【2021年最新】ホームルーター13社徹底比較!おすすめ2選とメリット・注意点も解説 | マイナビニュース インターネット比較

【2021年最新】ホームルーター13社徹底比較!おすすめ2選とメリット・注意点も解説

ホームルーター ホームルーター

工事不要でコンセントにさすだけで自宅にインターネット環境を作れるホームルーターですが、在宅勤務やオンライン授業などで契約したいと考える方も多いですよね。

ホームルーターは現在、ソフトバンクエアーとWiMAXの2種類がありますが、申込む窓口によってお得度やキャンペーンが異なります。

今回マイナビニュース インターネット比較編集部が13社の窓口を比較した結果、もっともお得に使えてデータ容量も無制限のモバレコエアー(ソフトバンクエアーのアライアンスモデル)がオススメです!

モバレコエアー
Broad WiMAX
mobarecoair-okudakewifi-slider
broadwimax-okudakewifi-slider
previous arrow
next arrow
こうた
こうた

モバレコエアーは独自の割引とキャッシュバックで、ホームルーターの中でも最安値で契約できるよ!

ただし、ソフトバンクエアーは夜間に速度が遅くなりやすいという口コミもあるので、1日を通して安定して高速通信したいなら、5G対応のホームルーターが利用できるWiMAXもオススメです。

とくこ
とくこ

今回はそれぞれの特徴やキャンペーン内容をくわしく解説するわね!

結論として、ホームルーターは以下のポイントに当てはまる人にオススメです。

ホームルーターがおすすめな人
  • インターネットは自宅でしか利用しない人
  • 複数の端末や人数でインターネットを利用したい人
  • 光回線の工事ができない物件にお住まいの人
  • 転勤や引越しが多い人

基本的にオンラインゲームなどで必要な通信速度や安定性を求めている方には、無線の電波を使うホームルーターはおすすめできません。

高いレベルの速度や通信の安定性を求めている方は、光回線についてまとめた記事を参考にしてみてくださいね!

この記事を書いた人
マイナビニュース ネット比較編集部

マイナビニュースはビジネスパーソンに役立つ幅広いジャンルの情報を提供する総合ニュースメディアです。ニュースに限らず、役立つノウハウや体験レポート、製品レビューや企業のソリューションにまつわる記事まで業界を跨いだ網羅的な記事展開をしております。

マイナビニュース ネット比較編集部をフォローする

ホームルーターってなに?オススメできる人も解説

自宅のみで使える据え置き型の置くだけWiFi、それがホームルーターです!

ホームルーターなら自宅のコンセントに挿し込むだけで、工事不要のインターネット環境が整備できるのです。

こうた
こうた

ホームルーターは、ポケット型WiFiを大型にし、固定してコンセントで電力を賄う機器と考えるとわかりやすいよ。

電波で手軽にインターネットへアクセスする仕組みながらも、固定回線に近い安定したインターネット通信ができるのが、ホームルーターの強みです。

とくこ
とくこ

記事の後半ではホームルーターの特徴として、以下のメリットと注意点を解説するわよ!

上記を踏まえると、ホームルーターは次のような人におすすめといえます。

ホームルーターがおすすめな人
  • インターネットは自宅でしか利用しない人
  • 複数の端末や人数でインターネットを利用したい人
  • 光回線の工事ができない物件にお住まいの人
  • 転勤や引越しが多い人

当てはまる人は、ぜひホームルーターを申し込んでみましょう!

主なホームルーターは「ソフトバンクエアー」「WiMAX」の2種類

現在、ホームルーターの主だった機種はWiMAXソフトバンクエアーの2種類しかありません。

WiMAXとソフトバンクエアーの違いを最新機種で比較していますので、まずはご覧ください。

<ホームルーター 2種の概要>
ソフトバンクエアー
(モバレコエアー)
Airターミナル4
WiMAX
(BroadWiMAX)
月額料金
0〜1ヶ月目:2,167円
2〜23ヶ月目:3,679円
24ヶ月目以降:5,368円
0〜24か月目:4,763円
25か月目以降:5,313円
端末代金
実質無料
(レンタルは539円/月)
無料
キャッシュバック
17,000円
最大10,000円
セット割
・ソフトバンク
・ワイモバイル
・au
・UQモバイル
最大接続数
64台
32台
5G対応
最大通信速度
下り:962Mbps
下り:非公開
(Airターミナル4)
下り:2.7Mbps
上り:186Mbps
(HOME L11)
速度制限
なし
(夜間などは速度低下あり)
3日間で15GB以上
契約期間
2年
3年
契約期間ごとの実質月額
2,982円
4,760円

※実質料金は月額料金×契約期間+初期費用-キャンペーン還元額÷契約期間で算出
※画像はモバレコエアーBroadWiMAXから引用

それぞれ以下のような人におすすめです。

ソフトバンクエアーがおすすめな人
  • データ無制限で使いたい人
  • 細かい速度制限にかかりたくない人
  • ソフトバンク・ワイモバイルユーザー
WiMAXがおすすめな人
  • 実測値の速さを重視する人
  • 5G対応の最新機種が欲しい人
  • 解約後のサポートが手厚いところで契約したい人
  • au・UQモバイルユーザー

ずばり、ホームルーター選びに迷ったら料金の安いソフトバンクエアーがオススメです。

こうた
こうた

ソフトバンクエアーのアライアンスモデル・モバレコエアーから申し込めば、独自の割引やキャッシュバックがもらえるよ!

とくこ
とくこ

月額料金やキャッシュバック額を差し引いた実質料金も、モバレコエアーの方が安いわね!

ソフトバンクエアーはソフトバンク・ワイモバイルとのセット割も適用できるので、対象のスマホをお使いの方にもオススメですよ。

のちほど、ソフトバンクエアーのキャンペーン窓口比較や最安値で契約できるモバレコエアーの詳細をくわしく解説しますね。

ただし、ソフトバンクエアーには夜間など回線が混み合いやすい時間帯は通信速度が遅くなるという声も聞かれます。

実際の速度を測定できるみんなのネット回線速度では、ソフトバンクエアーの夜間の平均速度が以下のとおり紹介されています。

こうた
こうた

朝や昼はそれなりに出ているけど、夕方から夜にかけては大幅に速度が落ち込んじゃうね!

速度を重視してホームルーターを選びたいなら、5G対応の最新機種も登場しているWiMAXがオススメです。

とくこ
とくこ

WiMAXは独自のWiMAX2+回線を使っているから、速度が1日を通して安定しやすいのよ!

WiMAXはau・UQモバイルとのセット割も利用できますよ。

WiMAXも契約するプロバイダによって、月額料金やキャンペーンが異なります。

のちほど、WiMAXでキャンペーンが豊富なオススメのプロバイダも紹介しますよ!

【2021年】おすすめのホームルーターを紹介!

基本的に料金や完全無制限を重視するならソフトバンクエアーがおすすめ、速度を重視するならWiMAXがおすすめです!

おすすめホームルーター3選!

ホームルーターを安く契約したいなら、モバレコエアーがオススメです。

なぜなら、ソフトバンクエアーと同じ端末や回線を使うアライアンスモデルながら、独自の割引やキャッシュバックを用意しており、最安値で利用できるからです。

こうた
こうた

モバレコエアーはWiMAXと比較しても、ホームルーター最安で契約できるよ!

ただし、ソフトバンクエアーの端末は5G対応ではなく、速度はWiMAXの方が期待できます。

とくこ
とくこ

WiMAXもいくつかのプロバイダから申し込めて、契約先によってキャンペーンが異なるわよ!

速度重視のWiMAXを契約するなら、5G対応機種が無料でもらえてキャンペーンも豊富なBroadWiMAXがオススメですよ。

では、さらにくわしくモバレコエアーとWiMAXのサービス内容やキャンペーンを比較していきましょう。

料金重視&完全無制限ならモバレコエアー

引用:モバレコエア
【モバレコエアーの概要】
使用回線
AXGP回線
最大速度
(Airターミナル4)
下り:962Mbps
下り:非公開
データ容量
完全無制限
速度制限条件
なし
(夜間など速度低下あり)
月額料金
0〜1ヶ月目:2,167円
2〜23ヶ月目:3,679円
24ヶ月目以降:5,368円
契約事務手数料
3,300円
端末料金
実質無料
(レンタルは539円/月)
セット割
ソフトバンク・ワイモバイル
契約期間
2年
キャンペーン
・キャッシュバック17,000円
・月額料金割引
・違約金最大100,000円負担
・端末料金実質無料(購入の場合)
※価格は税込

ホームルーターでまずおすすめなのは、インターネットを完全無制限で楽しめるソフトバンクエアーです。

ソフトバンクエアーは細かい速度制限もなく完全無制限で使えるため、動画をたくさん見たり通信容量を気にせず使ったりしたい人におすすめですよ。

こうた
こうた

さらに、ソフトバンクエアーはソフトバンク・ワイモバイルとのセット割も利用できるよ!

セット割が適用されれば、1回線あたりソフトバンクなら最大1,100円、ワイモバイルなら最大1,188円割引になるのでお得です。

ソフトバンクエアーとワイモバイルをセットで利用している方は、通信費が月に5,500円ほどと安く抑えられていますよ。

ソフトバンクエアーをもっともお得に申し込めるのは、17,000円のキャッシュバックと月額料金割引により、実質料金が最安になるモバレコエアーです。

【比較表】
2年実質 月額料金 契約事務
手数料
キャッシュ
バック
2年合計 受け取り時期 手続き オプション
モバレコエアー
2,982円
0〜1ヶ月目:2,167円
2〜23ヶ月目:3,679円
24ヶ月目以降:5,368円
3,300円
17,000円
71,572円
翌月末
不要
ブロードバンドナビ
3,370円
0~11か月目:4,180円
12か月目~:5,368円
3,300円
37,000円
80,876円
7か月後
不要
NEXT
3,453円
0~11か月目:4,180円
12か月目~:5,368円
3,300円
35,000円
82,876円
2か月後
不要
アウンカンパニー
3,453円
0~11か月目:4,180円
12か月目~:5,368円
3,300円
33,000円
82,876円
2か月後
不要
エヌズカンパニー
3,453円
0~11か月目:4,180円
12か月目~:5,368円
3,300円
33,000円
82,876円
2か月後
不要
Yahoo!BB
3,787円
0~11か月目:4,180円
12か月目~:5,368円
3,300円
最大27,000円
90,876円
5か月後
ポケットモバイル
4,078円
0~11か月目:4,180円
12か月目~:5,368円
3,300円
最大30,000円
97,876円
2か月後
公式
4,672円
0~11か月目:4,180円
12か月目~:5,368円
3,300円
0円
112,132円
※価格は税込

モバレコエアーは独自の料金割引で最初の2か月間の月額料金が2,167円になり、24か月目まで3,679円と安く利用できます。

さらに、開通翌月末には17,000円キャッシュバックが、有料オプションなどの適用条件なしに受け取れますよ。

サービスや使用端末もほか窓口と一切変わらないため、ソフトバンクエアーを契約するなら、実質料金最安のモバレコエアーをぜひ検討してみましょう。

速度重視ならBroad WiMAX

BroadWiMAX
引用:Broad WiMAX
【BroadWiMAXの概要】
使用回線
WiMAX2+・au 4G LTE・au 5G
最大通信速度
(HOME L11)
下り:2.7Gbps
上り:186Mbps
データ容量
実質無制限
速度制限条件
3日間で15GB以上
月額料金
0〜24ヶ月目:4,763円
25ヶ月目以降:5,313円
契約事務手数料
3,300円
端末料金
0円
セット割
au・UQモバイル
契約期間
3年
キャンペーン
・最大10,000円キャッシュバック
・月額料金割引
・違約金最大19,000円負担
・いつでも解約サポート
解約違約金
1年目:28,050円
2年目:21,450円
3年目以降:14,300円
※Web割キャンペーン違約金を含む
※価格は税込

WiMAXホームルーターがおすすめな理由は、高速な通信速度にあります。

WiMAXは5Gに対応した最新機種を、2021年6月に発売していますよ。

引用:BroadWiMAX
こうた
こうた

ちなみに、2021年8月にはドコモからも5G対応のホームルーターが発売予定だよ!

ソフトバンクエアーの現行機種・Airターミナル4と比較しても、速度のスペックは大きく差が開いています。

  • WiMAX(HOME L11):下り最大2.7Gbps、上り最大187Mbps
  • ソフトバンクエアー(Airターミナル4):下り最大972Mbps、上り未公表

最新機種であるHOME L11はみんなのネット回線速度でも平均速度のデータがまだあがっていませんでしたが、WiMAX全体としては実測値が 下り37.13Mbps、上り5.79Mbpsと十分な速度が出ていますよ。

Twitterで「WiMAX 速度」と検索した結果、速さについて満足しているという口コミを発見しました。

上記の方は無線利用でも、下り190Mbpsというスピードが出ています!

WiMAXは有線接続もできるのでLANケーブルで機器をつなげれば、さらに安定した高速回線を使用することも可能です。

とくこ
とくこ

オンラインゲームや高画質の動画を楽しみたいなど、スピード重視ならWiMAXを選ぶべきね!

WiMAXは5G対応プラン「ギガ放題プラス」で契約することで、月間データ実質無制限のデータ通信を楽しめます。

速度制限は3日で15GB超えるとかかりますが、普通に使っていれば3日間で15GBを超えることはほとんどありません

しかも、制限時も1Mbpsまでの速度が出ますので、Webページの閲覧や標準画質動画の視聴であれば全く問題ないレベルです。

こうた
こうた

ソフトバンクエアーには速度制限がないけど、夜間は回線が混雑して速度低下が起こることもあるよ。

とくこ
とくこ

速度制限にかからなければ、WiMAXは夜でも安定して利用できるのがうれしいわね。

WIMAXホームルーターもさまざまなプロバイダから申込みができ、ソフトバンクエアー同様、契約先でキャンペーンや月額料金は異なります。

こうた
こうた

どこから申し込んでも、性能や速度、端末は一緒だよ!

WiMAXのプロバイダでもっともおすすめなのは、キャッシュバックと月額料金割引をダブルで受けられる「Broad WIMAX」です!

【比較表】
契約期間 実質月額 月額料金 端末代金 キャッシュ
バック
受け取り時期 手続き オプション
Broad WiMAX
(5G)
3年
4,760円
0〜24ヶ月目:4,763円
25ヶ月目以降:5,313円
無料
10,000円
6か月後
メール
カシモ WiMAX
(4G)
3年
3,994円
0ヶ月目:1,518円
1ヶ月目以降:3,971円
無料
So-net WiMAX
3年
4,414円
0か月目:0円
1〜12か月目:3,700円
13か月目以降:4,817円
無料
BIGLOBE WiMAX
1年
4,612円
0か月目:0円
4,378円
21,120円
17,000円
1か月後
Web
不要
カシモ WiMAX
(5G)
3年
4,704円
0ヶ月目:1,518円
1ヶ月目:4,500円
2ヶ月目以降:4,750円
無料
DIS mobile WiMAX
3年
4,803円
4,268円
16,500円
YAMADA air mobile
3年
4,803円
4,268円
16,500円
KT WiMAX
3年
4,803円
4,268円
16,500円
UQ WiMAX
(4G)
2年
5,060円
4,268円
16,500円
UQ WiMAX
(5G)
2年
5,071円
0〜24ヶ月目:4,268円
25ヶ月目以降:4,818円
21,780円
5,000円
5ヶ月後
メール
不要
※価格は税込

Braod WiMAXは初月から自動的に料金割引が適用され、ユーザーが何もしなくても初めから安い金額でホームルーターを利用できるのが特徴です。

開通から5か月に届くメールから申請手続きを行えば、6か月目の末日に10,000円のキャッシュバックがもれますよ。

とくこ
とくこ

BroadWiMAXは5G対応の最新ホームルーターの端末代金も無料なのよ!

また、契約後、万が一サービスに満足できなければ、更新月以外でも違約金無料で他社サービスへ乗り換えられる点も、大きな魅力となっています。

いつでも解約サポート
引用:Broad WiMAX

乗り換え先は指定回線となりますが、光回線からポケット型WiFiまで幅広いサービスを提案してくれるので、ご自身にぴったり合う乗り換え先を見つけられますよ。

Broad WiMAXについてお知らせ

BroadWiMAX では、現在「WiMAX2+」と「WiMAX +5G」の端末を提供しています。

しかし、現在「WiMAX2+」の在庫が少なくなってきている状態のため、新たに申し込む場合は、より速い速度で使える「WiMAX +5G」がオススメです。

  • 月額料金:4,763円~
  • 端末代金:0円
  • 【マイナビニュースからの申し込み限定】10,000円キャッシュバック
こうた
こうた

5Gプランの場合他社回線からの乗り換え違約金最大19,000円分の補填があるキャンペーンは利用できないよ!

Broad WiMAXの詳細をみる

契約期間なしでWiMAXを使いたいなら「縛られないWiFi」

Broad WiMAXの契約期間である3年が長いと感じる場合は、縛られないWiFiを検討してみましょう。

縛られないWiFiは解約期間なし、いつ解約しても違約金がかからない契約でWiMAXのホームルーターを利用できますよ。

【縛られないWiFiの概要】
使用回線 WiMAX2+・au 4G LTE
最大通信速度(HOME L02) 下り:1Gbps上り:75Mbps
データ容量 実質無制限
速度制限条件 3日間で10GB以上
月額料金 4,620円
契約事務手数料 3,300円
端末料金 0円
セット割 なし
契約期間 なし
キャンペーン なし
解約違約金 なし
※価格は税込
こうた
こうた

月間データ容量は無制限であることや速度制限の条件も普通のWiMAXと同じなんだね!

縛られないWiFi以外にも契約期間なしでWiMAXをレンタルしているサービスはありますが、実質料金でみると縛られないWiFiが最安です。

【比較表】
実質月額(1年間) 月額料金 初期費用
縛られないWiFi 4,874円 4,620円 契約事務手数料:3,300円
端末代:0円
縛りなしWiFi 4,984円 4,730円 契約事務手数料:3,300円
端末代:0円
GMOとくとくBBレンタル 5,204円 4,950円 契約事務手数料:3,300円
端末代:0円
※価格は税込

どのサービスも初期用は事務手数料3,300円のみ、端末代金もかかりません。

そのため、月額料金が最安の縛られないWiFiを選ぶことでもっとも安く利用できますよ。

ホームルーターを契約する3つのメリット

これからインターネットを契約する場合、光回線・ホームルーター・ポケット型WiFiどれを選ぼうか迷ってしまいますよね。

こうた
こうた

ここではホームルーターを選ぶべきメリットを3つ紹介するよ!

とくこ
とくこ

あなたにとってホームルーターが向いているか、考えながら読んでみてね!

工事なしでWiFi環境を作れる

ホームルーターは、電源プラグを自宅のコンセントに挿し込むだけで、インターネット環境を作れます。

光回線のように開通工事をする必要がないため、工事ができないマンションや賃貸住宅にお住いの方には大きなメリットです!

こうた
こうた

光回線の開通工事は壁に穴を開けたり、金具を取り付けたりする場合もあるよ。

とくこ
とくこ

賃貸住宅やマンションの場合は大家さんや管理会社の許可が、必ずいるのよ!

引越しが多い人にも、工事なしで新居に持ち運んですぐに使えるのでホームルーターは重宝しますよ。

ポケット型WiFiより速度が安定しやすい

ホームルーターも基地局から飛んでくる無線の電波を拾ってインターネットをつないでいるという点では、ポケット型WiFiと変わりません。

しかし、飛んでくる電波をキャッチするアンテナ性能や電波を飛ばすパワーなどは、ホームルーターの方が勝っているため、ポケット型WiFiより安定した高速通信が可能なのです。

こうた
こうた

ポケット型WiFiは10~20mしか電波を飛ばせないけど、ホームルーターなら50~100mも飛ばせるんだ!

とくこ
とくこ

ホームルーターはポケット型WiFiより大型のアンテナを備えているから、より電波をキャッチしやすいのよ。

たくさんの人で回線をシェアして使える

ホームルーターは30台以上の端末と同時接続できるため、家族全員でシェアして利用できるというメリットがあります。

また、一人暮らしでもホームルーターがあれば、パソコン・スマホ・ゲームなど多くの家電製品を同時にネットに接続できるため、非常に便利です。

とくこ
とくこ

でも、ポケット型WiFiでも回線をシェアできるわよね?

ポケット型WiFiの場合、同時に接続してインターネットができる端末は5台程度です。

外出先でも使えるので、旅行の時に家族や友達と回線をシェアして使うには良いかもしれませんが、自宅で使うには物足りないスペックだといえます。

こうた
こうた

IoT家電なども増えてきているから、固定回線代わりに使うには5台までという上限は意外と少ないんだ…

また、端末に複数台つなげるほど速度が遅くなるというデメリットもありますが、ホームルーターなら続数が多くなっても速度低下を起こしにくいですよ。

ホームルーターの注意点4つ

ホームルーターのメリットと同時に、以下の注意点も頭に入れておいてくださいね。

良いところばかりに目を向けていては、のちに不測の事態が起こった際の対処に困ってしまいます。

とくこ
とくこ

ホームルーターの注意点を理解したうえで、納得して申し込んでね!

自宅でしか使えない

ホームルーターはコンセントがないと通信できないため、基本的に自宅でしか使えません

とくに、ソフトバンクエアーは契約先住所で使うと規約違反で強制解約させられてしまうため、持ち運び厳禁です。

WiMAXホームルーターはエリア内なら持ち運び可能ですが、そもそもサイズが大きいため、持ち運ぶメリットはありません。

こうた
こうた

出先でもWiFiに繋ぎたい人はどうすればいいの?

ポケット型WiFiなら小型でどこにでも持ち運んで、利用できますよ。

外出先でもインターネットを使いたい人は、自宅内外問わずどこでも使えるポケット型WiFiを選択しましょう。

ホームルーターは自宅でしかインターネットを使わない人が契約するものだと思っておいてください。

回線速度の速さは光回線より劣る

ポケット型WiFiよりも通信が安定しているとはいえ、やはり電柱から光ファイバーを物理的なケーブルで引き込んでいる光回線には及びません。

たとえば、WiMAXのHOME L11は「最高速度2.7Gbps」と光回線と肩を並べるような速度が記載されていますが、これはベストエフォート値(理論上の数値)なので必ずしもその速度が出るとは限りませんよ。

とくこ
とくこ

フレッツ光と同じ下り最大1.2GbpsのスペックをもつL02という機種を実測値で比較してみたわよ。

WiMAX
(L02)
フレッツ光
最大通信速度
下り:1.2Gbps
上り:75Mbps
下り上り:1Gbpa
実測平均速度
下り:56.53Mbps
上り:7.98Mbps
下り:261.84Mbps
上り:195.73Mbps

