひ目を通しておいてね!

新規・転用・事業者変更の違いは?

光回線の契約は基本的に以下の3つの種類にわかれます。

【新規契約】

  • 現在光回線を契約していない
  • もしくはフレッツ光や光コラボ回線から独立回線へ乗り換える

【転用】

  • 現在フレッツ光を契約中で光コラボへ乗り換える

【事業者変更】

  • 現在光コラボを契約中でフレッツ光か他社光コラボへ乗り換える

申し込みの前に、自分はどの種類で契約するのかをしっかり理解しておきましょう。

こうた
こうた

現在どの光回線も契約していない人は、確実に新規契約だよ!

とくこ
とくこ

現在、フレッツ光か光コラボを契約中の人はチェックしておいてね!

「転用」とはフレッツ光から光コラボへ乗り換えること

現在フレッツ光を契約中の人は、フレッツ光を解約しなくても「転用」の手続きで簡単に光コラボへ乗り換えられます。

なぜなら、ドコモ光やソフトバンク光、So-net光プラスなどの光コラボはフレッツ光から回線を借り受けているので、同じ回線や設備で接続ができるからです。

転用のメリット
  • フレッツ光の違約金が免除される
  • 開通工事が不要
  • 光電話や光テレビなどのオプションが引き継げる
こうた
こうた

フレッツ光の違約金が免除されるのはうれしいよね!

転用で光コラボへ乗り換えるには、まず契約しているエリアのフレッツ光から「転用承諾番号」を取得します。

転用承諾番号は以下の窓口から手続きできますよ。

契約エリア 転用承諾番号取得窓口
NTT東日本 ・電話番号窓口:0120-140-202
(受付時間:9時~17時、年末年始以外)
インターネット窓口
(受付時間:8時30分~22時、年末年始以外)
NTT西日本 ・電話番号窓口:0120-553-104
(受付時間:9時~17時、年末年始以外)
インターネット窓口
(受付時間:7時~25時、年末年始以外)

転用承諾番号の取得に手数料はかかりませんが、乗り換え先の光コラボへ契約事務手数料3,300円を支払います。

事業者変更とはフレッツ光や光コラボ間で乗り換えること

事業者変更は現在光コラボを契約中の人が、フレッツ光か他社光コラボへ乗り換える際に利用できる制度です。

同じ回線を使う事業者へなら開通工事も不要で乗り換えできるので、auひかりやNURO光といった独立回線に乗り換える際には事業者変更でなく新規契約になります。

事業者変更のメリット
  • 開通工事が不要
  • 光電話や光テレビなどのオプションが引き継げる

ただし、フレッツ光からの転用と異なる点として、現在契約中の光コラボの違約金は乗り換え時に発生するので気をつけましょう。

解約違約金をかけずに乗り換えたいなら、契約更新月に事業者変更すれば違約金は発生しませんよ。

事業者変更をするには、契約中の光コラボ事業者から「事業者変更承諾番号」を取得します。

主な光コラボ事業者の事業者変更承諾番号取得窓口をまとめたので、参考にしてくださいね。

光コラボ事業者 事業者変更承諾番号
取得窓口
事業者変更承諾番号
発行手数料
ドコモ光 ・ドコモインフォメーションセンター
(151、もしくは0120-800-000、受付時間 9時~20時)
・ドコモショップ
3,000円
ソフトバンク光 ・ソフトバンク光サポートセンター
0800-111-2009、受付時間 10時~19時)
3,000円
So-net光 ・So-net事業者変更ダイヤル
0120-45-2522、受付時間 9時~18時)
3,000円
ビッグローブ光 ・ビッグローブ光 事業者変更窓口
0120-907-505、受付時間 9時~18時)
3,000円
OCN光 ・OCN光カスタマーズフロント
0120-506-506、受付時間 10時~19時)
3,000円

事業者変更の場合、解約は新たな光コラボ事業者と契約した時点で自動的に手続きが行われますよ。

光回線の申し込みから開通までの流れは?

光回線の申し込みから開通手続きまでの流れは、基本的に以下のとおりです。

こうた
こうた

光回線の申込みから開通までは、戸建てで1~2か月、マンションで2週間前後が一般的な目安だよ!

とくこ
とくこ

マンションで申込をするときは、まず管理会社の許可を取っておいてね。

①申し込みをする

今回紹介したオススメの光回線は、以下のとおりです。

各回線の解説では、もっともお得に契約できるキャンペーン窓口も紹介したのでぜひ参考にしてくださいね。

また、フレッツ光からの転用や他社光コラボからの事業者変更の方は、申込み前に転用承諾番号や事業者変更承諾番号を取得しておきましょう。

光コラボの窓口なら申込み時に契約種別を選べるので、転用もしくは事業者変更を選択し、承諾番号を入力します。

こうた
こうた

インターネット窓口から申込んでも、ちゃんと契約先の光回線事業者から確認の電話がくるから、不安な点やわからないことも直接質問できるよ。

②工事日の調整をする

光回線の工事は基本的に立ち合いが必須なので、スケジュール調整を行う必要があります。

契約者本人が立ち合えない場合は代理人を立てることも可能なので、難しい場合は工事の調整で連絡がきた際に相談をしてみましょう。

③開通工事・機器の設定

開通工事は約1時間で終了します。

工事完了後は事前にプロバイダなどから送られてきた契約書類や設定用の冊子をもとに、パソコンやスマホなどの接続設定をします。

接続機器の設定が完了すれば、光回線の利用を開始できますよ。

こうた
こうた

自分で設定するのが不安な人は、契約した光回線によって無料の訪問サポートで代行してもらえることもあるから、チェックしてみてね。

④利用開始後はキャンペーンの受取も忘れずに!

