【11社比較】WiMAXのおすすめプロバイダ3選!失敗しないための3つのポイント!

【WiMAX比較】オススメプロバイダ3社と機種、プランはこれ! WiMAX

WiMAXを選ぶ際には、以下の3つのポイントさえ比較しておけば間違いありません。

WiMAXは契約するプロバイダによって月額料金やキャンペーン内容などが大きく異なるので、最新のプロバイダ11社をしっかり比較してから契約先を決めましょう。

結論として、WiMAXは以下のプロバイダ3選からギガ放題で申込み、最新機種を選ぶのがオススメですよ。

WiMAXを他社のポケットWiFiやホームルーター、光回線と比較して向いている人も説明しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事を書いた人
わたしのネット

月間100万人が閲覧するインターネットの総合情報サイトの「わたしのネット」の運営者。インターネット回線の正しい比較情報を届けるために、マイナビニュースへ出張中。日本で一番わかりやすいインターネット回線の解説記事を目指しています。

わたしのネットをフォローする

結論!WiMAXを比較したらGMOとくとくBB WiMAXで最新機種をギガ放題プランで契約するのがベスト

ずばり、WiMAXはGMOとくとくBB WiMAXからキャッシュバックか割引キャンペーンを選んで申し込むのがもっともお得です。

のちほど、WiMAXの主要プロバイダ11社を比較しますが、GMOとくとくBB WiMAXは実質料金をもっとも安く抑えて契約できますよ。

実質料金とは契約期間内に支払うすべての料金からキャッシュバックなどの割引額を差し引いたトータルの料金です。

こうた
こうた

本当にお得なWiMAXの契約先を選ぶ際には、実質料金をチェックするのがオススメ!

GMOとくとくBB WiMAXの安さの秘密は、2つのお得なキャンペーンを選んで契約できる点にあります。

高額キャッシュバック窓口 大幅割引キャンペーン窓口
事務手数料
3,000円
端末代金
0円
契約期間
3年
月額料金
(ギガ放題)
1~2か月:3,609円
3か月~:4,263円
1~2か月:2,590円
1~2か月:2,590円
25~36か月:4,263円
月額料金
(7GB)
3,609円
1〜2か月目:2,590円
3か月目~24か月目:2,690円
25か月目~:3,609円
キャッシュバック
最大31,500円
3,000円
その他特典
・送料無料
・LTEオプション無料
・最短即日発送
2年間の
実質月額料金
(ギガ放題)
3,022円
3,281円
※価格は税抜
※キャッシュバック額は月によって異なります

GMOとくとくBB WiMAXの高額キャッシュバック窓口から申し込めば、2020年10月時点で最大31,500円のキャッシュバックが受け取れます。

キャッシュバックの分も含めた実質料金では、WiMAXプロバイダの中でもっとも安く契約できますよ。

ただし、GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックを受け取るためには端末発送月を含む11か月後に送られてくるメールから、1か月以内に申請をする必要があります。

メールに気づかなかったり、申請期日を過ぎてしまったりするとキャッシュバックは受け取れないので、もらい忘れないよう注意してくださいね。

また、キャッシュバックのもらい忘れが不安な方は、GMOとくとくBB WiMAXの大幅割引キャンペーン窓口を選びましょう。

実質料金はキャッシュバック窓口より高くなりますが、申請手続きの必要もなく毎月の料金が確実に安くなりますよ。

【注意】キャッシュバックキャンペーンは端末によって金額が違う!

GMOとくとくBB WiMAXの高額キャッシュバック窓口から申込む場合は、もらえるキャッシュバック額が契約時に選択する端末によって異なることも覚えておきましょう。

2020年10月現在は、以下の金額が設定されていますよ。

WX0628,500円
WX06+クレードル24,500円
HOME 0231,500円
W0628,500円
HOME L0231,500円

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックキャンペーンの適用条件は、以下のとおりです。

GMOとくとくBB WiMAX キャッシュバックの適用条件
  • GMOとくとくBBに新規入会する方対象
  • 過去に契約したことがある方は対象外
  • 対象ページより申込み
  • 契約月を1か月目として12か月目までに解約の場合は対象外

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバック申請手続きの手順も、しっかり確認しておきましょう。

GMOとくとくBB WiMAX キャッシュバック申請手順
  1. 申込時にGMOとくとくBBのプロバイダメールアドレスを作成する
  2. 端末が届いた月を含む11か月後にGMOとくとくBBからキャッシュバック申請用のメールが届く
  3. 申請用メールに記載のURLからキャッシュバック振込用口座の情報を登録
  4. メール受信日の翌月末日に口座へ振り込まれる

GMOとくとくBBのキャッシュバック申請期間はメール送信日から翌月の末日までで、期間内に手続きが完了しなければキャッシュバックを受け取る権利が消失してしまいますので、注意してくださいね。

こうた
こうた

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックは受取が約1年後だから、心配なら大幅割引キャンペーン窓口から申し込もう!

違約金補填&解約後サポートならBroad WiMAX

Broad WiMAXのトップページ
引用:Broad WiMAX

他社回線やプロバイダからの乗りかえをお考えなら、他社解約違約金キャンペーンが受けられるBroad WiMAXがオススメです。

Broad WiMAXの詳細をまとめましたので、チェックしておきましょう。

Broad WiMAX
事務手数料
3,000円
端末代金
0円
契約期間
3年
月額料金
(ギガ放題)
1~2か月:2,726円
3~24か月:3,411円
25~36か月:4,011円
月額料金
(7GB)
1〜24か月目:2,726円
25か月目~:3,326円
キャッシュバック
0円
その他特典
・初期費用0円キャンペーン
・他社解約違約金負担キャンペーン・
・いつでも解約サポート
・送料無料
・LTEオプション無料
2年間の
実質月額料金
(ギガ放題)
3,479円
※価格は税抜

Broad WiMAXは契約者の不安や負担を減らすための独自キャンペーンをいくつも用意しているのが、特徴です。

とくに違約金負担キャンペーンは、WiMAXプロバイダの中でもBroad WiMAXのみが実施している、とても魅力的なキャンペーンです。

こうた
こうた

WiMAXで乗りかえキャンペーンが受けられるのはBroad WiMAXだけなんだね!

契約期間に縛りのあるインターネットサービスは、更新月以外のタイミングで解約をすると高額な違約金がかかりますよね。

しかし、Broad WiMAXなら他社違約金を最大19,000円まで負担してくれるので、更新月が来ていなくても、少ない負担額でWiMAXに乗り換えられますよ。

Broad WiMAXの違約金負担キャンペーンの適用条件をしっかり押さえて、お得に乗りかえましょう。

違約金負担キャンペーンの適用条件
  • 支払い方法をクレジットカードにすること
  • 安心サポートプラス(月額550円)に加入すること
  • My Broadサポート(月額907円)に加入すること

またBroad WiMAXでは、万が一WiMAXの速度やエリアに不満があるなどして解約をしたくなったとき、気軽に光回線やホームルーターなどに乗りかえられる「いつでも解約サポート」が受けられます。

引用:Broad WiMAX

Broad WiMAXの契約期間は3年で、3年に1度の契約更新月以外に解約すると違約金が発生しますが、いつでも解約サポートを利用すれば解約費用は免除されますよ。

いつでも解約サポートの適用条件や注意事項は以下のとおりです。

違約金負担キャンペーンの適用条件
  • Broad WiMAXの窓口へいつでも解約サポートの利用を申し出る
  • Broad WiMAXが提案した回線に乗りかえる
  • Broad WiMAXの解約までに新たな回線が開通しない場合は一旦違約金を支払い、開通後キャッシュバックされる
  • いつでも解約サポートで乗りかえた回線をキャンセルした場合は違約金が発生する

とくこ
とくこ

さまざまなサポートが受けたいなら、Broad WiMAXで決まりね!

クレカがなくてもOK!口座振替なら「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBE WiMAX

クレジットカードを持っておらず、口座振替でWiMAXを契約したいという方には、BIGLOBE WiMAXがオススメです。

BIGLOBE WiMAX
事務手数料
3,000円
端末代金
19,200円
契約期間
1年
月額料金
(ギガ放題)
3,980円
月額料金
(7GB)
キャッシュバック
15,000円
2年間の
実質月額料金
(ギガ放題)
4,280円
※価格は税抜

今回調べたところ、口座振替に対応しているWiMAXは、BIGLOBE WiMAX、Broad WiMAX、UQ WiMAXの3社だけでした。

上記3社で口座振替払いを選んだ場合の料金やキャンペーンを、比較してみましょう。

BIGLOBE WiMAX UQWiMAX BroadWiMAX
初期費用
0円
18,857円
事務手数料
3,000円
端末代金
19,200円
15,000円
0円
月額料金
3,980円
3,880円
1~2か月:2,726円
3~24か月:3,411円
25~36か月:4,011円
口座振替手数料
200円
0円
200円
キャッシュバック
15,000円
0円
2年間の実質料金 (ギガ放題)
107,520円
111,120円
101,699円

たとえばBroad WiMAXの場合、口座振替を選ぶと違約金負担キャンペーンや初期費用0円キャンペーンが適用されません。

BIGLOBE WiMAXなら、口座振替でもクレジットカード払いと同様に、最大15,000円のキャッシュバックを受け取れます。

BIGLOBE WiMAXのキャッシュバック適用条件は以下のとおりです。

BIGLOBE WiMAX キャッシュバックの適用条件
  • BIGLOBE WiMAXの申込みと同時にデータ端末を購入する
  • 個人で契約する(法人は適用外)
  • サービス開始翌月の翌日(月初2日目)から45日以内に申請手続きをする

口座振替でもお得なキャンペーンを受けたいなら、BIGLOBEWiMAXがオススメですよ。

しかし、BIGLOBE WiMAXは15,000円のキャッシュバックがあるものの、端末代が有料なので、実質料金は比較的高めです。

それでも、WiMAXプロバイダの多くは支払い方法に口座振替を選択できないので、クレジットカードを持っていない人には最適といえますね。

BIGLOBE WiMAXを申込む際はキャッシュバックの申請方法もしっかり理解したうえで、契約しましょう。

BIGLOBE WiMAX キャッシュバック申請方法
  1. 端末到着月の翌月1日にキャッシュバック適用の連絡が登録したメールアドレスへ届く
  2. キャッシュバック適用のメールが届いた翌日(端末到着月の翌月2日)の午後から45日以内にBIGLOBEマイページから振込用口座の登録をする
  3. 口座登録から最短即日に登録した口座に振り込まれる

また、BIGLOBE WiMAX2は最低利用期間が1年で、13か月目以降はいつ解約しても0円なので、高額な違約金が気になる人にも向いていますよ。

WiMAXのキャンペーンについてさらにくわしく知りたい方は、ぜひWiMAXのプロバイダごとの特典を比較した記事についてもご覧ください。

WiMAXは3つのポイントさえ比較すれば失敗しない!

あなたにとってぴったりのWiMAXを選びたいなら、以下の3つのポイントさえしっかり比較しておけば問題ありません。

それぞれのポイントを一緒に比較していきながら、最終的にどのプロバイダでどのプランと機種を選ぶのがあなたにあっているのか考えていきましょう。

WiMAXの実質料金はプロバイダ11社を比較して安く契約できる!

WiMAXはUQ WiMAXがサービスを提供していますが、契約先はUQ WiMAXだけでなく、WiMAXのプロバイダ会社でも申込みができます。

WiMAXはどこで申し込んでも、機種の性能やWiMAX回線の品質は全く変わりません。 ただし、WiMAXをどこで契約するかによって、毎月の月額料金やキャッシュバックなどのキャンペーン内容には大きく差がありますよ。

WiMAXのプロバイダによって変わることと変わらないことを、一覧表でまとめたのでしっかり理解しておきましょう。

変わらないこと 変わること
・利用する回線
・通信速度
・端末※
・月額料金
・キャンペーン
・契約期間
・初期費用
・端末代金の有無
・解約金
※プロバイダによって、選べる機種は変わる可能性あり

WiMAXのプロバイダを選ぶうえで、とくに重視したいポイントはなにか考えながら比較してみてくださいね。

料金を重視するなら月額料金だけでなく、契約期間の2年間利用したトータルでの実質費用を参考にして決めましょう。

実質費用(2年間)=月額料金2年分+契約事務手数料(3,000円)+端末代金-キャッシュバック額

また、キャンペーンの充実度やクレジットカードを持っていない方は支払い方法にも注目したいですね。

では、WiMAXの主要プロバイダ11社を徹底比較してみましょう。

2年間の実質料金
(ギガ放題)
月額料金 端末無料 特典 支払方法
GMOとくとくBBロゴ
GMOとくとくBB
WiMAX

(CB)
3,022円
1〜2か月目:3,609円
3か月目~:4,263円
最大31,500円CB
・月額割引
クレカ
GMOとくとくBBロゴ
GMOとくとくBB
WiMAX

(割引)
3,281円
1〜2か月目:2,590円
3か月目~24か月目:3,344円
25か月目~:4,263円
・月額割引
・3,000円CB
クレカ
Broad WiMAXロゴ
Broad
WiMAX
3,479円
(4,237円)
1~2か月:2,726円
3~24か月:3,411円
25か月~:4,011円
・月額割引
違約金負担
・解約後サポート
・口座振替
・クレカ
DTIロゴ
DTI
WiMAX
3,523円
1~2か月目:0円
3~24か月目:3,411円
25か月目~:4,011円
月額割引
クレカ
カシモWiMAX
カシモ
WiMAX
3,613円
1か月目:1,380円
2~24か月目:3,580円
25か月目~:4,079円
月額割引
クレカ
So-netロゴ
So-net
WiMAX
4,005円
1~12か月目:3,380円
13か月目~:4,379円
月額割引
クレカ
width=
novas
WiMAX
4,005円
1~2か月目:2,780円
3~36か月目~:3,980円
37か月目~:4,380円
月額割引
クレカ
width=
hi-ho
WiMAX
4,015円
1~12か月目:3,780円
13~24か月目:4,000円
25か月目~:4,300円
月額割引
クレカ
width=
Tikiモバイル
WiMAX
4,115円
3,980円
月額割引
クレカ
BIGLOBEロゴ
BIGLOBE
WiMAX
4,280円
(4,480円)
3,980円
15,000円CB
・口座振替
・クレカ
UQ WiMAXロゴ
UQWiMAX
4,630円
(4,630円)
3,880円
・口座振替
・クレカ
width=
KTWiMAX
4,630円
3,880円
クレカ
※価格は税抜、()内は口座振替払いの場合
※CB=キャッシュバック

WiMAXのプロバイダ11社の中でもっとも実質料金を安く抑えて契約できるのは、GMOとくとくBB WiMAXでした。

また、2番目に安いのは月額料金の大幅割引や、契約者へのサポートも充実しているBroad WiMAXです。

BIGLOBE WiMAXは口座振替でも15,000円のキャッシュバックが翌月に受け取れましたね。

つまり、冒頭で紹介した以下の3つのプロバイダからの申込みがオススメなのです。

ただし、プロバイダのキャッシュバックや月額料金割引などのキャンペーンは、契約時に選択する機種や支払い方法によっても変わります。

契約時には申込み内容とキャンペーンの適用条件も、しっかりチェックしておいてくださいね。

WiMAXのプランを比較|ギガ放題がオススメ!

WiMAXでは2種類のプランが用意されています。

ギガ放題プランと7GBプランはそれぞれ、1か月に使えるデータ利用量や速度制限の基準、月額料金など、大きく違います。

表でそれぞれの特徴やメリット、注意点を確認してみましょう。

ギガ放題プラン通常プラン
1か月のデータ量
無制限
7GB
月額料金※
1〜2か月目:2,590円
3か月目~24か月目:3,344円
25か月目~:4,263円
1〜2か月目:2,590円
3か月目~24か月目:2,690円
25か月目~:3,609円
速度制限
3日間で10GB
1か月に7GB
速度制限期間
18時~翌2時まで
当月末日まで
制限後の速度
概ね1Mbps
最大128kbps
メリット
・キャンペーンが豊富
・データ利用量を
あまり気にしなくてよい
・速度制限がゆるい
・月額料金が安い
注意点
・月額料金が7GBプランより高い
・キャンペーンの適用外になる
場合がある
・速度制限が厳しい

※GMOとくとくBB WiMAX(割引)の場合

7GBプランはギガ放題プランよりも月額料金が安いですが、1か月のデータ上限を超してしまうと厳しい速度制限がかかります。

こうた
こうた

速度制限がかかっちゃうのは心配だな。

ある程度インターネットをする人なら、1か月たっぷりと使えるギガ放題プランがオススメですよ。

とくこ
とくこ

でも、1か月に7GB以内に収められるなら安く利用できるほうがいいわね。

では、あなたにとってどちらのプランがぴったりなのかさらにくわしく解説していきましょう。

【ギガ放題プラン】ほとんどの人はこちらがオススメ!

ギガ放題プランは以下の項目に当てはまる人にオススメです。

ギガ放題がオススメな人
  • 動画視聴やオンラインゲームを頻繁にする人
  • スマホ以外の通信機器を接続したい人
  • 家族など複数人で接続して使いたい人
  • データ利用量を気にしないで使いたい人

ギガ放題プランなら基本的に、1か月に利用できるデータ量の上限が無制限です。

速度制限はありますが、3日間で10GB利用した場合に翌日の18時~翌々日の2時まで通信速度が最大1Mbpsに制限される程度なので使い勝手は悪くありません。

ギガ放題プランの速度制限条件である、3日間で10GBのデータ量はどれくらいなのか、まとめてみました。

インターネットの用途
時間・回数
HP閲覧約33,333ページ
動画視聴高画質
(HD/720p)
約12.3時間
標準画質
(SD/360p)
約43時間
音楽ダウンロード約2500曲

3日間で10GBを消費するには、高画質の動画を約12.3時間も見続けなくてはいけません。

もし、速度制限にかかっても、概ね1Mbpsの速度ならYouTubeの標準画像でも十分楽しめる程度の速度です。

実際にWiMAXでギガ放題プランを契約し、速度制限にかかっている人の声をみてみると、音楽ストリーミングや動画視聴もできていますよ。

また、速度制限がかかっても夕方~深夜のみで日中は高速で使い放題なので、仕事などで昼間にWiMAXを使用する人にはとくに問題がないようですね。

インターネットを使う頻度が少ない人以外は、ギガ放題プランを選んでおいて間違いありませんよ。

【7GBプラン】月に7GB以下のライトユーザーにオススメ!