WiMAXは最大通信速度1.2Gbpsの機種でも、最大通信速度1Gbpsの光回線の平均速度と比べて1/5しか実際には出ていません。

ホームルーターで使う無線の電波は環境の影響を受けやすいため、最大速度は普通の環境ではまず出ないとおもっておきましょう。

液晶画面がない

ホームルーターの魅力のひとつとしてスタイリッシュなフォルムがあります。

引用:BroadWiMAX

ただ、ホームルーターには液晶画面が付いていません。

「それがおしゃれ」と思う人も多くいますが、何かトラブルや不具合が起こった際に、液晶画面がないとどう対処していいのか分かりにくいのです。

不具合が起こった際は取扱説明書を見ながら、ランプの色や光り方をチェックする必要があります

こうた
こうた

ポケット型WiFiは液晶画面がついている機種がほとんどだから、電波状況やデータ消費量も一目でわかりやすいよ。

引用:BroadWiMAX

リセットの操作なども同様に説明書が必須となってくるので、液晶のある機器に慣れた人は、面倒だと感じるかもしれませんよ。

更新月以外の解約だと解約金がかかる

ホームルーターに限らず、光回線やポケット型WiFiにも共通しますが契約更新月以外の解約だと解約金がかかります。

1年目 2年目 3年目
モバレコエアー
10,450円
10,450円
10,450円
Broad WiMAX
28,050円
21,450円
14,300円
とくこ
とくこ

BroadWiMAXは最新機種も端末代金無料などキャンペーンが豊富なだけに、早期解約は高額な違約金がかかるわよ!

セリフ「違約金を避けたい場合は「縛られないWiFi」でのレンタルがおすすめ!」

Broad WiMAXは37カ月目の更新月中に、モバレコエアーは25カ月目の解約月中で解約すると解約金はかかりません。

また、モバレコエアー(ソフトバンクエアー)については、端末代金は3年間での分割払いとなっています。

3年以内に解約した場合は端末残債が解約時にかかりますので、注意をしてください。

解約金 端末残債
2年間で解約した場合
0円
19,800円
3年間で解約した場合
10,450円
0円

ホームルーターの申込み手順

手順 記載

ホームルーターの申込みから利用までの流れを解説します。

こうた
こうた

光回線のような開通工事も不要だから、だれでも簡単に使い始められるよ!

WiMAXであってもソフトバンクエアーであっても大きく違いはないので、くわしい解説を参考にしてくださいね。

利用予定の地域が対応エリアなのか確認する

WiMAXもソフトバンクエアーも日本全国で使用できますが、細かく住所を見ていくと、山間部や郊外など、一部使えない地域もあります。

とくこ
とくこ

ソフトバンクエアーとWiMAXのエリア検索ページをまとめたから、必ず申込み前にチェックしてね!

自宅が提供エリア外で、端末が届いてから使えなかったということが起きないように気をつけましょう。

WiMAXは15日間無料でエリアや速度を実際に使って確かめられる「Try WiMAX」も利用できるので、まずは自宅で十分に電波をキャッチできるか試してみるといいですね。

お得なWebサイトから申し込む

ホームルーターは、キャリアショップや家電量販店などの実店舗から申し込むこともできます。

ただし、今回ご紹介したようなキャッシュバックや割引といったお得なキャンペーンはWebサイトからの申込みでないと適用されません。

こうた
こうた

ソフトバンクエアーとWiMAXそれぞれの申込窓口を比較して、もっともオススメだったのは以下の2社だよ!

※クリックすると申込みサイトへジャンプします

ホームルーターを契約する際は、お得な限定キャンペーンを用意している窓口から申込みましょう。

自宅に届いたホームルーターの初期設定を行い利用開始

ホームルーターが自宅に届いたら、マニュアルに従い初期設定を行いましょう。

ただし、初期設定といってもホームルーターはコンセントに接続し、端末や説明書に記載されているSSIDとパスワードでスマホなどと接続すれば設定完了です。

とくこ
とくこ

設定も簡単なところが、ホームルーターのメリットでもあるわね!

