インターネットの速度を見直そう!快適に使える目安や速度改善する方法を解説 | マイナビニュース インターネット比較

インターネットの速度を見直そう!快適に使える目安や速度改善する方法を解説

インターネット 速度 インターネット

SNSや動画視聴など生活に欠かせないインターネットですが、快適に楽しむためには安定した回線と速度が重要です。

以下の順序で今の速度を確認し、対処法を試すことで速度を改善することが可能です!

こうた
こうた

速度測定の方法や測定結果を理解するための基礎知識をまとめたよ!

とくこ
とくこ

実際に出ている速度や快適に利用できる目安を知っておけば、遅い原因や対処法がわかりやすいわよ。

速度が速いオススメの回線も紹介していますので、乗りかえやこれから新たに契約する方も参考にしてくださいね。

光回線最速なら!NURO光
(公式特設キャッシュバック窓口からの申込みの場合)
※北海道・関東・関西・中国・東海・九州の一部エリア限定

最大通信速度2Gbpsの高速通信

  • キャッシュバック45,000円!
  • 月額:2,090円~
  • ソフトバンクとのセット割で最大月額1,100円割引!
  • 無線LAN・セキュリティソフトも無料
NURO光申込み
はこちらから
独立回線でもエリアが広い!auひかり

関西・東海・沖縄以外は契約可能!

  • キャッシュバック最大65,000円!
  • 月額:4,180円~
  • auとのセット割で最大月額1,100円割引!
auひかり申込み
はこちらから
光コラボで最安&速度安定!So-net光プラス

提供エリアは日本全国!

  • キャッシュバック70,000円
  • auひかりエリア外でもauとのセット割で最大月額1,100円割引!
  • 無線LANルーター・セキュリティソフトも無料
So-net光プラス申込み
はこちらから
速度重視なら!Broad WiMAX

ホームルーター・ポケット型WiFiで高速通信!

  • 独自のWiMAX回線&5G対応機種で速い!
  • 実質無制限(速度制限あり)!
  • au・UQモバイルとのセット割対応!
Broad WiMAX
申込みはこちらから
速度制限ナシなら!モバレコエアー

完全無制限のホームルーター!

  • 月額料金&17,000円キャッシュバックでお得!
  • 違約金最大100,000円還元!
  • ソフトバンク・ワイモバイルとのセット割対応!
モバレコエアー
申込みはこちらから
クラウドSIMのポケット型WiFiで最速ならそれがだいじWi-Fi

3大スマホキャリアのLTE回線でつながりやすい!

  • 50GB:2,948円~!
  • 短期間の速度制限なし
  • 海外でも利用可能
それがだいじWi-Fi
申込みはこちらから
この記事を書いた人
マイナビニュース ネット比較編集部

マイナビニュースはビジネスパーソンに役立つ幅広いジャンルの情報を提供する総合ニュースメディアです。ニュースに限らず、役立つノウハウや体験レポート、製品レビューや企業のソリューションにまつわる記事まで業界を跨いだ網羅的な記事展開をしております。

マイナビニュース ネット比較編集部をフォローする
スポンサーリンク
【728×90】OCN光

今すぐ無料診断! まずは速度測定をしてみよう

インターネットの速度が遅いと感じたり速度に満足できない場合、今の現状を知り、原因を把握すれば有効な対策が取れます。

今の現状を知るために、まずは実際の速度を診断しましょう。

お使いのインターネット速度が快適なのか診断する測定サイトがあり、アクセスしてボタンを押すだけで無料で簡単に調べられるんです。

とくこ
とくこ

測定サイトで速度が具体的な数値となって分かるから、快適に利用できているかすぐにわかるわよ!

速度テストでの実測値はインターネットの接続環境や時間帯によって異なるので、できれば朝・昼・夜・深夜ごとに有線・無線で測定すると良いでしょう。

時間帯ごとに速度が変化するなら回線自体が混雑していることが考えられますし、有線なら速いのに無線なら遅い場合は無線LANルーターなどの故障などが考えられます。

こうた
こうた

速度が遅いと感じたら仕方がないと諦めず、まずは実際の速度から原因を知ることから始めたらいいんだね。

では、オススメの速度測定サイト4選を紹介していきましょう。

Fast.com

「Fast.com」のサイトにアクセスするだけで下り速度の測定ができます。

「詳細を表示」を押すと、上り速度とPing値も計測できるんです。

こうた
こうた

下り速度だけを、すぐに知りたい人にオススメだよ。

Speedtest by Ookla

「Speedtest by Ookla」のサイトを開き、表示された「GO」のロゴをクリックするだけで1分以内に下り速度、上り速度、Ping値が測定ができます。

とくこ
とくこ

GOを押すだけで、手軽に回線テストしたい人にオススメ!

SPEEDTEST.NET

こうた
こうた

スマホを調べたいときのサイトもあるかな?

スマホの速度を測定したいなら「SPEEDTEST.NET」のサイトがオススメです。

先に紹介した「Speedtest by Ookla」のアプリ版です。 こちらも「SPEEDTEST.NET」のサイトを開き「GO」のロゴをクリックするだけです。

App StoreGoogle Playの両方で配信されています。

USEN GATE02

速度測定サイト結果の数字からではイマイチよく分からない、判断がつけにくいという方には「USEN GATE02」のサイトをオススメします。

「測定開始」ボタンを押すと測定結果だけでなく用途に応じて「快適か」どうか言葉でも表示されるので数字の目安が分からない方にも分かりやすくなっています。

下り速度、上り速度、Ping値、用途別のスピード判定が表示される
こうた
こうた

「快適」と表示されるから数字の基準が分からないって人には嬉しいね。

インターネット速度の用語と快適に利用できる目安を解説!

速度測定サイトで実際出ている速度はわかったけれど、目安がわからない、判断がつきにくいと感じる方もいるでしょう。

快適に通信するためのインターネット速度は、どれくらいの速さを目安にすればよいかを説明していきます。利用目的ごとの速度目安を表にしてみました。

利用目的ごとの速度目安
利用目的 下り 上り
Webページの閲覧
1Mbps
YouTubeでHD画質
5Mbps以上
Huluをテレビで見る
6Mbps以上
NetflixでUHD画質
25Mbps以上
ZOOMでオンライン会議
3Mbps
3Mbps
オンラインゲーム
20~100Mbps以上
30Mbps以上
LINEやメールの送信
1Mbps
1Mbps
写真をSNSに投稿
3Mbps
動画をSNSに投稿
10Mbps
YouTubeでの生配信
10Mbps以上

下り10~30Mbpsほどの速度があれば、ある程度快適にインターネットができることが分かりますね。

こうた
こうた

うーん。速度測定してみたけど、いまいち単語がわからないから速いのか遅いのかよくわからなかったよ…

とくこ
とくこ

インターネットの速度を知るための用語もくわしく解説するわね。

速度を表す単語はbps

インターネット速度を表すのは「bps」という単位で、「ビーピーエス」と読みます。

これは、1秒間に何ビットのデータを送信できるかを示す単位で、単位が大きいほど速くなります

「キロ(k)」<「メガ(M)」<「ギガ(G)」の順に速くなり、最近の通信サービスではギガという単位が使われることが一般的です。

それぞれの大きさは下記の通りです。

速度を表す単位の大きさ
  • 1Kbps=1,000bps
  • 1Mbps=1,000,000bps=1,000Kbps
  • 1Gbps=1,000,000,000bps=1,000Mbps
こうた
こうた

光回線の最大通信速度は1Gbpsだから、単純に1番速い!ってことだね。

とくこ
とくこ

実際にはインターネットの実測速度は10~100Mbpsの単位で見かけることが多いわ。

下り速度・上り速度とは?その違いと動作の内容

インターネット速度には「上り速度」と「下り速度」があり、それぞれ違った役割を意味しています。

上り速度はアップロード

上り速度は端末からデータを送信するときに影響します。回線速度の上りが速ければ速いほどアップロードにかかる時間は短くなります。

上り速度が影響するのは、具体的に下記のシーンです。

上り速度が影響を与えるシーン
  • YouTubeなどに動画を投稿するとき
  • メールやLINEなどでテキストメッセージを送信するとき
  • SNSにメッセージや画像、動画を投稿するとき
  • Webサイトやブログなどを更新するとき

下り速度はダウンロード

下り速度が影響するのは下記のようなシーンとなります。

下り速度が影響を与えるシーン
  • YouTubeなどで動画を見るとき
  • メールやLINEなどのテキストメッセージを受信するとき
  • Webサイトを閲覧するとき
  • 動画や画像をダウンロードするとき

一般的なインターネットの利用者が快適に利用するためには、下り速度が重要です。

こうた
こうた

みんながよく利用する動画視聴やネットサーフィンは、下り速度を重視だね。

とくこ
とくこ

まずは下り速度を確認して、視聴だけでなく投稿などもする場合は上り速度も気にするのがオススメよ。

回線速度の下りが速ければ速いほどダウンロードにかかる時間が短く、高画質な動画も快適に見ることが出来ます。

下り・上り速度の目安を表にしてみました。

【 下り・上り速度の目安表】

下り・上り速度
非常に速い
30Mbps以上
速い
10~30Mbps
標準
5~10Mbps
やや遅い
1~5Mbps
遅い
1Mbps以下
非常に遅い
500kbps以下
こうた
こうた

この下り・上り速度の目安表を見れば実際に測定した数値の速度の判断がつきやすいね。

上り速度と下り速度は同じではなく、契約するプロバイダや回線状況などの影響で下りが速い場合と、上りが速い場合があります。

Ping値とは?

応答速度を表す「Ping値」は、ずばりレスポンス力です!

「Ping(ピン)」とは「Packet INternet Groper」の略で、ネットワーク上で指定した相手と通信できるのかどうか疎通確認するコマンドのことです。

とくこ
とくこ

データを送信してから返ってくるまでの応答速度を確認でき、この速度を「Ping値」というのよ!

Ping値の単位は「ms(ミリセカンド・ミリ秒)」で応答時間の短さが分かり、短いほど速度は速くなります。

Ping値が低いと速度が速く、高いと速度が遅くなります

Ping値はリアルタイムな通信が必要な下記のようなシーンで大きな影響を与えます。

Pingの速度が影響を与えるシーン
  • 高画質な動画を見るとき
  • オンラインゲームをするとき
  • Webサイトを閲覧するとき

【 Ping値の目安表】

Ping値
非常に速い
10ms以下
速い
10~35ms
標準
35~50ms
やや遅い
50~100ms
遅い
100~150ms
非常に遅い
150ms以上

回線速度がいくら速くでもPing値が高いと高画質な動画を見るときにカクついたり、スピーディな反応が求められるオンラインゲームにおいてタイムラグがおきたりします。

つまり、逆に言うと高画質の動画視聴やオンラインゲームをしない人は重視しなくても大丈夫です。

こうた
こうた

下り速度と上り速度、オンラインゲームをする場合で遅いと感じた時は、さらにPing値を確認するといいんだね。

とくこ
とくこ

Ping値に関しては数値が低い方がいいってことを覚えておいてね。

インターネット速度が遅い時の原因と8つの対処法

実際の速度を測定し快適の目安も知ったところで次はなぜ遅くなるのかを知り、速度改善のための対策をしていきましょう。

インターネットの速度が遅くなる原因は、いくつかあります。

速度が遅くなる原因
  • 接続している端末(パソコンやスマホ)に問題がある
  • 通信機器(ONU、ルーター)に問題がある
  • v6プラス、IPv6を利用していないため回線混雑による速度の低下が起こる
  • Wi-Fiルーターがに高速通信に対応していない
  • 契約しているインターネット回線やプロバイダに問題がある
こうた
こうた

遅くなる原因は色々あるんだね!

インターネットの速度を改善するために、以下の8つの対処法を試してみましょう。

とくこ
とくこ

速度改善のために簡単に試せる対策から順に紹介していくわね。

まずは再起動しよう!

パソコンやスマホなどの機器本体の電源を落とし、再起動してみましょう。

再起動の手順
  1. パソコンやスマホなどの機器本体と接続しているルーターの電源を抜く
  2. ルーターに接続しているONUやモデムの電源を抜く
  3. しばらく時間を置き、先ほどとは逆の順番でONUやモデムの電源ケーブルをしっかりと差し込みランプが点灯することを確認する
  4. ルーターやパソコンを起動しインターネットが使えるか確認する

再起動を行いリセットすることで速度が改善することがあります。

更新プログラムや使っていないアプリなどを更新することで速度が上がる場合があるので、この機会にアプリも見直すと良いでしょう。

Wi-Fi接続なら周波数を切り替える

再起動しても速度が変わらない場合は無線の周波数を切り替えてみましょう。

無線には5GHZと2.4GHZがあるので、機器の設定などから使っていないもう片方に切り替えてみてください。

2つの周波数には下記のように、それぞれ特徴がありまです。

規格 特徴
5GHz
家電製品(電子レンジなど)の電波干渉を受けづらいが壁などの障害物に弱い
2.4GHz
家電製品(電子レンジなど)の電波干渉を受けやすいが障害物に強い

特に家の中で利用する場合は、壁などの障害物の影響を受けにくい5GHZを選ぶことをオススメします。

有線接続に切り替える

室内など環境が許すのであれば、無線接続から安定しやすい有線接続に切りかえてみるのも良いでしょう。

オンラインゲームなどのPing値の影響を受けやすい接続は有線に切り替えることで改善されることがあります。

パソコンだけでなく、ホームルーターやポケット型WiFiも有線接続が可能ですよ。

有線接続方法
  • ホームルーターの有線接続:パソコンなどの本体にLANケーブルを差し込む
  • ポケット型WiFiの有線接続:パソコンなどの本体にUSBケーブルまたはLANケーブルを接続する
こうた
こうた

有線接続する際には、以下の点に注意してね!

有線接続する際の注意点
  • USBケーブルを利用する場合は、通信用のものを選び端子の形状も確認しておく
  • LANケーブルを利用する場合は、ポケット型WiFiの端末によって専用のスタンドの準備が必要

ポケット型WiFiの機種により有線接続が不可のものもあるので、まずは確認してみましょう。

機器が高速通信に対応しているか確認する

パソコン、ONU(モデム)やWiFiルーターなどの通信機器が高速通信に対応していないと速度が遅くなります。

とくこ
とくこ

パソコンや通信機器は数年でスペックも大幅に向上するから、古いものは買い替えを検討するといいわね。

とくにチェックしてほしい通信機器について、推奨スペックを解説します。

LANケーブルのスペック

通信機器をつないでいるLANケーブルは、種類ごとに対応可能な最大通信速度があるので紹介しますね。

規格 最大通信速度
CAT5
100Mbps
CAT5e
1Gbps
CAT6
1Gbps
CAT6a
10Gbps
CAT7
10Gbps

光回線のほとんどは最大通信速度が1Gbpsなので、1Gbpsに対応している「CAT5e(カテゴリー5e)」以上のLANケーブルを使うようにしましょう。

LANケーブルを交換して速度が大きく改善したという口コミもありましたよ。

こうた
こうた

速度が遅いときは回線に問題があると思っちゃうけど、意外なところに問題があったんだね!

無線LANルーターのスペック

Wi-Fi接続したときの速度が遅い場合は、無線LANルーターのスペックが古い可能性があります。

規格 最大通信速度
IEEE802.11a
54Mbps
IEEE802.11b
11Mbps
IEEE802.11g
54Mbps
IEEE802.11n
300Mbps
IEEE802.11ac
6.9Gbps

 無線ルーターは光回線の高速通信に対応した、IEEE802.11acを選ぶべきです。

モバイル回線なら受信しやすい場所に移動する

ポケットWi-Fiやホームルーターは無線の電波を専用の端末で受信するので障害物の影響を受けやすくなります。

場所を変えて速度が改善したというTwitterの投稿がありましたので紹介します。

このTwitterの投稿のように窓際や高い場所など電波を受信しやすい場所に移動させるだけで速度が改善することが分かります。

他にも斬新なアイディアで速度改善に成功しているTwitterの投稿もありました。

このTwitterの投稿のように油はねガードで、飛んでくる電波を反射させることで速度が改善することもあるようです。

光回線はv6プラスで接続する

光回線はたくさんの利用者が同時にインターネットをすると、回線が混雑してつながりにくかったり、速度が低下しやすくなったりします。

とくに夜間や週末など、インターネットを利用したい人が増える時間帯は「急に速度が遅くなった!」という声もきかれますよ。

とくこ
とくこ

回線事業者やプロバイダを乗り換えた途端、速度が遅くなった!という人も多いのよ。

光回線を契約する際に同時に申込むプロバイダによっては、回線の混雑を自動的に回避してつながりやすくしてくれる最新の通信規格v6プラスを提供しています。

v6プラス(IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6)に対応したプロバイダを利用すれば、時間帯や回線の混雑状況に左右されずに安定してインターネットをしやすいですよ。

こうた
こうた

回線が混雑しやすい夜間や週末に速度が遅い人は、v6プラスで接続できるプロバイダを使っていないんだね!

ただし、光回線でv6プラスを使うためには、以下の条件をすべてクリアしている必要があります。

v6プラスを使うための3つの条件
  • v6プラス対応のプロバイダであること
  • v6プラス対応ルーターであること
  • v6プラスオプションを申込むこと
とくこ
とくこ

v6プラスの対応ルーターやオプション料金は、プロバイダによって無料な場合もあるわよ!

同じプロバイダでもv6プラスの申込みをしただけで、夜間の速度が快適になったという人もいるので、ぜひ検討してみましょう。

集合住宅なら回線を共有しない戸建てタイプを申し込む

集合住宅の場合、同じ物件の契約者と回線をシェアするので同じ時間に利用者が多いと混雑し、速度がおちてしまうことがあるんです。

改善策として、マンションでも個人契約で「戸建てプラン」を申し込むことをオススメします。

戸建てプランを申し込むことで自分1人で回線を独占でき、高速で安定した通信が可能になります。

こうた
こうた

ただし、物件に自分専用の回線を導入するから、開通工事の許可を管理会社や大家さんから取らなきゃいけないよ!

物件によっては壁に穴を開けたり外壁に金具を取り付けたりするので、工事許可が下りない場合は導入できません。

高速通信が期待できる回線へ乗りかえる

これまでの対策を講じても速度が改善されない方や、もっと速い速度でインターネットを楽しみたい方へは他社サービスへの乗り換えを検討しましょう。

また、インターネット回線は3つの種類にわかれますがそれぞれ特徴が異なり、速度の速さも変わります。

具体的に、インターネット回線ごとの最大通信速度と実際に出る実測値を比較してみましょう。

こうた
こうた

回線ごとの平均実測速度はユーザーが測定した実測値をまとめているみんなのネット回線速度を参考にしたよ!

【速度の比較表】

最大速度 実測値 Ping値
光回線
(NURO光)
下り: 2Gbps
上り: 1Gbps
下り:489.48Mbps
上り:432.54Mbps
13.96ms
ポケットWi-Fi
(Galaxy 5G
Mobile Wi-Fi)
下り:2.2Gbps
上り:182Mbps
下り:52.0Mbps
上り:11.91Mbps
50.66ms
ホームルーター
(HOME02)
下り:450Mbps
上り:75Mbps
下り:25.21Mbps
上り:4.89Mbps
70.75ms

最大通信速度は通信を阻害する要因が何もなかった時の数値なので、実際に出る速度ではありません。

実際の使用環境においては様々な要素の影響で通信が阻害されますので、最大通信速度は参考程度で、実測値に注目してください。

こうた
こうた

回線ごとに比較すると「光回線」が桁違いで速いことが分かるね。

実測速度だけみるとたしかに光回線がもっとも速いですが、開通工事ができない物件では契約できません。

開通工事なしで自宅メインで利用するならホームルーターがオススメですし、持ち運びたいならポケット型WiFiが便利ですよ。

とくこ
とくこ

契約先を選ぶときは自分にあったインターネット回線の中から、実測速度が速い事業者を選ぶといいわね!

速度自慢のおすすめインターネット回線!全6選を紹介

では、気になる速度自慢の回線を紹介していきましょう!

ただし、自宅で工事ができるか、またどこでインターネットをしたいかによっても契約すべき回線は変わってくるので、フローチャートを参考に自分にあったものを選んでくださいね。

こうた
こうた

今回それぞれの回線を比較して速度も料金面もオススメできる契約先は、以下のとおりだよ!

【光回線】

【ホームルーター】

【ポケット型WiFi】

とくこ
とくこ

回線ごとに速度比較した結果や、オススメ契約先の詳細を解説するわね!

光回線で速度重視のオススメ3回線

光回線はインターネット回線の中でも、直接有線で接続できるので高速通信が可能です。

ただし、利用する光回線やプロバイダによっても速度は変わるので、契約先を選ぶ際には実測速度を比較しておきましょう。

こうた
こうた

月額料金やキャンペーンも含めた実質料金も比較したから、安くて速い回線を見つけてね!

光回線料金・速度比較表
契約期間 実質料金※1 月額料金※1 キャッシュバック 平均速度※2
戸建て マンション 戸建て マンション
NURO光
3年
4,592円
2,037円~
5,200円
2,090円~
45,000円
下り:489.48Mbps
上り:432.54Mbps
auひかり
3年
(マンションは2年)
4,180円
2,193円
5,610円
4,180円
最大65,000円
下り:394.61Mbps
上り:332.04Mbps
So-net光プラス
3年
4,665円
3,488円
6,138円
4,928円
70,000円
下り:303.79Mbps
上り:232.72Mbps
ぷらら光
なし
5,197円※3
3,739円※3
5,280円
3,960円
35,000円
下り:252.56Mbps
上り:185.9Mbps
BIGLOBE光
3年
5,203円
4,103円
5,478円
4,378円
33,000円
下り:259.12Mbps
上り:206.92Mbps
@nifty光
3年
5,339円
4,034円
5,720円
4,378円
30,000円
下り:211.37Mbps
上り:219.65Mbps
ドコモ光
2年
5,574円 ※4
4,254円 ※4
5,720円~
4,400円~
20,000円
下り:255.87Mbps
上り:201.4Mbps
ソフトバンク光
2年
5,966円
4,426円
5,720円
4,180円
37,000円
下り:302.93Mbps
上り:202.9Mbps
OCN光
2年
6,889円
5,170円
5,610円
3,960円
下り:269.02Mbps
上り:196.85Mbps
※1:価格は税込、1Gbpsプラン(NUROは2Gbpsプラン)、マンションは16契約以上、プロバイダ一体型、光回線+光電話の料金で計算
※2:みんなのネット回線速度に投稿された、各光回線の平均速度を掲載しています
※3:2年間の実質料金
※4:タイプAの料金を記載

結論として、光回線で速度が速く、料金やキャンペーンもお得なのは以下の3社です。

高速通信でオススメの光回線

速度やキャンペーン、料金面など総合的にみると、戸建て・マンションともに最安値の「NURO光」が断然オススメです。

また、キャッシュバック額がもっとも高額なauひかりも高速通信ができてオススメですよ。

NURO光やauひかりは自社の独自回線を使っており、回線の混雑も起きにくいので高速で利用できます。

ただし、独自回線は提供できるエリアが限られているので、エリア外だった場合は光コラボで最安値&最速のSo-net光プラスを検討しましょう。

とくこ
とくこ

So-net光プラスは全国で提供可能なフレッツ光と同じ、NTTの光回線を使っているのよ!

さらにくわしく、光回線でオススメ3社を解説していきましょう。

最大通信速度2Gbps!NURO光

外出先よりも自宅でインターネット通信を楽しむことが多い場合や、高速でインターネットを楽しみたい場合は、光回線の「NURO光」がおすすめです。

NURO光の速さの秘密は、通常プランでも下り最大2Gbpsであること

通常、光回線の最大通信速度は1Gbpsなので、NURO光の最大2Gbpsは単純に他の回線の2倍です。

こうた
こうた

さらに高速の最大6Gbps・10Gbos・20Gbpsのプランも用意されているよ!

【NURO光 概要表】
使用回線
独自回線
最大速度
下り:2Gbps
上り:1Gbps
通信制限
なし
エリア
北海道・関東・関西・東海・中国・九州の一部地域
セット割
ソフトバンク
月額料金
戸建て
マンション
5,200円
2,090円~5,200円
初期費用
契約事務手数料3,300円
工事費44,000円(実質無料)
キャンペーン
・45,000円キャッシュバック
・セキュリティソフト無料
・工事費実質無料
・設定サポート1回分無料
・25,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
・設定サポート1回分無料

NURO光を戸建てで契約する際の窓口には、「公式特設ページ」を選びましょう!

オプション加入などの条件もなしに、45,000円の現金キャッシュバックが受取れますよ。

とくこ
とくこ

公式特典だから安心感もあるし、開通6か月後に届くメールから手続きすればすぐに振り込まれるわよ!

また、NURO光のマンションタイプは設備導入済みの物件で契約できるNURO光forマンションと、戸建てと同じ契約条件のマンションミニがあります。

NURO光forマンションが契約できる物件なら、月額料金が物件内の契約者10人以上で2,090円と安価ですが、契約窓口は戸建てやマンションミニと異なります。

NURO光forマンションも専用の公式窓口からの申込みでキャッシュバック25,000円が受け取れますよ。

独立回線でもエリアが広い!auひかり

auひかりNEXT

高速通信が期待できる独自回線で広いエリアでも契約可能なのが、auひかりです。

auひかりは戸建ては関西・東海・沖縄県以外なら契約可能で、マンションは導入済み物件に限られますが沖縄県以外の全国で利用できます。

auひかりはキャンペーンも充実しているので、コスパを重視する方にもオススメですよ。

使用回線
独自回線
最大速度
下り・上り:1Gbps
通信制限
なし
エリア
関西・東海・沖縄県以外
(マンションは全国)
セット割
au
月額料金
戸建て
マンション
5,610円
4,180円
初期費用
契約事務手数料3,300円
工事費最大41,250円(実質無料)
キャンペーン
・最大65,000円キャッシュバック
・違約金最大55,000円還元
・工事費実質無料
・設定サポート1回分無料
・最大60,000円キャッシュバック
・違約金最大55,000円還元
・工事費実質無料
・設定サポート1回分無料

auひかりの代理店NEXTから申込めば、戸建てで最大65,000円、マンションは最大60,000円のキャッシュバックが受取れます。

こうた
こうた

他社光回線のキャンペーンを比較しても、auひかり×NEXTは高額のキャッシュバックが受取れるよ!

さらに、他社回線からの乗り換えなら最大55,000円まで違約金などの費用を上乗せでキャッシュバックしてもらえますよ!

auのスマホをお使いの方はセット割「auスマートバリュー」が適用され、1台あたり最大1,100円が受け取れるので、ぜひチェックしてくださいね。

光コラボで速い!So-net光プラス

So-net光プラス 公式

NURO光やauひかりは独自回線のため、一部利用できない地域があります。

独自回線が対象エリア外だった場合は、「So-net光プラス」を選びましょう。

So-net光プラスはNTTフレッツ光との光コラボで、光コラボの中では最安値&速度も安定しています。

【So-net光プラス 概要表】

使用回線
NTT回線
最大速度
下り・上り:1Gbps
通信制限
なし
エリア
全国
セット割
au
月額料金
戸建て
マンション
6,138円
4,928円
初期費用
契約事務手数料3,300円
工事費26,400円(実質無料)
キャンペーン
・70,000円キャッシュバック
・セキュリティソフト無料
・工事費実質無料
・設定サポート1回分無料

ただし、光コラボは全国500社以上の事業者と回線を共有しているので、夜間や週末などインターネットを使う人が増える時間帯は速度が遅くなりやすいです。

So-net光プラスでは高速通信規格「v6プラス」を無料で利用できるため、回線の混雑を回避し快適にインターネットを楽しめます。

また、So-net光プラス公式からの申し込みであれば、70,000円の高額なキャッシュバックが受けられる点が魅力です。

こうた
こうた

キャッシュバックは計2回の受け取り手続きが必要だから、忘れないようにカレンダーやスマホのリマインダー機能にメモしておこうね!

回数 手続きタイミング キャッシュバック額
1回目 利用開始から3ヶ月後の15日より45日間 30,000円
2回目 利用開始から12カ月後の15日より45日間 40,000円
手続方法
  1. 手続きタイミングの初日にSo-netメールアドレスに案内メールが届く
  2. メール記載のURLから手続きWebページに移動し、受取口座を登録

申請を忘れてしまうとキャッシュバックが受け取れなくなるため、必ず申請をおこないましょう!

ホームルーターで高速通信できる2回線

光回線の工事ができない物件にお住まいの方で、自宅メインでインターネットをするという場合はホームルーターがオススメです。

ホームルーターは持ち運びできない代わりに大きなアンテナを内蔵しているため、回線が安定して速度が出やすいことがメリットです。

ただし、無線の電波を受信してつなげるため、光回線と比べると不安定であったり、回線が遅くなることがあるので注意しましょう。

とくこ
とくこ

現在、ホームルーターはソフトバンクエアーとWiMAXの2種類しかないわよ!

ソフトバンクエアーもWiMAXも、契約できる窓口はいくつもありますが、どこから申込んでも同じ端末・同じ回線を使うので、最大通信速度や実測速度は変わりません。

ただし、申し込む窓口によってキャンペーンや料金が異なるので、それぞれ最安値で契約できる窓口で実測速度や料金面を比較してみましょう。

<ホームルーター比較>
モバレコエアー WiMAX
ギガ放題 ギガ放題プラス(5G対応)
月額料金 0〜1ヶ月目:2,167円
2ヶ月目~:3,679円
0〜2ヶ月目:2,999円
3〜24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
0〜24ヶ月目:4,763円
25ヶ月目以降:5,313
端末代金 実質無料
(レンタルは539円/月)
無料(プロバイダによる)
キャッシュバック 17,000円 5,000円
(Broad WiMAX)
10,000円
(Broad WiMAX)
セット割 ・ソフトバンク
・ワイモバイル
・au
・UQモバイル
最大通信速度 下り:962Mbps
下り:非公開
(Airターミナル4)
下り:1Gbps
上り:75Mbps
(L02)
下り:2.7Gbps
上り:183Gbps
(5G L11)
平均速度 下り:5.63Mbps
上り:5.63Mbps
(Airターミナル4)
下り:56.45Mbps
上り:7.96Mbps
(L02)
下り:48.09Mbps
上り:13.38Mbps
(5G L11)
速度制限 なし 3日間で10ギガ以上使うと
一時的に通信制限(※)
3日間で15ギガ以上使うと
一時的に通信制限(※)
実質料金 2,982円 3,619円
(Broad WiMAX)
4,495円
(Broad WiMAX)

速度の面では独自のWiMAX2+や5G回線を利用するWiMAXのほうが優れています。

ただし、料金面ではソフトバンクエアーのアライアンスモデルを提供するモバレコエアーのほうが安いので、どちらを重視するかで選びましょう。

くわしくホームルーター各社の速度や端末、オススメ窓口を紹介していきますよ。

ホームルーター最速ならWiMAX

WiMAXはWiMAX2+回線とauの回線を使ってインターネットを接続でき、広いエリアで高速通信が可能です。

月間データ容量無制限で利用するのであれば、従来プランの「ギガ放題」とauの5G回線を利用できる「ギガ放題プラス」の2つの選択肢がありますよ。

こうた
こうた

5G回線のエリアはまだ限定的で料金も高めだから、5G対応プランにするかどうかは住所が5Gのエリア内かやコスパを基準にして選ぼう!

WiMAXではいくつものプロバイダから選んで契約しますが、最安値で利用できるのはキャッシュバックと月額料金割引がダブルで受けられるBroad WiMAXです。

プラン ギガ放題 ギガ放題プラス(5G対応)
使用回線 WiMAX2+回線
au LTE回線
WiMAX2+回線
au LTE回線
au 5G回線
最大速度 下り:440Mbps
上り:75Mbps
下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
通信制限 3日間で10GB以上 3日間で15GB以上
エリア 全国 全国
(5G回線は一部)
セット割 au
UQモバイル
なし
月額料金 0〜2ヶ月目:2,999円
3〜24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
0〜24ヶ月目:4,763円
25ヶ月目以降:5,313円
初期費用 契約事務手数料:3,300円
端末代金:無料
契約事務手数料:3,300円
端末代金:無料
キャンペーン ・月額料金大幅割引キャンペーン
・5,000円キャッシュバック
・解約違約金負担最大19,000円
・いつでも解約サポート
・月額料金大幅割引キャンペーン
・10,000円キャッシュバック
・解約違約金負担最大19,000円
・いつでも解約サポート

「Broad WiMAX」には共通して月額料金割引とキャッシュバックのキャンペーンが適用されます。

5G回線対応のギガ放題プラスでは10,000円もの還元となるため、実際の費用が抑えられますよ。

また、他社解約違約金負担キャンペーンとして最大19,000円が還元されるなど、サポートも手厚いプロバイダです。

ただし、WiMAXはギガ放題で「3日で10GB以上」、ギガ放題プラスで「3日で15GB以上」の速度制限条件があります。

この条件を超えてしまうと翌日18時~25時におおむね1Mbpsの速度制限がかかってしまうので注意しましょう。

料金も重視したいならモバレコAir

ソフトバンクAirはWiMAXのような短期間の速度制限がなく、データ容量を気にせずインターネットが使い放題です。

ソフトバンクAirは公式窓口以外に独自のキャンペーンを実施する代理店窓口などがありますが、最安値で契約できるのはアライアンスモデルを提供するモバレコAirです。

使用回線
AXGP回線
最大速度
下り:962Mbps
上り:未公開
通信制限
エリア
全国
セット割
au
UQモバイル
月額料金
0〜1ヶ月目:2,167円
2〜23ヶ月目:3,679円
24ヶ月目以降:5,368円
初期費用
契約事務手数料:3,300円
端末代金:購入は実質無料
(レンタルは月額539円)
キャンペーン
・月額料金大幅割引キャンペーン
・17,000円キャッシュバック
・解約違約金負担最大100,000円

モバレコAirはソフトバンクAirにはない独自の割引キャンペーンを実施しており、最初の1か月目は月額2,167円から利用開始できます。

さらに17,000円のキャッシュバックがあり、乗り換え時の費用を100,000万円まで還元という特典もあります。

ポケット型WiFiで速度重視の2回線

「ポケット型WiFi」は充電して持ち運びができ、自宅にいるときも、外出するときもインターネット通信を楽しめることが一番のメリットです。

ポケット型WiFiには主に、WiMAXとクラウドSIMの2種類がありますよ。

<ポケット型WiFi比較>
WiMAX クラウドSIM
ギガ放題 ギガ放題プラス
(5G対応)
月額料金 0〜2ヶ月目:2,999円
3〜24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
0〜24ヶ月目:4,763円
25ヶ月目以降:5,313円
2,000円~5,000円
端末代金 無料(プロバイダによる) 無料(レンタル)
キャッシュバック 5,000円
(Broad WiMAX)
10,000円
(Broad WiMAX)
契約先による
セット割 ・au
・UQモバイル
最大通信速度 下り:1Gbps
上り:75Mbps
(L02)
下り:2.7Gbps
上り:183Gbps
(5G L11)
下り:150Mbps
上り:50Gbps
(U3)
平均速度 下り:34.75Mbps
上り:5.74Mbps
(W06)
下り:52.0Mbps
上り:11.91Mbps
(Galaxy 5G mobile Wi-Fi)
下り:39.47Mbps
上り:23.46Mbps
(それがだいじWi-Fi)
速度制限 3日間で10ギガ以上使うと
一時的に通信制限(※)
3日間で15ギガ以上使うと
一時的に通信制限(※)
1か月のデータ上限到達で月末まで制限
契約期間 3年 0~3年
実質料金 3,619円
(Broad WiMAX)
4,760円
(Broad WiMAX)
3,850円
(100GB)

本当にお得なポケット型WiFiは、速度だけでなく料金やキャンペーンにも注目しましょう。

主要ポケット型WiFiの速度や月額料金、キャンペーンなどを比較したのでご覧ください。

<ポケット型WiFi比較>
データ容量 契約期間 実質月額料金 キャンペーン 平均速度
ゼウスWiFi
20GB
2年
2,118円
・ZEUSサマーキャンペーン
下り:15.03Mbps
上り:11.08Mbps
MONSTER MOBILE
20GB
1年
2,344円
下り:22.39Mbps
上り:13.5Mbps
どこよりもWiFi
50GB利用時
2年
3,032円
下り:17.18Mbps
上り:11.57Mbps
それがだいじWi-Fi
50GB
2年
3,080円
下り:39.47Mbps
上り:23.46Mbps
THE WiFi
100GB
2年
3,304円
・4ヶ月間月額料金無料
・事務手数料割引
・30日間お試しキャンペーン
下り:12.03Mbps
上り:10.79Mbps
hi-ho Let’s Wi-Fi
120GB(4GB/日)
2年
3,300円
・30日間返金保証
・事務手数料0円
・月額料金割引
下り:25.43Mbps
上り:16.67Mbps
どこよりもWiFi
100GB利用時
2年
3,532円
下り:17.18Mbps
上り:11.57Mbps
それがだいじWi-Fi
100GB
2年
3,850円
下り:39.47Mbps
上り:23.46Mbps
Broad WiMAX
実質100GB
3年
3,876円
・5,000円キャッシュバック
・他社違約金負担
・いつでも解約サポート
下り:34.75Mbps
上り:5.74Mbps
Broad WiMAX
(5G)
実質150GB
3年
4,760円
・10,000円キャッシュバック
・他社違約金負担
・いつでも解約サポート
下り:52.0Mbps
上り:11.91Mbps
ゼウスWiFi
100GB
2年
3,894円
・ZEUSサマーキャンペーン
下り:15.03Mbps
上り:11.08Mbps
AiR-WiFi
100GB
なし
3,862円
下り:18.19Mbps
上り:13.52Mbps
GMOとくとくBB WiMAX
実質100GB
3年
3,908円
・30,000円キャッシュバック
下り:34.27Mbps
上り:4.78Mbps
BIGLOBE WiMAX
実質100GB
1年
4,612円
17,000円キャッシュバック
下り:34.27Mbps
上り:4.78Mbps
ワイモバイル Pocket WiFi
実質無制限
5,986円
下り:30.83Mbps
上り:12.93Mbps
(802ZT)
ドコモ
60GB
2年
11,006円
下り:191.74Mbps
上り:12.67Mbps
(SH-52A)
※平均速度は、みんなのネット回線速度 より

※契約期間がないポケット型WiFiは1年分の実質料金で算出
こうた
こうた

ワイモバイルやドコモのキャリア回線を使ったポケット型WiFiは速度が速いけど、実質料金が高いよ!

WiMAXもauが親会社となっているキャリアポケット型WiFiですが、キャンペーンが充実したプロバイダも多く、速度面でも料金面でもメリットは大きいです。

また、クラウドSIMを使ってポケット型WiFiはほとんどが下り平均速度は20Mbps以下ですが、それがだいじWi-Fiは下り平均39.47Mbpsと安定して利用できます。

速度が速いオススメ回線として「WiMAX」で最安値のBroad WiMAXとクラウドSIM系ポケット型WiFiで速い「それがだいじWi-Fi」を紹介しましょう。

ちなみに、クラウドSIMのポケット型WiFiは利用するデータ容量によっては実質2,000円ほどで契約できます。

速度より安さを重視して選びたい方は、安いポケット型WiFiを比較しまとめた記事も参考にしてくださいね。

ポケット型WiFiで速度&コスパよし!WiMAX

引用:Broad WiMAX公式サイト より

WiMAXでは最新機種として、5Gに対応したポケット型WiFi「Galaxy 5G mobile Wi-Fi」を提供中です。

下りは最大通信速度2.2Gbpsと高速スペックで、上り最大通信速度も183Mbpsと旧機種である「WX06」の75Mbpsと比べ2倍以上向上しています。

WiMAXの最安プロバイダBroad WiMAXでは、5G機種専用のプラン「ギガ放題プラス」も料金が安く設定されています。

なお、従来プランの「ギガ放題」では3日間で10GB以上だった速度制限の条件が、ギガ放題プラスは3日間で15GB以上と緩和されていますよ。

プラン ギガ放題 ギガ放題プラス(5G対応)
使用回線 WiMAX2+回線
au LTE回線
WiMAX2+回線
au LTE回線
au 5G回線
最大速度 下り:440Mbps
上り:75Mbps
下り:2.2Gbps
上り:183Mbps
通信制限 3日間で10GB以上 3日間で15GB以上
エリア 全国 全国
(5G回線は一部)
セット割 au
UQモバイル
なし
月額料金 0〜2ヶ月目:2,999円
3〜24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
0〜24ヶ月目:4,763円
25ヶ月目以降:5,313円
初期費用 契約事務手数料:3,300円
端末代金:無料
契約事務手数料:3,300円
端末代金:無料
キャンペーン ・月額料金大幅割引キャンペーン
・5,000円キャッシュバック
・解約違約金負担最大19,000円
・いつでも解約サポート
・月額料金大幅割引キャンペーン
・10,000円キャッシュバック
・解約違約金負担最大19,000円
・いつでも解約サポート
とくこ
とくこ

5G対応の最新機種でも機種代金無料なのがうれしいわね!

さらに、ポケット型WiFiでも申し込み特典として10,000円キャッシュバックを実施していますので、よりお得に契約することができますよ!

※WiMAXのプロバイダについては、以下の記事も分かりやすいので参考にしてくださいね。

クラウドSIM系ポケット型WiFiで最速は「それがだいじWi-Fi」

クラウドSIMを使ったポケット型WiFiは3大携帯電話キャリアのau・ソフトバンク・ドコモのLTE回線を、今いる場所にあわせて自動的に切り替えてくれるという特徴があります。

WiMAXは電波が安定している場所だと高速通信が可能ですが、独自のWiMAX2+回線を利用するのでエリアによってはつながりにくい可能性もありますよ。

クラウドSIMを使ったポケット型WiFiは基本的に、携帯電話がつながる場所なら安定してインターネットをつなげられるので、WiMAXがエリア外だった方にオススメです。

こうた
こうた

WiMAXのように短期間の速度制限もなく、1か月に契約したデータ容量の上限までは使い放題なのも安心だね!

みんなのネット回線速度の平均速度を調査した結果、一番速かったクラウドSIMのポケット型WiFiは「それがだいじWi-Fiでした。

使用回線
au・ソフトバンク・ドコモのLTE回線
最大速度
下り:150Mbps
上り:50Mbps
通信制限
1か月のデータ容量まで
エリア
全国
セット割
月額料金
50GB:2,948円
100GB:3,718円
初期費用
契約事務手数料:3,300円
端末代金:実質無料
キャンペーン
・端末代金分割引
・ビューン@利用料無料

「それがだいじWi-Fi」の料金プランはシンプルで、月間50GBまで使えるプランが2,948円、月間100GBまでの大容量プランが3,718円です。

端末代金は26,400円を1,100円×24回払いで計算し、同額を月額料金から割引かれるので実質無料ですよ。

さらに雑誌14誌、漫画1万冊読み放題サービス「ビューン@」の利用料金が、それがだいじWi-Fiの公式アカウントとLINEでお友だち登録するだけで無料ですよ!

どこからでも繋がるスマホキャリア回線

たまにしかインターネットしない方は、スマホをWiFiルーターのようにしてPCやゲーム機などをインターネットへつなぐ「テザリング」もオススメです。

Wi-Fiルーターなどの機器が揃っていなくてもパソコンやゲーム機などをインターネットに繋ぐことで利用できるので、スマホがあれば環境を選ばずどこからでも繋げることが出来ます。

とくこ
とくこ

スマホからテザリングの設定をするだけで、パソコンやタブレットをWi-Fi接続できるのよ!

こうた
こうた

わざわざ光回線引いたりホームルーター・ポケット型WiFi契約するまでもないって人は便利だね!

注意点としてはスマホのデータ容量を消費するので、使いすぎた場合には通信制限がかかります。

通信制限を解除するためには翌月まで我慢するか、追加料金を支払って解除するしかありませんよ。

また、スマホの大容量プランを契約するより安いポケット型WiFiなどを契約したほうが、実際には料金が安いです。

テザリング・ポケット型WiFi比較
テザリング ポケット型WiFi
接続台数
1~5台
5~16台
利用料金
テザリング使用料:300円
(ドコモのみ0円)
スマホの契約プラン:約5,000円~8,000円
3,500円前後
こうた
こうた

自宅メインでインターネットするなら、ホームルーターや光回線で安い会社を契約するのもお得だよ!

光回線は月額5,000円前後で無制限に利用でき、ポケット型WiFiやホームルーターは月額2,000円~4,000円で大容量や無制限プランが選べます。

頻繁にインターネットをする方であれば、料金的に光回線やポケット型WiFi、ホームルーターのほうがよいでしょう。

インターネット料金にまつわるよくある質問

ここではインターネットの回線速度について、よくある質問を解説しています。

とくこ
とくこ

気になるポイントがあればチェックしてね!

速度が速いインターネット回線でオススメは?

インターネット回線の種類によっても平均速度の目安は異なるので、目的に応じて自分にあったサービスを契約しましょう。

【光回線】

【ホームルーター】

【ポケット型WiFi】

インターネットを快適に使える速度の目安は?

インターネットの利用目的ごとに、快適に使える速度の目安を紹介しました。

利用目的ごとの速度目安
利用目的 下り 上り
Webページの閲覧
1Mbps
YouTubeでHD画質
5Mbps以上
Huluをテレビで見る
6Mbps以上
NetflixでUHD画質
25Mbps以上
ZOOMでオンライン会議
3Mbps
3Mbps
オンラインゲーム
20~100Mbps以上
30Mbps以上
LINEやメールの送信
1Mbps
1Mbps
写真をSNSに投稿
3Mbps
動画をSNSに投稿
10Mbps
YouTubeでの生配信
10Mbps以上

ネット検索やYouTubeを視聴する程度なら、下り10Mbpsも出ていれば十分です。

ただし、Netflixなどの動画配信サービスを高画質で視聴する場合や、対戦系のオンラインゲームを楽しみたい場合は下り30Mbpsはないと不安ですね。

インターネットの速度が遅くなる原因は?

速度が遅くなる原因は以下が考えられます。

  • 接続している端末(パソコンやスマホ)に問題がある
  • 通信機器(ONU、ルーター)に問題がある
  • v6プラス、IPv6を利用していないため回線混雑による速度の低下が起こる
  • Wi-Fiルーターがに高速通信に対応していない
  • 契約しているインターネット回線やプロバイダに問題がある

まずは速度測定をして、時間帯によって速度が遅いのか、有線と無線接続では速度が変わるか確認してみましょう。

インターネットが遅くなった時の対処法は?

インターネットが遅いと感じたときは、以下の対処法をチェックしてみましょう。

インターネットの速度が改善しなかった場合は、速くてオススメの回線へ乗り換えも検討してみましょう。

まとめ

インターネットは以下の速度が出ていれば、快適に楽しめます。

快適な速度
  • Webサイトの閲覧:1Mbps
  • 高画質動画の視聴:5Mbps
  • 4K動画の視聴:20Mbps

また、オンラインゲームをプレイする際はPing値も重要で、タイムラグを出さずに楽しむためには10ms以下のPing値を目安に考えることがおすすめです。

インターネットの速度テストを行って快適に利用できる目安より遅かったら、以下の対処法を試してくださいね。

速度が改善しなかった場合は、高速通信が期待できる回線へ乗り換えましょう!

光回線最速なら!NURO光
(公式特設キャッシュバック窓口からの申込みの場合)
※北海道・関東・関西・東海・中国・九州の一部エリア限定

最大通信速度2Gbpsの高速通信

  • キャッシュバック45,000円!
  • 月額:2,090円~
  • ソフトバンクとのセット割で最大月額1,100円割引!
  • 無線LAN・セキュリティソフトも無料
NURO光申込み
はこちらから
独立回線でもエリアが広い!auひかり

関西・東海・沖縄以外は契約可能!

  • キャッシュバック最大65,000円!
  • 月額:4,180円~
  • auとのセット割で最大月額1,100円割引!
auひかり申込み
はこちらから
光コラボで最安&速度安定!So-net光プラス

提供エリアは日本全国!

  • キャッシュバック70,000円
  • auひかりエリア外でもauとのセット割で最大月額1,100円割引!
  • 無線LANルーター・セキュリティソフトも無料
So-net光プラス申込み
はこちらから
速度重視なら!Broad WiMAX

ホームルーター・ポケット型WiFiで高速通信!

  • 独自のWiMAX回線&5G対応機種で速い!
  • 実質無制限(速度制限あり)!
  • au・UQモバイルとのセット割対応!
WiMAXの詳細
をみる
速度制限ナシなら!モバレコエアー

完全無制限のホームルーター!

  • 月額料金&17,000円キャッシュバックでお得!
  • 違約金最大100,000円還元!
  • ソフトバンク・ワイモバイルとのセット割対応!
モバレコエアーの
詳細をみる
クラウドSIMのポケット型WiFiで最速ならそれが大事WiFi

3大スマホキャリアのLTE回線でつながりやすい!

  • 50GB:2,948円~!
  • 短期間の速度制限なし
  • 海外でも利用可能
それがだいじWi-Fiの詳細
をみる
タイトルとURLをコピーしました