【2021年最新】徹底比較 | ホームルーターのオススメ3選!チェックすべき注意点も詳しく解説 | マイナビニュース インターネット比較

【2021年最新】徹底比較 | ホームルーターのオススメ3選!チェックすべき注意点も詳しく解説

ホームルーター ホームルーター

コンセントにさすだけでネット環境ができるホームルーター(置くだけWiFi)ですが、果たして自分に合っているのかわからないという方も多いでしょう。

結論としてホームルーターがおすすめできるのは以下のような人に限られます。

ホームルーターがおすすめの人
  • 自宅でしかインターネットを利用しない人
  • 複数の端末や人数でインターネットを利用したい人
  • 工事費を節約したい人
  • 引越しの予定があったり、同じところに長く住まない人

基本的にオンラインゲームなどで必要な通信速度や安定性を求めている方にはあまりホームルーターはおすすめできません。

そのため自分の使い方をしっかり把握することが大切です。

モバレコエアー【完全無制限なら!】
  • 17,000円キャッシュバック!
  • ソフトバンクエアーと同じ性能!
  • 実質月額(2年):2,982円
モバレコエアーで申し込む
Broad WiMAX【違約金補填&解約後サポート重視】
  • 他社違約金最大19,000円補填
  • いつでも解約サポートで無料乗換!
  • 実質月額(3年):3,619円
Broad WiMAXで申し込む

今回は、ホームルーターのメリットや注意点について詳しく解説しますので、本当に契約すべきかがこの記事でわかりますよ!

この記事を書いた人
マイナビニュース ネット比較編集部

マイナビニュースはビジネスパーソンに役立つ幅広いジャンルの情報を提供する総合ニュースメディアです。ニュースに限らず、役立つノウハウや体験レポート、製品レビューや企業のソリューションにまつわる記事まで業界を跨いだ網羅的な記事展開をしております。

マイナビニュース ネット比較編集部をフォローする

ホームルーターってなに?

自宅のみで使える据え置き型の置くだけWiFi、それがホームルーターです!

ホームルーターなら、工事不要で光回線にも引けを取らないインターネット環境が整備できるのです。

こうた
こうた

ホームルーターは、モバイルルーターを大型にし、固定してコンセントで電力を賄う機器と考えるとわかりやすいよ。

電波で手軽にインターネットへアクセスする仕組みながらも、固定回線に近い安定したインターネット通信ができるのが、ホームルーターの強みです。

【インターネット回線3種類の特徴の違い】
ホームルーター モバイルルーター 光回線
最大速度 440~1Gbps 440Mbps~ 1~10Gbps
速度の安定性
外で使える
シェア台数 40~64台 5~16台 6~制限なし
工事が必要か 不要 不要 必要
スマホ割引の有無 △ ※一部あり △ ※一部あり
※使用する機器や環境によって異なります。

主なホームルーターは「WiMAX」「ソフトバンクエアー」の2種類

光回線やモバイルルーターはさまざまな事業者が参入していますが、ホームルーターの主だった機種はWiMAXソフトバンクエアーの2種類しかありません。

以下にWiMAXとソフトバンクエアーの違いを比較していますので、まずはそちらをご覧ください。

【WiMAXとソフトバンクエアーの最新端末を比較】
WiMAX
「Speed Wi-Fi L02」
ソフトバンクエアー
「Airターミナル4」
最大速度 下り最大1Gbps 下り最大962Mbps
サイズ 178×93×93mm 225×103×103mm
重さ 約436g 約635g
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac IEEE802.11a/b/g/n/ac
最大同時接続台数 40台 64台
本体価格 16,500円(基本0円) 65,340円(実質0円) ※1
※表示は全て税込
※1 本体代金は月額割引で実質無料

【2021年】おすすめのホームルーターを紹介!

実際にホームルーターを契約するのであれば、どの窓口から申し込むのがお得なのかという点をまとめて、おすすめの窓口を紹介していきます。

基本的に通信容量を重視するならソフトバンクエアーがおすすめ、速度を重視するならWiMAXがおすすめです!

ただしオンラインゲームなど、高いレベルの速度や通信の安定性を求めている方は、ホームルーターをおすすめできません。

そんな方は、光回線についてまとめた記事を参考にしてみてくださいね!

モバレコAir(モバレコエアー)【完全無制限なら!】

モバレコエアー
引用:モバレコエア

ホームルーターでまずおすすめなのは、完全無制限で使うことのできるソフトバンクエアーです。

ソフトバンクエアーはWiMAXのように3日で10Gという制限もなく完全無制限で使えるため、動画をたくさん見たり、通信容量を気にせず使ったりしたい人によりおすすめといえます。

また、ソフトバンクエアーはソフトバンクスマホとセット割を効かせると、スマホ料金が毎月最大1,100円も安くなる点も魅力です。

セット割は最高10回線まで適用できるため、家族にソフトバンクユーザーが多い人は1年間で最大132,000円ものスマホ代を節約できますよ!

そんなソフトバンクエアーをもっともお得に申し込めるのは、17,000円のキャッシュバックと月額料金割引により、実質料金が最安になるモバレコエアーです。

【比較表】
2年実質 月額料金
(1~2ヶ月)
月額料金
(3~12ヶ月)
月額料金
(13~24ヶ月)
契約事務
手数料
キャッシュ
バック
2年合計 受け取り時期 手続き オプション
モバレコエアー 2,982円 2,167円 3,679円 3,679円 3,300円 17,000円 71,572円 翌月末 不要
NEXT 3,907円 5,368円 5,368円 5,368円 3,300円 30,000円 93,764円 2ヶ月後 不要
アウンカンパニー 3,907円 5,368円 5,368円 5,368円 3,300円 30,000円 93,764円 2ヶ月後 不要
エヌズカンパニー 3,907円 5,368円 5,368円 5,368円 3,300円 30,000円 93,764円 2ヶ月後 不要
ポケットモバイル 3,907円 5,368円 5,368円 5,368円 3,300円 30,000円 93,764円 2ヶ月後
Yahoo!BB 4,136円 5,368円 5,368円 5,368円 3,300円 25,000円 99,264円 5ヶ月後
ブロードバンドナビ 3,740円 5,368円 5,368円 5,368円 3,300円 37,000円 89,764円 7ヶ月後 不要
公式 5,282円 5,368円 5,368円 5,368円 3,300円 0円 126,764円
※ 契約期間は一律2年間
※ 解約金10,450円(更新月以外の解約で)
※ 端末代金の65,340円は、月額割引-1,815円で実質無料

モバレコエアーのキャッシュバックや割引は、有料オプションを契約しなくても必ず適用されます。

サービスや使用端末もほか窓口と一切変わらないため、ソフトバンクエアーを契約するなら、実質料金最安のモバレコエアー一択です!

Broad WiMAX【違約金補填&解約後サポート重視】

BroadWiMAX
引用:Broad WiMAX

ホームルーターで次におすすめなのは、WiMAXです。

WiMAXホームルーターがおすすめな理由は、高速な通信速度にあります。

実測値を調査したところ、ソフトバンクエアーの実測値が 40.37Mbpsに対し、WiMAXは50.21Mbpsも出ているため、スピード重視ならWiMAXを選ぶべきです。

とくこ(ビックリ)
とくこ(ビックリ)

WiMAXの方が、早いのね!

ただし、WiMAXは3日で10GB以上利用すると、翌18時~翌々2時まで最大1Mbpsの通信制限にかかる点がソフトバンクエアーより劣る点でもあります。

しかし、3日で10GBという容量を守れば実質無制限で利用できますし、制限速度の1Mbpsも検索やSNSが十分楽しめる速度なので、大きなデメリットにはならないでしょう。

WIMAXホームルーターもソフトバンクエアー同様、さまざまな窓口から申し込めます。

こうた
こうた

どこから申し込んでも、性能や速度、端末は一緒だよ!

異なる点は料金やキャッシュバックのみです。

その点を加味すると、もっともおすすめなのは、キャッシュバックに頼らなくても実質料金を安くできる「Broad WIMAX」になります!

【比較表】
実質月額 月額料金 初期費用 キャッシュバック 契約期間 解約金
GMOとくとくBB
WiMAX(CB)
3,903円 0~2ヶ月目:3,969円
3~24ヶ月目:4,688円
25ヶ月目以降:4,688円
3,300円 最大30,200円 3年 1~12ヶ月目:20,900円
13~24ヶ月目:15,400円
25ヶ月目~:10,450円
37ヶ月目(更新月):0円
Broad WiMAX 3,876円 0〜2ヶ月目:2,999円
3〜24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
3,300円 5,000円 3年 1~12ヶ月目:31,350円
13~24ヶ月目:25,850円
25ヶ月目~:10,450円
37ヶ月目(更新月):0円
カシモWiMAX 3,994円 開通月:1,518円
3,971円
3,300円 0円 3年 1~12ヶ月目:20,900円
13~24ヶ月目:15,400円
25ヶ月目~:10,450円
37ヶ月目(更新月):0円
So-net WiMAX 4,414円 開通月:0円
1〜12ヶ月目:3,700円
13ヶ月目〜:4,817円
3,300円 0円 3年 1~12ヶ月目:20,900円
13~24ヶ月目:15,400円
25ヶ月目~:10,450円
37ヶ月目(更新月):0円
BIGLOBE WiMAX
※口座振替対応
4,686円 開通月:0円
4,378円
24,420円 17,000円 1年 1~12ヶ月目:1,100円
13カ月目~:0円

Braod WiMAXは、初月から料金割引が適用されているため、ユーザーが何もしなくても初めから安い金額でホームルーターを利用できる点が特徴です。

また、契約後、万が一サービスに満足できなければ、更新月以外でも違約金無料で他社サービスへ乗り換えられる点も、大きな魅力となっています。

いつでも解約サポート
引用:Broad WiMAX

乗り換え先は指定回線となりますが、光回線からポケットWiFiまで幅広いサービスを提案してくれるので、ご自身にぴったり合う乗り換え先を見つけられますよ。

とくこ
とくこ

でも、実質料金が最安になるお得な窓口は、「GMOとくとくBB」じゃないの?

確かに、キャッシュバック額や実質料金の安さだけで見ると、GMOとくとくBB WiMAXが最安です。

しかしGMOとくとくBBは、約1年後に進呈されるキャッシュバックをもらい損ねると実質料金が高くなってしまうため、絶対に安くなるとは言い切れません。。

仕事が忙しい人や、普段メールボックスを見ない人は申請忘れのリスクが高くなりますので、もらい忘れのリスクを少しでも無くしたいなら、確実に安く使えるBroad WiMAXを選びましょう。

こうた
こうた

1年後に進呈かあ…。
ぼくの場合、受け取り忘れが怖いからBroad WiMAXがいいな。

ちなみに、当サイトからの申し込みであれば、特別に5,000円のキャッシュバックがもらえます!

こちらは限定キャッシュバック特典となっていますので、Broad WiMAXを検討している方は、ぜひ下のボタンから公式サイトへアクセスしてみてください。

高額キャッシュバックがほしいなら、「GMOとくとくBB WiMAX」がおすすめ

実質料金の安さ重視なら、高額キャッシュバックがもらえる「GMOとくとくBB」からの申し込みがおすすめです。

ただし、キャッシュバックをもらうためには、先ほどもお話したように契約から11ヶ月後に届くメールからの申請手続きが必要です。

こうた
こうた

申請手続きを忘れると、キャッシュバックがもらえないよ!

キャッシュバックは申請手続きを終えた翌月末日に振り込まれるため、実際に受け取れるのは約1年後であることを覚えておきましょう。

WiMAXの解説①:速度・繋がりやすさともに安定

現在では、基地局20,000局以上、主要都市の人口カバー率は99%となっており、日本にいればどこでもつながると言っても過言ではありません。

また、最新機種「Speed Wi-Fi L02」は、より最適な電波をより遠くへ強く飛ばすことに成功しています。

そして近頃、新型コロナウィルスの影響でテレワークが急増し混乱している様子を見せるWiFiルーター業界ですが、WiMAXはこれまでと変わらず新規の契約を受付、端末の発送もほぼ遅れることなく続けています。

Twitterで「WiMAX 速度」と検索した結果、速さについて満足しているという口コミを発見しました。

この方は、深夜でも84Mbpsといった十分な速度が出ることに満足しているようですね。

普通にインターネットを使うためには、30~50Mbpsもあれば十分なので、ストレス無く利用できていることでしょう。

この方は無線利用でも190Mbpsというスピードが出ていますね!WiMAXは有線接続もできるので、端末にケーブルを挿せば、さらに安定した高速回線を使用することも可能です。

WiMAXの解説②:「ギガ放題」プランで月間データ量無制限

ギガ放題プランにすることで、月間データ無制限のデータ通信を楽しむことができます。

速度制限は3日で10GB超えるとかかりますが、普通に使っていれば3日間で10GBを超えることはほとんどありません

しかも、制限時も1Mbpsまでの速度が出ますので、Webページの閲覧や標準画質動画の視聴であれば全く問題ないレベルです。

こうた
こうた

月額料金割引キャンペーンが自動的に適用されますので、確実に月額料金を安くすることができるよ!

ホームルーターを契約する3つのメリット

今からインターネットを始める人は「固定回線(光回線)」「モバイルルーター」「ホームルーター」の3つのうち、どれにするかという選択になります。

それぞれにメリットはありますが、ここではホームルーターのメリットを3つ紹介します。

一つひとつを詳しく解説していきます。

工事なしでWiFi環境を作れる

ホームルーターは、コンセントがあればWiFi環境を作ることができます。

光回線のように工事をする必要がないため、工事ができないマンションや賃貸住宅にお住いの方には大変大きなメリットです!

モバイルルーターより速度が安定しやすい

基地局から飛んでくる電波を拾って、回線をつないでいるという点ではモバイルルーターと変わりません。

しかし、飛んでくる電波をキャッチするアンテナ性能や電波を飛ばすパワーなどは、ホームルーターの方が勝っているため、モバイルルーターより安定した高速通信が可能なのです。

こうた
こうた

モバイルルーターは10~20mしか電波を飛ばせないけど、ホームルーターなら50~100mも飛ばせるんだ!

だから、家の隅々まで電波を飛ばせるんだよ。

たくさんの人で回線をシェアして使える

ホームルーターは40台以上の端末と同時接続できるため、家族全員で回線をシェアしても回線がパンクしないというメリットがあります。

また、一人暮らしでもホームルーターがあれば、パソコン・スマホ・ゲームなど多くの家電製品を同時にネットに接続できるため、非常に便利です。

とくこ
とくこ

モバイルルーターでも回線をシェアできるわよね?

モバイルルーターの場合、1台で回線をシェアできるのは5人程度です。

外出先でも使えるので、旅行の時に家族や友達と回線をシェアして使うには良いかもしれませんが、自宅で使うには物足りないスペックだといえます。

また、回線はシェア上限に近づくほど速度が遅くなるというデメリットもありますが、ホームルーターのように上限が多ければ、接続数が多くなっても速度低下を起こしにくくなります。

これらの点から、ホームルーターはモバイルルーターより快適な通信環境を整えられるサービスであることがわかりますね!

ホームルーターの注意点4つ

メリットと同時に頭に入れておかなくてはならないのが注意点です。

良いところばかりに目を向けていては、のちに不測の事態が起こった際の対処に困ってしまうでしょう。

ここで紹介するホームルーターの注意点は以下の3つです。

一つひとつを詳しく解説していきます。

自宅でしか使えない

ホームルーターはコンセントがないと通信できないため、基本的に自宅でしか使えません

中でも、ソフトバンクエアーは契約先住所で使うと規約違反で強制解約させられてしまうため、持ち運び厳禁です。

WiMAXホームルーターはエリア内なら持ち運び可能ですが、そもそもサイズが大きいため、持ち運ぶメリットはありません。

したがって、ホームルーターは自宅でしかインターネットを使わない人が契約するものだと思っておいてください。

こうた
こうた

出先でもWiFiに繋ぎたい人はどうすればいいの?

外出先でもインターネットを使いたい人は、自宅内外問わずどこでも使えるモバイルルーターを選択しましょう。

モバイルルーターなら契約先住所外でも使えるため、急な引っ越しが決まった場合でも手続き不要で持ち運び利用できますよ。

回線速度の速さは光回線より劣る

モバイルルーターよりも通信が安定しているとはいえ、やはり電柱から光ファイバーを物理的なケーブルで引き込んでいる光回線には及びません。

ホームルーター機器のスペックなどを見ると「最高速度1Gbps」など光回線と肩を並べるような速度が記載されている場合もありますが、これはベストエフォート値なので必ずしもその速度が出るとは限りません。

むしろ、電波は環境の影響を受けやすいため、最大速度は普通の環境ではまず出ないでしょう

液晶画面がない

ホームルーターの魅力のひとつとしてスタイリッシュなフォルムがあります。

ただ、この本体デザインには液晶画面が付いていません。

「それがおしゃれ」と思う人も多くいますが、何かトラブルや不具合が起こった際に、液晶画面がないとどう対処していいのか分かりにくいのです。

不具合が起こった際は取扱説明書を見ながら、ランプの色や光り方をチェックする必要があります

リセットの操作なども同様に説明書が必須となってくるので、液晶のある機器に慣れた人は、面倒だと感じる人が多いようです。

更新月以外の解約だと解約金がかかる

ホームルーターに限らず、光回線やモバイルルーターでもそうですが契約更新月以外の解約だと解約金がかかります。

1年目 2年目 3年目
GMOとくとくBB WiMAX 20,900円 15,400円 10,450円
モバレコエアー 10,450円 10,450円 10,450円

GMOとくとくBB WiMAXは37カ月目の更新月中に、モバレコエアーは25カ月目の解約月中で解約すると上記の解約金はかかりません。

また、モバレコエアー(ソフトバンクエアー)については、端末代金は3年間での分割払いとなっています。

3年以内に解約した場合は端末残債が解約時にかかりますので、注意をしてください。

解約金 端末残債
2年間で解約した場合 0円 19,800円
3年間で解約した場合 10,450円 0円

こんな人はホームルーターがおすすめ!

手順 チェック

ここまで解説してきたホームルーターの特徴は以下のとおりです。

メリット 注意点
・工事なしでWiFi環境を作れる
・モバイルルーターより速度が安定しやすい
・たくさんの人で回線をシェアして使える
・自宅でしか使えない
・回線速度の速さは光回線より劣る
・液晶画面がない

これらを踏まえると、ホームルーターは次のような人におすすめといえます。

ホームルーターがおすすめな人
  • 頻繁に転居の必要があるなど、同じところに長く住まない人
  • インターネットは自宅でしか利用しない人
  • 複数の端末や人数でインターネットを利用したい人
  • 工事費を節約したい人

この条件に当てはまる人は、ぜひホームルーターを申し込んでみましょう!

※現在は、新型コロナウィルスの影響のためモバイルルーターの新規受付・端末発送に支障がでている事業者があります。

ホームルーターの申し込み手順

手順 記載

申し込みから利用までの流れを解説します。

WiMAXであってもソフトバンクエアーであっても大きく違いはないので、参考にしてみてください。

  1. 利用予定の地域が対応エリアなのか確認する
    WiMAXもソフトバンクエアーも日本全国で使用できますが、細かく住所を見ていくと、山間部や郊外など、一部使えない地域もあります。
    必ず申し込み前に公式サイトからエリア確認を行い、届いてから使えなかったということが起きないようにしましょう。
  2. お得なWebサイトから申し込む
    ホームルーターは、キャリアショップや家電量販店などの実店舗から申し込むこともできます。
    ただし、今回ご紹介したようなキャッシュバックや割引といったお得なキャンペーンはWebサイトからの申し込みでないと適用されません。
    したがって、ホームルーターを契約する際は、必ずWebサイトから申し込みましょう。
  3. 自宅に届いたホームルーターの初期設定を行い、利用を開始する
    ホームルーターが自宅に届いたら、マニュアルに従い初期設定を行いましょう。
    ただし、初期設定といってもホームルーターはコンセントに接続し、端末や説明書に記載されているSSIDとパスワードでスマホなどと接続すれば設定完了です。

だれでも簡単に使い始められるので、安心してください。

よくある質問

ここからは、ホームルーターに関するよくある質問や、再度チェックしておきたいポイントについておさらいしていきます。

ぜひチェックしてみてくださいね!

ホームルーターはどれがおすすめ?

ホームルーターは、各重視するポイントに沿って選ぶのがおすすめです!

以下に今回ご紹介したホームルーター3社の解説項目へジャンプするリンクを貼っていますので、目的に合わせてご自身に合うものをを読んでみてください。

引っ越し先で使う場合はどうしたらいい?

ホームルーターを引越し先で使う場合は、引越し前に住所変更登録などの引越し手続きを行えば引き続き使うことができます。

詳細については、ホームルーターの契約先に確認しましょう!

登録している住所以外で使うとどうなっちゃうの?

基本的に自宅以外での使用はできません

ホームルーターを登録している住所以外で使用すると、速度制限がかけられてしまったり、強制解約させられたりと厳しい罰則がかかるので、注意をしましょう。

ただし、WiMAXホームルーターのみ、エリア内なら登録住所外でも利用可能です。特に罰則もありませんので、頻繁に場所を移動してホームルーターを使いたい人はWiMAXを選びましょう。

容量制限や速度制限はないの?

以下のように、容量制限や速度制限は、契約先ホームルーターによって異なります。

  • モバレコエアー:容量完全無制限・速度制限原則ナシ
  • WiMAX:3日に10GB以上の利用で約1Mbpsの速度制限
    ※詳しくは、記事内の各解説をチェックしてみてくださいね!

速度制限やデータ無制限で使いたいならモバレコエアー(ソフトバンクエアー)、多少制限があっても実測値重視で使いたいならWiMAXを選んでください。

まとめ

ホームルーターは、モバイルルーターよりも回線速度が安定しており、かつ固定回線のような開通工事は不要なWiFiルーターです。

モバイル回線電波を利用してインターネットへ接続する仕組みのため、手軽に強力なWiFi環境を整えられます。

今、ホームルーターの契約を考えているのなら、ソフトバンクエアーか、WiMAXをおすすめします

それぞれ以下のような人におすすめです。

ソフトバンクエアーがおすすめな人
  • データ無制限で使いたい人
  • 速度制限にかかりたくない人
  • ソフトバンクユーザー
WiMAXがおすすめな人
  • 実測値の速さを重視する人
  • 高額キャッシュバックをもらいたい人
  • 解約後のサポートが手厚いところで契約したい人

ソフトバンクエアーもWiMAXホームルーターも、申し込み窓口は多数あります。しかし、どこから申し込んでも使用できる端末や通信品質に変わりはないので、料金の安さやサポートの手厚さなど、ご自身が重視したいポイントを満たす窓口から申し込んでください。

今回ご紹介した2つのホームルーターは、目的別に以下の窓口からの申し込みがおすすめです。

おすすめのホームルーター
タイトルとURLをコピーしました