ホームルーターに関するよくある質問

ここからは、ホームルーターに関するよくある質問や、再度チェックしておきたいポイントについておさらいしていきます。

こうた
こうた

ホームルーターの申込みをまだ迷っているなら、ぜひチェックしてね!

ホームルーターはどれがおすすめ?

ホームルーターは、各重視するポイントに沿って選ぶのがおすすめです!

完全無制限のホームルーターを安く契約したいなら、独自の割引サービスやキャッシュバックを実施しているモバレコエアーがオススメです。

ただし、モバレコエアーは夜間などに速度が遅くなりやすいなどの注意点があるので、速度を重視したいなら5G対応の最新機種を提供しているWiMAXを選びましょう。

引っ越し先で使う場合はどうしたらいい?

ホームルーターを引越し先で使う場合は、住所変更登録などの引越し手続きを行えば引き続き使うことができます。

光回線の場合は物件内に直接回線を引き込んでいるので、移転手続きをするとなると再度工事が必要になり大変です。

ホームルーターの場合は住所変更さえすれば、端末を持ち運んで移転先のコンセントに挿し込むだけなので便利ですよね!

とくこ
とくこ

引越しが多い人は光回線よりホームルーターがオススメね!

登録している住所以外で使うとどうなっちゃうの?

基本的に自宅以外での使用はできません

ホームルーターを登録している住所以外で使用すると、速度制限がかけられてしまったり、強制解約させられたりと厳しい罰則がかかるので、注意をしましょう。

こうた
こうた

ソフトバンクエアーは住所変更せずに登録した以外の場所で使うと、強制解約させられることもあるよ!

ただし、WiMAXホームルーターのみ、エリア内なら登録住所外でも利用可能です。

とくこ
とくこ

WiMAXは基本的にどこで利用してもペナルティなどはないから、あまり気にする必要はないわよ。

実家へよく帰ったり長期の出張が多かったりするなど、頻繁に場所を移動してホームルーターを使いたい人はWiMAXを選びましょう。

データ容量の上限や速度制限はないの?

データ容量の上限や速度制限は、ソフトバンクエアーとWiMAXで異なります。

  • モバレコエアー:容量完全無制限・速度制限原則なし
  • WiMAX:3日に10GB以上の利用で約1Mbpsの速度制限

※クリックで解説項目へジャンプします。

速度制限やデータ無制限で使いたいならモバレコエアー(ソフトバンクエアー)、多少制限があっても実測値重視で使いたいならWiMAXを選んでください。

とくこ
とくこ

モバレコエアーについてはこちらの記事でさらに解説しているわよ。

まとめ

ホームルーターはポケット型WiFiよりも回線速度が安定しており、光回線のような開通工事は不要なので気軽に高速のインターネットが楽しめます。

こうた
こうた

ずばり、ホームルーターは以下の方にオススメのサービスだよ!

ホームルーターがオススメな人
  • 自宅でしかインターネットを利用しない人
  • 複数の端末や人数でインターネットを利用したい人
  • 工事費を節約したい人
  • 引越しの予定があったり、同じところに長く住まない人

ホームルーターは現在、ソフトバンクエアーとWiMAXしかありませんが、それぞれお得な独自キャンペーンを実施する申込窓口が多数あります。

結論として、今回ご紹介した2つのホームルーターは目的別に以下の窓口からの申込みがおすすめですよ。

とくこ
とくこ

迷ったらホームルーター最安値のモバレコエアー、速度重視なら5G対応のBroadWiMAXを選んでね!

今回はホームルーターのメリットと注意点を、以下のとおり紹介しました。

ご自分のインターネットの使い方や重視したいポイントとあわせて検討してみてくださいね。

マイナビが選ぶ置くだけWiFiのおすすめ2選!
マイナビが選ぶ置くだけWiFiのおすすめ2選!
タイトルとURLをコピーしました