7GBプランはこんな人にオススメです。

7GBプランがオススメな人
  • 最安値でWiMAXを契約したい人
  • インターネットは調べものをする程度の人
  • 接続する通信機器が少ない人
  • 主にスマホのみ利用、パソコンはインターネット検索程度の人

7GBプランはギガ放題と比べて月額料金が約500円前後安いので、あまりインターネットを使わない人ならムダなくWiMAXを利用できます。

ただし、1か月に7GBしか利用できないので、インターネットの使い方によってはすぐに速度制限がかかります。

通常プランのデータ利用量の上限、7GBでできることをまとめてみました。

インターネットの用途時間・回数
メールの送受信約14,630通/月(約488通/日)
HP閲覧約14,630通/月(約488通/日)
動画視聴高画質
(HD/720p)
約8.6時間
標準画質
(SD/360p)
約30時間
音楽ダウンロード約1,750曲/月(約58曲/日)

通常プランでは、高画質動画を1か月間に約8.6時間視聴するとデータ利用量の上限に到達してしまいます。

また、通常プランの速度制限は最大128kbpsの低速状態が、次の月になるまで解除されません。

128kbpsの速度がどれくらいなのか、インターネットを快適に利用できる速度からみてみましょう。

利用可能レベル利用に必要な速度
メールやSNS送受信
約100kbps~1Mbps
ホームページ観覧
×
約200kbps~2Mbps
動画視聴144p最低画質
×
約300kbps以上
360p低画質
×
約500kbps以上
480p標準画質
×
約1Mbps程度
720p高画質
×
約1~2Mbps
テレビや最高画質動画視聴
×
約3~5Mbps

通常プランで速度制限がかかってしまったら、メールの送受信くらいしかできないと考えてよいでしょう。

こうた
こうた

YouTubeも視聴できるギガ放題プランの速度制限とは大違いだね!

ただし、ギガ放題プランを契約していても、ハイスピードプラスエリアモードの使用時に7GBのデータ量を超過した場合は、128Kbpsの速度制限にかかってしまうので注意してください。

ハイスピードプラスエリアモードとは】

WiMAXでインターネットをつなげるためのWiMAX2+回線が届きにくいエリアでも、auの4G LTE回線を使って接続できる機能のことです。

また、通常プランではキャッシュバックなどのキャンペーンが適用外の場合もあります。

こうた
こうた

他にも、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えるための「LTEオプション」の無料キャンペーンが適用できなかったりもするよ!

通常プランは単純にWiMAXの月額料金を抑えられますが、注意点についても踏まえたうえで検討してくださいね。

WiMAXの機種を比較|最新機種を選ぶのがオススメ!

WiMAXでは契約時に、専用の電波を受信するための端末を選びます。

端末の形はインターネットを使う場所や目的によって、持ち運べるモバイルルーターか自宅用のホームルーターのどちらかを選べますよ。

それぞれの特徴は以下のとおりです。

モバイルルーター ホームルーター
特徴
  • 持ち運び可能
  • 10台前後接続可能
  • 受信が不安定なこともある
  • 据え置きタイプ
  • 20台以上接続可能
  • 電波を受信しやすい
こんな人にオススメ
  • 主に外出時に利用したい方
  • 家でも外でも利用したい方
  • スマホの通信制限に悩む方
  • 自宅での利用メインの方
  • 多くの通信機器を接続したい方
  • 安定した接続を求める方

モバイルルーターは小型で持ち運びが自由なので、自宅内でも外出先でも好きな場所で気軽にインターネットが可能です。

場所を問わずWi-Fi通信を楽しみたい方、同時に接続する通信機器が少ない方は、モバイルルーターを選びましょう。

ホームルーターは自宅内で固定回線代わりにWiMAXを使いたい方や、家族で複数台のスマホやゲーム機、パソコンなどをつなげて利用したい方にオススメです。

現在販売中のWiMAX端末のスペックを、比較してみましょう。

モバイルルーターホームルーター
WX06W06HOME
02
HOME
L02
最大速度
(下り)
440Mbps
1.2Gbps※
440Mbps
1Gbps※
最大速度
(上り)
75Mbps
75Mbps
75Mbps
75Mbps
連続通信時間
約14時間
約9時間
サイズ
(mm)
111×62×13.3
128×64×11.9
118×50×100
93×93×178
重量
127g
125g
218g
436g
最大同時
接続台数
16台
16台
21台
42台
※対応エリア、ハイスピードプラスエリアモード接続などの条件を満たした場合

WiMAXでは端末を無料でもらえるプロバイダも多いです。

WiMAXの端末はどの機種を選んでも端末無料もしくは販売価格が変わりませんので、特別なこだわりがない限り最新機種を選びましょう。

2020年に発売されたWiMAXの最新機種は、以下の2つです。

WiMAX2020年最新モデル
  • 【モバイルルーター】WX06
  • 【ホームルーター】HOME02
こうた
こうた

WiMAXの最新機種について、特徴を紹介するよ!

【モバイルルーター】最新端末 WX06がオススメ!

WiMAX WX06

WiMAXのモバイルルーターでは、2020年の最新機種WX06がもっともオススメです。

WX06の特徴としては以下のとおりです。

WX06 の特徴
  • 2.4GHz(ギガヘルツ)・5GHzの2種類のWiMAX電波を自動的に切り替えてくれるので、通信が安定しやすい
  • QRコードで簡単にWi-Fi接続できる
  • ひと目でデータ通信量が確認できる
  • 別売りのクレードルを装着すれば、さらに通信が安定

WX06は速度の数値でいうと、下り最大440Mbpsと1世代前のW06よりも遅く感じられるかもしれませんが、最新技術を搭載し、より電波をキャッチしやすい作りになっているのでオススメですよ。

引用:BIGLOBEWiMAX

端末を比較する際は、ついつい最大速度に注目しがちですが、安定して通信できるかも重要です。

最大速度がより速いのはW06

最大速度はあくまで理論値ですが、少しでも早いスペックのモバイルルーターを選びたいという方は、W06を選びましょう。

ちなみにモバイルルーターの端末ごとのスペック上の最大速度と、実際に出る速度の平均値は、以下のとおりです。

WX06W06
最大速度
下り:440Mbps
上り:75Mbps
下り:1.2Gbps
上り:75Mbps
平均速度
下り:22.9Mbps
上り:3.58Mbps
下り:42.26Mbps
上り:6.06Mbps
みんなのネット回線速度調べ

W06は実測平均速度も、最新機種のWX06より速いというデータが出ていますよ。

ただし、W06の最大下り速度1.2Mbpsは、2020年10月時点で東京都、埼玉県、愛知県、大阪府の一部エリア内でのみ提供しています。

また、auの4GLTE回線を使ったハイスピードプラスエリアモードなどの各種設定をオンにするなどの条件を満たした場合にしか、最大速度での通信ができません。

W06で高速通信を行うための条件
  • 東京都、埼玉県、愛知県、大阪府の一部エリア内であること
  • 有料のハイスピードプラスエリアモード、ハイパフォーマンスモードおよび4×4MIMO設定をオンにしていること
  • USB3.0以上対応のType-Cケーブル(別売)が必要

上記の条件をクリアするのは大変ですが、最大1.2Gbpsの高速通信が行えるというのはすごいことですよね!

【ホームルーター】最新端末 HOME 02がオススメ!

WiMAX HOME 02

コンセントに差して使うホームルーターでは、2020年10月時点でHOME 02が最新機種です。

HOME 02についても特徴を見ていきましょう。

HOME 02 の特徴
  • 容量ダウンですっきりしたサイズ感(前モデルのHOME01と比較して、容積比40%ダウン)
  • WiMAXハイパワーと高性能アンテナで通信が安定しやすい
  • データ通信量・電波状態をスマホで簡単に確認できる

2019年モデルのHOME L02や2018年発売のHOME 01と比べてもHOME02はよりコンパクトになっており、インテリアにこだわる人にオススメですよ。

引用:BIGLOBEWiMAX

HOME02は部屋のすみずみまで電波をしっかりと届ける「WiMAXハイパワー」という機能や高性能アンテナを搭載しているので、より快適に自宅のWi-Fi環境を作れます。

ちなみに平均速度でいうと、スペックとしてはHOME L02のほうが速いです。

HOME02HOME L02
最大速度
下り:440Mbps
上り:75Mbps
下り:1Gbps
上り:75Mbps
平均速度
下り:34.41Mbps
上り:4.3Mbps
下り:41.66Mbps
上り:10.58Mbps
みんなのネット回線速度調べ

少しでも速いホームルーターがいいという方はHOME L02を選んでくださいね。

WiMAXを比較してお得なプロバイダで申込む手順

WiMAXの契約を決めたら、申込みから利用開始までの流れも確認しておきましょう。

今回は実質料金がもっとも安いGMOとくとくBB WiMAXの高額キャッシュバック窓口から申込む手順を、ご紹介します。

WiMAXをお得なプロバイダで申込む手順
  1. GMOとくとくBB WiMAXの高額キャッシュバック窓口にアクセスする
  2. 契約するプランや機種を選ぶ
  3. 契約者情報を入力して申込む
  4. 最短で当日に端末が発送される
  5. 端末が届いたら設定をして利用開始
  6. 端末到着から11か月後にGMOとくとくBBからキャッシュバック申請メールが届く
  7. 翌月末までに口座を登録し、キャッシュバックが振り込まれる

GMOとくとくBB WiMAXは高額キャッシュバック窓口のほかに、料金大幅割引キャンペーン窓口からの申込みも選べます。

自分が希望する特典が受けられる窓口から、必ず手続きしてくださいね。

また、キャッシュバックには申請手続きが必要ですので、申請時期がきたら忘れずに手続きをしましょう。

WiMAXと他社インターネット回線を比較!向いている人は?

WiMAXについて比較してきましたが、そもそも自分はWiMAXの契約が向いているのか、ほかのインターネット回線とも比較したいという人もいるでしょう。

納得したうえでWiMAXが契約できるよう、他社のインターネット回線とも比較してみました。

種類 事業者 2年間の実質料金データ容量 月額料金 キャンペーン平均速度
ポケットWiF ゼウスWiFi
2,105円
20GB
1,980円
下り:15.98Mbps
上り:12.33Mbps
ホームルーター モバレコエアー
2,646円
無制限
1~2か月目: 1,970円
3か月目~24か月目: 3,344円
25か月目~:4,880円
・料金割引
・17,000円CB
下り:27.3Mbps
上り:4.32Mbps
ポケットWiFi Ex Wi-Fi
2,789円
50GB
2,780円
データなし
ポケットWiFi Mugen WiFi
3,275円
100GB
3,150円
下り:16.64Mbps
上り:9.77Mbps
ホームルーター・
ポケットWiFi
GMOとくとくBB WiMAX
3,042円
無制限
(速度制限あり)
1~2か月:3,609円
3~36か月:4,263円
・最大31,500円CB
・料金割引
下り:37.76Mbps
上り:5.35Mbps
光回線 光回線平均
戸建て:5,000円
マンション:4,000円
無制限
戸建て:5,000円
マンション:4,000円
工事費割引
キャッシュバックなど
下り:203.49Mbps
上り:186.46Mbps※1
※価格は税抜、新規契約の場合、実質料金=月額料金×24か月+初期費用―キャッシュバック額
※1:フレッツ光の場合

正直、WiMAXで最安値のGMOとくとくBBよりも安く契約できるインターネット回線はあります。

では、それでもWiMAXを契約したほうがいいのはどんな人か説明しましょう。

WiMAXが向いているのはこんな人

ほかのインターネット回線や他社モバイルルーター・ホームルーターと比べてWiMAXが向いているのは、こんな人です。

WiMAXが向いている人
  • 安定した速度でホームルーターやポケットWiFiを使いたい人
  • 大容量のデータ通信をしたい人
  • 3日間で10GB以上の速度制限に引っかからない人
  • 光回線の工事ができない人

WiMAXは他社のモバイルルーターやホームルーターに比べると実際に出る平均速度が速いので、光回線の工事ができなくても速度にこだわりたい人にオススメです。

また、WiMAXのギガ放題は速度制限にかかっても夕方から深夜までで、おおむね1Mbpsの速度が出るので、たっぷりとインターネットができますよ。

ただし、WiMAXより料金を抑えたい人やデータ容量が少なくてもいい人は、他社ポケットWiFiのほうが安いこともあります。

また、速度制限なしでインターネットをしたい人は、ホームルーターのモバレコAirや光回線が気になりますよね。

お住まいの物件で工事が可能なら、おうちに引き込んだインターネットに直接つないでオンラインゲームや動画などの大容量のデータをアップロードしても快適な速度を保てる光回線がオススメです。

自分にとって何がもっとも重視したいポイントか、よく考えたうえで契約先を決めましょう。

さらにくわしくインターネット回線を比較したい人は、各サービスを徹底解説したこちらの記事も参考にしてくださいね。

WiMAXの比較にまつわるよくある質問

最後にWiMAXの比較について多く寄せられる質問に答えていきましょう。

とくこ
とくこ

気になる質問がある人はチェックしてね。

解約金を比較して安いのはどこ?