光回線を申し込んだ窓口によってキャッシュバックなどが受けられる場合は、開通後に受取手続きを行ってくださいね。

とくこ
とくこ

窓口によって申請手続きの時期や方法が異なるから、契約時にしっかり確認しておいてね!

キャッシュバックはとくに、自動的に適用されることはほとんどなく、申請手続きが必要なのでもらい忘れなどが起きないよう、申請時期をメモするなどしておきましょう。

乗り換え費用を負担してくれる光回線はある?

光回線は、更新月以外に他社へ乗り換えてしまうと解約違約金が発生します。

また、継続利用していれば工事費が実質無料になる光回線の場合、工事費が残っている状態で更新月に解約をしても翌月工事費が一括請求されてしまうので、注意しましょう。

こうた
こうた

以下の2つの光回線は他社解約違約金負担キャンペーンを実施しているよ!

とくこ
とくこ

乗り換えで発生する違約金が心配で迷っている人は、要チェックね!

違約金負担額 キャッシュバック
ソフトバンク光
(NEXT)
最大100,000円
最大36,000円
auひかり
(NEXT)
最大55,000円
最大65,000円

注意点として、他社解約違約金負担キャンペーンを受けるには乗り換え先の光回線を申込んでから、現在の回線を解約しなくてはいけません。

先に解約してから新たにソフトバンク光やauひかりを契約しても、他社解約違約金負担キャンペーンの適用とならないので気をつけましょう。

また、解約時に支払った違約金の明細書などを乗り換え先の光回線へ提出する必要があるので、無くさないようにキャンペーンを受けるまで大切に保管しておいてくださいね。

光回線を家電量販店やキャリアショップで申し込むのはお得?

光回線は主に、以下の窓口から申し込めます。

申し込み窓口
  • 公式サイト・電話
  • プロバイダサイト
  • 代理店サイト
  • 家電量販店
  • キャリアショップ

ずばり、光回線の申し込みは、還元率の高いインターネット窓口で行うのがお得です!

こうた
こうた

インターネット窓口とは、公式サイトやプロバイダサイト、代理店サイトといったオンライン上で申込める窓口のことだよ!

家電量販店やドコモショップなどのキャリアショップから申し込んでも、独自のキャンペーンを受けられる場合がありますが、対面で接客する窓口は人件費や店舗運営費がかかるため、インターネット窓口より還元率が低いです。

その点、インターネット窓口は経費が抑えられる分、キャッシュバックなどの還元率が大きくなっていますよ。

公式サイトは窓口限定の特設キャッシュバックなどを設けているか、プロバイダや代理店のサイトは独自キャンペーンがどこよりもお得かよく比較したうえで窓口を選びましょう。

今回、各回線で紹介したキャンペーン窓口はいくつものインターネット窓口しっかり比較した結果、本当にお得だと感じたサイトなので安心してくださいね。

光回線のキャッシュバックって本当にもらえる?

光回線の各窓口で実施しているキャッシュバックキャンペーンは、もらいやすさや申請手順をしっかり確認しておけば、必ず受け取れます。

ただし、キャッシュバックの受け取りに以下のような条件を出している窓口は良心的とはいえず、申請漏れや条件を満たせずに特典がもらえないこともあるので注意しましょう。

とくこ
とくこ

キャッシュバックはどんなに高額でも振り込まれなければ0円と同じ!

必ず以下の注意点を確認しておいてね!

注意点
  • 適用条件が厳しい
  • 手続き方法が複雑
  • キャッシュバックを得るために、多数の有料オプションを契約しなくてはならない
  • キャッシュバックの振込時期が半年以上先になる

キャッシュバックは有料オプションなしのネットのみ、またはネット+ひかり電話程度の申し込みで満額もらえる窓口を利用しましょう。

今回ご紹介した窓口は、すべて簡単にキャッシュバックをもらえるところばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

光回線の解約方法は?

光回線を解約するには、基本的に以下の手順で行います。

光回線の解約方法
  1. 契約中の光回線(サポートセンター)へ解約を申し出る
  2. 必要なら回線撤去工事を行う
  3. レンタルしている機器を返却する
  4. 解約費用があれば支払う

解約後は自宅内の光回線を撤去する工事が行われる場合もあります。

回線撤去工事の有無は事業者によって異なり、フレッツ光や光コラボの場合は必須ではありませんが、auひかりを戸建てで契約している場合は工事費28,800円を支払って必ず撤去工事をしなくてはいけません。

また、光回線事業者やプロバイダからルーターなどの宅内機器をレンタルしていた場合は、解約後、速やかに返却してくださいね。

とくこ
とくこ

レンタル機器は返却が遅れたり、破損した状態で返したりすると違約金が請求されるから気をつけて!

各光回線のくわしい解約方法や解約金は、以下の記事でまとめているのでチェックしてくださいね。

まとめ

光回線選びに失敗したくない人は、5つのポイントに注目して選ぶのがオススメです。

とくにスマホとのセット割が利用できるか、お得なキャンペーンが受けられるかに注目しながら、お住まいのエリアで契約できる光回線を選んでくださいね。

ずばり、今もっともおすすめできる光回線とスマホキャリアの組み合わせは、以下のとおりです。

おすすめの光回線

ちなみに、光回線をオススメできるのは以下の項目に当てはまる人です。

光回線がオススメできる人
  • 常に安定した速度で通信したい人
  • 大容量のデータ通信を行う人
  • 自宅で回線工事が可能な人
  • インターネットを利用する場所は自宅メインの人
  • 近く引越しの予定がない人

もし、光回線の工事ができない人や外でもインターネットがしたい人は、モバイル回線を検討しましょう。

ぜひ、本記事を参考に、ご自身に合ったインターネット回線を選んでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました