ホームルーター(置くだけWiFi)のおすすめ3社を比較!注目したいポイントも【2024年3月】 | マイナビニュース インターネット比較
PR

ホームルーター(置くだけWiFi)のおすすめ3社を比較!注目したいポイントも【2024年3月】

ホームルーター おすすめ ホームルーター
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

ここ最近でよく聞くようになったホームルーター(置くだけWiFi)は、光回線に比べて馴染みがなく何がおすすめなのか分からない人が多いんのではないでしょうか。

ホームルーター、通称「置くだけWiFi」は、インターネットを工事不要で手軽に利用できる自宅用Wi-Fiルーターです。

光回線を利用する際は基本的に開通工事が必要ですが、ホームルータ(置くだけWiFi)の場合はコンセントに指すだけでWiFiが使用できます。

こうた
こうた

特に一人暮らしや引越しを考えている方には、このタイプのWiFi環境が理想的でおすすめだね!

本記事では、特にドコモhome 5G、WiMAX、ソフトバンクエアーなどの無制限で使用できるホームルーターについて、速度や料金を含めた5つのポイントで比較しています。

また、実際にこれらのサービス( WiMAX(au)・ドコモhome 5G・ソフトバンクエアーの各ホームルーター )をマイナビ編集部で契約し、各端末の性能や本当の無制限性を検証しています。

さらに、30社以上のホームルーターを提供する企業の最新料金プランやキャンペーン情報(※1月25日調査)についても調査しています。ホームルーターをお得に契約したい方にとっては、必見の情報です。

この記事でわかること
  • ホームルーター(置くだけWiFi)のおすすめポイントは?
  • ホームルーターの5つの比較ポイント
  • ホームルーター(置くだけWiFi)3社の比較
  • ホームルーター(置くだけWiFi)の最安料金ランキング

【注目】ホームルーター(置くだけWiFi)「ドコモのhome 5G」

home 5G( ドコモのホームルーター)はコンセント挿入することで、すぐに5Gの高速通信が無制限で利用可能です。ドコモオンラインショップから契約すれば、以下の2つの特別キャンペーンを適用できます。

home 5Gのお得なキャンペーン内容
  • dポイント15,000pもらえる
  • 3,850円分の初期費用(事務手数料)が無料になる

ドコモオンラインショップ限定で、dポイントや契約手数料の割引などの特別キャンペーンが適用されます。


もし29歳以下で月のデータ使用が30GBを下回る場合、月額から1,760円が割引される特典があります。この割引は最大で12ヶ月続き、合計で21,120円の節約が可能です。若年層にとって、今が加入の絶好のチャンスと言えるでしょう。

※詳細を押すと説明箇所までスクロールされます

執筆者

マイナビニュース インターネット比較
マイナビニュースはビジネスパーソンに役立つ幅広いジャンルの情報を提供する総合ニュースメディアです。ニュースに限らず、役立つノウハウや体験レポート、製品レビューや企業のソリューションにまつわる記事まで業界を跨いだ網羅的な記事展開をしております。

[PR]工事不要格安SIMユーザーはGMOとくとくBBホームWi-Fi

最大70,000円キャッシュバック

  • データ容量無制限!
  • ずっと月額4,928円!
  • 端末代金実質無料!
とくとくBBホームWi-Fi
の詳細をみる
運営者情報
当サイトの光回線事業者推奨情報は、総務省消費者庁が管理する関連法や公表情報などを参考に作成されています。詳細なコンテンツポリシーや調査の概要については、こちらをご覧ください。(記事執筆ポリシー)
この記事の監修者
小川 正人(Ogawa Masato)

新聞社が推薦する通信サービスに精通したコンサルタント。QUANTA代表。光回線や携帯電話・ポケット型WiFiなどのモバイルサービスの専門家。大手家電量販店で販売員を行っていたが光回線やモバイルサービスの種類や料金体系の複雑さを痛感。「お客様が最適なプランを選べるようにしたい」との思いからlivedoorの通信サービスメディアサイト「livedoor Choice」に携わる。一時期は光回線を3社、携帯電話を15社同時に契約していた。2019年には2019年度バリューコマースMVPを受賞。監修者について(マイベストプロ)

小川 正人(Ogawa Masato)をフォローする
おトクモール
おトクモール
  1. ホームルーター(置くだけWiFi)のおすすめポイントは?選定のコツを2分で解明
    1. おすすめ無制限ホームルーター(置くだけWiFi)は?間違えない選び方を解説
  2. 【2024年最新】 おすすめホームルーターの5つの比較ポイント
    1. 比較ポイントその①:月額料金
    2. 比較ポイントその②:端末料金
    3. 比較ポイントその③:通信速度
    4. 比較ポイントその④:対応エリア
    5. 比較ポイントその⑤:端末到着時期
  3. おすすめ3社のホームルーター(置くだけWiFi)を徹底比較|WiMAX・home 5G・ソフトバンクエアー
    1. WiMAXはバランス型!通信速度・料金ともに重視したい人
    2. home 5Gは速度特化型!通信速度を重視したい人
    3. ソフトバンクエアーは料金特化型!料金を重視したい人
  4. おすすめホームルーターを料金比較!各プロバイダの最安ランキング
  5. ホームルーターで速度・料金ともに重視したい人はWiMAXがおすすめ
    1. WiMAXでホームルーターを契約するならGMOとくとくBBが最安
    2. 口座振替での契約を検討している人におすすめ!BIGLOBE WiMAX
  6. 【通信速度重視の人におすすめ】 ドコモhome 5G
    1. 5G対応高速通信が可能!ドコモのプラチナバンドを使用していて繋がりやすい
    2. home 5G端末は最速で届く!最安なドコモオンラインショップ
  7. 【安さ重視の方におすすめ】ソフトバンクエアー
  8. 最安料金で契約は高額キャッシュバックのモバレコAirがおすすめ
    1. モバレコエアーを契約する人は外でも使える革命セットもおすすめ!
  9. ホームルーター(置くだけWiFi)の選び方5つの重要な比較ポイント解説
    1. ①料金比較:契約全期間を通じて最も安いのはソフトバンクエアー
    2. ②端末料金比較:解約時は、違約金に加えて端末の残債にも注意が必要
    3. ③通信速度の比較:ドコモhome5Gが最も高速!ホームルーターの中では一位
    4. ④対応エリアの比較:自身の住まいが対応エリア内か確認すること
    5. ⑤端末到着時期比較:最短翌日でホームルーターが届くのはWiMAX
  10. ホームルーター(置くだけWiFi)は工事が不要で無制限にインターネットを利用できるタイプのWi-Fiルーター
    1. 他のWiFiサービス( 光回線(固定回線)やモバイルルーター)との比較
    2. 工事が不要でインターネット利用が可能なモバイルルーターとホームルーター(置くだけWi-Fi)
  11. ホームルーター(置くだけWiFi)のメリット・デメリット | 他のWiFi回線と比較結果を解説
    1. ホームルーター3つのメリット
    2. ホームルーターの3つの注意点
  12. ホームルーターのまとめ
  13. ホームルーターのよくある質問
    1. ホームルーター(置くだけWiFi)とは?
    2. ホームルーターと置くだけWiFiの違いはあるの?
    3. 光回線とホームルーターの違いはなに?
    4. モバイルルーターとホームルーター(置くだけWi-Fi)の違いはなに?
    5. ホームルーター(置くだけWi-Fi)はどんな人におすすめできる?
    6. 自宅以外でもホームルーター(置くだけWi-Fi)は使えるの?
    7. ホームルーター(置くだけWi-Fi)人気3社の比較結果で、最もおすすめは?
    8. 無制限とされるホームルーター(置くだけWiFi)には、注意すべき点がある
    9. ホームルーター(置くだけWiFi)にauや楽天モバイル回線はある?
    10. オンラインゲームはホームルーター(置くだけWi-Fi)でできる?
    11. ホームルーター(置くだけWi-Fi)は購入、レンタルどちらがおすすめ?

ホームルーター(置くだけWiFi)のおすすめポイントは?選定のコツを2分で解明

2024年におすすめされているホームルーターには、WiMAX、ドコモhome 5G、そしてソフトバンクエアーが含まれています。これらはすべてデータの使用に上限がなく、無制限利用が可能です。

さらに高速インターネット接続ができるため、快適に使用ができます。

これら3社の最新モデルはどれも人気の高いパフォーマンスを誇り、日々の使用において満足いくものです。

スマートフォンのキャリアとセットで適用されるスマホ割が可能な製品を選ぶことで、さらにお得に契約することが可能です。

WiMAXはauキャリアの方が割引に、ドコモhome 5Gはdocomoキャリア、ソフトバンクエアーはSoft Bankキャリアの方が割引になりますよ。

ホームルーターの楽天ターボとauホームルーターはおすすめ?

結論からいうと、楽天モバイルの「楽天ターボ」やauのモデルはおすすめしがたいと言えるでしょう。

楽天ターボは、対応エリアの限られた楽天モバイルの回線を使用し、価格も他社に比べて高めです。

また、楽天ターボと楽天モバイルとのスマートフォンセット割引も存在しないため、楽天モバイルの顧客にとっても特にメリットはありません。

auのモデルについても、WiMAXと同じ端末を使用していながら、より高価な料金設定がされています。そのためWiMAXの方が同じ品質をより手頃な価格で契約ができるため、WiMAXを選択することをおすすめします。

おすすめ無制限ホームルーター(置くだけWiFi)は?間違えない選び方を解説

ホームルーターで選びで間違えないためには、契約中のスマホキャリアと同じキャリア回線を選ぶ方法(スマホセット割)と、自分のニーズに合わせた料金、速度、エリアなど選ぶ方法の2つ。

契約しているスマホとのセット割引が利用できる各ホームルーターの選び方は次のとおりです。

スマホセット割引が可能なホームルーターの選定方法
  • auキャリアユーザー、UQモバイルユーザー➡WiMAX契約がおすすめ
  • ドコモキャリアユーザー➡home 5G契約がおすすめ
  • ソフトバンクキャリアユーザー、ワイモバイルユーザー➡ソフトバンクエアー契約がおすすめ

※リンクをクリックすると、各ホームルーター(置くだけWiFi)のおすすめ契約先(プロバイダ)の詳細解説まで進みます。
格安SIMのahamo、povo、LINEMOは各ホームルーター(置くだけWiFi)とのスマホセット割引を利用できないため注意


ただし、下記に当てはまる方は、WiMAX、ドコモのhome 5G、ソフトバンクエアーのなかから、自分の求めるニーズに合ったホームルーター(置き型WiFi)を選ぶのがおすすめです。

  • 楽天モバイルや格安SIMなどを使用しており、回線とスマホのセット割引が適用されない方
  • 料金だけでなく、速度、対応エリア、キャッシュバックなどセット割引内容以外の観点も踏まえた上で、ホームルーターの契約を考えたい人

この場合でスマホとのセット割引を適用しない場合のWiMAX、ドコモhome 5G、ソフトバンクエアーのニーズに合った選び方は以下のとおりです。

スマホセット割以外ニーズで選ぶホームルーターの選定方法
  • WiMAX➡料金と速度のバランスがいいため、バランス重視の方におすすめ。さらに最短翌日の届くため、最速でWiFi環境が欲しい方にもおすすめ
  • home 5G➡速度が一番出るホームルーターのため速度重視の方におすすめ。
  • ソフトバンクエアー➡料金が最も安く使えるホームルーターのため料金重視の方におすすめ

ンクをクリックすると、各ホームルーター(置くだけWiFi)のおすすめ契約先(プロバイダ)の詳細解説まで進みます。

すでに契約したいホームルーターが確定している方は、「詳細はこちら」のボタンから、各ホームルーターの解説箇所へお進みください!スクロールで詳細解説まで進みますよ。

※上記のボタンから各ホームルーターの解説箇所にスクロールします。

【2024年最新】 おすすめホームルーターの5つの比較ポイント

ここでは、おすすめの無制限ホームルーターの比較ポイントを紹介します。2024年1月現在、おすすめしたい人気のあるホームルーター(置くだけWiFi)は以下の3種類になります。

【2024年2月】おすすめホームルーター(置くだけWiFi)3選
  • KDDIの回線を使用しているWiMAX
  • docomoの回線を使用しているhome 5G
  • softbankの回線を使用しているSoftBank Air

auホームルーター(置くだけWiFi)はWiMAXと同じ端末ですが、WiMAXより料金が高く設定されているためおすすめできません。
※楽天モバイルのホームルーターである楽天ターボ(Rakuten Turbo)は対応エリアが狭く、さらに料金が高いためおすすめできません。

auが市場に出しているホームルーターは、WiMAXと同様の端末とネットワークを使用していますが、WiMAXの方が料金面で優位です。

端末の性能が同じで料金が安く済むのであれば、WiMAXのほうがおトクということになります。

一方、楽天モバイルの楽天ターボは月額が高めで、こちらはおすすめリストには含めていません。

そこで、当サイトではauや楽天のモデルを比較から除外し、より安く回線を利用できる選択肢としてWiMAX、ドコモhome 5G、ソフトバンクエアーを提案しています。

ホームルーターを選ぶ際は、これからご紹介する重要な比較要素を参考にして、最適なものを選定することをお勧めします。まずはホームルーター選択における5つの主要な比較ポイントを詳しく見ていきましょう。

比較ポイントその①:月額料金


ホームルーターを選ぶ際は、月々の支払い以外にも初期費用やキャッシュバックを考慮し、実質のコストを理解することが肝心です。

そのため、総費用(初期費用などすべてにかかる費用)を契約期間で割った平均月額を基に、プランを比較することが賢明な選択となります。

比較ポイントその②:端末料金


分割でホームルーターを支払うと、特定のキャンペーンにより実質的な負担がなくなることがありますが、契約期間中に解約すると残る端末代を全額支払う必要が出てきます。

そのため、端末価格が低いプランは解約時の経済的リスクが減少するため、より安心です。

比較ポイントその③:通信速度


ホームルーターの性能は、通信速度や利用可能な回線、端末のスペックによって変わります。

もちろん、速度もそれぞれで違うため契約前にはしっかり確認することが重要になってきます。

自分の用途に適した通信速度を持つモデルを選ぶことが大切です。

比較ポイントその④:対応エリア

ホームルーターによっては、サービスエリア外であるため自宅でインターネットが使えないこともあります。

そのため、 希望しているホームルーターが自分のエリアに対応しているか事前に確認しましょう。

比較ポイントその⑤:端末到着時期


光回線のような工事が不要なホームルーターは、契約翌日からWiFiが使える場合があります。

ただし、端末の配送期間はモデルによって翌日から2週間まで大きく異なるため、急ぎでWiFiを必要とする場合は配送時期の確認が重要です。

人気のホームルーターWiMAX、ドコモhome 5G、ソフトバンクエアーはいずれもデータ容量が無制限

三大ホームルーター(WiMAX、ドコモhome 5G、ソフトバンクエアー)はいずれもデータ容量が無制限です。したがって、通信容量は比較の際に考慮する必要がありません。

ホームルーターは、月額料金、端末代、通信速度、エリア対応、端末到着時期の観点から比較することが可能です。

これらの要素は各社で異なるため、重要視する点に基づいて選ぶことが推奨されます。

料金、速度など、重視する点を中心に、WiMAX、ソフトバンクエアー、ドコモhome 5Gの三社を比較しましょう!

おすすめ3社のホームルーター(置くだけWiFi)を徹底比較|WiMAX・home 5G・ソフトバンクエアー

ホームルーター(置くだけWiFi)の種類と比較ポイントについてここまで説明を行ってきました。それぞれ提供各社で端末の価格、通信速度、月額料金などが異なります。

そのためまずは、2024年最新情報でホームルーターおすすめ3社(WiMAX・ドコモhome 5G・ソフトバンクエアー)を比較する必要があります。

まずは、各会社のホームルーターの料金面について比較していきます。

人気ホームルーター(置くだけWiFi) 3社の料金項目比較表
ホームルーター
機種
WiMAX
Speed Wi-Fi
HOME 5G
ドコモ
home5G
ソフトバンクエアー
Airターミナル5
端末
月額料金契約初月:1,089円
1~12ヶ月目:3,784円
13~35ヶ月目:4,334円
36ヶ月目以降:5,104円
4,950円契約初月:1,320円
1~11ヶ月目:3,080円
12~23ヶ月目:4,180円
24ヶ月目~:5,368円
端末価格27,720円71,280円71,280円
端末割引なし-71,280円※1-71,280円※1
実質月額料金※24,092円4,547円3,034円
キャッシュバック金額25,000円※315,000円34,000円※3
キャッシュバック
受け取り時期
端末発送月の翌々月末

現金
契約から1年後
利用開始月の
4ヶ月後の月
最短翌月
スマホとのセット割引au
最大1,100円割引
UQモバイル
最大1,100円割引
ドコモ
最大1,100円割引
ソフトバンク
最大1,100円割引
ワイモバイル
最大1,188円割引
※それぞれ最安の契約先の料金で比較しています。
WiMAXはGMOとくとくBB、home 5Gはドコモオンラインショップ、ソフトバンクエアーはモバレコエアーから契約した場合の料金となります。
※1 3年間の端末割引を利用することで端末代金は実質無料となります。
※2 契約期間内に必要な費用の総額を契約月数で割った金額。端末の分割払い回数の違いにより、WiMAX(GMOとくとくBB)、モバレコAir:36ヶ月、home 5G:37ヶ月で計算しております。
※3 当サイト限定キャンペーンを利用して契約した場合の料金です。

この表から、各ホームルーターの実質月額料金を比較するとソフトバンクエアー、WiMAX、home 5Gの順に安いということが分かりますね。

ただし、ソフトバンクエアーのキャッシュバックは端末購入時についてくる特典のため注意が必要です。

より早くキャッシュバックを受け取りたい方は、当サイトがおすすめしているGMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックを利用して、WiMAXのホームルーターを契約するのがおすすめです。

こうた
こうた

WiMAXはキャッシュバック時期も早いうえに、端末が届くのも早いから急ぎの人にも最もおすすめだね!


さらに、以下のキャリアでスマートフォンプランを持っている場合、スマホと組み合わせることでセット割引の恩恵を受けることができます。

スマホと組み合わせた場合のセット割引の内容と適用可能なプランの詳細は、以下を参照してください。

  • auスマートバリュー:毎月最大1,100円をauのスマホ・携帯利用料金から割引されるキャンペーン
  • 自宅セット割:毎月最大858円割引をUQmobileの携帯利用料金がされるキャンペーン

auスマートバリューの対応プラン

UQモバイルの自宅セット割対象プラン

home 5Gセット割:ドコモのスマホプランを契約しているスマホ料金が永年毎月1,100円割引

home 5Gセット割対応プラン

  • おうち割光セット:永年1,100がソフトバンクのスマホプランを契約しているスマホ料金割引
  • おうち割 光セット(A):永年1,188円がワイモバイルのスマホプランを契約しているスマホ料金割引

おうち割光セットの対応プラン

おうち割 光セット(A)の対象プラン

人気ホームルーター(置くだけWiFi) 3社のサービス・端末スペック項目比較表
ホームルーター
機種
WiMAX
Speed Wi-Fi
HOME 5G L13
ドコモ
home5G HR02
ソフトバンクエアー
Airターミナル5
端末
下り最大速度4.2Gbps4.2Gbps2.1Gbps
上り最大速度183Mbps218Mbps-(記載なし)
下り平均速度123.67Mbps157.07Mbps102.57Mbps
上り平均速度22.06Mbps18.44Mbps9.95Mbps
データ利用量無制限無制限無制限
対応エリア
(WiMAX 2+回線
au 4G/5G回線が
利用可能)

(プラチナバンドが
無制限で利用可能)

(対応エリア外は申し込み不可)
端末の到着時期最短翌日最短3日~2週間最短3日
自宅(登録住所)以外
での利用
可能不可不可
※引用:みんなのネット回線速度(https://minsoku.net/)


選択に際して、各ホームルーターは評価項目によって異なる強みを持っています。

最優先事項に基づき適切なルーターを選定することをおすすめします。

選択肢に迷っている方のために、これから比較表のデータを基に、各ホームルーターの特徴とどういった方におすすめなのか詳しく解説します!

また、マイナビインターネット比較と関連メディアのわたしのネットにてホームルーター4社の比較を動画内でまとめております。

興味のある方はこちらの動画もチェックしてみてくださいね。

WiMAXはバランス型!通信速度・料金ともに重視したい人

WiMAXは5つの比較ポイント(月額料金・端末料金・通信速度・対応エリア・端末の到着時期)すべてにおいてバランスがとれており、最もおすすめしたいホームルーター(置くだけWiFi)です。

WiMAXのホームルーターの特徴

  • 料金(月額料金・端末代金)が安く、速度も最大通信速度が4.2Gbpsと超高速
  • ホームルーターが最短翌日には届く
  • ホームルーターの利用が登録住所以外でも可能
  • au、UQモバイルのスマホとのセット割引キャンペーンが適用可能

home 5Gは速度特化型!通信速度を重視したい人

ドコモのホームルーターhome 5Gは通信速度が速く高スペックなホームルーター(置くだけWiFi)がほしい人におすすめです

ただし、料金が少し高いので料金を気にする人にはおすすめできません。

ドコモのホームルーターhome 5Gの特徴

  • 全てのホームルーターのなかで最速であり、実際の速度も高速結果が出ている
  • ドコモ回線(プラチナバンド)を利用しているため安定でどこでも繋がりやすい
  • ドコモのスマホとのセット割引キャンペーンが適用可能

ソフトバンクエアーは料金特化型!料金を重視したい人

ソフトバンクエアーはWiMAX・home5Gと比べて料金が最も安く、料金重視の人におすすめです。

実質月額料金は3,034円と他社ホームルーターと比較して、最安で契約できます

ただし、速度の面で不安定なところもあるため、速度重視の方にはおすすめできません。

ソフトバンクエアーの特徴

  • 全ホームルーターのなかで最安で契約が可能
  • Airターミナル5では、夜間の速度制限も緩和
  • ソフトバンク、ワイモバイルのスマホとのセット割引キャンペーンが適用可能

先ほど紹介した比較表内のホームルーターは、選択するプロバイダに応じて費用面で差異が出ます。

次のセクションでは、WiMAX、ドコモhome 5G、ソフトバンクエアーの各プロバイダ別の最新の料金プランを検証し、コストパフォーマンスに優れたおすすめのプロバイダをご紹介します。

おすすめホームルーターを料金比較!各プロバイダの最安ランキング

ここでは、各それぞれのホームルーター(置くだけWiFi)を最も安くお得に契約できるプロバイダ(代理店)をランキング形式で安さ順に紹介します。

どのプロバイダも回線、端末は同じなため速度や対応エリアは同ですが、唯一大きく異なるのが料金なのです。

さらに、各プロバイダは差異を出すために独自キャンペーンを実施しています。

各プロバイダをそれぞれ比較すると年間で10,000円以上料金が安いところもあるんですよ。損しないためにもしっかり確認することが大事です。

ホームルーター(置くだけWiFi)を契約可能なプロバイダは、WiMAX・ドコモhome 5G・ソフトバンクエアーとなっており、 合計30社以上が存在します。

使いたいホームルーター1種類に対して、契約できるプロバイダが複数あると、どこから申し込むのがおトクなのかわかりづらいです。

そんな疑問を解決するためにマイナビインターネット編集部では、各プロバイダの料金を比較し最も安く契約できるホームルーターのプロバイダをご紹介していきます!

比較表には以下3つの料金を掲載
  • 契約期間中の「総支払い額」(初期費用を含むすべての支払い費用)
  • 総支払い額を契約期間で割った「実質月額料金
  • 割引キャンペーンの「キャッシュバック金費用

以上、3つの料金をもとに、それぞれのホームルーター( WiMAX・ドコモhome 5G・ソフトバンクエアー )の最もお得でおすすめなプロバイダを確認していきましょう。

WiMAXの比較

ホームルーター(置くだけWi-Fi) プロバイダ別 料金比較ランキング【2024年最新】
プロバイダ 総支払い※1実質月額料金キャッシュバック
GMOとくとくBBWiMAX
(最安プロバイダ)
詳細はこちら
¥156,533 ¥4,231 ¥25,000
BIGLOBEWiMAX
(口座振替対応)
¥180,708 ¥4,884 ¥0
カシモWiMAX¥178,156¥4,815 ¥0
BroadWiMAX¥181,280¥4,899 ¥16,000※2
Vision WiMAX¥194,094¥5,246 ¥0
※1 BIGLOBE WiMAXは端末の分割払いが契約翌月から24回のため25ヶ月(36回払い/37ヶ月契約も可能です)、GMOとくとくBB WiMAX/カシモWiMAXは契約月から36回のため36ヶ月、Broad WIMAXは契約翌月から36回のため37ヶ月、UQ WIMAXは契約翌々月から36回のため38ヶ月で計算しています。
※2当サイト限定キャンペーン
ホームルーター(置くだけWi-Fi) プロバイダ別 料金比較ランキング【2024年最新】
プロバイダ支払総額実質月額料金キャッシュバック
ヨドバシWiMAX¥170,445¥4,607¥0
hi-ho
¥200,066
¥5,557¥0
Yamada Air Mobile
(ヤマダ電機)
¥200,462¥5,568¥0
BIC WiMAX
(ビックカメラ)
¥183,742¥5,104¥0
KT WiMAX
(ケーズデンキ)
¥197,162¥5,477 ¥0
エディオン¥200,462¥5,568 ¥0
UQWiMAX¥192,548¥5,067 ¥0
au¥231,938¥6,104 ¥0

home 5Gの比較

ホームルーター(置くだけWi-Fi) プロバイダ別 料金比較ランキング【2024年最新】
代理店総額(3年)※1実質月額料金※1キャッシュバック
ドコモ
オンラインショップ
詳細はこちら
¥168,150\4,545\15,000※2
GMOとくとくBB\169,074\4,570\18,000
※1 home 5Gは端末分割払いの開始月が契約翌月のため、端末代金の36回払いの支払いが終わる37ヶ月を契約期間として計算しています。
※2 キャッシュバックは現金ではなく、Amazonギフト券のプレゼントです。

ソフトバンクエアーの比較

ホームルーター(置くだけWi-Fi) プロバイダ別 料金比較ランキング【2024年最新】
代理店総額(3年)実質月額料金キャッシュバック
モバレコAir
詳細はこちら
\127,188\3,438\17,000
ソフトバンク¥176,220¥4,895¥0
ACE¥127,368¥3,538¥44,100
エフプレイン¥132,092¥3,669¥37,000
ブロードバンドナビ¥138,468¥3,846\33,000
※3年以内に端末料金を完済する場合の総額・実質月額です。
代理店総額(3年)実質月額料金キャッシュバック
NEXT¥146,220¥4,062¥30,000
エヌズカンパニー
¥141,220
¥3,923¥35,000
NNコミュニケーションズ
¥131,468
¥3,652¥40,000
アウンカンパニー¥146,220¥4,062¥30,000
Yahoo BB¥151,220¥4,201¥25,000
LifeBank¥151,020¥4,195¥25,000
GMOとくとくBB¥137,220¥3,812¥39,000
Story
¥151,020
¥4,195¥25,000
オープンプラット
¥151,020
¥4,195¥25,200

2024年1月現在の結果、 WiMAX・ドコモhome 5G・ソフトバンクエアー で料金をそれぞれ比較したところ、おすすめは以下のようになりました。

  • WiMAX(au)の最安1位➡「GMOとくとくBB WiMAX」
  • ドコモhome 5Gの最安1位➡「ドコモオンラインショップ」
  • ソフトバンクエアーの最安1位➡「モバレコAir」

ここから先は、WiMAXから順番におすすめプロバイダ(代理店)の詳細を解説していきます。ホームルーターを最安値で契約するために押さえるべきポイントもあるので、契約をご検討の人はぜひ確認してください。

それではまずWiMAXのおすすめプロバイダである「GMOとくとくBB WiMAX」について見ていきましょう!

なお、最安のドコモhome 5Gのプロバイダはこちらから、そして最安のソフトバンクエアーのプロバイダはこちらから下にスクロールできます。

GMOとくとくBB WiMAXはWiMAXをリーズナブルに利用できるため、お勧めです。5つの比較ポイントからバランスの取れたホームルーターをお求めの方には、以下のホームルーター(置くだけWiFi)がおすすめです。

ホームルーターで速度・料金ともに重視したい人はWiMAXがおすすめ


全体的な利点から見てWiMAXはおすすめされるホームルーターであり、「月額料金」「端末料金」「通信速度」「対応エリア」「端末の到着時期」という重要な5つの項目で他より優秀です。5G回線を活用し、WiMAXのダウンロード速度は4.2Gbpsに達し、光回線と比較しても低コストで利用可能です。その結果、高速で格安なホームルーターとして評判が高いことがわかります

市場に出ているWiMAXプロバイダが扱う最新のモデルは「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」で、このWiMAXの最新ホームルーター L13は以下の技術仕様を備えています。

端末スペックは以下の通りです。

機種名Speed Wi-Fi HOME 5G L13
端末画像
対応回線au 5G回線,au 4G LTE回線,
WiMAX 2+回線
最大通信速度
(下り/上り)
4.2Gbps/286Mbps
端末価格770円(36回払い)
27,720円(一括払い)
※1 端末を分割で支払う場合に、その期間内で発生する全費用です。例えば、BIGLOBE WiMAXでは端末の分割支払いが24回終了する25ヶ月間、GMOとくとくBBは36回の分割支払い完了後の36ヶ月間の総費用が表示されています。
※2 端末の分割支払い総額を契約期間の月数で割ったものです。

WiMAXの最新モデルL13のホームルーターは無制限のデータ使用と高速な通信を実現しています。実質的な月額費用は4,064円で、コストパフォーマンスに優れた自宅WiFi利用が可能です。

こうた
こうた

速度も最大通信速度が4.2Gbpsとなっているから快速に使えそうだよね!

L13を最もお得に契約するためのおすすめのWiMAXプロバイダには、GMOとくとくBB WiMAXとBIGLOBE WiMAXがあります。これらの GMOとくとくBB WiMAXとBIGLOBE WiMAXのプロバイダにはそれぞれ特色がありますので、以下に示された比較表を参照し、個々のニーズに合ったWiMAXプロバイダを選定すると良いでしょう。

WiMAXおすすめプロバイダ2選
プロバイダ名GMOとくとくBBBIGLOBE
ロゴ画像
おすすめ
ポイント
実質月額料金が最安口座振替対応の
WiMAXプロバイダ
のなかで最安
実質月額料金※1¥4,231¥4,884
キャッシュバック金額¥25,000¥0
※1 当サイトからキャッシュバックを利用した場合の料金

プロバイダ比較の結果、最安だったため WiMAXの契約を最も経済的に考える場合、GMOとくとくBB WiMAXが適しています。一方で、クレジットカードを使用せず口座振替で支払いを希望する方にはBIGLOBE WiMAXが良い選択肢です。

以降では、GMOとくとくBB WiMAXとBIGLOBE WiMAXのそれぞれに関して、WiMAXプロバイダの特徴やサービス内容について詳しく解説していきます。

WiMAXでホームルーターを契約するならGMOとくとくBBが最安

GMOとくとくBB WiMAXは、25,000円の高額なキャッシュバックキャンペーンによって、他社と比較して最安値で利用できるWiMAXプロバイダです。現在、GMOとくとくBB WiMAXは2種類のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

他社の違約金が20,000円かかる状況であっても、41,000円のキャッシュバックが提供されることから、実質違約金を相殺しても21,000円の利益が得られます。

これら2種類のキャッシュバックの条件を一覧表にして説明していきます。

GMOとくとくBB WiMAXが実施中のキャンペーン比較表
キャンペーン詳細 25,000円 キャッシュバック 41,000円 キャッシュバック
最大の キャッシュバック金額 25,000円 41,000円
キャッシュバック 受け取り回数 1回
キャッシュバック 受け取り時期 契約から1年後
キャッシュバック 申請方法 契約から11ヶ月目に届く メールの案内に従って口座番号を登録
適用条件 ・他社違約金相当額が20,000円未満であること ・他社違約金相当額が20,000円以上であること
・契約から3ヶ月目の末日までに他社を解約し、違約金明細の写真を提出すること

これらのキャンペーンを受けるためには、当サイトに掲載されている特設ページからの申し込みが必要です。誤ったURLへのアクセスは、キャッシュバックの機会を逃す原因となりますので、細心の注意が求められます。

GMOとくとくBB WiMAXのキャンペーンのメリットは以下の通りです。

GMOとくとくBB WiMAXのキャンペーンによるメリット

  • 全ての申込者全員が25,000円のキャッシュバックをもらえる
  • 他社の違約金が20,000円を上回る場合、キャッシュバック額が41,000円に増加
  • 受け取るキャッシュバックは商品券やギフト券ではなく、現金で提供される

これらを踏まえて、おすすめは以下の人たちです。

おすすめできる人
  • 商品券やAmazonギフト券などではなく、現金でのキャッシュバックがいい人
  • 乗り換えを検討していて、20,000円以上の違約金が出る人
  • auやUQモバイルのスマホを利用している人
  • ホームルーターの契約を考えている人

キャンペーン内容のなかには、ポイントの還元だったり商品券、Amazonギフト券などで還元される会社もありますが、現金であれば確実で利用用途も増えるのでおすすめです。

さらに乗り換えの人は41,000円ものキャッシュバックがあるので、倍おトクですよね。

次にそれぞれのキャッシュバックの受け取り方を見ていきましょう。

【新規の方必見】25,000円キャッシュバックの受け取り方法

25,000円のキャッシュバックを確実に受け取るためには、追加の手続きが求められます。この手続きを怠ると、キャッシュバックを得る機会を失うので、注意が必要です。

この部分では、GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックを確実に受け取るための具体的な方法と必要な手順について詳しく説明します。

  • 当記事のサイト経由でGMOとくとくBB WiMAXに申し込む

キャッシュバックの対象となるのは、本ウェブサイト経由でアクセス可能なキャンペーンページからホームルーターの申し込みを行った方に限られます。URLの入力間違いは、キャッシュバックの受け取りを逃す原因となりますので、慎重にアクセスすることが重要です。

  • 契約から11ヶ月後に届くメールを受け取る

ホームルーターを契約してから11ヶ月が経過すると、「キャッシュバック特典の振込みに関するご指定口座確認のご案内メール」がGMOとくとくBB WiMAXより送られてきます。重要な点は、このメールが通常使用しているメールアドレスではなく、GMOとくとくBB WiMAXに契約時に設定した「基本メールアドレス」宛に届くことです。このため、特に注意が必要です。

  • メールの案内に従って振込み先の口座を登録する

受信したメールの指示に従い、キャッシュバックを受け取るための口座番号を登録する必要があります。口座情報の登録が遅れた場合、キャッシュバックの受取ができなくなる恐れがあるため注意が必要です。メールの到着時期を見逃さないよう、カレンダーに日付をメモしておくことを推奨します。例えば、2024年1月にホームルーターを申込んだ場合、キャッシュバックに関するメールは2024年11月に届くことになります。

  • 返信の翌月末日にキャッシュバックが振り込まれる

口座情報を正しく登録すると、翌月の月末に指定された口座に25,000円が振り込まれます。振り込まれた後は、銀行口座をチェックして、振込額が正確に入金されているか確認することが大切です。このキャッシュバックは自由に使用できますので、GMOとくとくBB WiMAXの月々の料金に充当すれば、実質的な費用をかなり抑えることができます。

【1月31日23時59分まで期間限定】
GMOとくとくBBキャッシュバック増額キャンペーン実施中

GMOとくとくBBでは現在、特別に1,000円のキャッシュバック増額キャンペーンを開催しています。この期間中に契約すると、通常よりもさらにお得な条件でWiMAXを利用開始できます。

このキャッシュバック増額キャンペーンは2024年1月31日の23時59分までの限定オファーです。WiMAXの契約を考えている方は、この機会にぜひお申し込みを。ただし、注意点として、この増額は新規入会時の特典キャッシュバックにのみ適用され、乗り換え時のキャッシュバックには適用されません。

WiMAXホームルーターをより低価格で契約を希望する方は、GMOとくとくBB WiMAXが提供する本サイト限定の特別キャンペーンを利用することをお勧めします!

【重要なお知らせ】以下の点についてご留意ください
  • お申し込みに先立ち、記事執筆ポリシープライバシーポリシーの確認が必須です。
  • こちらは現金キャッシュバックが適用される申し込みのページです。
  • 他の比較サイトやGMOとくとくBBの公式サイトからの申し込みでは、本サイト独自のキャンペーンは適用されません。
  • 申し込み時には、Cookieを有効にし、シークレットモードやプライベートブラウジングは無効化してください。
  • 契約完了後、端末受領時にすぐにキャンペーンを申請できます。
  • 本サイトのキャンペーン内容は、予告なしに変更されることがありますのでご注意ください。

【乗り換えの方必見】41,000円キャッシュバックの受け取り方法

他社からの乗り換えで発生する違約金が20,000円を超える場合、GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックの金額は最大41,000円まで増額されます。

例えば、22,000円の違約金がかかる状況では、キャッシュバックによって違約金を完全にカバーでき、さらに19,000円の余剰金を受け取ることができます。

このような場合の申請方法は、先に説明した25,000円のキャッシュバックの申請とは少し異なりますので、ここではその詳細を説明いたします。

  • 当サイト経由でGMOとくとくBB WiMAXを契約し、申請フォームから申し込む

最初のステップとして、本サイトからGMOとくとくBB WiMAXのキャンペーンページへアクセスし、ホームルーターの申込みを行ってください。リンクの誤入力はキャンペーン適用の機会を失う原因となりますので、慎重に進めることが重要です。

  • 契約の3ヶ月目末日までに他社サービスを解約し、証明写真を送信する

ホームルーターの端末が発送された月を1ヶ月目とし、その後の3ヶ月目の終わりまでに他社のインターネットサービスの解約を完了します。この際にかかる違約金は自己負担となり、解約違約金の明細を撮影し、その写真をGMOとくとくBB WiMAXへ送付する必要があります。

  • 契約から11ヶ月目に届くメールを受け取り、口座情報を登録する

契約開始から11ヶ月が経過すると、GMOとくとくBB WiMAXに契約時に作成したメールアドレスに、「キャッシュバック特典の振込みに関するご指定口座確認のご案内メール」が送信されます。このメールに記載されている指示に沿って、必要な口座番号などの情報を登録してください。

  • 返信の翌月末日にキャッシュバックが振り込まれる

口座情報を登録完了した後、次の月の末日にキャッシュバックが振込されます。キャッシュバックの額は、他社の解約金が20,000円未満の場合25,000円、20,000円以上の場合は41,000円となります。

【重要なお知らせ】以下の点についてご留意ください
  • お申し込みに先立ち、記事執筆ポリシープライバシーポリシーの確認が必須です。
  • こちらは現金キャッシュバックが適用される申し込みのページです。
  • 他の比較サイトやGMOとくとくBBの公式サイトからの申し込みでは、本サイト独自のキャンペーンは適用されません。
  • 申し込み時には、Cookieを有効にし、シークレットモードやプライベートブラウジングは無効化してください。
  • 契約完了後、端末受領時にすぐにキャンペーンを申請できます。
  • 本サイトのキャンペーン内容は、予告なしに変更されることがありますのでご注意ください。

是非、このウェブサイト限定のGMOとくとくBB WiMAXキャンペーンをご活用ください!

上記は現金キャッシュバック対象のお申し込みページです。

GMOとくとくBB WiMAXの更なる情報をお探しの方へ

GMOとくとくBB WiMAXの評価、ユーザーの口コミや料金プランに関する詳しい情報は、当サイトの専用記事でご紹介しています。

口座振替での契約を検討している人におすすめ!BIGLOBE WiMAX

口座振替での契約を希望する方には、WiMAXプロバイダの中でも特にBIGLOBE WiMAXが適しています。実質的な月額料金で比較すると、BIGLOBE WiMAXはGMOとくとくBB WiMAXに次いで安いため、コストパフォーマンスが高いプロバイダです。

WiMAX(au)のホームルーターを最も安く契約する場合、一般的にはGMOとくとくBB WiMAXがおすすめされます。

しかし、GMOとくとくBBと比較してBIGLOBEの主なメリットは、口座振替をサポートしていることです。

以下の比較表で、BIGLOBE WiMAXとGMOとくとくBB WiMAXの違いをより詳しく見てみましょう。

BIGLOBEGMOとくとくBB
(現金キャッシュバック)
支払い方法クレジットカード
口座振替
クレジットカードのみ
キャッシュバック
受け取り時期
0円(なし)25,000円(1年後)
)

2024年1月現在、GMOとくとくBB WiMAXは最大41,000円のキャッシュバックを提供していますが、BIGLOBE WiMAXではそのようなキャッシュバックはありません。

この結果、3年間の利用を考慮した実質月額料金では、GMOとくとくBB WiMAXが4,231円に対し、BIGLOBE WiMAXは4,884円となり、GMOとくとくBB WiMAXの方がコスト効率が良いです。

ただ、口座振替の支払いオプションはBIGLOBE WiMAXでのみ提供されています

最もコストを抑えたい場合はGMOとくとくBB WiMAXが適していますが、口座振替を希望するならBIGLOBE WiMAXが適切です。

また、BIGLOBE WiMAXを選んだ場合でも、GMOとくとくBB WiMAXと同様にauやUQモバイルとのセット割引が適用されますので、その点に関しては心配無用です。

※指定のボタンをクリックすると、当サイト限定の特別申込ページに進めます。

BIGLOBE WiMAX の更なる情報をお探しの方へ

BIGLOBE WiMAXの評価、ユーザーの口コミや料金プランに関する詳しい情報は、当サイトの専用記事でご紹介しています。

【通信速度重視の人におすすめ】 ドコモhome 5G

ドコモのホームルーター home 5Gは、WiMAXと比べると月額料金は高めですが、通信速度や接続の安定性では全てのホームルーターの中でトップクラスの性能を誇ります。WiMAXと同じく無制限で利用可能で、速度制限の心配がありません。

現在、ドコモから販売されているホームルーターはhome 5G HR02のみです。以前のモデルであるhome 5G HR01は現在在庫がなく、2024年時点での再入荷予定もありません。

このため、home 5G HR02の機能や特徴を旧モデルのHR01と比較しながら詳しく見ていくのが良いでしょう。

ドコモhome5Gの端末情報
端末名home5G HR02home5G HR01
在庫切れ
端末画像
データ容量無制限無制限
下り最大通信速度
(ダウンロード)
4.2Gbps (5G回線)
1.7Gbps (4G回線)
4.2Gbps (5G回線)
1.7Gbps (4G回線)
月額料金4,950円4,950円
契約事務手数料0円※10円※1
端末料金71,280円39,600円
端末割引額-71,280円※2-39,600円※2
通信端末の
特長や機能
・ビームフォーミング機能搭載※3
・Wi-Fi EasyMeshTMに対応※4
・最適なアンテナ選択による5G高速通信機能。
・ビームフォーミング機能搭載
割引ドコモユーザーなら、1,100円割引

29歳以下かつ月30GB以下の利用で、
12ヶ月間月額料金1,760円割引
ドコモユーザーなら、1,100円割引

29歳以下かつ月30GB以下の利用で、
12ヶ月間月額料金1,760円割引
キャンペーン・特典dポイント15,000ポイント
プレゼント※1
dポイント15,000ポイント
プレゼント※1
※1 当ウェブサイトからリンクされた「ドコモオンラインショップ」を通じて申し込みを行った場合のみ適用されます。
※2 月々サポートにより、ドコモhome5Gの端末料金が36ヶ月間毎月割引される特典があります。
※3 WiFi機器の位置を検知し、その方向に特定の電波を送信する技術の説明です。
※4 ドコモhome5G HR02(親機)と中継機が連携し、網目状のネットワークを形成するWiFiのシステム。これにより、家全体で安定した通信環境を実現できます。

ドコモhome 5Gは、データ容量が無制限であるインターネット使い放題サービスを提供しています。最大通信速度は4.2Gbpsに達し、WiMAXと比肩するホームルーターの中でもトップクラスの速さです。

特に、新モデルのドコモhome 5G HR02は、旧モデルHR01と比較してスペックが向上しており、自宅での快適な高速通信環境が一層充実しました。

ドコモhome 5Gを他のホームルーターと比べた時のおすすめポイントは、以下の通りです。

ドコモhome 5Gのおすすめポイント
  • データ使用が無制限でインターネットが使い放題
  • 理論上の速度だけでなく、実際の通信速度も非常に高速。ドコモのプラチナバンドを使用しているため接続がスムーズ
  • ドコモのスマートフォンプランを利用しているユーザーには特別割引が適用され、月々の料金が割安に
  • 2023年10月から始まる新キャンペーンでは、他社ホームルーターから乗り換えると、dポイント22,000ポイントをプレゼント

これらのポイントについて、一つずつ詳しく見ていきましょう!

データ容量無制限のため速度制限にならない!ドコモのホームルーター home 5G

ドコモのホームルーターは、WiMAX同様にデータ容量に制限がなく、無制限でインターネットの利用が可能です。それでも、ドコモhome 5Gが本当に無制限なのか疑問に思う方もいるでしょう。

この疑問に応えるために、マイナビインターネット比較編集チームは実際にドコモhome 5G HR02を購入し、1日に110GBのデータを使用してテストを行いました。その結果、翌日に速度を再測定しても速度制限がかからず、無制限で利用可能であることが確認できました。

ドコモhome 5Gを利用している人で実際に速度制限にかかっているのか評判・口コミを確認してみましょう。

1TBには達しなかったそうですが、1日30GB以上利用した方の口コミを見ても、速度制限にはかかっていません。

そのため、光回線の代わりとして無制限でホームルーター(置くだけWiFi)を契約したい方はドコモhome 5Gがおすすめです。

5G対応高速通信が可能!ドコモのプラチナバンドを使用していて繋がりやすい

ドコモhome 5Gは5Gに対応しており、最大4.2Gbpsの速度を誇り、ホームルーターの中で最も速いです。

当サイトでは、ドコモの最新ホームルーターhome 5G HR02と旧モデルのhome 5G HR01を実際に契約し、それぞれの実際の速度を比較検証しました。速度テストの条件とその結果は以下の通りです。

速度計測の条件

場所:東京23区内(5Gエリア内)

端末:iPhone13

時間帯:午後3~6時

平均値home5G HR02home5G HR01
下り速度
(Mbps)
381.2113.73
上り速度
(Mbps)
2.311.917

実測結果から、home 5G HR02のダウンロード速度は300Mbpsを超え、光回線と同等の速度を記録しました。

HR01との比較では、5G通信の安定性が増し、通信速度も向上していることが確認されました。

加えて、ドコモhome 5Gはホームルーターの中で唯一、最も接続しやすい周波数帯であるプラチナバンド(700MHz~900MHz帯)を標準で利用できます

ドコモのネットワークは、4Gおよび5G回線において、4大キャリア中で最も基地局の数が多く、広範囲にわたって接続が容易な特性を持っています。

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの基地局数
ドコモauソフトバンク楽天モバイル
5G基地局数7,1355,9356,5801,448
4G基地局数259,584190,468176,04118,413
※2022年に総務省が発表した「令和3年度 携帯電話及び全国BWAに係る電波の利用状況調査の評価結果の概要」より引用

「都市部以外で安定した通信環境を求める方には、全てのホームルーターの中からドコモhome 5Gを選ぶことを特に推奨します。

ドコモユーザー必見!お得なスマホとのセット割

ドコモのスマートフォンプランを利用している場合、毎月のスマートフォン料金の支払いが割安になる特典があります。

上記の通り、ドコモのスマートフォンプランでは、月額料金が最大1,100円の割引を受けることができ、より経済的に契約することが可能です。

【乗り換えキャンペーン】dポイント22,000ptプレゼント

2023年10月から、home 5Gでは新しい乗り換えキャンペーンがスタートしました。

このキャンペーンを活用すると、他社のホームルーター回線からの乗り換えに伴う解約違約金や端末の残債の一部を補填する形で、最大22,000dポイントが贈呈されます。

ただし、home 5G HR01からHR02への機種変更は、この乗り換えキャンペーンの対象外ですので注意が必要です。

home 5Gの乗り換えキャンペーンの詳細な条件とポイント受取時期については、以下の通りになります。

適用条件
  • 「home 5G プラン」への新規契約および「home 5G HR01」もしくは「home 5G HR02」の購入
  • 利用開始月から数えて4ヶ月目の月末時点で、他社サービス解約に伴う違約金の証明書を提出済みであること
  • 利用開始後4ヶ月目の月末にも引き続き契約中で、dポイントクラブの法人名義の場合はドコモビジネスメンバーズ会員であること
  • 申込時に他社サービスを利用していること
キャッシュバックの受け取り時期

「home 5G」の利用開始月の6ヶ月後の月

現在他社のホームルーターを利用しており、home 5Gへの乗り換えを考えている方には、乗り換えキャンペーンを利用することを強くおすすめします。

これまでドコモのホームルーターhome 5Gの特長についてご紹介してきました。これらの情報を踏まえ、ドコモhome 5Gの契約を検討している方に最適な契約先を次にご案内します。

home 5G端末は最速で届く!最安なドコモオンラインショップ

ドコモhome 5Gの契約をお得に行うには、ドコモオンラインショップまたはGMOとくとくBBのいずれかを選ぶのが良いです。

特に推奨される契約方法は、ドコモオンラインショップを利用することです。

ドコモhome 5Gの契約を検討する際、ドコモオンラインショップを選ぶことをおすすめする理由は主に2つあります。

ドコモオンラインショップがGMOとくとくBBと比較しておすすめされる理由
  • GMOとくとくBBに比べ、端末が速やかに配送される
  • ドコモオンラインショップでの契約の総費用が、GMOとくとくBBと比べて安い

ドコモオンラインショップを選ぶ最初の理由は、GMOとくとくBBと比べてドコモhome 5Gがより迅速に届く点です。

以下の比較表で詳細を確認できます。

ドコモオンラインショップGMOとくとくBB
端末受け取り時期機種変更:
最短即日

新規契約・MNP:
最短3日程度
約2週間

GMOとくとくBBでの端末受け取りに約2週間必要なのに対し、ドコモオンラインショップでは最短即日から3日以内で端末が届くことが大きな利点です。

WiFi環境を迅速に設置したい場合、ドコモオンラインショップを通じた契約がおすすめされます。

さらに、ドコモオンラインショップでの契約は、GMOとくとくBBと比較して総額が安くなることもメリットです。

ドコモオンラインショップでドコモhome 5Gを契約する場合とGMOとくとくBBで契約する場合のプロバイダ料金を比較してみると、この違いが明らかになります。

ドコモオンラインショップGMOとくとくBB
種類dポイントAmazonギフト券
キャッシュバック額15,000円分18,000円分
契約手数料無料3,850円
総額168,224円169,074円

比較表に示されるように、GMOとくとくBBではキャッシュバック額が高いですが、ドコモオンラインショップでは3,850円の契約手数料が免除されます。

結果として、ドコモオンラインショップを利用した方が、GMOとくとくBBと比べて総額で節約できます。

また、ドコモオンラインショップを通じて得られるdポイントは、全国のコンビニやスーパーだけでなく、ドラッグストアや飲食店でも使用可能で、利用の幅が広いです。

ドコモホームルーターの契約を検討している方にとって、総コストが安く、かつ早く端末を受け取ることができるドコモオンラインショップが最良の選択です。dポイント15,000円を受け取るには、以下のボタンから申し込みを行ってください。

\今なら15,000ptもらえる!/

7月1日から、29歳以下の方がhome 5G プランに契約し、月間データ使用量を30GB以下に保った場合、「home 5G U29デビュー割」という月額割引が適用されます。

以下は、home 5G U29デビュー割適用前と後の料金プランの比較です。

ドコモhome5Gの料金プラン比較
料金プラン home 5G U29デビュー割
適用前
home 5G U29デビュー割
適用後
月額料金4,950円1~12ヶ月目:3,190円※1
4,950円
契約事務手数料0円※20円※2
端末料金71,280円71,280円
端末割引額-71,280円※3-71,280円※3
キャンペーン・特典15,000円分のdポイント
プレゼント※2
15,000円分のdポイント
プレゼント※2
総額168,224円147,104円
実質月額料金4,547円3,976円
※1 月間データ利用量が30GBを超える場合、その月は月額割引が適用されません。
※2 このオファーは当サイト経由の「ドコモオンラインショップ」での申し込みに限定されます。
※3 月々サポートにより、ドコモhome5Gの端末料金が36ヶ月間毎月割引される特典があります。

home 5G U29デビュー割を利用すると、月間データ使用量が30GB以下の月は、12ヶ月間毎月1,760円の割引が適用され、最大で21,120円の節約が可能です。

しかし、ホームルーターの利用データ量が30GBを超える月は、その月の月額割引は適用されません。それでも、30GBを超えた後の翌月以降、最大12ヶ月間は割引が再び適用されるため、一度の超過で割引が完全に終了するわけではありません。

home 5G U29デビュー割の申し込みは、以下のページから可能です。キャンペーンの終了期限は現在未定なので、早めの申し込みがおすすめされます。

\29歳以下の方限定!/

総費用で比較すると、ドコモオンラインショップはGMOとくとくBBより安いです。

しかし、アマゾンギフト券を特に希望する方は、GMOとくとくBBでの契約が適しているでしょう。

ただし、GMOとくとくBBでは申込書セットの取り寄せが必要で、ホームルーター端末が届くまで約2週間かかる点に留意が必要です。

ドコモhome 5Gを早急に利用したい場合は、ドコモオンラインショップの選択がおすすめされます。

ドコモhome 5Gに関してさらに詳しい情報をお求めの方に

ドコモのホームルーターhome 5Gの全体像、そのメリットとデメリット、実際の使用感についてのレビューを包括的にまとめた記事がこちらにあります。

次に、「モバレコエアー」というソフトバンクエアーの推奨代理店についての詳しい情報をお届けします。WiMAXよりも通信速度は劣る可能性がありますが、コストを最優先に考える方には特に参考になるでしょう。

【安さ重視の方におすすめ】ソフトバンクエアー

ソフトバンクが提供するホームルーター、ソフトバンクエアーは、夜間の速度制限が発生することがありますが、主要なホームルーター3社の中では最も低価格です。

また、ソフトバンクエアーは、ホームルーターの中で唯一、レンタルオプションも提供しています。

ソフトバンクエアーの利用可能なホームルーター端末と契約方法についての比較表は、以下に示されています。

ソフトバンクエアー利用端末と契約方法の比較表
購入(5G)レンタル(4G)
利用端末Airターミナル5Airターミナル4/4 NEXT
端末画像
端末価格71,280円
(一括or分割)
なし
月額基本料金5,369円5,369円+539円(レンタル料金)
キャンペーン
(割引)
月月割:-1,980円×36回
スタート割プラス:
-1,188円×24回
17,000円キャッシュバック※
なし
下り最大速度最大2.1Gbps最大612Mbps
同時接続台数最大128台最大64台
※ 当サイト経由でモバレコAirを契約した場合

比較表によると、ソフトバンクエアーは購入の場合、最新端末のAirターミナル5が選択可能ですが、レンタルを選ぶと旧端末のAirターミナル4または4 NEXTのみが利用できます。

ソフトバンクエアーのレンタルオプションは利用可能ですが、レンタルの場合は最新の端末であるAirターミナル5を契約することはできない点に注意が必要です。

ソフトバンクエアーは過去に夜間の速度制限に関する評判が多く、実質的に無制限での利用が難しいため、当サイトでは推奨していませんでした。

実際に各WiFiサービスを使用するユーザーからの実測データを集めた「みんなのネット回線速度」の集計結果を見ると、現在でも特に夜間に速度が低下している傾向が明らかです。

Airターミナル4 NEXTの実測値

しかし、Airターミナル5の夜間の実測データを分析すると、夜間の速度制限が軽減され、速度が大きく向上していることが確認できます。

Airターミナル5の実測値

このため、Airターミナル5が夜間に本当に速度制限を受けないのかを確かめるために、当サイトでAirターミナル5を実際に契約し、その検証を行いました。

速度計測の条件とその結果は、以下の通りです。

速度計測の条件

場所:東京23区内(5Gエリア内)

端末:iPhone13

時間帯:21時台

平均値Airターミナル5
下り速度
(Mbps)
290
上り速度
(Mbps)
18.08
Ping(ミリ秒)
(Mbps)
24.6

計測結果によると、下り平均速度が200Mbpsを超えており、速度制限が適用されていないことが明らかになりました。

このような結果から、夜間でも速度制限がかからず、高速通信が可能なホームルーターをお求めの方には、最新のAirターミナル5の選択がおすすめです。

これまでにソフトバンクエアーの購入プランとレンタルプランを比較してきましたが、次におすすめの契約先(プロバイダ)を詳しく見ていきましょう。

最安料金で契約は高額キャッシュバックのモバレコAirがおすすめ

現在ソフトバンクエアーを扱う代理店は15社ありますが、中でも「モバレコAir」が最もコストパフォーマンスに優れています。

モバレコAirが他のソフトバンクエアー代理店と比べて顕著に安い理由は以下の2点にあります。

モバレコAirの価格が他社よりも低い理由
  • 契約後36ヶ月間、月額料金に大幅な割引を提供
  • 最大17,000円のキャッシュバックを受け取ることができる

これらの理由から、モバレコAirがおすすめとされる2つの要点を順に詳しく見ていきましょう!

契約後36ヶ月間、月額料金に大幅な割引を提供

モバレコAirがソフトバンクエアーのプロバイダ(代理店)の中で最も低価格である主要な理由は、契約後36ヶ月目まで適用される月額料金の割引にあります。

具体的な割引額は以下の通りです。

月額料金割引額
1ヶ月目1,320円4,048円
2~12ヶ月目3,080円2,288円
13~36ヶ月目4,180円1,188円
37ヶ月目以降5,368円なし

上述したように、モバレコAirでは毎月1,188円から4,148円の割引が継続されます。この36ヶ月間の月額料金割引は、独自のキャンペーンを行っているモバレコAirだけの特典です。

加えて、36ヶ月の契約を継続すると、毎月の月々割(-1980円/月)により、端末料金の71,280円が実質無料になります。

最大17,000円のキャッシュバックを受け取ることができる

モバレコAirでは月額料金の割引に加え、17,000円のキャッシュバックも受け取ることができます。これらの割引を組み合わせることで、他の代理店と比較しても非常に低価格でソフトバンクエアーを利用することが可能です。

ただし、キャッシュバックを受け取るためには注意が必要です。これは、公式サイトではなく、当サイト独自のキャンペーンページから申し込む必要があるという条件があります。

最もお得にソフトバンクのホームルーター(置くだけWiFi)を申し込むには、以下のボタンを利用してください。

\17,000円キャッシュバック/

注意

※他の比較サイトやモバレコAir公式サイトからの申し込みは、17,000円のキャッシュバック対象外となりますので、必ず上記のリンクから申し込んでください。

ソフトバンクエアーの最もお得な代理店であるモバレコAirについて、さらに詳細を知りたい方

モバレコAirの評価・口コミや実機レビューをまとめた記事をご覧ください。

モバレコエアーを契約する人は外でも使える革命セットもおすすめ!

モバレコAirを通じてソフトバンクエアーをお得な料金で契約することができますが、さらにポケット型WiFi(モバイルWiFi)も格安で同時契約することが可能です!

自宅ではモバレコAirをホームルーターとして利用し、外出時にはモバイルルーターを活用することで、いつでもどこでもインターネットに接続することが可能になります。

WiFi環境を安い料金で整えたい方には、WiFi革命セットが特におすすめです。

このセットでは、モバレコAirのホームルーターとモバイルルーターONE MOBILEを、お得な月額料金で一緒に契約することができます。WiFi革命セットの詳細は以下に示されています。

運営会社株式会社グッドラック
利用サービス・モバレコAir
・ONE MOBILE
初期費用3,300円
利用料金※
(端末購入の場合)
1ヶ月目 :880円
2~36ヶ月目 :3,630円
37ヶ月目~:5,368円
※36回払いの場合の料金。端末料金の支払回数によって、利用料金は異なります。

自宅でモバレコAirの安定した通信環境を利用しながら、外出先でもWiFiを活用したい方には、WiFi革命セットも強くおすすめします。以下のページでWiFi革命セットの詳細情報を確認できますので、是非チェックしてみてください。

\お得なキャンペーン情報もあり/

これまでにWiMAX、ドコモhome 5G、ソフトバンクエアーと、それぞれのホームルーター(置くだけWiFi)の最適な契約方法と推奨されるプロバイダを紹介しました。

次に、どのホームルーターが最適かまだ決めかねている方のために、重要な比較ポイントを詳しく解説しながら、それぞれの選択肢を詳細に比較していきます。

ホームルーター(置くだけWiFi)の選び方5つの重要な比較ポイント解説

最初に紹介したホームルーター(置くだけWiFi)の選択における比較ポイント5つは、次の通りです。

ホームルーター選択の比較ポイント5つ
  • 月額料金:実質的な月額料金を基準に選ぶことが重要
  • 端末料金:3年以内の解約時には端末残債に注意が必要
  • 通信速度:下り速度と上り速度を比較する
  • 対応エリア:自宅の所在地がカバー範囲内かを確認
  • 端末の受け取り時期:翌日に端末を受け取れるオプションがあるか

これから、これら5つの比較ポイントについて、さらに詳しく解説していきます。

それぞれの比較ポイントでどのホームルーターがおすすめなのかを見ていきましょう。

①料金比較:契約全期間を通じて最も安いのはソフトバンクエアー

まず、ホームルーター(置くだけWiFi)を比較する上で最も重要な要素である「料金」から検討してみましょう。

WiMAX(au)、ソフトバンクエアー、ドコモhome 5Gのそれぞれにおいて、30社の料金比較で紹介されている「最安のプロバイダ(契約代理店)」を利用した場合の料金を比較します。

ホームルーター(置くだけWi-Fi) 料金比較表
ホームルーター機種WiMAXhome5Gソフトバンクエアー
月額料金 (契約初期)1,089円4,950円1,320円
月額料金 (契約中期)3,784円4,950円3,080円
月額料金 (契約後期)4,334円4,950円4,180円
月額料金 (契約終期)5,104円4,950円5,368円
実質月額料金※24,064円4,547円2,912円
※1 端末の分割払い総額を契約月数で割って算出した金額です。WiMAXはGMOとくとくBBを36ヶ月利用、ソフトバンクエアーはモバレコAirで36ヶ月利用、ドコモhome 5Gはドコモオンラインショップで37ヶ月利用した場合の計算です。 ※2 実質月額料金は、総月額料金から割引額を差し引いた後、利用月数で割って算出した金額です。

WiMAXとソフトバンクエアーの両社は、契約期間に応じて月額料金が異なります。そのため、契約全期間の総額での計算が重要になります。ホームルーター(置くだけWiFi)の全期間の料金を比較すると、ソフトバンクエアーが最も低価格であることがわかります。

加えて、WiMAX、ソフトバンクエアー、ドコモhome 5Gでは、キャッシュバックなどのキャンペーンが提供されています。これらのキャンペーンによる割引を考慮した「支払総額」と「実質月額料金」については下部に記載しています。

料金比較に基づくと、WiMAXとソフトバンクエアーが特にコストパフォーマンスに優れており、低料金を重視する方には「ソフトバンクエアー」が人気おすすめされます。

  • 3社を比較した結果、料金面で最も安いのはソフトバンクエアー
  • ホームルーターの料金は契約期間によって変動するため、契約期間全体の支払総額が重要
  • 各ホームルーターでは、現在キャッシュバックなどのキャンペーンを提供中

おすすめのプロバイダ(代理店)はこちらで紹介

次に、料金に次いで重要なホームルーター(置くだけWiFi)の契約期間や解約時の違約金についても比較していきます。

②端末料金比較:解約時は、違約金に加えて端末の残債にも注意が必要

続く比較ポイントは、ホームルーター(置くだけWiFi)の端末価格と、解約時に生じるコスト(解約違約金と端末料金の残債)です。

主要3社のホームルーター端末価格の比較表を確認してください。現在、主要な3社のホームルーターでの解約違約金は無料になっていますが、一部のWiMAXプロバイダでは5,000円以内の解約違約金が適用されることがあります。

人気ホームルーター(置くだけWi-Fi)通信端末料金
ホームルーター機種WiMAX(au)home 5Gソフトバンクエアー
契約期間なし~2年なしなし
端末価格27,720円71,280円71,280円
端末割引71,280円※171,280円※1
解約違約金0円~5,000円※20円0円
※1 キャンペーンや割引を利用すると、端末価格相当額が割引され、3年契約の場合、端末は実質0円になります。
※2 当サイトがおすすめするWiMAXプロバイダであるGMOとくとくBB WiMAXおよびBIGLOBE WiMAXでは、解約違約金は発生しません。

また、ドコモhome 5Gやソフトバンクエアーでは、分割払いの料金を割引でカバーすることで、実質的に端末を無料で購入することが可能です。

ただし、3年以内に解約した場合は、端末料金の残債が生じる点に注意が必要です。

WiMAX、ドコモhome 5G、ソフトバンクエアーのそれぞれで解約時に発生する料金の詳細について、順番に確認していきましょう。

WiMAXの解約時にかかる費用と端末価格

カシモWiMAXなど一部のプロバイダを除いて、WiMAXにはドコモhome 5Gやソフトバンクエアーのような端末料金の割引キャンペーンは存在しません

ただし、WiMAXのホームルーターの端末価格は27,720円であり、他社のホームルーターと比較して半額以下です。その結果、3年以内に解約する場合は、以下の表に示す通り、他社と比べて端末残債が少なくなります。

ホームルーター(置くだけWi-Fi)の端末残債シミュレーション
ホームルーターWiMAX
(GMOとくとくBB
WiMAX
(BIGLOBE)
home 5G HR02ソフトバンクエアー
契約期間2年
(違約金なし)
なしなしなし
端末代金の分割払いの回数36回24回36回36回
1年(12ヶ月)で解約した場合18,480円
(770円×24回払い分)
15,015円
(1,155円×13回払い分)
49,500円
(1,980円×25回払い分)
47,520円
(1,980円×24回払い分)
2年(25ヶ月)で解約した場合8,470円
(770円×11回払い分)
0円23,760円
(1,980円×12回払い分)
21,780円
(1,980円×11回払い分)

3年以内にホームルーターを解約する可能性がある場合、端末残債が少ないWiMAXを選ぶことがおすすめされます。

ドコモhome 5Gの端末価格と解約時に生じる料金

ドコモhome 5Gでは、契約期間の定めはありませんが、「月々サポート」という3年間の月額分割払いに相当する割引キャンペーンを適用することで、端末料金を実質的に無料にすることが可能です。

3年未満で解約した場合は、端末の残債を支払う必要がありますので、端末を実質無料で手に入れたい方は、最低でも3年間の利用を考慮しましょう。

ソフトバンクエアーの端末価格と解約時に必要な費用

ソフトバンクエアーでは、契約時に端末の購入オプションに加えてレンタルプランも用意されています。

端末費用をかけたくない方や、ホームルーターの短期使用を考えている方には、このレンタルプランの選択がおすすめされます。

ソフトバンクエアー利用端末と契約方法の比較表
購入(5G)レンタル(4G)
利用端末Airターミナル5Airターミナル4/4 NEXT
端末画像
端末価格71,280円
(一括or分割)
なし
月額基本料金5,369円5,369円+539円(レンタル料金)
キャンペーン
(割引)
月月割:-1,980円×36回
スタート割プラス:
-1,188円×24回
17,000円キャッシュバック※
なし
下り最大速度最大2.1Gbps最大612Mbps
同時接続台数最大128台最大64台
※ 当サイト経由でモバレコAirを契約した場合

ソフトバンクエアーのホームルーターをレンタルで契約する際は、月額料金に加えてレンタル料として Airターミナルの539円が加算されます。

さらに、レンタルプランではキャンペーンや月額料金の割引が適用されない点にも注意が必要です。

そのため、ホームルーターを長期間利用する予定がある場合は、レンタルプランよりも購入プランでの契約がおすすめされます。

  • 解約時に考慮される費用:「解約違約金」と「端末の残債」。
  • 3年以内の解約の場合、特に36回分割払いを選んだ場合には端末残債が発生。
  • 3年未満での解約を検討している場合、端末価格が最も安いWiMAXのホームルーターを選ぶ

おすすめ代理店(プロバイダ)のランキング紹介までスクロール

次に、各ホームルーターの「通信速度」に関して、詳細な比較を行っていきます。

③通信速度の比較:ドコモhome5Gが最も高速!ホームルーターの中では一位

第三のポイントは、自宅でのインターネット使用に重点を置いたホームルーター(置くだけWiFi)において、最も重要な要素の一つである「通信速度」です。それぞれのホームルーター(置くだけWiFi)の速度を比較した表を見てみましょう。

各社ホームルーター速度比較
ホームルーター
機種
WiMAX(au)home5Gソフトバンクエアー
下り通信速度4.2Gbps4.2Gbps2.1Gbps
上り通信速度
(最速)
286Mbps218Mbps
(記載無し)
5G対応

ホームルーター(置くだけWiFi)の通信速度を比べると、WiMAXとドコモhome 5Gが最大速度で優れています。

WiMAX(au)、ドコモhome 5G、ソフトバンクエアーの各ホームルーターは5G回線に対応しており、その最大速度は固定回線の光回線に匹敵する速さが特徴です。5G非対応のホームルーターと比較すると、これらの製品は著しく高速な通信を実現しています。

5G対応のホームルーターの速度を実際に調査してみた

ホームルーターの最大通信速度を比較すると、速度が速い順にWiMAX(au)とドコモのhome 5Gが最上位にランクインし、その後にソフトバンクエアーが続きます。では、実際の使用状況で5G対応のホームルーター(置くだけWiFi)はどの程度の速度を発揮するのでしょうか。

「みんなのネット回線速度」に公開されている各ホームルーターの実測速度データは以下の通りです。

各社ホームルーター速度比較
ホームルーター
機種
WiMAX(au)home 5Gソフトバンクエアー
測定件数1385件11187件7648件
平均下り速度123.67Mbps157.07Mbps102.57Mbps
平均上り速度22.06Mbps18.44Mbps9.95Mbps
Ping値45.31ms53.53ms43.12ms
引用:みんなのネット回線速度(https://minsoku.net/)
下り速度の定義

これは自分のデバイス(パソコンやスマートフォン)がインターネットからデータをダウンロードする速度を指します。

(動画視聴、Webサイトの閲覧、ファイルのダウンロードなど)

上り速度の定義

これはデバイス(パソコンやスマートフォン)からインターネット上へデータをアップロードする速度です。

(SNSへの投稿、メールの送信、クラウドへのデータアップロードなど)

Ping値の定義

Ping値は、デバイス(パソコンやスマートフォン)から特定のサーバーへの通信時間を計測したもので、通信の遅延を測る指標です。

(オンラインゲームやビデオ通話などでリアルタイム性が求められる)

動画視聴やSNS、Webブラウジングなどの日常的な利用においては、下り速度の数値が最も重要です。

WiMAX(au)のL13、ドコモのhome 5G HR02、ソフトバンクエアーのAirターミナル5はいずれも下り速度が100Mbpsを超えており、日常生活において十分な性能を提供します。

当サイトでは、これら各キャリアの最新ホームルーターである「WiMAX(au)のL13」、「ドコモのhome 5G HR02」、「ソフトバンクのAirターミナル5」を実際に使用し、それぞれの実測速度を計測しました。この計測の条件と各ホームルーターの速度比較結果は以下に示されています。

速度計測の条件
  1. 場所:東京23区内(5Gエリア内)
  2. 端末:iPhone13
  3. 時間帯:夕方~夜間
平均値Speed Wi-Fi
HOME 5G L13
home 5G HR02Airターミナル5
下り速度
(Mbps)
182.8364.6290
上り速度
(Mbps)
9.732.522.52
Ping値
(ms)
4833.62.52

速度計測を行った結果、L13、home 5G HR02、ソフトバンクエアーの各端末は、いずれも下り平均速度が150Mbps以上で通信が可能であることが確認されました。

WiMAX、ドコモhome 5G、ソフトバンクエアーの最新モデルであれば、どの端末も快適なインターネット環境を提供します。

  • WiMAX(au)、ドコモhome 5G、ソフトバンクエアーの実測速度は、下り速度が150Mbps以上で、5G対応により光回線(固定回線)に匹敵する超高速通信
  • home 5G HR02は下り速度300Mbps以上と最も高速

おすすめのプロバイダ(代理店)の詳細

④対応エリアの比較:自身の住まいが対応エリア内か確認すること

自宅がホームルーターの対応エリア外の場合、WiFiを快適に利用することはできません。

そのため、契約を検討しているホームルーターが自宅のエリアに対応しているかどうかを確認することが非常に重要です。

これから、WiMAX(au)、ドコモのhome 5G、ソフトバンクエアーの対応エリアを比較してみましょう。

WiMAX(au)の対応エリア:https://www.uqwimax.jp/wimax/area/map/default/
ドコモ(docomo) home 5Gの対応エリア:https://www.nttdocomo.co.jp/area/?icid=CRP_menu_to_CRP_AREA
ソフトバンクエアー(SoftBank Air)の対応エリア:https://www.wirelesscity.jp/area/map/
人気ホームルーター(置くだけWi-Fi) 対応エリア比較表
ホームルーター
機種
WiMAX(au)ソフトバンクエアードコモhome5G
対応エリア
対応エリアの詳細WiMAX 2+回線
au 4G/5G回線が
利用可能※
対応エリア外は
申し込み不可
ドコモ回線が
繋がる場所なら
どこでも利用可能
※プラチナバンドを利用するにはプラスエリアモードへのオプション加入の必要あり

3社のホームルーターの中で、対応エリアが最も広範囲に及ぶのはドコモのhome 5Gです。ドコモのhome 5Gでは、高品質なドコモ回線(プラチナバンド)が利用でき、広いエリアで繋がりやすいホームルーターを求める方には特におすすめです。

WiMAXは、WiMAX 2+回線に加えてauの4Gと5G回線も利用できるようになり、カバーエリアが拡大しました。これにより、従来よりも広い範囲でWiMAXの利用が快適になっています。

  • ドコモhome 5Gは対応エリアが最も広いため、都市部以外の地域にお住まいの方にも適しています。
  • WiMAXはWiMAX 2+回線に加えてauの4G/5G回線も利用できるようになりました。
  • ソフトバンクエアーは自宅が対応エリア外の場合は申し込みができません。

おすすめのプロバイダ(代理店)の紹介はこちら

⑤端末到着時期比較:最短翌日でホームルーターが届くのはWiMAX

最後に検討すべき比較ポイントは、端末の到着時期です。

通常の光回線では、自宅でWiFiを利用可能にするまで2週間から2ヶ月程度かかることが多いですが、ホームルーターを使用する場合、最短で翌日からWiFiが利用できるようになります。

ただし、WiMAX(au)、ドコモhome 5G、ソフトバンクエアーの各社で、端末の到着時期には差があります。

それでは、WiMAX(au)、ドコモhome 5G、ソフトバンクエアーの各ホームルーターにおける端末到着時期を比較してみましょう。」

人気ホームルーター(置くだけWi-Fi) 端末到着時期の比較表
ホームルーター
機種
WiMAX(au) ドコモhome5G ソフトバンクエアー
端末の到着時期最短翌日~3日最短3日最短3日
契約先GMOとくとくBBドコモオンラインショップモバレコAir

人気なホームルーター3社、WiMAX、ドコモhome 5G、ソフトバンクエアーの中で最も最短で端末を受け取ることができるのはWiMAXです。

WiMAXの中でも特にお得なプロバイダであるGMOとくとくBBでは、平日15:30まで、または土日祝日14:00までの申し込みで最短即日発送が可能です。

そのため、引っ越し等で迅速にWiFi環境を設置したい場合は、WiMAXの選択がおすすめです。

これまでの比較ポイントを踏まえて3社のホームルーターを比較してきました。この比較を基に、自分に合ったホームルーターを見つけた場合は、以下のボタンからそれぞれのおすすめ該当箇所に戻ってください!

※該当部分までスクロールします。

これまでホームルーターについて詳しく見てきましたが、「ホームルーター以外のオプションにも興味がある」と思われる方もいるかもしれません。

そこで、これからホームルーターの特徴をまとめ、モバイルルーターや光回線(固定回線)との違いをわかりやすく説明していきます。ホームルーター、光回線(固定回線)、モバイルルーターの違いを理解することで、あなたのライフスタイルに最適なインターネット回線を見つける手助けになるでしょう。

ホームルーター契約前に更に知識を深めたい方は、以下のセクションからご興味のあるトピックに進んでください!

次の見出しでは、ホームルーター、モバイルルーター、光回線(固定回線)を比較していきます。ホームルーター、モバイルルーター、光回線(固定回線)の特徴を比較しながら、あなたに最適なWi-Fiルーターを探してみましょう。

ホームルーター(置くだけWiFi)は工事が不要で無制限にインターネットを利用できるタイプのWi-Fiルーター

ホームルーターは、工事が不要で使用できる据え置き型のWi-Fiルーター(置くだけWiFi)です。この端末を単にコンセントに差し込んで電源を入れるだけで、すぐに高速インターネットをデータ無制限で利用できる手軽さが特徴です。

ホームルーター(置くだけWiFi)は主に自宅やオフィスでの使用を想定しており、持ち運び可能な小型のモバイルルーターやフレッツ光やNURO光などの光回線(固定回線)とは異なる点があります。

他のWiFiサービス( 光回線(固定回線)やモバイルルーター)との比較

各WiFi回線の比較表
Wi-Fi通信の種類ホームルーターモバイルルーター光回線
通信端末
最大通信速度2~4Gbps150Mbps~4Gbps1~10Gbps
利用料金3,000~5,000円台1,000~5,000円台3,000~5,000円台
開通工事工事不要工事不要必要
持ち運び××
通信の安定度
通信容量無制限制限あり~無制限※1無制限
サービス例WiMAX(au)
ドコモhome 5G
ソフトバンクエアーなど
WiMAX(au)
楽天モバイル、
ドコモなど
ドコモ光
ソフトバンク光
auひかり
NURO光など
※2 WiMAXは無制限で 利用可能

他のWiFi回線とホームルーター(置くだけWiFi)を比較する際、開通工事が不要であること、通信が安定していること、無制限であることの3つの要素が際立つためおすすめです。

特にホームルーターの利点は、工事が不要でコンセントに挿すだけでWiFiが使用できる点です。これにより、自宅でデータ容量無制限のWiFiを手軽に利用したい方にとって、理想的なWiFiサービスとなります。

アンケート結果、大半の人は光回線を利用・選択している

【エリア別】使用しているWiFiの種類
エリア 光回線 ホームルーター モバイルWiFi その他 (テザリングなど)
北海道 68%(30人) 18%(8人) 9%(4人) 5%(2人)
東北 69%(36人) 15%(8人) 10%(5人) 6%(3人)
関東 79.3%(46人) 13.8%(8人) 3.4%(2人) 3.4%(2人)
中部 74.0%(37人) 16.0%(8人) 10.0%(5人) 0%(0人)
近畿 74.6%(44人) 11.9%(7人) 8.5%(5人) 5.1%(3人)
中国・四国 69.8%(37人) 15.1%(8人) 9.4%(5人) 5.7%(3人)
九州・沖縄 60%(39人) 21%(14人) 11%(7人) 8%(6人)

全体で382人に利用している回線についてアンケートをとったところ、7割の人が光回線と答えました。

光回線は速度も出るため、安定した通信を求める方にはおすすめですが、ホームルーターやポケット型Wi-Fiと比べると料金が高いことがデメリットとして挙げられます。

光回線について詳しい説明はこちらの記事で行っているので、気になる方はぜひ確認してくださいね。

工事が不要でインターネット利用が可能なモバイルルーターとホームルーター(置くだけWi-Fi)

インターネット接続を希望するものの、開通工事が障壁となっている方は少なくないでしょう。特に光回線(固定回線)の場合、開通までに最長2ヶ月近くかかることもあります。

一方で、ホームルーター(置くだけWiFi)やモバイルルーターを選べば、開通工事なしでWiFiを利用することが可能です。特にホームルーターは、モバイルルーターと比べて通信が安定しやすいため、自宅でのWiFi環境を整えたい方に適しています。

これまでの説明を踏まえ、光回線(固定回線)やモバイルルーターと比較してみると、ホームルーターのメリットとデメリットが明確になります。これらの点について詳しく紹介していきます。

ホームルーター(置くだけWiFi)のメリット・デメリット | 他のWiFi回線と比較結果を解説

さて、ホームルーター(置くだけWiFi)を選ぶ際のメリットとデメリットを一覧にまとめてみました。以下にその概要を紹介します。

これらのメリットとデメリットを踏まえ、ホームルーター(置くだけWiFi)の特徴を詳しく見ていきましょう。

ホームルーター3つのメリット

まずはじめに、固定回線(光回線)およびモバイルルーターとの比較で、ホームルーターが持つメリットを探っていきましょう。

工事が不要で初期費用が無料、引越し時の解約手続きも簡単

各WiFi回線の比較表
Wi-Fi通信の種類ホームルーターモバイルルーター光回線
通信端末
最大通信速度2~4Gbps150Mbps~4Gbps1~10Gbps
利用料金3,000~5,000円台1,000~5,000円台3,000~5,000円台
開通工事工事不要工事不要必要
持ち運び××
通信の安定度
通信容量無制限制限あり~無制限※1無制限
サービス例WiMAX(au)
ドコモhome 5G
ソフトバンクエアーなど
WiMAX(au)
楽天モバイル、
ドコモなど
ドコモ光
ソフトバンク光
auひかり
NURO光など

ネットの開通には契約から約1~2ヶ月かかり、初期費用は1~4万円の範囲ですが、ホームルーター(置くだけWiFi)と比べるとかなり高額になります。

さらに光回線(固定回線)は、ホームルーターのように引っ越し時に持ち運びができず、解約手続きや引越し手続きが面倒です。そのため、今後数年間から数十年間引越しの予定がなく、通信の速度や安定性を重視する場合には光回線(固定回線)がおすすめです。

一方で、頻繁に引っ越す方にとっては、工事費用やその他の初期費用がかからないホームルーター(置くだけWiFi)が、光回線(固定回線)と比較して適しています。

設定が容易で、すぐにインターネット利用が開始できる

ホームルーターはコンセントに挿すだけで、すぐにWiFi環境を作り出せます。これは、光回線(固定回線)のような複雑な設定が不要という点で利点です。

特に一人暮らしの方など、簡単に自宅でインターネットを利用したい場合には、ホームルーターが理想的な選択です。

モバイルルーターよりも安定した電波で高速通信が可能

先に挙げた2つのメリットは、光回線(固定回線)との比較においてのもので、実はモバイルルーターもホームルーターと同じような利点を持っており、おすすめです。

ホームルーターがモバイルルーターに優る点は、より安定した高速通信を提供できることです。

ホームルーターの通信用アンテナは大きく、特に自宅での安定したWiFi使用を望む方に適しています。

さらに、最大接続台数もホームルーターの方が多く、多人数での使用にも向いています。

とくこ
とくこ

でも繋ぎすぎると速度が遅くなっちゃうから注意よ!

  • 工事不要で初期費用がかからず、引っ越し時の手続きも簡単
  • 設定が容易で、手軽にWiFiを使用したい方に最適
  • モバイルルーターより安定した通信と多くのデバイス接続が可能


これらはホームルーターを選ぶ主なメリットです。次に、光回線(固定回線)やモバイルルーターと比較した場合の、ホームルーター契約前に確認すべき注意点についてお話しします。

ホームルーターの3つの注意点

それでは次に、固定回線(光回線)およびモバイルルーターとの比較で、ホームルーターが持つデメリットを探っていきましょう。

オンラインゲームには不向き(通信速度(Ping値)が光回線に比べ劣るため)

光回線と比べて、ホームルーター(置くだけWiFi)の通信速度は遅くなることがあります。特にPing値は光回線と比較して遅くなりがちなため、オンラインゲームを頻繁にプレイする方には光回線(固定回線)の方が適しているためおすすめかもしれません。

しかし、私たちのサイトで実施したホームルーターの実測試験では、WiMAX(au)、ドコモhome 5G、ソフトバンクエアーの端末で平均100~300Mbps以上の下り速度を記録しました。

これにより、ホームルーターは動画視聴やSNSの利用など、日常生活において十分に機能すると言えます。

通信容量を多用すると速度制限のリスクがある

WiMAX(au)、ソフトバンクエアー、ドコモhome 5Gの各端末では、データ容量無制限での利用が可能です。

しかし、公式サイトにも記載されている通り、一定期間内に多量のデータを使用すると、速度制限が適用される場合があります。

※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

これまで直近3日間の通信量が合計15GB以上の場合、通信速度を一律に制限しておりましたが、お客さまのご利用状況をふまえ、速度制限条件などを2022年2月1日より変更いたしました。

引用:UQWiMAX公式サイト(https://www.uqwimax.jp/wimax/plan/gigahodai_plus/)

ネットワークの混雑状況により、通信が遅くなる、または接続しづらくなることがあります。また、当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。

なお、一定時間内または1接続で大量のデータ通信があった場合、長時間接続した場合、一定時間内に連続で接続した場合は、その通信が中断されることがあります。

引用:ドコモオンラインショップ公式サイト(https://www.nttdocomo.co.jp/home_5g/)

ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

動画やファイル交換ソフトなどをご利用の場合は速度が低下する場合があります。

引用:ソフトバンク公式サイト(https://www.softbank.jp/ybb/air/data-about/)

データ容量についての公式サイトの記載内容を検証するため、当サイトではWiMAX(au)、ドコモhome 5G、ソフトバンクエアーの各端末を実際に契約し、試験を実施しました。

特にWiMAXでは、1日に160GBを利用し、その日と翌日の速度を計測した結果、速度制限がかかっていないことが明らかになり、実際にデータ容量無制限で利用できることを確認できました。

ドコモhome 5Gに関しても、当サイトで1日110GBを利用してみたところ、当日および翌日以降で速度制限がかかることはありませんでした。

こうた
こうた

一方、ソフトバンクエアーについては、Airターミナル4 NEXTやその他のAirターミナル5以前の端末が夜間に速度制限にかかるという評判が多く見受けられました。

これを検証するため、当サイトではAirターミナル4 NEXTを契約し、12時、16時、19時の各時間帯に通信速度を計測しました。

ソフトバンクエアーの 下り速度計測結果
時刻1回目2回目3回目4回目5回目平均
12時台の速度158192181185141173.0
16時台の速度164154150154124149.8
19時台の速度8.899.429.188.749.499.19
※(単位はMbps)

その結果、夜間(19時台)において速度が10Mbps以下に低下する現象が確認されました。

しかし、最新のAirターミナル5については実際に契約し、夜間の速度計測を行った際には、速度制限がかかることはないことが判明しました。

平均値Airターミナル5
下り速度
(Mbps)
290
上り速度
(Mbps)
18.08
Ping(ミリ秒)
(Mbps)
24.6
Airターミナル5の速度計測結果(単位はMbps)

WiMAX、ドコモhome 5G、ソフトバンクエアーの各端末について、公式サイトでは速度制限にかかる可能性があると記載されていますが、実際には常識的なデータ使用量であれば、どの時間帯でも無制限でWiFiを利用できることがわかります。

ホームルーターは通信端末の持ち運びができない

モバイルルーターと比較したとき、ホームルーターの主なデメリットは持ち運びができないことです。ホームルーターは名前の通り、コンセントに差して使うため、主に自宅での使用に適しています。

外出時もWiFiを利用したい方は、モバイルルーターの方が適しています。

  • 通信速度が固定回線に比べて遅くなる場合がある
  • 無制限だが、一定のデータ量を超えると速度制限のリスクがある
  • 外出時に端末を利用できない

これが各回線(ホームルーター、モバイルルーター、光回線)の メリット・デメリット になります。これらを比較すると、それぞれの契約方法がどのような人に適しているかが明らかになります。

ホームルーターをおすすめできる人
  • 光回線の契約や初期設定が面倒な人
  • 工事なしですぐに接続したい人
  • 主に自宅でインターネットを利用したい人
  • データ容量無制限で安定した通信環境を求める人
モバイルルーターがおすすめできる人
  • 自宅以外で、外出先でもインターネットを利用することが多い人
  • WiFiの出費(月額料金や端末代など)を抑えたい人
光回線がおすすめできる人
  • 自宅で仕事をしたり、会議通話など、安定した高速通信が必要な人
  • 大容量のファイルを頻繁にアップロードする必要がある人
  • オンラインゲームを楽しむ人

以上が、ホームルーター(置くだけWiFi)、モバイルルーター、光回線(固定回線)の比較です。各サービスの詳細についてもっと知りたい方は、自宅用Wi-Fiのおすすめ解説記事も参考にしてください!

最後に、これまでのホームルーターに関する情報を簡単にまとめてみましょう。

ホームルーターのまとめ

ここまで、他のインターネット接続オプションとの比較(ホームルーター、モバイルルーター、光回線(固定回線)の比較)の違いを見てきました。

最後に、ホームルーター(置くだけWiFi)の主要なポイントを以下でまとめておきます。

なぜ光回線よりホームルーターがおすすめなのか?
  • 光回線の開通工事は契約後、約1ヶ月から最大2ヶ月かかることがある
  • 光回線の工事費用は1万円から4万円と高価になることがある
  • 通信速度や容量制限においては、ホームルーターの技術進化により光回線との差がほぼ無くなっている

「ホームルーター(置くだけWiFi)が使用目的に適している場合、特に注目すべきは「WiMAX」、「ドコモのhome 5G」、「ソフトバンクエアー」といった人気のホームルーター3社です。

これらがおすすめのユーザー層を理解することも大切です。

ホームルーターWiMAXがおすすめな人
  • バランスの取れた高速通信と手頃な月額料金を求める方
  • 自宅で迅速にWiFi環境を設定したい方
  • すでにauやUQモバイルを利用している方

WiMAX(au)のホームルーターをお探しなら、GMOとくとくBB WiMAXが最適です

  • ホームルーター端末や機種に関わらず、エリアと速度はWiMAXプロバイダ間で一致
  • 料金面の比較が重要で、GMOとくとくBB WiMAXが最も経済的
  • 当サイト限定で25,000円キャッシュバックキャンペーン実施中

WiMAX(au)ホームルーターの推奨機種はL13

  • auの5G回線対応で、最大通信速度は4.2Gbps
  • 光回線(固定回線)に匹敵する高速通信を実現

\当イトからの申し込みで25,000円キャッシュバック/

【重要なお知らせ】以下の点についてご留意ください
  • お申し込みに先立ち、記事執筆ポリシープライバシーポリシーの確認が必須です。
  • こちらは現金キャッシュバックが適用される申し込みのページです。
  • 他の比較サイトやGMOとくとくBBの公式サイトからの申し込みでは、本サイト独自のキャンペーンは適用されません。
  • 申し込み時には、Cookieを有効にし、シークレットモードやプライベートブラウジングは無効化してください。
  • 契約完了後、端末受領時にすぐにキャンペーンを申請できます。
  • 本サイトのキャンペーン内容は、予告なしに変更されることがありますのでご注意ください。

ドコモのhome 5Gがおすすめの人は、以下のとおりです。

ホームルーターhome 5Gがおすすめな人
  • 高速かつ安定した接続を求める方
  • 地方にお住まいでドコモのプラチナバンド回線が利用可能な方
  • ドコモのスマートフォンプランを利用中の方

ドコモhome 5Gの契約は、ドコモオンラインショップがおすすめされます。

  • ドコモオンラインショップからの契約では、dポイント15,000ポイントのプレゼントと事務手数料免除の特典あり
  • ドコモのホームルーターは最短3日以内に届きますが、他社では通常約2週間かかることが一般的

\当サイトからの申し込みで15,000円キャッシュバック/

そして最後に、ソフトバンクエアーがおすすめの人は以下のとおりです。

ホームルーター光回線がおすすめな人
  • 主要な3社の中で最も低コストでホームルーターを利用したい方
  • ソフトバンクの携帯電話プランを利用している方
  • 短期利用目的でレンタル契約を希望する方

ソフトバンクエアーの場合、代理店としてモバレコAirがおすすめされます

  • どの代理店を選んでも、ソフトバンクエアーの通信速度やエリアは変わらない
  • 料金面での比較が重要で、モバレコAirが最も経済的で安い
  • モバレコAirは、月額料金の割引とキャッシュバックの2つのキャンペーンを提供中

\当サイトからの申し込みで17,000円キャッシュバック/

※他の比較サイトやモバレコAir公式サイトからの申し込みでは、34,000円のキャッシュバック対象外。必ず提供されたリンクから申し込んでください。

これでホームルーター(置くだけWiFi)の詳細な比較を完了しました。

この情報がホームルーター選びの参考になれば嬉しいです。

ホームルーターのよくある質問

それでは最後に、よくある質問をQ&Aスタイルで、ホームルーター(置くだけWiFi)に関してご説明します。

ホームルーター(置くだけWiFi)とは?

ホームルーター(置くだけWiFi)は、特に工事不要で使用可能な据え置き型Wi-Fiルーターを指します。

このルーターの最大の特長は、インターネットをデータ容量無制限で使用でき、端末を単にコンセントに差し込むだけで直ちに利用開始できる点がおすすめです。

特に一人暮らしや頻繁に引っ越しをする方にとって、手間なくWiFiを設定できるこのルーターは非常に便利です。

ホームルーターと置くだけWiFiの違いはあるの?

ホームルーターと「置くだけWiFi」は同じものを指しています。

この種類のルーターは、開通工事の必要がなく、単にコンセントに接続するだけでWi-Fiが使用可能な端末を意味します。

端末が到着し次第、電源をつなぎ、設置するだけでインターネット接続が可能になります。そのため、「置くだけWiFi」という名前がつけられています。

光回線とホームルーターの違いはなに?

光回線(固定回線)は、建物内で使用する有線インターネット回線で、電柱からの回線引き込みに伴う開通工事が必要です。

光回線(固定回線)とホームルーター(置くだけWiFi)の主な違いは、「料金体系」「回線速度」「契約プロセス」にあります。

光回線(固定回線)の料金はホームルーター(置くだけWiFi)と比較して高く、開通工事が必要な場合は、初期費用も約30,000円と高価です。

ただし、光回線は通信の安定性が高く、速度もホームルーターより優れています。それに対して、ホームルーター(置くだけWiFi)は、5G通信規格に対応して以降、速度が向上しており、通信速度に関してはそれほど問題ではありません。

利用開始までに光回線は申し込みから2週間から2ヶ月かかることが多いのに対し、ホームルーターは端末が届いたらすぐに使用可能という利便性があります。

モバイルルーターとホームルーター(置くだけWi-Fi)の違いはなに?

一般的なモバイルルーターは、携帯性に優れた無線LAN機器を指します。代表的な例としてWiMAXがあります。

モバイルルーターとホームルーター(置くだけWiFi)の主な差異は、持ち運びが可能かどうかにあります。

自宅専用でインターネットを使用する際はホームルーターが適しており、外出先でもWiFiを活用したい場合はモバイルルーターが良い選択です。

通信速度の面では、両者に大きな差は見られませんが、ホームルーターはより安定した高速通信を提供します。

特に電波の受信性能に優れているため、電波の届きにくい室内でもモバイルルーターより快適に使用することが可能なためおすすめです。

ホームルーター(置くだけWi-Fi)はどんな人におすすめできる?

自宅限定でインターネットを利用する方には、ホームルーター(置くだけWiFi)がおすすめで適しています。

光回線(固定回線)のような工事の必要性や高額な月額料金、初期費用を避けたい場合、ホームルーター(置くだけWiFi)が理想的な選択肢と言えます。

自宅以外でもホームルーター(置くだけWi-Fi)は使えるの?

ホームルーター(置くだけWiFi)は屋内専用のWi-Fi端末として設計されています。

WiMAXはこのグループの中で唯一、自宅以外の場所でも使用可能なオプションです。

一方、ドコモhome 5Gとソフトバンクエアーは登録住所外での使用が制限されています。

ホームルーター(置くだけWi-Fi)人気3社の比較結果で、最もおすすめは?

WiMAXは、ホームルーター(置くだけWiFi)の中で最もおすすめされる選択肢です。

WiMAXは、月額料金、端末料金、通信速度、利用可能エリア、端末の到着時期など、複数の比較ポイントにおいて、他の2社のホームルーターに比べて優れています。

WiMAXのホームルーター選びに迷っている方には、このオプションが特に適しています。

WiMAXのホームルーター(置くだけWiFi)の詳細情報は、以下のリンクから確認できます。

無制限とされるホームルーター(置くだけWiFi)には、注意すべき点がある

WiMAX、ソフトバンクエアー、ドコモhome 5Gの3社は通信容量に制限がないとされていますが、通信回線が混雑する時間帯には速度制限がかかる可能性があります。

そのため、ホームルーター(置くだけWiFi)は「基本的には無制限だが、速度制限が発生する可能性もある」と理解しておくことが大切です。

無制限のホームルーター(置くだけWiFi)の詳細情報については、こちらからご確認いただけます。

ホームルーター(置くだけWiFi)にauや楽天モバイル回線はある?

ドコモhome 5Gがドコモの回線を利用し、ソフトバンクエアーがソフトバンクの回線に対応しているように、WiMAXもauの回線を使用できます。

さらにWiMAXは「WiMAX 2+」という独自の回線も使用可能で、これによりより広範囲での利用が可能になっています。

一方でauもホームルーターを提供していますが、WiMAXと比べて月額料金が高めであり、通信品質に大きな違いはないため、WiMAXのホームルーターがよりおすすめと言えます。

また、2023年1月に楽天モバイルからホームルーター「Rakuten Turbo 5G」が発売されました。

しかし、他社のホームルーターと比較すると、料金が高く特筆すべきスペックの優位性が見られないため、現状では特に推奨されていません。

オンラインゲームはホームルーター(置くだけWi-Fi)でできる?

オンラインゲームを快適に楽しむためには、Ping値(遅延時間)が低いことが重要です。

光回線とホームルーター(置くだけWiFi)比較した結果、光回線に比べてホームルーターはPing値が高くなる傾向があるため、オンラインゲームには最適ではない場合があります。

特にFPS(ファースト・パーソン・シューティングゲーム)や格闘ゲームなど、リアルタイム性が求められるゲームでは、応答速度がゲーム体験に大きく影響します。

そのようなゲームを頻繁にプレイする方には、Ping値が低く安定した通信が可能な光回線の契約をおすすめします。

ホームルーター(置くだけWi-Fi)は購入、レンタルどちらがおすすめ?

ドコモのホームルーター home 5Gには購入プランのみが提供されており、レンタルオプションはありません。

一方で、ソフトバンクエアーやWiMAXのプロバイダには、一定期間のレンタルプランが存在しますが、長期利用の場合、レンタルは購入プランに比べて料金が高くなる傾向があります。

短期間の使用を考えている方向けに、ホームルーター(置くだけWiFi)のレンタルサービスを比較した情報を提供しています。

短期利用に適したおすすめのホームルーターのレンタルオプションを検討している方は、下記リンクから詳細情報を確認することができます。

\無料でレンタルできるホームルーターはある?/

※WiMAX +5G速度制限についてのUQコミュニケーションズ公式サイトを参照
https://www.uqwimax.jp/wimax/plan/note/5g_speedlimit_15/

コメント

タイトルとURLをコピーしました