WiMAXは契約するプロバイダによって、契約期間が1~3年とさまざまです。

契約期間の満了を前に解約してしまうと違約金が発生することもあるので、各プロバイダの契約期間や違約金額をしっかり確認しておきましょう。

契約期間1か月~12か月目13か月目~24か月目 25か月目以降
BIGLOBE
WiMAX
1年
1,000円
0円
UQ WiMAX
2年
1,000円
KT WiMAX
9,500円
novas
WiMAX
19,000円
14,000円
9,500円
hi-ho
WiMAX
DTI
WiMAX
3年
19,000円
14,000円
9,500円
カシモ
WiMAX
So-net WiMAX
Tikiモバイル
WiMAX
Broad
WiMAX
※1
28,500円
23,500円
9,500円
GMOとくとくBB
WiMAX※1
24,800円
9,500円
※1キャンペーン適用時

違約金の安さならBIGLOBE WiMAXがイチオシです。BIGLOBE WiMAXは最低利用期間が1年で、もし1年を満たず解約したとしても違約金は1,000円です。

13か月目以降はいつ解約しても0円なので、長期間利用するかわからない人はBIGLOBE WiMAXを選ぶといいですね。

WiMAXの解約方法や注意点についてはこちらの記事でくわしくまとめていますので、あわせて参考にしてください。

WiMAXのレンタルと購入の比較はどちらがいい?

WiMAXを短期間だけ利用したい方は、WiMAXのレンタル業者との契約も検討しましょう。

WiMAXのレンタルなら出張・旅行時や入院など必要な期間だけ利用できるので、契約期間や違約金に縛られたくない場合もオススメですよ。

ただし、1年以上の長期間利用するなら契約期間を定めた端末購入型のプロバイダと契約した方が料金は安いので、よく考えたうえで選びましょう。

WiMAXのレンタルについては、オススメのレンタル会社やレンタル方法などを解説した記事を参考にしてくださいね。

契約前にもTryWiMAXのレンタルがオススメ!

WiMAXの提供元であるUQ WiMAXでは、15日間無料でWiMAXがレンタルできる「Try WiMAX」というサービスも用意しています。

WiMAXはどの会社で契約しても回線速度や端末の性能は同じなので、UQ WiMAXでまずレンタルをして、自宅や会社などでWiMAXが快適に利用できるか確認してから、キャンペーンなどのメリットを感じるプロバイダで契約を決めましょう。

WiMAXのエリアを他社サービスと比較すると広い?

WiMAXなどのモバイルルーターやホームルーターは契約している回線の電波を端末で受信してインターネットをするので、提供エリア内でなければ使えません。

WiMAXではUQWiMAXが提供するWiMAX2+回線とauの4GLTE回線を利用しますが、他社のモバイルルーターやホームルーターと比べて、エリアは広いのか表でまとめてみました。

利用する回線 最大通信速度
(高速通信 エリア)
提供エリア
(都市部)
提供エリア
(地方)
WiMAX
(W06)
・ WiMAX+2
・ au4GLTE
下り:最大1200Mbps
上り:最大75Mbps
PocketWiFi
(803ZT)
・ソフトバンク
Hybrid4G LTE
下り:最大988Mbps 上り:最大37.5Mbps
docomo
Wi-FiSTATION
(HW-01L)
・ドコモLTE
PREMIAM 4G
下り:最大1288Mbps
上り:最大131.3Mbps
クラウドSIM ・ドコモ
・au
・ソフトバンク
4G LTE
下り:最大150Mbps
上り:最大50Mbps
※2019年10月当社独自調べ

WiMAXは独自のWiMAX2+回線が地方や山間部、海側などで使えない場合、au 4GLTE回線に切り替えて通信エリアをカバーします。

ただし、携帯電話通信サービスの老舗であるドコモや、携帯電話3大キャリアのLTE回線を自動で切り替えて電波をキャッチするクラウドSIMを使ったモバイルルーターの方がよりつながりやすい場合もあります。

WiMAXを契約する際には必ず、提供エリアをUQWiMAXのエリア検索ページで確認したり、TryWiMAXでお試し利用したりして、自宅やよく行く場所で快適に使えることを確かめてくださいね。

まとめ

今回はWiMAXを3つのポイントで比較しました。

WiMAXの主要プロバイダ11社を比較したオススメのプロバイダは、以下の3社でした。

WiMAXの契約プランはギガ放題を、端末は最新機種を選ぶのと間違いありませんよ。

また、WiMAXと他社のインターネット回線を比較した結果、契約が向いているのは以下の人です。

WiMAXが向いている人
  • 安定した速度でホームルーターやポケットWiFiを使いたい人
  • 大容量のデータ通信をしたい人
  • 3日間で10GB以上の速度制限に引っかからない人
  • 光回線の工事ができない人

インターネットサービスに求めるポイントや重視したい点と比較しながら、納得したうえでWiMAXを契約してくださいね!

タイトルとURLをコピーしました